ほしづくよのドラゴンクエストX日記

ドラゴンクエストXの世界で体験したことを綴っていきま~す。画像は原則として株式会社スクウェア・エニックスさんに著作権があるので転載しないで下さ~い。

全サーバーメンテナンス作業のせいで開催期間が短かった、「おきがえリポちゃん ~ディバイン装備セット~」

おきがえリポちゃんが久々に開催されました。イベント期間は「2017年10月25日(水)12:00 ~ 10月26日(木)11:59」でした*1。 でも「2017年10月26日(木) 0:30頃より7:00頃まで」全サーバーメンテナンスなので*2、実質的な開催時間はかなり短かったですね~…

母来たる その2

卯の花月夜「にゃ~、追いついた!」 星月夜「その声は母上。ごきげんようで~す」 卯の花月夜「星ちゃんは冒険者として大活躍しているそうね」 星月夜「は~い。母上の名をはずかしめないよう、がんばっておりま~す」 卯の花月夜「それはいいんだけど、今…

母来たる

卯の花月夜(うのはなづくよ)「こんにちは~。おひさしぶり~。元気にしてた?」 夕月夜「母上ではありませんか~、おひさしぶりで~す」 卯の花月夜「前に会ったときはあんなに小さかったのに、もうこんなに大きくなったのね~」 夕月夜「そんな大袈裟な」…

パイクのビッグサイズを釣りました。ビッグサイズは3.5前期のものまで集めたことになりま~す。

パイクのビッグサイズを釣りました。 ビッグサイズは3.4時代に一度はコンプリートしたのですが*1、3.5前期登場のこのパイクが釣れずに、長期にわたって雌伏の時期が続きました。 そうこうするうちに3.5後期の魚が発表され、その中のシルバーアロワナについて…

ようやくメガロドンのキングサイズを釣りました。

3.4時代の最強の魚であるメガロドンのキングサイズを、ようやく釣りました~。 3.5時代の今でも、プラテカルプスに対して経験値で負けていてもコインでは勝っているという、最強クラスの魚で~す。 同時代の最強の魚のキングに関しては、3.1時代にリュウグウ…

秋のマジカル★カーニバル 話題もりだくさん

旧暦の日付に思い入れの強い頑固な老人たちが旧正月を祝っていた明治時代、そういうものにとらわれない開明的な若者たちは、太陽暦の正月を祝って対抗しました。 やがて新暦の正月にすらこだわらない開明的な若者が現れ、正月にこだわりを持つ老人達と激しい…

なぜクロウズたちが領界をつながずにナドラガンドを自由に移動できたのかを考えました。

アグニースを倒して炎の領界と氷の領界をつないだとき、山の上からその様子を伺っている兄とクロウズの存在に気づきました*1。 彼らも炎の領界にいたのかと、このときは思ったのですが、あとから彼らの本拠地が嵐の領界だと判明しました*2。 なぜクロウズた…

『竹取物語』再読で気づいたことのメモ(ゲームとはほぼ関係なし)

ここ数日、『竹取物語』を資料にした記事を四本書きました。昔から知っていた物語のはずですが、目を皿にようにして本文や関連文献を読みなおすと、また新たな発見がありました。 せっかくなので、本日はゲームとはほぼ無関係に、『竹取物語』に関して新たに…

「大盗賊の伝説」における『竹取物語』の影響の検証 その4

さあいよいよ最終回で~す。 4.「月を手に入れた男」における『竹取物語』の影響の検証 4-1.優柔不断なかぐや姫と強情なカグヤ・ムーン 『竹取物語』のかぐや姫は、月への帰還を仕方のないことだと思いつつも、天の羽衣を着るまでは地上に多少の未練も…

「大盗賊の伝説」における『竹取物語』の影響の検証 その3

3.「カンダタ月へ行く」における『竹取物語』の影響の検証 3-1.今回のペリポンは漢部内麻呂 かぐや姫の要求は決して達成不可能だという通俗的なイメージがありますが、実は五人の貴公子の内の一人はほぼ課題を達成しており、ありえないほどの偶然のせ…

