読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほしづくよのドラゴンクエストX日記

ドラゴンクエストXの世界で体験したことを綴っていきま~す。画像は原則として株式会社スクウェア・エニックスさんに著作権があるので転載しないで下さ~い。

六種族における墓文化の比較研究

f:id:hoshizukuyo:20150905151714j:plain

 創生番号832は、「人間は 死者を弔い 墓とやらを建て 花を手向けるという。 なぜそのようなことをするのであろうか? 死者とは すなわち 敗者である。 そのような者に 思いを馳せる必要はない」と言っておりま~す。

 墓の文化は本当に人間特有のものなのでしょうか? またそうであるとして、その理由はなぜなのでしょうか? 本日はこれについて探ってみたいと思いま~す。

 とりあえず各大陸における有名な墓を確認してみましょう。

レンダーシアの墓めぐり

 たしかにレンダーシアは墓だらけですね~。

f:id:hoshizukuyo:20170213002205j:plain

f:id:hoshizukuyo:20170401215534j:plain

f:id:hoshizukuyo:20170331101530j:plain

f:id:hoshizukuyo:20170331101605j:plain

f:id:hoshizukuyo:20170331101721j:plain

 アラハギーロ王国の王家の墓であるピラミッドを筆頭に、グランゼドーラ王家の墓もあり、魔女の森の中の墓もあり、セレドの町の中の墓もありま~す。さらには仲間モンスターの墓までありま~す。

ドワチャッカ大陸の墓めぐり

 ドワチャッカ大陸で墓を探しましたが、一基も見つけられませんでした。

プクランド大陸の墓めぐり

  続いてプクランド大陸で墓を探すと…キラキラ風車塔付近に一基見つけただけでした。

f:id:hoshizukuyo:20170331102043j:plain

 しかもここに埋葬されているのは人間のジンダタでした。

エルトナ大陸の墓めぐり

f:id:hoshizukuyo:20170331102812j:plain

 ようやく人間のもの以外の墓に出会えました。 領主の妻だった故カザユラさんの墓で~す。ただし領主の妻のものにしては、かなり小さいですね~。「ピエール」や「メッキー」にも立派な墓が用意されていたレンダーシアとは、やはり大違いで~す。

f:id:hoshizukuyo:20170331103302j:plain

 落陽の草原から行ける闇の溢る世界の「滅びの街」には、立派なお墓が多数ありますが、この街がエルフのものだった可能性は低いですね。

 街の建築様式がレンダーシア風ですし、関連クエストで見た往時の帝王の姿は人間でしたし。

f:id:hoshizukuyo:20170331104411j:plain

ウェナ諸島の墓めぐり

f:id:hoshizukuyo:20170331104518j:plain

 ジュレイダ連塔遺跡にて、やっと人間のもの以外で立派な墓を発見できました~。

 ただしこの遺跡は、ラーディス王の時代においても超古代文明の失われた技術が隠された謎の遺跡という扱いだったので、現代のウェディの墓文化を語る材料にはできませんね~。

 『アストルティア創世記』の年表を読んでも、ジュレイダ連塔遺跡が作られた経緯は書かれていませんし、前回のゴフェル計画以降に「ウェディが超文明を一時的に享受してその後一気に衰退した」という形跡は見受けられないので、この遺跡は5000年以上前のものである可能性が高いで~す。

オーグリード大陸の墓めぐり

f:id:hoshizukuyo:20170331101617j:plain

f:id:hoshizukuyo:20170331105524j:plain

 オーグリード大陸にだけは、五種族用の大陸としては例外的に、現代や近過去に作られた人間級の豪華さの墓が存在していますね~。ガートラント近辺の墓地と、ダズの岩穴にあるガガベスの墓で~す。

 ただしガートラント近辺の墓に埋まっていた者として判明したのは、300年前の人間であるシャーラさんとファランさんでした。おそらく他の墓にも人間が数多く埋まっているのでしょうし、そもそもこの墓地全体が人間用である可能性も高いですね~。

 500年前のレイダメテスによる人間の難民の中に、オーグリード大陸にとどまった者が多かったことは、『アストルティア創世記』の13ページに書かれていま~す。

 そうなると、若き日のクリフゲーンが当時の規則に背いてまでこっそりガガベスの立派な墓を建てたのも、人間が持ち込んだ文化の影響である可能性が高いですね~。

※調査結果のまとめ

 数や規模の点で、やはり現代においては墓文化は原則として人間のものであるといって過言ではないと判明しました。

 レンダーシア以外で見かける墓は、埋葬者の地位に比して貧相であったり、埋葬者が人間である可能性が高かったり、超古代の墓であったり、人間の文化の影響を強烈に受けた地域のものであったりしました。

※文化の差異の原因の仮説 ゴフェル計画による文化の断絶

 なぜこうした差異が発生したのでしょうか?

