ほしづくよのドラゴンクエストX日記

ドラゴンクエストXの世界で体験したことを綴っていきま~す。画像は原則として株式会社スクウェア・エニックスさんに著作権があるので転載しないで下さ~い。

天風のたづな入手からアマカムシカとの出会いまで

 またまた前回の記事から時間が経過してしまいましたが、3.5前期のメインストーリーの体験記を書きま~す。

 ムストの町の人々によるとアマカムシカは神獣の森にいるとか。

 そしてシオンさん情報によると、アマカムシカはそこで傷をいやしているとか。傷というのが、神話時代のものなのか、それとも最近のものなのかは、この時点では不明で~す。

f:id:hoshizukuyo:20170314000255j:plain

 とにかく神獣の森に行ってみました。

f:id:hoshizukuyo:20170314000455j:plain

 むむ、どうやらあの森のようですね。

f:id:hoshizukuyo:20170314001036j:plain

 外からみると暴風にあおられまくっていた森ですが、中に入ると穏やかな陽光に照らされた、落ち着いた世界でした。

f:id:hoshizukuyo:20170314001007j:plain

 この謎のカムシカが道案内をしてくれました。

 このカムシカには水色の部分と白い部分があり、何となくそこだけ切り取られて異世界の青空が見えているかのようでした。ルネ=マグリットの絵みたいで~す。「アマカムシカ」の漢字表記はおそらく「天神鹿」なので、たぶんあそこだけ「天」なんでしょうね~。

f:id:hoshizukuyo:20170314001923j:plain

 う~ん、故郷のエルトナ大陸みたいな雰囲気で落ち着きま~す。

 奥にいくと落陽の草原みたいな場所があって、そこでアマカムシカ様に会わせるわけにはいかないとかいって、家来らしき「巨竜樹タツノギ」ってのが出てきて、戦闘になりました。

f:id:hoshizukuyo:20170314002118j:plain

 今までナドラガンドの各地で拾ってきた「巨竜樹の枝」って、こいつの同族の体から抜け落ちたものなんでしょうね、きっと。

 ただし「ぬすむ」をしても巨竜樹の枝は入手できませんでした。残念。

 「タツノギ」の漢字表記は「竜之樹」でしょうか。種族名と固有名がほぼ同じとは…。

 序盤は写真撮影などもあって苦戦しましたが、「たたきつぶし」が前方にしか作用しないと気づいてからは、一気に簡単になりました。サポート仲間が狙われているときは背後から襲い、自分が狙われているときはサポート仲間がタツノギの背後になるように動けば、楽勝で~す。

 勝利すると、いかにも第二形態に移行しそうな不穏な雰囲気になりましたが、アマカムシカがあらわれてくれたので、一件落着となりました。

f:id:hoshizukuyo:20170314003231j:plain

 ここでの会話の流れで、アマカムシカは最近の「業風」のせいで弱体化していたのだと判明しました。でも天風のたづなを装着すれば、一時的に業風の影響から逃れられるとのことでした。

 紹介するストーリーの内容がちょっと短くなってしまいましたが、ボスを倒してから次のボスまでというのは区切りとして最適なので、ここでいったん終わりま~す。

 それにしても、風景がきれいで、目の保養になりました~。

入手から二年の時を経て、ついに使用した拳闘士の盾

 今期の邪神の宮殿の二獄は、武闘家かレンジャーかまもの使いで挑戦した上で、武器は140スキルつきの扇かムチかブーメランという、かなり限定的な縛りでしたね~。

 現在ムチもブーメランもスキル0な星月夜*1としては、扇の武闘家でいくことになりました。これはほぼ初の経験でした。

 扇を装備したときの武闘家は左手が空き、それでいてそこに装備できる盾がほとんど存在しませ~ん。このため、二年前に入手してブレスガード26%の錬金してもらってからずっとタンスにしまっていた拳闘士の盾*2が、ついに活躍の時をむかえました。

f:id:hoshizukuyo:20170311074518j:plain

 盾のおかげでスペルガードを頻繁に使えました。

f:id:hoshizukuyo:20170311075127j:plain

 そしてせかいじゅの葉を三枚使ったところで勝利が確定しました。

f:id:hoshizukuyo:20170311075137j:plain

 入手した戦神のベルトの戦神効果と鬼石効果は、「会心率と呪文暴走率+2.0%」・「弓装備時 土攻撃ダメージ+10%」・「右手に扇装備時 風攻撃ダメージ+11%」・「ムチ装備時 光攻撃ダメージ+11%」というものでした。