「大盗賊の伝説」における『竹取物語』の影響の検証 その2

昨日の記事と同じ要領で話を進めていきま~す。 2.「入団! カンダタ団」における『竹取物語』の影響の検証 2-1.墜落する石上麻呂足の踏襲 キラキラ大風車塔のプロペラで月に行けなかったカンダタですが、今度はビッグホルンを改造させて月に行こうと…

「大盗賊の伝説」における『竹取物語』の影響の検証 その1

夕月夜「前回と前々回の記事、とっても面白かったで~す。「カンダタ」という名前以外ほとんど影響がないと思っていた原典の影響があれほどあるとは~!」 星月夜「おほほ、自分でも自分の最高傑作だと思っているのよ~」 夕月夜「ところで「大盗賊の伝説」…

サブストーリー「大盗賊の伝説」の解釈その2 「"the illusion of self"としてのリルグレイド」説 これでリルグレイドの設定・カンダタの特技・漆黒のノートの意義を全部まとめて説明できちゃいました。

昨日の記事の続編で~す。 芥川龍之介の『蜘蛛の糸』に頼った第一の解釈では、全体的にそれなりに筋が通ったものの、最後の最後に説明のつきにくい部分が出てきてしまいました。 そこで次に、『蜘蛛の糸』のさらに原作である、Paul Carusの"The Spider-web"…

サブストーリー「大盗賊の伝説」の解釈その1 「ほぼ救済されたカンダタ」説

最近の星月夜は、サブストーリー「大盗賊の伝説」*1*2について、二種類の解釈を考えました。 本日は第一の解釈である、「ほぼ救済されたカンダタ」説を発表しま~す。 芥川龍之介の『蜘蛛の糸』では、蜘蛛の糸を使って地獄から極楽に脱出しようとした犍陀多…

暇そうなロスターさんの改善案三つ

賑わいをみせるモコモコパークでいつも暇そうにしているのがロスターさんで~す。彼が担当する「コインボス討伐お手伝いシステム」は、実装当初こそ流行したものの、今ではほとんど利用されていませ~ん。 昨日はXの日だったので、「プーちゃんからアトラス…

「クァバルナ」には二つの元ネタがあると考えました。

天魔クァバルナの元ネタを世界中の神話から探し続けていたのですが、ぴったりとした発音のキャラクターを発見できませんでした。 そこで二つの元ネタの融合なのではないかと考えると、すっきりとしたよい仮説ができました。 元ネタその1."वरुण"(ヴァルナ…

「美少女戦士セーラームーン」25周年記念東京メトロスタンプラリーが最終日に完成 & 水天宮参拝

「美少女戦士セーラームーン」25周年記念東京メトロスタンプラリー*1、最終日である10月9日にようやく完成しました~。 対象となった駅は、麻布十番・四ツ谷・東池袋・表参道・水天宮でした~。 この駅の選択は、違和感ありまくりでしたね~。 麻布十番は、…

奈落の門と常世の門の「はざま」について

御門将ゴウシルシャのまめちしき2によれば、彼は「奈落の門と常世の門のはざまでさまよっていた所を拾われた」のだそうで~す。 そうなる前は「馬面の相棒と暴れ回っ」ていたとあるのと、語源が同じであることから、前身は十中八九『ドラゴンクエストV』で…

とこよアゲハの元ネタ、『日本書紀』巻第二十四皇極天皇三年七月の記事の紹介

西暦644年は、当時の日本にはまだ年号というものがなかったので、便宜上「皇極天皇三年」と呼ばれていま~す。 当時の日本は大化の改新前夜。近畿地方では蘇我氏が台頭し、天皇家と同じような儀礼を自宅で催したり山背大兄王を滅ぼしたりして、権勢を極める…

ウェルカムギフトキャンペーン報酬をコンプリートし、羽化登仙に成功!