 星月夜は、第二回の災厄の王の襲来が原因であると考えました。

 ゴフェル計画の発動により、レンダーシア以外の五大陸はいったん見捨てられ、地上のモニュメントはよほど頑丈なもの以外は消滅しました。「先祖代々之墓」なんてものがあったとしても、それを継承することは不可能になったので~す。

 その後、戻ってきた五種族も頭数は各百名にまで減っていました。輩出される死者も激減することになりま~す。

 そして彼らの眼前にあったのは不毛の大地。生きるだけで精一杯で、死人のために割く余力はほとんどなかったでしょう。

 そういうわけで、墓という文化を継承するための動機も能力も一気に激減したのだと思われま~す。

 その後、レイダメテスによる大規模な人間の難民の発生により、オーグリード大陸に少しだけ墓の文化が再度根づきはじめたのが、現代という時代なのだと考えました。

チームレベルが58になり、カンストしました。今回はかなりのんびりでした。

 チームレベルが58になり、カンストしました。

 今回はうちのチームにしては、かなりのんびりでした。名作ゲームが次々に作られていることもあり、イン率が激減していたのが原因で~す。

 それはさみしいことですが、ゲーム業界全体としては喜ばしいことだと思っておりま~す。

f:id:hoshizukuyo:20170318152936j:plain

 とりあえずこれでチムクエを気にせず、すきなときに釣りができますね~。

とりあえず一回だけ初日にメイヴを倒しました。

f:id:hoshizukuyo:20170405234113j:plain

 いよいよ海冥主メイヴとの戦いが始まりましたね~。

 ダークさんによると、メインストーリーで領界が全部つながったのがメイヴの活動再開の原因のようで~す。メイヴはレグナードを敵視していて、戦いを挑みたがっているらしいので~す。彼らが戦うと世界が滅びかねないから、ここでくい止めるというのが、戦いの名目でした。

 公式ページでも、「バージョン3.5 嵐の領界のメインストーリーをクリアしている」が戦いの条件になっていました。

 でも、嵐の領界の住人がレグナードと戦うならば、水の領界と嵐の領界がつながった時点で可能だと思いま~す。これは設定を脳内補完するしかないですね~。「さすがのメイヴも闇の領界の毒だけは怖い」とか。

f:id:hoshizukuyo:20170405235016j:plain

 とりあえずフレンド四名で挑んでみました。

f:id:hoshizukuyo:20170405235053j:plain

 何度か死ぬうちに、相手の行動が読めてきました。f:id:hoshizukuyo:20170405235117j:plain

 「とどまる、キルト、るるなんと海冥主メイヴをはじめて倒した!」の記念写真も撮影。

f:id:hoshizukuyo:20170405235340j:plain

 ネレウスマスク入手。最近は忙しくてあんまりゲームができないので、理論値完成はずっと未来の予定。

学力レベル・フウキ委員全員のレベル・全員の絆をカンストさせました。デートと新髪型の感想を少々。

 最近授業に出てなかったのですが、9月に解放された学力レベル*1については、一回出席しただけで新しいカンストである3に到達しました。

f:id:hoshizukuyo:20170323145521j:plain

 そして、はぐれメタルのおかげで、フウキ委員全員のレベルが瞬く間に50になり、9月以降におけるカンストに到達しました。

 さらに絆も7にし、10月におけるカンストまで到達しました。

 絆については9月に6まで解放されたとき、どうせすぐに7まで解放されるからと思って上昇させなかったので~す。でも10月になっても、6ちょうどでいったん成長が止まる仕様だったので、あんまり意味はありませんでした。

 絆6で発生する各人とのデートイベントは、どれもそれぞれ味わい深かったですね~。

 でも、リソルのイベントで不良が出てきたのは残念でした。星月夜は不良が大嫌いで~す。

 絆によって解放された新しい髪型については、不満が多かったで~す。

f:id:hoshizukuyo:20170331034517j:plain

f:id:hoshizukuyo:20170331034803j:plain

 女子が全員お揃いなのは、何だかやっつけ仕事みたいな気がしてしまいました。アイゼル先輩のはちまきは前から見ると全然目立たず。ミラン君は高校すら卒業していない分際なのに学士気取りでいけすかなかったで~す。特権階級だからどこぞの大学から名誉学士号でも贈られているんでしょうかね~?

