ほしづくよのドラゴンクエストX日記

ドラゴンクエストXの世界で体験したことを綴っていきま~す。画像は原則として株式会社スクウェア・エニックスさんに著作権があるので転載しないで下さ~い。

サブストーリー

クエスト「シックに着こなして」。仕立て屋サテテさんは、中途半端なファルシオン耐性持ちで、偽のよろず屋で~す。(大幅修正報告あり)

仕立て屋サテテさんから、行方不明になった筆頭研究員である月夜見のために作った制服を、代わりに着こなしてくれる相手を探すよう頼まれました。当座の候補は、以下の三人で~す。 小型魔神機開発部主任、チュカカさん。 筆頭研究員のダサい制服を着るぐら…

クエスト「秘密のサプライズ大作戦!」 & おめでとうヤクウさん!

採掘場の労働者であるボレッチャさんから、08号の調子が悪いから様子を見てくれと頼まれました。 08号から話を聞いたところ、玉座の間のある人に恋をしてしまったのだとか。 そこでボレッチャさんの助言に従い、おおさそりの落とす「キレキレなニッパー」を…

「青き閃光の軌跡」三部作

本日は「青き閃光の軌跡」三部作を紹介していきま~す。 ※前篇「光をたどる者」 帝国技術庁の研究院であるキキミミさんから、警備魔人兵049号の修理を手伝うように依頼されました。 部品とパスワードを探してくるだけの簡単なクエストでした。 クリアーする…

クエスト「面倒臭がり屋さんの発明」をクリアーし、4.3時代の宝箱をコンプリート

ダルチャンさんとその部下の支援魔人機029号からの依頼で~す。自動遊覧回廊が、動力ポンプが奪われたことにより機能停止におちいったので何とかしてほしいとのことでした。 残された手がかりを総合すると、モグラ組カルデア溶岩帯支部の仕業である可能性が…

クエスト「よみがえり続けるもの」は、4.3メインストーリークリアー後も設定や発言があたかもクリアー前のようで、残念でした~。それ以外でも、防衛魔人兵関連の設定が残念。

ガラクタの再利用のために努力をしているリリペアさんからレンズを入手してくれという依頼を受けました。 「リリペア」は、"re"(再)+"paro"(入手する)が語源の"repair"(修復する)にさらに"re"をつけたものであるので、「再修復する」という語感があり…

燃えるロマンの宝石

本日はクエスト「燃えるロマンの宝石」の紹介で~す。 ララコネアさんから夫のキバチェさんを助けてほしいという依頼を受けました。 キバチェさんは、現代では「カルデア洞穴」と呼ばれている「灼熱の溶岩窟」で、相棒のリュウタと「ヒスイのつばさ」という…

『週刊ウルベア魔神兵』精読 「脚なんて飾りかを検証!」・「グルヤンラシュの正体は、会う前から半分ネタバレされていた!」・「反骨の出版人ボダッチ氏の地上出版の意図を徹底分析」

新しく行けるようになった時代について、フィロソロスさんから恒例の依頼がきました。今回は『週刊ウルベア魔神兵』全6巻を買ってくるというもので~す。 ウルベア帝国では『魔神機歴史概説』という重厚な研究書のシリーズもあるのに、なぜか冊子程度の内容…

4.3メインストーリーその3 ウルタ皇女およびグルヤンラシュとの会見

許可証の力で首尾よく帝国城に入ると、中ではドワーフの高官たちはグルヤンラシュによって閑職に追いやられていました。 祭政一致の国なので、名目上は政治家や官僚ではなく神官なので、権力を奪おうとすればかなり簡単に奪える仕組みのようでした。 高官の…

経営難の郵便局を救おうとして、とんでもない行動をした便せん娘の二人目

このブログでは、メインストーリーの紹介記事はまとめて連載し、途中のサブストーリーは後から徐々に紹介していくというスタイルを採用しています。 しかし今回はその原則を若干変えてでも、メインストーリーの完結前に紹介しておきたいサブストーリークエス…