 ピンクタイフーンや、旅芸人のバギクロスの役に少しだけ立ちそうですね~。しばらく保存しておきま~す。

 ちなみに、闇に堕ちた英雄の幻影ってブレスをしてこないと、あとで気づきました。

 よって今回のような場合、ブレスガードのついた拳闘士の盾を使用するよりかは、呪文ガードか盾ガード率上昇の失敗錬金のついた皮の盾を1ゴールドで買って使い捨てるほうが、はるかによかったということになりま~す。

 一応「おしゃれさ」では拳闘士の盾のほうが2高いですが、誤差の範囲内ですね~。

 そういうオチがついたので、今回は「入手から二年の時を経て、ついに使用した拳闘士の盾」という題名にしました。いつか「入手からX年の時を経て、ついに役立った拳闘士の盾」という題名の記事も書いてみたいな~。

第4回アストルティア・ナイト総選挙 終幕

 第4回アストルティア・ナイト総選挙、めでたく終幕をむかえました。

 優勝はヒューザでした~。

f:id:hoshizukuyo:20170312004559j:plain

 今年はクイーンもナイトも、長年一位になれなかった本選の常連が、ようやく一位を獲得しましたね~。

 星月夜が応援した三人の結果は、フォステイルが八位、ラウルが四位、ラグアスが三位でした~。平均順位は5.00で、出場者平均の5.50に勝利できたので、まずまず満足の結果で~す。

 記念品のしぐさ「ハートを描く」もステキでした~。

f:id:hoshizukuyo:20170312004810j:plain

f:id:hoshizukuyo:20170312004819j:plain

f:id:hoshizukuyo:20170312004828j:plain

Xの日、三姉妹とスノーベルさんに会ってきました。

 今月のXの日もバッチリ楽しみました。

 まずは牧場で配布された福の神カードの消化をかねて、プーちゃんに会いました。

f:id:hoshizukuyo:20170310094758j:plain

 Sジェネラルカードを入手できました。

f:id:hoshizukuyo:20170310094933j:plain

 つづいてクーちゃん。

f:id:hoshizukuyo:20170310201612j:plain

 そして「そらとぶ」が廃止されたかわりに「おきがえ」がXの日に統合されたらしき、リポちゃん。

f:id:hoshizukuyo:20170310201701j:plain

 このカエル服に似合う傘を色々試したのですが、案外カメレオン傘のプレーンが似合いました。

 あと、話題のスノーベルさんにも会ってきました。

f:id:hoshizukuyo:20170310095310j:plain

 この写真はかなりゴチャゴチャしていますが、これだけが自分とスノーベルさんの顔を両方撮影できた、奇跡の一枚なので~す。

f:id:hoshizukuyo:20170310095219j:plain

 例のバグのドルボードで有名になったピースのしぐさの瞬間も撮影できました。

 なお、別キャラで、別の時間帯・場所・サーバーで会ったときには、スノーベルさんの発言が若干異なっていました。何が原因なのかは不明で~す。有名なブロガーの誰かが検証してくれるといいな~。

 とりあえず、人間とふくまねきが仲良く暮らしている「ふくびきランド」からやってきたということと、姉と喧嘩したのが原因だということと、ふくびき券は全部ガリ版刷りだということとが、わかりました。

クロウズとの再会から天風のたづな入手まで。某生物災害ゲームとの類似性も健在。

 前回からかなり時間が経過してしまいましたが、3.5前期のメインストーリーを進めていきま~す。

f:id:hoshizukuyo:20170310014707j:plain

 教会の地下は、鉱山の跡地を再利用した秘密の避難所になっていました。鉱山の跡地だけに、トロッコの線路もありますね。

 「教会の地下にある、トロッコのある秘密基地」…。これは『バイオハザード6』のレオンルートの設定へのオマージュでは?

 地上のムストの町がバイオハザードシリーズの第1~4作に似た雰囲気を出していたのを見たときには、単なる偶然として片づけていましたが、地下まで似通っているとなると、もう単なる偶然とは思えませんね~。

f:id:hoshizukuyo:20170310015932j:plain

 教会も地下に移転していました。地上の教会が「教会跡」と表記されていたのは、すでに移転が終わっていたからなのでしょうね。

 ちなみに地上の教会跡で崇拝の対象になっていた女神は、ルティアナである可能性が高いとのことで~す。

 ルティアナ崇拝の強い地域ならば、ナドラガ教団への抵抗力も強そうですね~。

 そして生身のアンルシア様とラグアス王子にも再会できました。

 クロウズによると、ナドラガの復活には六人の神の器と創世の霊核が必要なのだそうで~す。だから月夜見は強引にアンルシア様とラグアスをさらったようでした。

 そして創世の霊核は、長らくナドラガ教団の大神殿の地下深くに隠されていたものの、先日月夜見とクロウズが奪い取ったそうで~す。

 教団が地下に宝石を隠し持っているとかいう情報*1は、このことを指していたのですね~。

 ただしそのときに月夜見は捕虜になってしまったようで~す。星月夜の解放者活動の裏で、一進一退の攻防が続いていたようですね~。レオンが表ルートでがんばっている間に、クレアも裏ルートでがんばっていたようなもので~す。