 そういうわけで、新髪型についてはデートとは逆に、リソルの帽子だけ高評価でした。

アスフェルド学園の衰退は、一発のラッキーパンチから始まった。

 以下は、アスフェルド学園の衰退に関する記述です。年代については『アストルティア創世記』を大いに参考にしました。

※物語開始の21~26年前、ランガーオ村の武闘場で、クリフゲーンのラッキーパンチが当時のチャンピオンであったガガベスを殺す。

 このパンチは村のチャンピオンの地位を瞬時に変えただけではなく、多くの余波を生み出しました。

 ガガベスの遺族は蔑まれ、その数年後であるゲーム開始の20年前、当時6歳のガガイは復讐を宣言して村を飛び出します。

 勝利こそがすべてとされていた村の風潮に疑念を持ち始めたクリフゲーンは、これを機に村の風潮をじっくりと変化させていく努力をしました。

 そうした新しい風潮のおかげで、体の弱かったギュラン少年も頭脳派という生き方を選ぶことができました。やがて彼が村王の側近となり、ランガーオ村の行政には異種族がいらなくなりました。

 ギュラン氏はさらに学校を作り、以後オーガ族は修行の地であるランガーオ村で、戦闘力だけではなく知能も気軽に高められるようになりました。

 ここの卒業生たちが社会に巣立っていく時代には、「学びの庭」があるエルフ族同様、どのオーガの国や村でも、高級官僚に人間を招く必要なんかなくなっていくことでしょう。

 当然ながら、アスフェルド学園の卒業生の進路の幅も狭くなりま~す。

f:id:hoshizukuyo:20170331105524j:plain

※物語開始の20年前、グランドタイタス号の就航を記念して、異種族のレンダーシア上陸が許可される。

 以後、ルシェンダやユーリといった五種族の出身者でも、実力次第でレンダーシア内部のポストを狙えるようになりました。

 アスフェルド学園の卒業生の就職活動は一気に厳しくなったでしょうね。

f:id:hoshizukuyo:20161209152704j:plain

※物語開始の15年前、過激な修行のせいでガートラントのデルタニス王子が死亡。

 これを機にガートラントでも武力重視の風潮が弱まっていきま~す。やがてはこの地でも、第二第三のギュラン少年があらわれることでしょう。

f:id:hoshizukuyo:20170214002400j:plain

※物語開始の1年前、エクゼリア王国滅亡。

 アスフェルド学園の卒業生の有力な就職先である人間の王国が一つ消えました。

 再興活動の話題は期間限定クエストで一回だけ語られたのみの、か細いものでした。

f:id:hoshizukuyo:20160412032946j:plain

※物語開始直後、迷いの霧発生。レンダーシア孤立。

 五大陸の組織で、「毎年アスフェルド学園の卒業生をX名採用」などの規定を持っていた組織は、これを機に規定を見なおしたことでしょう。

 迷いの霧問題はすぐに解決しましたが、それで変化した規定が全部元に戻るとはかぎりませ~ん。

f:id:hoshizukuyo:20170401001001j:plain

※1.0時代にイッドが、3.0時代に六種族の祭典が、メギストリス王宮における人間の評判を落とす。

 プーポッパン王の親戚ですらそう簡単に受け入れないメギストリス王宮ですが、かつては「レンダーシアから来た魔瘴に詳しい老人とその部下の武人」という設定があるだけで浪人たちが一気に王宮の有力者になれるほど、人間が重んじられていました。

