ほしづくよのドラゴンクエストX日記

ドラゴンクエストXの世界で体験したことを綴っていきま~す。画像は原則として株式会社スクウェア・エニックスさんに著作権があるので転載しないで下さ~い。

メインストーリー

4.2最後のメインストーリーであるクエスト「メレアーデのお部屋」を終わらせました。

メレアーデさんから4.2最後のメインストーリーであるクエスト「メレアーデのお部屋」を依頼されました。 ネコをネコ缶で誘って集めるだけの簡単な作業であり、なぜ自分でやろうとしないのかよくわからない内容でした。 最初に来たネコは、あんまり黒くなかっ…

喪心獣ゾンテドールを倒し、一応ゾンガロン問題は解決しました。あと後日談を少々。

メレアーデさんと現代に戻ると、エイドスからゾンガロンがあの選王の儀礼場で暴れているから倒すよういわれました。 現地におもむくと、ゾンガロンがバグド王とジダン兵士長と二名の兵士を圧倒していました。 ところがその直後、ゾンガロンに消化されていた…

100年早くゾンガロンを封印

ガズバランのしるしを持って古代に戻ると、グリエ王子を探す前にギルガラン王子に手伝いを命じられました。 よっぽど「私は予言者だ~。そして汝の方策はグリエ王子の方策に劣る~。よって大人しくしてろ~」とか言いたくなりましたが、どうせ信じてもらえな…

後知恵を活用できないかと現代に戻ったら、御都合主義的に予定以上のチートを入手! & 歴史はすでに変化している?

城に戻ると双王子と大臣がゾンガロン対策について話し合いをしていましたが、結局決裂してグリエ王子は城を去りました。 この話し合いを通じて、実はグリエ王子のほうが兄で、病弱で体格がよくなかったから親のはからいで養子に出され、運よく生きのびて成長…

鬼人国との戦い

助命嘆願をしてくれたグリエ王子にお礼に行くと、この時代についてさらに詳細な状況設定を聞けました。 数年前に突然悪鬼ゾンガロンが現れ、多くのオーガを魂のない獣に変えていったのだそうで~す。中でもオルセコ王国と戦争をしていたドランド王国は、住民…

4.2メインストーリー開始。まずは1287年前の世界を探検。ついでに現代の有力者にもインタビュー。

4.2メインストーリーを開始しました。 ロメウスや占い侍女ピクシスによると、今回もまずはルシェンダさんに話しかけることから物語が始まるようでした。 ここで、ファラスが回復したとの情報が聞けました。でも会ってみると記憶までは回復していないようでし…

クエスト「故郷は遠きにありて」の題名を高評価したいで~す。

新エテーネで受注できるクエスト「故郷は遠きにありて」に挑戦しました。 最初にこのクエストの題名を見たとき、不安になりました。 この題名は、室生犀星の有名な詩の冒頭からとったのが明らかですが、その詩は故郷を称揚するものではなく、「故郷なんて実…

嵐魔ウェンリルと黒蛇鬼アクラガレナの戦いを干渉せずに眺める実験をしました。

メインストーリーにおける、自分と嵐魔ウェンリルと黒蛇鬼アクラガレナの戦いは、ドラクエX史上初の三つ巴だったこともあり、普通にその状況を楽しみました*1。 でもそれが終わってみると、干渉をせずにこの二匹をとことん戦わせたらどうなるのかが気になっ…

イケメンオーガに関する挑戦状の解答 & そのオーガの地位についての考察

「イケメンオーガの存在はバージョン1.0からすでに示唆されていた(?)。星月夜からの挑戦状」という記事を書いたところ、大勢の人がコメント欄やツイッターで反応してくれて、嬉しいかぎりでした~。 でもそろそろ「最新記事」一覧からリンクが消えてしま…

古グランゼドーラ王国の城下町の住民と、現代のそっくりさんたち(追加報告篇)