皆勤賞の方々に一日遅れましたが、本日ウェルカムギフトキャンペーンの報酬をコンプリートしました。そしてシルフプリズムを入手しました。 この写真は差分のために用意したエルフ態で~す。羽は退化し、人間達と大差のない容姿になっておりま~す。 傘「シ…

魅了や混乱や睡眠の最中に普通にチャットができる理由を説明しちゃいます! ついでに単細胞生物が高度な思考力と言語力を有する理由も説明しちゃいます!

地球では、昔は記憶や思考をつかさどる「魂」というものが、多くの民族で信じられていました。 しかし、脳に死なない程度の損傷を受けた人が、性格が変わってしまったり、何らかの記憶障害を受けたりというケースが積み上げられることで、脳の部分に記憶と思…

王家の迷宮で入手した古いボスカードを、一気に奢ってきました。

王家の迷宮に行くと、いらないベルトといらないボスカードが一気に増えますね~。 いらないベルトは邪神の宮殿で封印の聖灰と交換してもらえますが、いらないカードはそのままでは何の役にも立ちませ~ん。 ボスカードは、魔法の迷宮で消費すれば、やがてア…

アストルティアの地獄の研究(随時更新)

前々回の記事で予告した、比喩としての地獄であるナドラガンドではない、アストルティアの本物の地獄についての研究成果を発表いたします。 なお、研究資料はもっぱらモンスターの「まめちしき」の記述に頼っています。このため、今後の新出モンスターにより…

アストルティアで学ぶ六道輪廻

夕月夜「地獄道についての前回のお話と餓鬼道についての前々回のお話を聞いて、六道輪廻に興味がわきました。残りの四道についても、私のようなアストルティア住民にわかりやすい形で教えてくださ~い」 星月夜「いいよ~。では悪い世界から順番に紹介してい…

ナドラガンドの炎の領界と氷の領界は、仏教における地獄道に似ていますね~。ついでなので、ナドラガの語源とか、翻訳問題とか、雑駁に語りま~す。

前回の記事では、仏教の「六道」の一つである「餓鬼道」について語ったわけですが、今回は餓鬼道以下の最下層である「地獄道」について語ろうと思いま~す。 お経によって多少の差異はありますが、地獄の責め苦の本流は温度で~す。高い気温や低い気温によっ…

『正法念処経』巻第十七の「執杖餓鬼」の設定は、偽セレドの町の物語の元ネタかもしれませ~ん。ついでに「セレド」の語源について。

仏教の世界観に、「六道」という概念がありま~す。転生先を六種類に大別したもので~す。 なお、「六道」を「りくどう」と発音すると格好良いと思い込んでいる人がいますが、これは間違いで~す。 おそらく「仏教用語は普段と発音が違う」という中途半端な…

しぐさ「イスにすわる」

ウェルカムギフトキャンペーンのおかげで、今までコンシェルジュ限定だったしぐさ「イスにすわる」を覚えました。 「おそうじ」と「いねむり」はすでに真似できるようになっているので*1*2、次はこの「イスに座って本を読む」を真似できるようになりたいで~…

スキルと武器の両面からバトルマスターを再強化しました。 & スキルポイント配分メモその14

スキルポイント配分メモその13で、いったんはバトルマスターを弱体化したのですが、バトル系コンテンツであるキュウサイポイント稼ぎを日課にしたことで、Aペチ戦術ができるバトルマスターの必要性が高まってきました。 さらには錬金石が倉庫を圧迫するよう…

同盟バトルの章は、食わず嫌いをしていた真・災厄の王が、一番効率的でした。

3.5後期から、真・災厄の王とダークドレアムと野菜三銃士のクエストのマッチングが、強戦士の書で楽にできるようになったというのは、後期の最初から知っていました。 そして報酬のキュウサイポイントがいかに効率的に稼げるものであるかを知ったのが、半月…

光の石板 24穴版その4

メイヴを卒業*1して以来、僧侶のMP不足で悩むということがほとんどなくなりました。 そこで「果てなきマホトラのころも」を外して何か別のものをはめようと考えました。 1.飾り石の効果を受ける宝珠五種 ※真・やいばくだきの技巧 ※ハッスルダンスの奇跡 ※…