ほしづくよのドラゴンクエストX日記

ドラゴンクエストXの世界で体験したことを綴っていきま~す。画像は原則として株式会社スクウェア・エニックスさんに著作権があるので転載しないで下さ~い。

メインストーリー

ファーストディスクのボスたちのほとんどが、今でも魅力的な理由

初代『ドラゴンクエスト』の最大の欠点は、中ボスの権威の低さだったと思いま~す。 ローラ姫やロトのよろいを守る立場のボスが中堅モンスターであり、そうである必然性がほとんど感じられませんでした。 無理に考察して、「キースドラゴンやしにがみのきし…

バージョン3に似ていたアスフェルド学園の物語は、急にバージョン2のほうに似てきましたね~。

以前、バージョン3におけるナドラガンドの物語とアスフェルド学園の物語が似ていることを指摘し、その傾向からそれぞれの話の帰趨を推測するという記事を書きました。 ところがアスフェルド学園は11月になった途端に、急にバージョン2のレンダーシアの物語に…

学園生活 11月

来月のアップデートで学園の新たな物語が解放されそうなので、忙しい中、大急ぎでアスフェルド学園の11月の物語に挑んてきました。 冒頭、「湖の遺跡には人の願いをかなえる強大なチカラの源が眠っていて、アスフェルド学園はそれを封印するために作られた」…

速報! レジェンドバッジとストーリーの時系列から合理的に推知できる新設定が続々発生! 「『小さな英雄ザンクローネの物語』の「まぼろしの第4話」の内容の一部は、「重なりし運命の大地」開始時点ですでに外部に流出していた!」等々

バージョン2.1時代に配信された「重なりし運命の大地」は、真の世界のメルサンディ・セレド・アラハギーロの三ヶ所で物語が展開され、プレイヤーは自由にその順序を選び、最後にラスボスであるヘルバトラーに挑む仕組みになっていま~す。 これが配信をされ…

ウェナ諸島関連の物語に頻出する、「女性による処罰を通じた許し」の構造

1.マンマーによる処罰と許し 「『罪と罰』で読み解くリベリオ」という記事で、キャット・リベリオの物語が『罪と罰』のラスコーリニコフに酷似していることを指摘しました。 その中で、キャット・マンマーがリベリオに与えていてリベリオが最終的に自ら受…

『罪と罰』で読み解くリベリオ ―― 強力な暗号「そうニャ」の秘密。そして思想的元凶は……。

1.はじめに 星月夜が思うに、「キャット・リベリオ」の物語は、『罪と罰』の内容から多大な影響を受けておりま~す。証拠を小出しにして比較しながら分析していきま~す。 2.名前 「リベリオ」と聞くと、イタリア人男性の名前"Liberio"をまずは思い浮か…

ナドラガンドの各領界における墓文化の比較研究

昨日の記事では六種族の墓文化を比較研究しましたが、本日はナドラガンドの各領界の墓文化を比較研究してみたいと思いま~す。 ナドラガンドの各領界は最近つながったばかりなので、相互の影響関係などは考えないほうがいいですね。現地の環境と思想のみによ…

六種族における墓文化の比較研究

創生番号832は、「人間は 死者を弔い 墓とやらを建て 花を手向けるという。 なぜそのようなことをするのであろうか? 死者とは すなわち 敗者である。 そのような者に 思いを馳せる必要はない」と言っておりま~す。 墓の文化は本当に人間特有のものなのでし…

とりあえず一回だけ初日にメイヴを倒しました。

いよいよ海冥主メイヴとの戦いが始まりましたね~。 ダークさんによると、メインストーリーで領界が全部つながったのがメイヴの活動再開の原因のようで~す。メイヴはレグナードを敵視していて、戦いを挑みたがっているらしいので~す。彼らが戦うと世界が滅…