以前、「古グランゼドーラ王国の城下町の住民と、現代のそっくりさんたち(北部篇)」という記事と、「古グランゼドーラ王国の城下町の住民と、現代のそっくりさんたち(南部篇)」という記事を書きました。 しかし見落としていた視点もあったようで、ツイッ…

宿題だった、「国王」と「王」の異同について考えました。

1 はじめに 以前、ジュテ国王の「ジュテ」の部分についての研究記事を書きました。自分でもそれなりに納得できる記事だったのですが、同じ国の王なのになぜアリオス氏は「王」でジュテ氏は「国王」なのかという問題は、宿題として残りました。 本日の記事は…

イケメンオーガの存在はバージョン1.0からすでに示唆されていた(?)。星月夜からの挑戦状。

最近、バージョン4.2の情報が明かされましたね~*1。メインストーリーは、1300年前のオーグリード大陸が舞台のようで、ゾンガロンがらみの話のようですね~。 「ゾンガロンがらみ」・「1200年前」という星月夜の予想記事は、ニアピン賞ぐらいには値すると思…

翠嵐の聖塔が長年解放されなかった理由を考えてみました。

竜族には、鍛えれば非常に強くなれる個体が多いで~す。そしておそらくは一般の竜族もかなり強そうで~す。 以下、その証拠を領界ごとに列挙しましょう。 ※炎の領界の竜族・・・ただの村人によって構成された部隊でも、戦闘だけなら魔炎鳥に一度は勝っていた…

改変前の5000年前の歴史の推測

地球の属する宇宙の法則では、ほんの小さな歴史の改変がバタフライ効果によって結果の巨大な違いを生み出すとされていま~す。 でもアストルティアでは逆に、時渡りのできるエテーネ人が派手に活躍しても、歴史を大幅に変えるのは困難とされていま~す。バー…

アラハギーロ近辺から見えるミルキーウェイの研究

夕月夜「この題名、久々にお得意の天文ネタですか?」 星月夜「ふふふ、それはどうかしら~? まずはこの写真を見て~」 夕月夜「天の川が綺麗に撮れてますね~。前に地球のジパングで見た天の川と同じく、南北に一筋に流れてま~す」 星月夜「うんうん、綺…

討伐モンスターリストコンプリート記念記事 リスト紹介と、コンプリートへの個人史紹介

討伐モンスターリストのコンプリートを記念し、部門ごとに紹介していきま~す。 討伐モンスターリストは、部門ごとにわかれていま~す。 まずは通常モンスターの部。現在はスライムから大魔獣イーギュアまでの554種で、運営が判定した強さの順にならんでいる…

シオドーアの総合研究

1.はじめに シオドーアは、グレン城を奪ったり、レイダメテスに対して持久戦を採用したり、ベルンハルト親子と対立したりといった理由から、イマイチ人気がありませんね~。 しかしながら星月夜は、彼こそ指導者として最高級の人物だと思っておりま~す。 …

バージョン4.2~4.5の舞台の候補について、年表を見ながら考えてみました。

バージョン4.2~4.5の舞台の候補について、『アストルティア創世記』の年表を見ながら考えてみました。 まず4thディスクの物語の全体の題名が『5000年の旅路』なので、それより前の初代勇者や初代王者の物語は候補から外しました。 その上で、今後候補になり…

クエスト「聖守護者の導き」を終えました。「使い魔バシレウス」の命名に座布団一枚。あと「領空」およびラダ・ガートの活動について少し考察。

かなり前に「武器をかかげる」を教えてくれたギズマンから、ガートラント城地下の霊廟の様子がおかしいので調べてほしいといわれました。「聖守護者の闘戦記」に挑戦するための前座であるクエスト「聖守護者の導き」の始まりで~す。 ちなみに、以前「六種族…

「吼えろ トビアス!」第3話 「竜神の遺産」 & 4.1時代の宝箱をコンプリート

ルビーから、トビアスがエジャルナの町の地下の訓練場で根を詰めているから様子を見てくるよう頼まれました。「吼えろ トビアス!」第3話「竜神の遺産」で~す。 ずっと入れなかったこの扉の向こうに、ついに行けるようになりました~。 途中の黒宝箱を開け…

