ほしづくよのドラゴンクエストX日記

ドラゴンクエストXの世界で体験したことを綴っていきま~す。画像は原則として株式会社スクウェア・エニックスさんに著作権があるので転載しないで下さ~い。

メインストーリー

なぜクロウズたちが領界をつながずにナドラガンドを自由に移動できたのかを考えました。

アグニースを倒して炎の領界と氷の領界をつないだとき、山の上からその様子を伺っている兄とクロウズの存在に気づきました*1。 彼らも炎の領界にいたのかと、このときは思ったのですが、あとから彼らの本拠地が嵐の領界だと判明しました*2。 なぜクロウズた…

「クァバルナ」には二つの元ネタがあると考えました。

天魔クァバルナの元ネタを世界中の神話から探し続けていたのですが、ぴったりとした発音のキャラクターを発見できませんでした。 そこで二つの元ネタの融合なのではないかと考えると、すっきりとしたよい仮説ができました。 元ネタその1."वरुण"(ヴァルナ…

奈落の門と常世の門の「はざま」について

御門将ゴウシルシャのまめちしき2によれば、彼は「奈落の門と常世の門のはざまでさまよっていた所を拾われた」のだそうで~す。 そうなる前は「馬面の相棒と暴れ回っ」ていたとあるのと、語源が同じであることから、前身は十中八九『ドラゴンクエストV』で…

『正法念処経』巻第十七の「執杖餓鬼」の設定は、偽セレドの町の物語の元ネタかもしれませ~ん。ついでに「セレド」の語源について。

仏教の世界観に、「六道」という概念がありま~す。転生先を六種類に大別したもので~す。 なお、「六道」を「りくどう」と発音すると格好良いと思い込んでいる人がいますが、これは間違いで~す。 おそらく「仏教用語は普段と発音が違う」という中途半端な…

ウェルカムギフトキャンペーンで貰った最弱の釣り具を活用し、リトルマリンのキングサイズを入手! キングサイズはこれで80品種で~す。

ウェルカムギフトキャンペーンを日課にしていた結果、レンドア南の道具屋で買えるのと同じ、最弱のしょうぶな釣りざおと最弱のぎんのルアーを入手しました。 ちょうど弱い魚なのにキングサイズをまだ釣っていない品種としてリトルマリンが残っていたので、こ…

クイーン総選挙と同じ理由でナイト総選挙の落選運動も下火にしました。

毎年恒例の「アストルティアナイト」の名にふさわしくない候補者への落選運動ですが、クイーン総選挙と同じくバジネヅさんによる常世の門開放を理由に*1、今年は一気に下火にしました。 それでも対象として残ったのは、この開放がされる前に死んだナダイアと…

星月夜の戦闘力はフォステイルを越えたか? パルカラス亡霊王で実験!

四術師が倒すことができず、封印するしかなかったサルファバルを、同じく四人パーティで完全に倒したとき*1、星月夜の戦闘力は四術師の平均を越えたと確信できました。 しかし、四術師のうちベルンハルトは、一対一ではラズバーンにすら勝てなかった人物で~…

今回のクイーン総選挙では、落選運動の対象が大幅に減りました。

前回と前々回のクイーン総選挙・ナイト総選挙では、ナドラガンド分離前から生きていた可能性のあるプリネラさん以外の竜族は、全員「アストルティア・クイーン」や「アストルティア・ナイト」の名にふさわしくないと考え、落選運動の対象にしました。 しかし…

学園生活 1月

学園暦で1月になりました。明けましておめでとうございま~す。 新年の幕開けと同時に湖の遺跡の第三層に行けるようになったので、さっそく突入しました。 第三層も第一層の使いまわしと思いきや、封印の像が一基増えていました。 今回も、残留思念を元に作…

学園生活 12月 一つだけ合点がいきませんでした。

アスフェルド学園に来たら12月となり、すっかり雪景色でした。相変わらずこの学園周辺だけ四季が顕著に表現されていますね。 コンシェルジュたちの発言によれば、他の地域でも気温だけは変化しているようですので、「冬だけは雪が積もり、他の季節にはそれが…