 しかしイッドで痛い目を受け、さらに六種族の祭典の失態の被害を受けたせいで、人間の評判は地に墜ちたようで~す。

 当分メギストリス王国に就職するのは無理ですね~。

f:id:hoshizukuyo:20170401000803j:plain

※その結果としての、空き教室の増加と、編入生の台頭。

 こういう諸々の事情により、「アスフェルド学園に通っても食えるとは限らない」と思う保護者が増えたのでしょう。

 生徒数は減り、合格者の平均偏差値も下がり気味のようですね~。

 部活としての承認を受けていない非正規のサークルにまで専用の教室を分け与えても、なお広大な空き教室が生じるありさまで~す。

 あまりまともな初等教育前期中等教育を受けたとは思えない環境で育ったフランジュさんやクラウン先輩でも、簡単に編入できたうえに一気に優等生になれてしまう始末で~す。

 就職難という衰退原因が生徒の小粒化という次なる衰退原因を生んでいるわけです。

 このままでは、封印危機問題や湖の遺跡問題が解決されても、学園は衰退の一途をたどることでしょう。

f:id:hoshizukuyo:20170324044844j:plain

予型論から大胆予測する、3.5中期以降のナドラガンドの物語と、11月以降のアスフェルド学園の物語

1.ナドラガンドの物語とアスフェルド学園の物語の類似性

 多くのプレイヤーが感じているようですが、ナドラガンドの物語とアスフェルド学園の物語は、内容が酷似していま~す。

 以下に星月夜が気づいた類似点をざっと列挙してみました。

※何者かによる封印により、その世界は寸断され、暮らしにくくなる。

 ナドラガンドでは必要な物資の適切な交換が行われず、各地域でそれぞれ住民は苦しんでいました。アスフェルド学園でも、封印をまぬがれた生徒ですら、教室や購買部を利用できずに苦しんでいました。

※伝説の解放者が異界からさっそうと登場し、その地の支配者に気に入られ、封印を解放していく。

 主人公はオルストフ総主教にもバウンズ学園長にも気に入られ、解放者活動を開始しました。

※名声と実績がそこそこあるライバルも登場するが、やがて敗北を認める。

 ナドラガンドではトビアス、学園ではリソル・ルナナが、これに当たります。

※しかしその解放活動を悪と断じる者もいる。ただし詳細な理由は教えてくれない。

 ナドラガンドでは主人公の兄弟姉妹、学園では4~8月のラスボスが、これに当たります。

※現地の支配組織の序列第二位は、ささいな理由から罰を与えるのが好き。

 ナダイアは、カーラモーラの現地住民の治療に専念をしたエステラさんに厳重注意、フィナさんを殺さなかった主人公と敵対を宣言、主人公を見殺しにしなかったエステラさんを破門。シナイジッチは、ばくだん岩を治療したルナナを退学させようとし、ミラン君には恣意的な処罰を予告して帰省させようとし、エリシャ先生に激しくつめよったフランジュさんに謹慎処分を課していました。

※序列第二位の本来の武器は両手杖。道具としてカードを使うのも得意。

 ナダイアは、他の神官のものとは一味違うデザインの特製の杖を持っていますね。そして弟らしきアンテロや部下のトビアスに強力な召喚符を貸し与えていました。シナイジッチも、ムチも一応使えるものの本来の武器は得意の攻撃呪文と相性のよい両手杖であり、石化の呪いを発動させるため怪しげな札を使用していました。

※序列第二位は怪しげな術で他者を操れるが、被害者の自由意志は原則として残る。操られた者の中には、主人公側の本拠地の一員として活動していた者もいる。その内の一名が再度主人公側に寝返ってくれて、危機をしのげる。

 ナドラガンドでは、エステラ・ヒューザ・フウラが操られ、アンルシア様とラグアス王子が誘拐されました。でもエステラさんは主人公が塔から落下したときに助けてくれましたね。学園では、オデット・クラウンが操られ、ミッケ君が盗まれそうになりました。でもクラウンさんは主人公が身動きを封じられたときに助けてくれましたね。

※序列第二位が本当に解放したかったものは、六人が円形に並んだ儀式によって解放される。

 ナドラガンドについては、3.5前期クリアー後の予告ムービーで、神の器六人が円形に並んでナドラガ神復活の儀式をしている姿が描かれていました。学園では、講堂でシナイジッチら六人が円形に並び、湖の遺跡への門を解放していました。

f:id:hoshizukuyo:20170329192708j:plain

2.「予型論」

 さて、キリスト教における聖書解釈の方法の一つに、「予型論」というものがありま~す。

 これは、新約聖書で起きる重要な事件は、旧約聖書でも予行的に類似の事件が起きていたとする考え方で~す。

 前章で確認した通り、ドラガンドの物語とアスフェルド学園の物語は酷似していま~す。

 この類似性は、スタッフが意識的であった場合も無意識的であった場合も、当面は続く可能性が高いですね~。何らかの動機や裏設定に基づいているならば、当然続きま~す。作れるストーリーのパターンが少ないせいで結果的に似てしまったのであるならば、やはり今後も結局は似てしまうことでしょう。

 そういうわけで、3.5中期以降のナドラガンドの物語と、11月以降のアスフェルド学園の物語を予測するならば、「片方だけで先行して起きた事件に似た事件がもう片方でも起こる可能性が高い」という仮説を利用するのは、そう悪い手法ではないと思われま~す。