f:id:hoshizukuyo:20170310021244j:plain

 創生の霊核は、月夜見が作りクロウズしか扱えない強力な結界で守られた門の向こう側に安置されていました。

 でもこのタイプの設置をした結界って、せいぜい時間稼ぎにしかなりませんよね。仮にこれが永久不滅の結界だったとしても、岩を上から掘削していけばいつかは室内に到達できますもん。

 他にもクロウズからは、クロウズの当初の目的はナドラガンドの竜族をアストルティアに招き寄せることだったこととか、嵐の領界にきてみたら月夜見と再会してナドラガ神の復活を阻止することになったとか、クロウズの予言では星月夜はナドラガンドで死んでしまいそうなのでそれを阻止する工夫をしていたとか、毒の風からみんなを守るためアンルシア様が力を大量に消費したとか、各種の設定を聞きました。

 その直後、ナドラガ教団が竜にフウラちゃんを乗せてナドラガ神のほこらに向かったとの情報がもたらされました。そしてナドラガ神のほこらに行くには、烈風の岬を越えなければならないのだそうで~す。

 でも、創生の霊核を保持しているクロウズは、どうせフウラちゃん一人を使った儀式をしても即座にナドラガ神が復活するわけではないと知っているせいか、やや腰が重い雰囲気でした。竜化すれば岬を越えられるけれども、結界のほうが重要だから自分は動かないのだそうです。

 バージョン2のころに見せてくれた、他人を駒としかみなさない冷静さは、今でも健在でした。こういう性格は謀略家や軍師としては逸材なのでしょうが、疾風の騎士団の団長の不在時に団長の代行を務めるには、やや問題がありそうですね~。形だけでももう少し心配して見せた上で、苦渋の決断として見殺しにするふりをすれば、もう少し信望が集まりそうなものですが…。

 そんなとき、フォルシオンクローに着信がありました。「天風のたづな」を入手して神獣「アマカムシカ」の手を借りれば、烈風の岬を越えられるのだそうです。

 あとシオンさんはフォルシオンクロー経由でアンルシア様からペンダントを返してもらい、本来の天馬としての力を取り戻しました。このぬいぐるみ、音だけでなく物質も送信できたんですね~。

 そして天風のたづなを入手するため、ずーっと昔に「風のたづな」をくれた職人に会うため、イナミノ街道の関所にいきました。

f:id:hoshizukuyo:20170310032924j:plain

 彼は先祖から伝えられた天風のたづなに関する古文書を持っていました。それによると、スイのやしろに封印されている「森羅万獣」のたてがみが材料として必要なのだそうです。

f:id:hoshizukuyo:20170310033233j:plain

 そして封印の解き方を知るには、土地神に二拍手一拝の「おまいり」のしぐさをしなければならないのだそうです。

 お使いストーリーがどんどん長引きますね~。こんなことをしているうちに、儀式は終わってしまいそうで~す。

 その後、色々ありましたが、なんとか森羅万獣に会えました。

f:id:hoshizukuyo:20170310033628j:plain

 戦いが始まってすぐに、ブレスを吐きまくられました。「エルトナにふさわしいレンジャーで来ればよかったな~」と反省しました。でもその反省の直後、思わぬ事態が起きました。

f:id:hoshizukuyo:20170310033906j:plain

 敵が「森羅万象」とか叫んだとたん、象になりました。緑の巨人グリモアと同じく*2、正解の構成が存在しないタイプのボスだったようで~す。

f:id:hoshizukuyo:20170310034117j:plain

 これは「森羅万棒」。

f:id:hoshizukuyo:20170310034144j:plain

 これは「森羅万網」。

f:id:hoshizukuyo:20170310034211j:plain

 倒すとたてがみの「森羅万毛」をくれました。

 そしてそれを材料にして「天風のたづな」も完成しました。

 この時点ではまだまだ烈風の岬を越えられませんが、一応ボスを倒して区切りがいいので、いったん記事を終えま~す。次回に続く~。

雑魚蹴散らし用の機神の眼甲が完成しました。惜しいことに、予定していた活用の機会からはそろそろ卒業ですが。

f:id:hoshizukuyo:20161030074313j:plain

 機神の眼甲の聖女版理論値が完成した記念の記事では、理論値の第二号については、「作るとしたら、伝承も含めてHP+2で埋め尽くされたHP+10のものにしたいと思いま~す。ダークアイのHP理論値とHPにおいて同格、そしてしゅび力とおしゃれさにおいて勝っているので、生き残りという観点では事実上の上位互換となりま~す」と書きました。