エテーネ復興計画

星月夜は世界中の国々の危機を何度も救ってきました。そしてこの度は、ナドラガを倒してアストルティア全体を救いました。今なら世界の中心でエテーネ帝国を建国し、世界の支配者になったとしても、誰も文句はいわないでしょう。 とりあえずエテーネの復興は…

ナドラガ神討伐の後日談

ナドラガ神を討伐した後、まずは宴会に招かれました。 ナドラガンドの有力者が一堂に会しました。 この宴会では、本来は教団の新代表にふさわしいエステラさんがアストルティアに見聞を広めにいくこととか、その間はトビアスさんが教団を預かることとかが、…

ナドラガ神との戦い

復活したナドラガ神は実に強く、近づくことすらままなりませんでした。しかも究極のブレスで空中に次元の穴を空け、そこからアストルティアに行こうとしました。 以前、印欧祖語"*h₂stḗr"とドラクエシリーズの歴史とアスタロトのまめちしきの三つの根拠から…

自分も復活。ナドラガ神も復活。兄が殺されなかったことについての一応の説明にも成功。あと、乏しい情報を元に書いた大胆予想が当たった件。

星月夜が受けた傷は深すぎたようで、何度ザオリクを受けても復活しませんでした。 そこで六大種族神が神の器を通じて力を発揮し、六人の神の器が自発的に寿命の一部を譲ってくれたことで、星月夜はようやく復活できました。 こういう危険なことをしなくても…

ナドラガ教団大神殿を強制捜査。ものすごく『バイオハザード』の影響が強かったですね。 & 邪悪なる意志の弱体化の理由の考察

神の器たちを救出すると、突然ナドラガ教団大神殿の結界が消滅したとの情報がもたらされました。明らかに罠ですね。 エステラさんは一人で乗り込むとかいっていましたが、星月夜は他にすることもないので一緒に罠に飛び込みました。 大神殿の中では、ナダイ…

神の器五名救出!

いよいよ今日から3.5後期のメインストーリーを紹介していきまーす。 疾風の騎士団の本部に行くと、プレエゲさんから情報がもたらされました。神の器たちが各領界のナドラガ神のほこらに連れ込まれ、怪しげな儀式を受けて苦しんでいるとのことでした。 偵察者…

セカンドディスクのボスたちの多くも、弱いと感じられるようになった後でも、その立場が不自然に見えないように描かれてました。唯一の例外を除いて。

前回の記事の二番煎じみたいな記事で~す。 ファーストディスクのボスほど極端ではありませんが、セカンドディスクのボスたちも、今ではかなり弱く感じられるようになってしまいました。 それでもやはり彼らにも、「大魔王が描いた絵のほうが強いんだから、…

ファーストディスクのボスたちのほとんどが、今でも魅力的な理由

初代『ドラゴンクエスト』の最大の欠点は、中ボスの権威の低さだったと思いま~す。 ローラ姫やロトのよろいを守る立場のボスが中堅モンスターであり、そうである必然性がほとんど感じられませんでした。 無理に考察して、「キースドラゴンやしにがみのきし…

バージョン3に似ていたアスフェルド学園の物語は、急にバージョン2のほうに似てきましたね~。

以前、バージョン3におけるナドラガンドの物語とアスフェルド学園の物語が似ていることを指摘し、その傾向からそれぞれの話の帰趨を推測するという記事を書きました。 ところがアスフェルド学園は11月になった途端に、急にバージョン2のレンダーシアの物語に…

学園生活 11月

来月のアップデートで学園の新たな物語が解放されそうなので、忙しい中、大急ぎでアスフェルド学園の11月の物語に挑んてきました。 冒頭、「湖の遺跡には人の願いをかなえる強大なチカラの源が眠っていて、アスフェルド学園はそれを封印するために作られた」…