 とはいえ、この種の帰納法的推論は根拠としてそれほど強いものではないので、題名には「予測」ではなく「大胆予測」と書くことにしました。だからもし予測が外れても、あんまり馬鹿にしないでね。

f:id:hoshizukuyo:20160802231411j:plain

3.ナドラガンドの物語の大胆予測

※ナダイア派とオルストフ派の対立が顕在化

 3.5前期までの物語では、ナダイア派とオルストフ派の対立は潜在的なものであり、予告ムービーで対立の顕在化が不確実な形でほめのかされる程度でした。

 しかし学園では、すでに学園長は教頭を悪と断定しており、講堂の鍵が壊されたときも目撃証言を聞くまでは教頭を真っ先に疑っていました。

 学園で起きたことがナドラガンドでも起きるならば、そろそろナダイア派とオルストフ派の対立が顕在化してもおかしくはありませ~ん。

※戦いの舞台は神墟ナドラグラムへ

 神墟ナドラグラムについては、本当に復活するのかどうかも不明であり、復活したとして新マップの扱いになるのか戦闘の場面だけの異空間になるのかも不明でした。

 しかし学園では、湖の遺跡が復活し、来月からの主戦場となることがほぼ確実視される話の展開になっていました。

 予型論から考えるかぎり、おそらくナドラグラムもマップの扱いを受けるかなり重要な施設となるのでしょう。

f:id:hoshizukuyo:20151023090337j:plain

4.アスフェルド学園の物語の大胆予測

※シナイジッチが封印の守護者たちの創造主の捕獲に成功。

 ナドラガンドにおける主人公の兄弟姉妹のイメージが投影されているのは、封印の守護者たちの創造主でしょう。封印の守護者たちは、一部の例外もいますが、原則として創造主を守るために命を惜しみません。主人公の兄弟姉妹は錬金術師として、「ニコちゃん」などの疑似生命を自由に作り出していました。そしてニコちゃんも自分の命を犠牲にして結界を強化することに躊躇はありませんでした。

 そして主人公の兄弟姉妹は創生の霊核の奪取と引き換えにナドラガ教団に捕獲されてしまったのですから、予型論で予測するならば、封印の守護者の創造主もまたシナイジッチの手に落ちるのだと思われま~す。

※創造主の正体は、おそらく「願いの少年」。

 そしてシナイジッチの二大目標が湖の遺跡への門の復活と願いの少年の確保だったのですから、話の流れとしてこの創造主とやらは願いの少年の別名なのではないかと、一層大胆な予測もしてみました。

※そしてその願いの少年の正体は、おそらくウェスリー。

 「解放者の兄弟姉妹」という立場に匹敵する因縁を学園で持っているのは、「あるフウキ委員の兄弟姉妹」という立場であるウェスリーぐらいでしょう。

f:id:hoshizukuyo:20170306100956j:plain

エイプリルフールイベント、しっかり楽しみました。

 今年のエイプリルフールイベントは、心温かいウソ、がっかりさせるウソ、ウソ自体をネタにしたイベントの、三種類から構成されていましたね。とりあえず三姉妹の書き置きに従って行動してみました。

f:id:hoshizukuyo:20170401104627j:plain

 偽のジャイラ密林にあるラウルの手帳が、この日だけリィンの手帳になっていました。ちなみに真のジャイラ密林では何も変わっていませんでした。

 手帳によると、二人は出会ってから41回目の満月の夜に結婚を決めたようでした。地球で41回目の満月というと3年半ぐらいの期間ですが、アストルティアでは400時間ぐらいなので、スピード婚です。

 手帳に書かれていた偽りのダーマ神殿の礼拝堂に行くと、結婚式の図が見られました。

f:id:hoshizukuyo:20170401105116j:plain

f:id:hoshizukuyo:20170401105127j:plain

 近づくと春の夜の夢のごとく、消えてしまいました。

f:id:hoshizukuyo:20170401105155j:plain

 ちなみに、こんなすてきな世界を創造したおじさんを殺したのは、勇者の盟友ではなく勇者本人なので、そこのところをお忘れなく。

 「私が やるから……あなたは 見届けて」という言質もしっかり確保しています。

 つづいてガッカリ系のウソを見にいきました。

f:id:hoshizukuyo:20170401105642j:plain

 仲間モンスターのレベルが解放されたばかりなので、彼らの経験値をもカンストさせている人は少ないでしょうね。ベテランすら一瞬だけ期待してしまう光景でした。

f:id:hoshizukuyo:20170401110039j:plain

 そして最後は、自分のお気に入りのウソを語らせるリポンちゃんのバトン。

 リポンちゃんは目つきがキツイですが、まばたきをした一瞬だけかわいくなりますね。