アスフェルド学園の衰退は、一発のラッキーパンチから始まった。

以下は、アスフェルド学園の衰退に関する記述です。年代については『アストルティア創世記』を大いに参考にしました。 ※物語開始の21~26年前、ランガーオ村の武闘場で、クリフゲーンのラッキーパンチが当時のチャンピオンであったガガベスを殺す。 このパン…

予型論から大胆予測する、3.5中期以降のナドラガンドの物語と、11月以降のアスフェルド学園の物語

1.ナドラガンドの物語とアスフェルド学園の物語の類似性 多くのプレイヤーが感じているようですが、ナドラガンドの物語とアスフェルド学園の物語は、内容が酷似していま~す。 以下に星月夜が気づいた類似点をざっと列挙してみました。 ※何者かによる封印…

エイプリルフールイベント、しっかり楽しみました。

今年のエイプリルフールイベントは、心温かいウソ、がっかりさせるウソ、ウソ自体をネタにしたイベントの、三種類から構成されていましたね。とりあえず三姉妹の書き置きに従って行動してみました。 偽のジャイラ密林にあるラウルの手帳が、この日だけリィン…

学園生活 10月

10月は旧校舎の二階の、部費をもらえない研究会や同好会用の部屋を解放していく話でした。 まずは超常現象研究会の部屋を解放。 解放すると、噂に聞く七不思議の模型などが置かれていました。「いつかは七不思議もやらなければな~」と思わされる、精神的な…

学園生活 9月

9月の物語に挑戦するため学園に来てみたら、見事な紅葉が見られました。いいな~、こういう季節。 自分だけが夏服であるのが恥ずかしくなり、急いで着替えましたよ~。 ドルボードで湖に近づくと、かつては強制的に徒歩にさせられていましたが、校則が変わっ…

なりゆきで翠嵐の聖塔を攻略し、3.5前期クリアー & 宝箱もコンプリート

トビアス隊の活動を止めるため、翠嵐の聖塔にむかいました。 最初の試練の担当者は、狛犬のウノジとサノジで~す。ファラリスブルというモンスターを一匹倒すだけの簡単な仕事でした。 この程度ならトビアス隊でも簡単にできそうですが、連中は怪しげな薬を…

敵ながら見事なトロイの木馬 & 黒いフードの男の正体は、初登場時の予想通り

月夜見は創生の霊核を守るための結界をさらに強化する計画を持っていたようでした。例の喋る花「ニコちゃん」と、ダークオルニスが落とす「エレクトラム」があれば、本人がいなくてもクロウズの手で強化できるとのこと。そういうわけでエレクトラムを入手し…

フウラちゃん奪還

フウラちゃんを使った儀式が行われそうだとの第一報を受け取ってから随分時間が経過してしまいましたが、アマカムシカの力を借りてナドラガのほこらに到着しました。 さぞかし儀式もたけなわかと思いきや、なんとまだ始まっていませんでした。何をモタモタし…

天風のたづな入手からアマカムシカとの出会いまで

またまた前回の記事から時間が経過してしまいましたが、3.5前期のメインストーリーの体験記を書きま~す。 ムストの町の人々によるとアマカムシカは神獣の森にいるとか。 そしてシオンさん情報によると、アマカムシカはそこで傷をいやしているとか。傷という…

クロウズとの再会から天風のたづな入手まで。某生物災害ゲームとの類似性も健在。

前回からかなり時間が経過してしまいましたが、3.5前期のメインストーリーを進めていきま~す。 教会の地下は、鉱山の跡地を再利用した秘密の避難所になっていました。鉱山の跡地だけに、トロッコの線路もありますね。 「教会の地下にある、トロッコのある秘…

雑魚蹴散らし用の機神の眼甲が完成しました。惜しいことに、予定していた活用の機会からはそろそろ卒業ですが。

機神の眼甲の聖女版理論値が完成した記念の記事では、理論値の第二号については、「作るとしたら、伝承も含めてHP+2で埋め尽くされたHP+10のものにしたいと思いま~す。ダークアイのHP理論値とHPにおいて同格、そしてしゅび力とおしゃれさにおいて勝っている…