速報! レジェンドバッジとストーリーの時系列から合理的に推知できる新設定が続々発生! 「『小さな英雄ザンクローネの物語』の「まぼろしの第4話」の内容の一部は、「重なりし運命の大地」開始時点ですでに外部に流出していた!」等々

バージョン2.1時代に配信された「重なりし運命の大地」は、真の世界のメルサンディ・セレド・アラハギーロの三ヶ所で物語が展開され、プレイヤーは自由にその順序を選び、最後にラスボスであるヘルバトラーに挑む仕組みになっていま~す。 これが配信をされ…

ウェナ諸島関連の物語に頻出する、「女性による処罰を通じた許し」の構造

1.マンマーによる処罰と許し 「『罪と罰』で読み解くリベリオ」という記事で、キャット・リベリオの物語が『罪と罰』のラスコーリニコフに酷似していることを指摘しました。 その中で、キャット・マンマーがリベリオに与えていてリベリオが最終的に自ら受…

『罪と罰』で読み解くリベリオ ―― 強力な暗号「そうニャ」の秘密。そして思想的元凶は……。

1.はじめに 星月夜が思うに、「キャット・リベリオ」の物語は、『罪と罰』の内容から多大な影響を受けておりま~す。証拠を小出しにして比較しながら分析していきま~す。 2.名前 「リベリオ」と聞くと、イタリア人男性の名前"Liberio"をまずは思い浮か…

ナドラガンドの各領界における墓文化の比較研究

昨日の記事では六種族の墓文化を比較研究しましたが、本日はナドラガンドの各領界の墓文化を比較研究してみたいと思いま~す。 ナドラガンドの各領界は最近つながったばかりなので、相互の影響関係などは考えないほうがいいですね。現地の環境と思想のみによ…

六種族における墓文化の比較研究

創生番号832は、「人間は 死者を弔い 墓とやらを建て 花を手向けるという。 なぜそのようなことをするのであろうか? 死者とは すなわち 敗者である。 そのような者に 思いを馳せる必要はない」と言っておりま~す。 墓の文化は本当に人間特有のものなのでし…

とりあえず一回だけ初日にメイヴを倒しました。

いよいよ海冥主メイヴとの戦いが始まりましたね~。 ダークさんによると、メインストーリーで領界が全部つながったのがメイヴの活動再開の原因のようで~す。メイヴはレグナードを敵視していて、戦いを挑みたがっているらしいので~す。彼らが戦うと世界が滅…

アスフェルド学園の衰退は、一発のラッキーパンチから始まった。

以下は、アスフェルド学園の衰退に関する記述です。年代については『アストルティア創世記』を大いに参考にしました。 ※物語開始の21~26年前、ランガーオ村の武闘場で、クリフゲーンのラッキーパンチが当時のチャンピオンであったガガベスを殺す。 このパン…

予型論から大胆予測する、3.5中期以降のナドラガンドの物語と、11月以降のアスフェルド学園の物語

1.ナドラガンドの物語とアスフェルド学園の物語の類似性 多くのプレイヤーが感じているようですが、ナドラガンドの物語とアスフェルド学園の物語は、内容が酷似していま~す。 以下に星月夜が気づいた類似点をざっと列挙してみました。 ※何者かによる封印…

エイプリルフールイベント、しっかり楽しみました。

今年のエイプリルフールイベントは、心温かいウソ、がっかりさせるウソ、ウソ自体をネタにしたイベントの、三種類から構成されていましたね。とりあえず三姉妹の書き置きに従って行動してみました。 偽のジャイラ密林にあるラウルの手帳が、この日だけリィン…

学園生活 10月

10月は旧校舎の二階の、部費をもらえない研究会や同好会用の部屋を解放していく話でした。 まずは超常現象研究会の部屋を解放。 解放すると、噂に聞く七不思議の模型などが置かれていました。「いつかは七不思議もやらなければな~」と思わされる、精神的な…