4.3メインストーリーその2 リウ老師の助言に従いウルタ皇女への謁見を目指す。 & 4.3時代の通常モンスターをコンプリート

3051年前の「ダラズ大鉱脈」の強制労働所に着きました。 どうやら、グルヤンラシュがガテリア皇国を滅ぼしてからしばらく経過した時期のようでした。 ここでは「労働魔神機」というロボットが見張り番をして、ガテリアの捕虜やウルベア地下帝国の不満分子が…

4.3メインストーリーその1 終焉の繭事件がまた発生

本日から4.3のメインストーリーを紹介していきま~す。 他のコンテンツを散々紹介しているうちに約一ヶ月経過したので、ネタバレ回避とかはしませ~ん。逃げるなら今のうちで~す。 ルシェンダさんから、ドルワームのダラズ採掘場の防砂ダム付近に例の終焉の…

クエスト「ペンダントを追って」

シンシンさんから、鬼岩城の偵察任務中に行方不明となった夫の痕跡をさがしてくるよう頼まれました。 夫の持っていたペンダントを持っている鬼人兵の情報を聞いてから、諦められなくなったようでした。 シンシンさんの夫のペンダントを持っていた鬼人兵を発…

クエスト「約束の迷い子」をクリアーし、エテーネ帝国はますます栄えることになりました。

ガエリブという竜族の吟遊詩人がエテーネ帝国の首都に住み着きました。 各地で聞いたウワサを詩にしているらしく、その詩の示す先にエテーネの移住者予備軍がいるという設定でした。 エテーネルリングの反応があったので、これは単なる偶然ではなく、兄の複…

公式イベント開催の通知の便せんは、開催地ならではのものであることが多いですが、これはいささか考えものですね~。

公式イベント開催の通知の便せんは、開催地ならではのものであることが多いですよね~。 たとえば直近ではジュレットで開催されたトラシュカ2018*1については、バルバトスさんが南国の便せんで通知してくれました。他にも、アズランで開催されたプリズラン*2…

続・パクレ警部の総合研究

0.はじめに 本稿は「パクレ警部の総合研究」の続編で~す。 正編の内容は、「ゲーム中の情報から合理的に推論した場合のパクレ警部像」について語るという側面が強かったで~す。 そして本稿の内容は、「パクレ警部の総合研究」で語った推論がすべて正しい…

パクレ警部の総合研究

0.はじめに 本日はパクレ警部についての研究をまとめてみました。 何かと評判の悪いパクレですが、結論は再評価の方向に傾きました。 1.警部という地位について まずはその称号である「警部」から考察していきま~す。 『アストルティア創世記』の111ペ…

ある種のタンスやツボの中身を自由に持ち去れる理由について、自分はこう理解していま~す。

1.中身を持ち去れる家具とそうでない家具について 自宅のタンスの中身について、誰が持ち去れるかを所有者は自由に設定できますよね~。 このため、誰でも持ち去れる設定にしていたら見ず知らずの冒険者に中身を持ち去られる上、運営からも何の対処もして…

浄月の間におけるフス(Jan Hus)の『教会論』の影響

0.はじめに カーラモーラ村の浄月の間の前には、「フス」という名の老人がいて、浄月の間の月光の解毒の効能について語ってくれま~す。 闇の領界におけるキリスト教の影響力の強さについては、「キリスト教的原罪論が漂う冥闇の塔を攻略し、メシアとなり…

蒼怨の屍獄兵団の目的は?