「吼えろ トビアス!」第2話 「招かれざる者たち」

凶暴化したモンスター「暴魔」はアリゲーラだけではなく、各領界で被害が出ていると判明しました。中でも闇の領界の被害が一番酷いとのことで、支援物資を届けることになりました。クエスト「招かれざる者たち」で~す。 始まったとたん、いざないの間の機能…

クエスト「ある女医の秘密」と「伝えるべきもの」という、天国と地獄。

1.はじめに 久々に、シリーズでもないのに二つ以上のクエストを一つの記事で紹介しま~す。 内容の雰囲気が両極端であり、発注者がお隣さん同士であり、どちらも発注者の子孫が誰なのかを知るヒントにもなっているので*1、運営としてもおそらくはこの二つ…

王城のほぼ中心にいるのに時勢に疎い侍従アーケン

グランゼドーラ城の玉座の間の付近の会議室にいる侍従のアーケンからクエスト「あこがれの彼の人」を依頼されました。 こんな場所にいるのでさぞかし情報通なんだろうと思いきや、依頼内容は、フェリナ姫が最近恋わずらいみたいなので調査を頼むとのことでし…

ついてクン入手の経緯と称号への疑問

若いころにエテーネの村を飛び出したヤクウさんが、我がエテーネ帝国に戻ってきました。 当時のヤクウさんって、容姿は兄者から教わっていませんが、60年前のエテーネ村にたしかに暮らしていたようで~す*1。 こんな人が世界のどこかで生きていたというのに…

経営難の郵便局を救おうとして、とんでもない行動をした便せん娘

郵便局員のマルセンさんは、経営難からこの郵便局を閉鎖しようと考えていました。 そこで、彼と二人三脚でがんばっているという設定の便せん屋のアカリさんは、ご当地便せんを開発することを考え、材料として星月夜にヘルボックルが落とす「原紙の枝」を依頼…

古グランゼドーラ城と現グランゼドーラ城のNPCの比較(後篇)

6.三階 現代のテラス前にいるのが準レギュラーのレリオ。昔はこの場所に誰もいませんでした。 4.1メインストーリー終了後に話しかけると、レリオットの子孫であることを公式に認めてくれま~す。 近衛兵詰所にいるのは、昔は近衛兵長のカザルス。現代はメ…

古グランゼドーラ城と現グランゼドーラ城のNPCの比較(中篇)

5.二階 王は、昔はジュテ国王。現代はアリオス王。 大臣は、昔はコルシュール。現代はコルシュ。年齢と立ち位置を勘案するに、子孫のほうが昇進も早く権限も大きそうですね~。 王妃が玉座の間にいるのは昔だけ。エメリヤ妃で~す。現代のユリア妃は三階に…

古グランゼドーラ城と現グランゼドーラ城のNPCの比較(前編)

メインストーリーのムービーで伝令兵として登場しやすいレリオとレリオットの比較をしていて気づいたのですが、古グランゼドーラ城のNPCには現代のNPCのそっくりさんが他にも数多くいま~す。名前と顔だけでなく、場所まで似ていたりしま~す。 おそらくその…

ボスとしての権威に欠ける無限獣ネロスゴーグを倒し、4.1クリアー。そして後日談など。

現代に帰ると、星月夜の介入によって歴史も変わったようで、かつてはアルヴァンを讃えるだけの内容だった聖壇の碑文が、カミルの名誉を回復する内容に変化していました。 この直後、またまたあのレリオがやってきて、四重の封空がついに破られたと伝えてきま…

アルヴァンは本気を出してくれなかったようだけど、とりあえず不死の魔王ネロドスを討ち取ったりぃ!

城に帰ると、カミルが自己を犠牲にして禁呪を使う予定だけれどもそれを誰にも話すなと星月夜に念を押してきました。そしてわざわざこんな発言をしたことで、それをエルノーラに聞かれてしまいました。 エルノーラは感動と興奮のあまり、カミル像をさらに美し…