ほしづくよのドラゴンクエストX日記

ドラゴンクエストXの世界で体験したことを綴っていきま~す。画像は原則として株式会社スクウェア・エニックスさんに著作権があるので転載しないで下さ~い。

夢現篇

教練のプラチナクラスとロイヤルクラスを一度だけクリアーしておきました。

ずっとさぼっていた通常の教練ですが、初回報酬も欲しいので、手をつけていなかったプラチナクラスとロイヤルクラスを、一度だけクリアーすることにしました。 まずはプラチナクラスの紹介から。 これがフレア先生。ビスト先生以上に人間離れしていますね~…

同盟バトルの章は、食わず嫌いをしていた真・災厄の王が、一番効率的でした。

3.5後期から、真・災厄の王とダークドレアムと野菜三銃士のクエストのマッチングが、強戦士の書で楽にできるようになったというのは、後期の最初から知っていました。 そして報酬のキュウサイポイントがいかに効率的に稼げるものであるかを知ったのが、半月…

最近の優先順位第三・四位の日課 キュウサイポイント稼ぎ

現在の日課の優先順位第一位は、職人の納品で~す。 これは職人レベルがカンストしていないからこその一位であって、いったんまたカンスト状態になれば、一気に優先順位が下がりま~す。 なお現在の職人は58レベルで、55から60までの道のりの半分以上は終え…

最近バトルロードに紅獣化した後のバズレッドが出てくるんですよ。それも雑魚のお供枠で。その原因を色々と考えてみました。

最近バトルロードで紅獣バズレッドをしばしば見かけるようになりました。 部下のクリムゾンローグがもっぱら敵チームの代表者として登場するのに対し、この紅獣バズレッドは代表者のお供として突然登場しま~す。その代表者もボスとかではなくただのフィール…

セカンドディスクのボスたちの多くも、弱いと感じられるようになった後でも、その立場が不自然に見えないように描かれてました。唯一の例外を除いて。

前回の記事の二番煎じみたいな記事で~す。 ファーストディスクのボスほど極端ではありませんが、セカンドディスクのボスたちも、今ではかなり弱く感じられるようになってしまいました。 それでもやはり彼らにも、「大魔王が描いた絵のほうが強いんだから、…

すごろくでダークドレアムを倒してきました。

ライトニングさんに誘われて、すごろくの新マップでダークドレアムを倒してきました。 とりあえず780ダメージを与えても名前が白いままだったのと、1606ダメージ与えたら倒せたことから、HPは1561~1606と特定できました。今後も何度も挑戦して絞り込んでい…

ちいさなメダルが再び10000枚を超えました。

一月の中旬に、石板を一気に完成させたところ、ちいさなメダルが7000枚ぐらいにまで減りました*1。 ちょっと危機感がわいたので、アストルティアにきて以来初めて、ちいさなメダルを意識的に集めるようになりました。 手段はもっぱらダークドレアム退治でし…

アスフェルド学園の衰退は、一発のラッキーパンチから始まった。

以下は、アスフェルド学園の衰退に関する記述です。年代については『アストルティア創世記』を大いに参考にしました。 ※物語開始の21~26年前、ランガーオ村の武闘場で、クリフゲーンのラッキーパンチが当時のチャンピオンであったガガベスを殺す。 このパン…

学園生活 10月

10月は旧校舎の二階の、部費をもらえない研究会や同好会用の部屋を解放していく話でした。 まずは超常現象研究会の部屋を解放。 解放すると、噂に聞く七不思議の模型などが置かれていました。「いつかは七不思議もやらなければな~」と思わされる、精神的な…

続いてエンシェントククリとトールナイフを購入。踊り子をメインにするときが来たかも~。

昨日の扇につづき、踊り子強化の一環として、短剣を購入してみました。 扇による自己強化も魅力的ですが、ボス戦での踊り子の席は大概は短剣で~す。 ここ数ヶ月、短剣といえばザルトラ退治のためだけに購入した安いライトニングダガーを使っていましたが*1…

スキルポイント配分メモその10

バトル・ルネッサンスのおかげでマスタースキルが27になったので*1、スキル配分を考えなおしました。 スキルポイント配分メモについては、「その9」の後に微修正をした「その9.1」もあるので、両方のリンクを貼っておきますね。 今回心がけたのは、快適さの…

全石板で飾り石と24穴を完備したところ、ちいさなメダルが一気に減りました。

達人の石板作りは、達人クエストやセキバーンなどに頼りつつ、かなりのんびりと進めていたのですが、数日前に一念発起して一気にすべての石板に飾り石と24穴を完備しました。 すると、10000枚を超えていたちいさなメダルが、一気に7000台にまで減りました。 …

チームイベント「悪夢のジューンブライド」

アリスさんが「悪夢のジューンブライド」というイベントを開催しました。結婚の許可を相手の親からもらいに行く旅の困難さを、夢現篇の最終話で表現するという感じのイベントでした。 結婚にちなんで、正装の上、特技で「~斬り」・「~割り」・「~ブレイク…

ロッサム博士の経歴について

『アストルティア創世記』の20~23ページは「アストルティアの神話」という章なのですが、この章については「この手記はグランゼドーラ王国の歴史学者にして神学者、ロッサム博士による著作「アストルティアの神話」の内容を一部抜粋、要約したものである」…

紅衣の悪夢団の目的を、活動場所や裏切り者の登場時期に着目して考えてみました。

夢現篇もめでたく完了したので*1、何度も戦った紅衣の悪夢団について回顧してみました~。 自分たちの住む世界を壊滅させてしまうダークドレアムを、彼らはなぜ崇め、その降臨を望んだのでしょうか? これについて、「カルトの教義に理由なんかない」と答え…

夢現篇に挑戦(最終話)

紅衣の悪夢団を壊滅させた後は、いよいよダークドレアムに挑戦で~す。ダークドレアムが実体化してしまうとアストルティアは完全に滅んでしまうので、実体化前に本拠地に先制攻撃を仕掛けるという設定になっていました~。 災厄の王の時と同じく、パーティ同…

夢現篇に挑戦(第四~六話)

引き続き、夢現篇をすすめました~。 第四話では、グランマーズの占いに従ってセレドの町のある地点を目指しました~。そこで、学びの庭の卒業式以来、実に久々にアサナギ君に出会いました。 かつては星月夜のライバルだったアサナギ君ですが、キュウスケ君…

夢現篇に挑戦(第一~三話)

最近よく「まだバージョン3.0の物語を始めないの?」ときかれま~す。日課の方が大好きな星月夜としても、職人が二重にカンストしたこともあって*1、少しはメインストーリーへの興味がわいてきました。 でも、それをやる前にバージョン2.4までのサブストーリ…

日替わり討伐も頑張ってまーす。

昨晩はダークドレアムさんが公開されたせいで、やり込み系の先輩方が一気に異世界に旅立ってしまわれました~。 弱っちい星月夜は地道に日課をこなしていました~。 みかるん姉はいつも星月夜を日替わり討伐に連れて行って下さいま~す。昨晩はチョッピ荒野…