0.はじめに 本日はお盆にちなんで、蒼怨の屍獄兵団の目的について考えてみました。 なお、他の三兵団についての分析記事 「アストルティア防衛軍元帥昇進記念記事 「アストルティア防衛軍の敵軍の黒幕は魔物商人」説を提唱しま~す」の続編としての性格が…

4.2時代のモンスターをコンプリート 部門別に思い出語り

数日前、蒼怨の武骸将デゾスと蒼怨の邪骨将マッゼを倒し、4.2時代のモンスターをコンプリートしました。一回の戦闘で両方倒せたのですが、その戦場で倒した順番ではマッゼのほうが後なので、自分にとっての今回のラスボスは蒼怨の邪骨将マッゼということにな…

知将ジャミラス礼賛 潜入作戦で乗り越えた三つのハンディなど

知将ジャミラスの有能さについては熱く語ってきましたが、まだまだ語るべきことが多く残っていたので、まとめて語っておこうと思いま~す。 まずメインストーリーを追うだけでわかる功績を再確認しておきましょう。 ※ヤスラムに化け、グランゼドーラに潜入し…

第7回クイーン総選挙の予選大会について

1.出場者の分類と感想 今回のクイーン総選挙の予選大会の候補者たちを、出場理由で分類してみました。 ※前回予選の上位者たち・・・・・・27名 前回の予選の上位27名は、そのまま出場できたようでした。 勇者姫アンルシア・ヒストリカ博士・セラフィ・エス…

「ポイックリン・リターンズ」シリーズ第3話「さらば愛しきポイックリン」 & 4.2時代のクエストボスをコンプリート

ポイックリン・リターンズも最終回。まずはいつものようにガタラの酒場で作戦会議をするところから始まりました。 そして双角のかぶと・虚無の瞳を手に入れたキェルグが次に狙うのは王立研究院にある風の腰布だという予測が立てられました。 ここではまんま…

「ポイックリン・リターンズ」シリーズ第2話「VIPルームは危険な香り」

ポイックリン・リターンズの第2話も、ダルルさんから受注で~す。 カジノにダークポイックリンから予告状が届いたので、警護にいくことになりました。 このテテケさんと話すと、「カジノフロア0」のVIPルームに行けま~す。 フロア0では、普段のギャンブルが…

「ポイックリン・リターンズ」シリーズ第1話「麗しのアヴェンジャー」 あの正体バレバレな扮装の功罪

「ポイックリン・リターンズ」シリーズは、怪盗に敬意を表して、職業盗賊縛りで挑みま~す。 第1話「麗しのアヴェンジャー」はダルル盗賊団からの依頼。義賊だったポイックリンが急に無差別な窃盗を開始したので、何とかしてほしいとのことでした。 とりあえ…

アンゴの『墜落論』

ゲルト族の戦士見習いのエバジラさんからクエスト「ゲルト・勇気の儀式」を受注。ゲルト族を再興させるためにも、早くイニシエーションを終えて一人前になろうとしていました。 現代でも「一人前の証」を持っているのといないのとでは、行動の自由度がまるで…

クエスト「その先に行くために」

現代でいう「ランガーオ山地」である1287年前の「辺境の雪山」で、コンギス製のアルゴングレート*1の一匹に会えました。 どうやら人間になりたいらしく、そのために獅子門の呪術師ゴルガーレンを頼ろうとしたようで~す。 ゴルガーレンさんは魔物を人にする…

クエスト「雪山の守り人」の内容や設定は、モルガンさんの名前の語源と深い関係があるのではないかと考えました。あとオーレンの再評価とか。

魔封剣姫見習いの魔封士のモルガンさんから、魔封剣姫の不調を治すための薬を獅子門のアンゴさんからもらってくるよう頼まれました。クエスト「雪山の守り人」で~す。 アンゴさんは女性だけで構成されるゲルト族の族長でした。すると語源は「アネゴ」でしょ…

クエスト「紅き落日の想い」

グリエ王子からすてきな花の帽子をもらったテルテルさんが、お礼に同じものを作ってお墓に供えたがっていました。 テルテルさんの花の帽子は、シラナミブランドの妖精の花冠に酷似していますね~。 とりあえず情報をもとに素材を集めればクリアーでした~。

クエスト「理想の鍛錬法」

ダチモギさんから、優れた闘士になるための鍛錬法を、闘技会の司会のビビカルさんに聞いてくるよう頼まれました。 それぐらい自分でやればいいと思ったのですが、気が弱くて聞けないのだそうで~す。 そういえばアズランの町にも、剣士グンザとかいう、図体…