 しかし散々苦労してダークアイのHP版理論値よりもほんの少しだけ守備力とおしゃれさが高い装備を作ったところで、それが本当に聖女版理論値よりも生き残りにおいて活躍できるのかは疑問でした。

 そしてそれよりかは、聖女がいらない程度の大量の雑魚を蹴散らすのに便利な眼甲が欲しくなりました。

 キュラスとその部下たち*1のように、味方を頻繁に殺される上に、しばしば自分の最大HPの50%以上のダメージを削られるような大群に対しては、一匹を倒したときのテンションの上昇と聖女の守りによる防衛をかねた、聖女版の機神の眼甲の理論値が役立ちます。

 一方、同じ「大群」といっても、週課として挑むピラミッドの第一~六霊廟のように、周囲の味方が死ぬ確率がかぎりなくゼロに近い上に、自分のHPがいきなり最大値の50%以上を削られることもほとんどないような大群に対しては、テンションアップの性能は保ったまま聖女の代わりに最大HPが高まる眼甲を装備したほうが便利です。そういう相手でも、数の暴力で最大HPの10~30%ぐらいずつ削られてたまに死ぬことはありますから。

 というわけで、このたび完成させた機神の眼甲の理論値第二号は、合成効果は予定通り「さいだいHP+2」をそろえたものの、伝承効果は予定を変更して「魔物を倒すと5.0%でためる」にしたもので~す。

 惜しいことに、せっかくピラミッド対策にこれを完成させたというのに、星月夜はそろそろピラミッドからは卒業で~す*2。でもまたいつか他の用途でも役立つ日が来るかもしれませ~ん。

 当初は機神の眼甲の理論値第二号にするつもりだったHP+10版を、今後第三号として作るかどうかは、未定で~す。作る場合、手間はかなりかかりますが、完成後にダークアイのHP版理論値を捨てるので、預り所の枠には迷惑はかかりませ~ん。

バトル・ルネッサンスの新報酬をコンプリート。珍しく攻略のためのアドバイスも書いてみました。

 バトル・ルネッサンスは、開始されたときに報酬だけコンプリートをして*1、目標のコンプリートは誘われたときなどに徐々に目指していました。

 でもそれが終わる前に第二弾が始まってしまいましたね~。

f:id:hoshizukuyo:20170308014519j:plain

 アリスさんのパーティに加わり、占い師4人で、道具不使用で、時間を気にせず持久戦をしたので、「時間制限」以外の全ての目標が達成され、グロリアが60追加されました。これで今回も報酬だけはコンプリートで~す。

 敵の情報については多くの攻略サイトに掲載されているので、それを見ればいいと思いま~す。

 そういうものを見てもやっぱり苦労している人のために、攻略のためのプラスアルファのアドバイスもちょっと書いておきま~す。

 それは、「アンルシア様の装備や能力を修正すると突破できるかも」というもので~す。

 ざっと検索したかぎりでは、これを主張している攻略サイトは見つかりませんでした。だから、このブログで発表することにもそれなりの意味はあるかな~と思い、珍しく攻略情報を書いてみました。

 剣についていえば、とにかく生き残って勇者の力の発動をしてもらいたいときには、武器ガード率重視のセイクリッドソードを装備させ、タイムアタックのための戦力として活躍させたいときには、はやぶさの件改を装備させるといいですね~。

 盾も、敵や目的にあわせて、錬金効果を変えるといいですね~。

 このコンテンツのためだけに大金を払って新装備を買うところまでいかなくても、四人で話し合って適切なアンルシア様を連れてこられる人にリーダーになってもらうというのは、かなり賢い方法だと思いま~す。

 剣と盾のみならず、スキルも考えましょう。

 普段は雑魚を短時間で蹴散らすために「勇気18 正義40 闘志40」とかにしている人も多いかと思いま~す。でも強敵相手の長期戦では「勇気」はほぼ無意味で~す。長期戦では「正義40 闘志40 忍耐18」がいいですね~。

 逆にタイムアタックを狙う場合には、勇気も視野に入れたほうがいいですね~。