読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほしづくよのドラゴンクエストX日記

ドラゴンクエストXの世界で体験したことを綴っていきま~す。画像は原則として株式会社スクウェア・エニックスさんに著作権があるので転載しないで下さ~い。

私も魔塔に行ってきました。

 「日課」・「週課」に続いて、いよいよ「月課」なんてものまででてきちゃいましたね~。月に一度は不思議の魔塔に挑戦することになりました~。

 今月はウソチュツー御姉様が誘って下さったので、ベテラン陣に助けられ、スムーズに終わりました~。

f:id:hoshizukuyo:20150718162107j:plain

f:id:hoshizukuyo:20150718163046j:plain

 公開二日目にして既にベテランの貫録がある「きださん」さんがバトルマスター四人という構成を勧めてくれたので、それに従いました。

f:id:hoshizukuyo:20150718163059j:plain

 確かに楽々~でした。

 バトマスは二刀流ができるので、入手できる装備の錬金効果が巨大なこの塔と相性が良いで~す。

 十五階以降は、流石に「バト3僧1」構成にしました。

f:id:hoshizukuyo:20150718163119j:plain

 途中にある本棚の情報も面白かったで~す。文章中には意外な重要人物とかも登場していました。

f:id:hoshizukuyo:20150718163545j:plain

 クリア直前のみんなのいでたち。左からきださんさん、星月夜、ウソチュツー御姉様、この冒険を通じてフレンドになったロズオートさん。

 最後にどんな格好になっているのかを見て楽しむというのも、装備を次々に変えていくこの塔の遊び方の一つですね~。

f:id:hoshizukuyo:20150718164415j:plain

 二十階までくると、この先はまだ魔物がいないから入れないとかいう、不思議な理屈で足止めされました。

 責任者のガチャコッコは裏表がありすぎるので、何か隠してそうですね。王家の迷宮のアナザーモードみたいに、彼はやがてラスボスになりそうな予感……。

f:id:hoshizukuyo:20150718164101j:plain

 余談ですが、塔の中にいたこの商売上手なガーゴイルさんは「リーベン」という名前でした。「リーベン」といえば、「ジパング」の現代中国語風の発音ですね。