嵐の領界進出からクロウズとの再会まで。そして、あの有名な他社製のゲームを連想しました。

3.5前期メインストーリーを開始しました。 まずはフィナさんから、嵐の領界への道を警備していたナドラガ教団の兵士が突然消えたという話を聞きました。そして、そういうわけだからヒューザとともに嵐の領界に行ってほしいといわれました。 これはほぼ確実に…

第5回アストルティア・クイーン総選挙 開幕

いよいよ始まりましたね。第5回アストルティア・クイーン総選挙。 今年は専用衣装を着て会場に行く前に、その衣装を作るための期間限定クエストがありました。「ひげのバレンタイン」で~す。 ミローレ君によると、衣装を作るために必要な特別な猫ヒゲを、…

学園生活 8月(後篇)

生徒会室を解放すると、ナヤリーさんという生徒からサブストーリー「おぞましき呪いの絵」というクエストが受注できま~す。持ち主を不幸にする呪いの絵の出所をつきとめると、ラピスちゃん専用の札アクセである赤のジョーカーのカードがもらえま~す。 この…

学園生活 8月(前篇)

アスフェルド学園、8月の物語が始まるとすぐに、釣り部のフィッツ部長がフウキの対策室を訪ねてきました。 釣り部の部長については、封印に巻き込まれるのを逃れたことを匂わす発言が4月から聞けたものの、7月の物語で後発的に封印に飲み込まれるケースもあ…

「始めよう!バラ色冒険生活」をクリアーし、講義もコンプリートしてきました。

五大陸の第二都市の各駅に冒険ゼミ会員というのが常駐し始めたと聞き、全員に会ってきました。 グレン駅の会員、ベスノさん。 ジュレット駅の会員、ベスエさん。 アズラン駅の会員、ベスナさん。 ガタラ駅の会員、ベスコさん。 オルフェア駅の会員、ベスミさ…

「闇を見つめて」と『新世紀エヴァンゲリオン』と『シン・ゴジラ』の関係その2 マルグリットの影にエンラージャあり?

この記事は以前書いた「「闇を見つめて」と『新世紀エヴァンゲリオン』と『シン・ゴジラ』の関係 あとボスの名前や戦場の考察とか」という記事の続編で~す。 かなり早い段階で続編の内容は決まっていたのですが、内容が内容だけに12月25日に発表したくなっ…

縞模様の歴史と陰陽説から考える、光と闇のプクリポ

Michel Pastoureauという西洋史学や紋章学を研究している学者が、1991年に"L'Étoffe du diable, une histoire des rayures et des tissus rayés"という研究書を出版しました。ジパングでは松村剛・松村恵理の手による翻訳書が『悪魔の布 縞模様の歴史』とい…

いまさらですが、教練バトルをクリアーしてきました。

星月夜は教練バトルについては長らくサボっていたので、通常版に挑戦する前にイベント版のマジンガ先生と何度も戦っていました*1。 そしてイベント期間が終わってから、ようやく通常版のブロンズクラス・シルバークラス・ゴールデンクラスをクリアーしてきま…

機神の眼甲の聖女版理論値が完成しました。

機神の眼甲に「味方死亡時2%で聖女の守り」が三つついた、聖女版理論値が完成しました。 よく機神の眼甲は使いにくい装備だといわれま~す。 たしかに「味方死亡時6%で聖女の守り」と「魔物を倒すと40%でためる」の両方が役立つような状況というのは少ないで…

学園生活 7月(後篇)

さて、ミラン君の健康問題はどんどん悪化してきましたが、解放活動は続きま~す。裁縫室の次は木工室を解放しました。 向かって右にいる男子がナヅチ部長。左で腕を組んでいるのがノミギリ部員。 目の前に部長がいるのに、なぜかノミギリ部員が「ナヅチ部長…