ほしづくよのドラゴンクエストX日記

ドラゴンクエストXの世界で体験したことを綴っていきま~す。画像は原則として株式会社スクウェア・エニックスさんに著作権があるので転載しないで下さ~い。

3.0ヴェリナード編を、魔法戦士縛りで攻略

 いよいよバージョン3.0の戦いが始まりました。最初の舞台はヴェリナード。オーディス王子の誘拐を防ぐのが任務です。

f:id:hoshizukuyo:20150812113755j:plain

 ボスの強さを単に「強い」にするだけでは物足りないので、さらに二つの縛りを作りました。

 その1、新ダンジョンの戦闘では決して雑魚から逃げない。

 その2、ヴェリナード編は魔法戦士で挑む。

 ヴェリナード王国は、オーディス王子を守るため、ヒューザを影武者として雇い、双方の容姿を逆転させていました。

 そういう設定が語られた直後、いきなり誘拐犯の手下がヒューザを襲ってきて、ボス戦になりました。

 ポムポムボムの色違いの「白霊鬼ボータ」というのが六匹出てきました。でも三匹はヒューザが相手をしてくれたので、星月夜とサポート仲間が挑むのは三匹だけで~す。

 こちらの構成は、魔法戦士・僧侶・バトルマスター・魔法使い。

 敵はポムポムボム系だけあって、爆弾を設置してきました。普通の戦闘なら遠ざかって避けるだけなのですが、細長いシェルブリッジが戦場であったため、爆弾の厄介さが普段の数倍に膨れ上がっていました。そのため、回復が間に合わず、全滅しました。

 でも、負ける前に星月夜はフォースブレイクが効くという知識を得ていました。

 そして、細長い道では、相手の爆弾が脅威になるだけではなく、こちらのイオ系も一気に有用になります。

 そこで属性範囲攻撃のできる魔法使いをいきなりまったく別の職にするのではなく、賢者と入れ替えるというささやかな変更を行いました。いざという時には第二回復になってもらうと同時に、普段はイオナズンを頑張ってもらうという計画で~す。

 この作戦はうまくいきました。三匹中一匹倒してしまえば、もうこちらのもので~す。写真を撮影する余裕すらうまれました。

f:id:hoshizukuyo:20150812113806j:plain

 残りの三匹はヒューザが一人であっさり倒してしまいました。星月夜たちが四人がかりで苦労した相手と同等の戦力に簡単に勝ってしまうとは、見上げたものです。

 これならもしも暴君バサグランデが「暴君バサグランデ強」状態で復活してしまっていたとしても、彼一人の活躍で何とかなったのではないかと思われます。もちろん、バサグランデとヒューザが遭遇するまでの期間に発生する被害を考えると、やはりバサグランデを弱体化させた女王とセーリアの歌には意味があったとは思います。

 ボータを操っていた白いフードの人物は、この様子を見届けるとどこかへ去っていきました。

 それからしばらくして、ジュレットの町の地下の遺跡に強い魔物が眠っていて、その部屋に入るための扉は王族しか開けないということを書いた石板が、調査員によってもたらされました。

 この問題に対応するため、ヒューザに化けたオーディスとオーディスに化けたヒューザは、ジュレットの地下遺跡に行くことになりました。当然護衛の任務にあたっていた星月夜もついていくことになりました。

f:id:hoshizukuyo:20150812120825j:plain

f:id:hoshizukuyo:20150812120857j:plain

 「バージョン3.0で新しく追加された敵は、実際の強さよりもはるかに強いモンスターレベルが設定されていて、プレイヤーがレベル85でも追い駆けてくるから面倒だぞ」とフレンドさんに脅されていたのですが、いつのまにか修正されていたらしく、そうした弊害はありませんでした。こうして前述の縛り「その1」は、ほとんど無意味な規定となりました。

 余談ですが、勇者ロトもアレフガルドで「弱いくせにどこまでも追い駆けてくる敵」に苦労したという記録が残っております。

f:id:hoshizukuyo:20150812121744j:plain

 この写真は、施設内部にあった図書館の写真です。ここに残っていた本の情報によると、この施設はラーディス王の時代にはすでに「遺跡」だったようです。そして大昔に音叉の発明者がこの施設の建造に携わったことも書かれていました。ラーディス王が恵みの歌の増幅装置を発明できたのも、この遺跡の音叉にヒントを得たからのようでした。

 いくつかの仕掛けを解いていくと、例の「王族しか開けない扉」があらわれました。

f:id:hoshizukuyo:20150812122729j:plain

 でも王子に化けているヒューザが試したところ、扉は普通に開きました。しかも部屋の中には魔物が封印されているようなツボは見当たりませんでした。どうやらすべては、王子をおびきよせるための罠だったみたいです。白いフードの男が登場し、今度は「青狼鬼グルバレイタ」とかいうボスを召喚してきました。

 こちらの構成はボータを倒したときのままで~す。魔法戦士バトルマスター・僧侶・賢者で~す。

 グルバレイタは「狂い裂き」という技を使ってきます。このときグルバレイタの近くにいると大ダメージを受け、大抵は死にます。距離さえとればノーダメージなのですが、サポート仲間はなかなかこれを避けてくれません。このため、初回は全滅に終りました。

 二回目は、勝つつもりのない「捨て回」にしようと考えました。サポート仲間の魔法戦士を連れて行くことで、グルバレイタの弱点属性を知ろうと考えたのです。元々勝つつもりがなかったので、その魔法戦士も杖装備の人を雇いました。

 こうして、魔法戦士魔法戦士(杖)・僧侶・賢者という異様な構成で、第二回戦が始まりました。

 始まってすぐ、絶望を感じました。仲間の魔法戦士が原則としてフォースを使ってくれないのです。そしてフォースブレイクが効いた直後にのみ、ファイアフォースをしてくれました。どうやらグルバレイタには弱点がないみたいで~す。

 ところが!

 三人のサポート仲間の全員が、自身を後衛職だと認識したらしく、狂い裂きに近づかなくなったのです。第一回戦は、バトマスが特攻して狂い裂きで死に、それを救いに行った回復役が死に、残った星月夜がなぶり殺される、という展開だったのですが、今回は誰も特攻せず、だから後衛はずっと後方に控え、星月夜が隙をついて少しずつグルバレイタの体力を削る、という展開になりました。何と写真を撮影する余裕すら生じました。

f:id:hoshizukuyo:20150812131453j:plain

 そうしてものすごくゆっくりとではありましたが、着実にグルバレイタを弱らせ、ついには勝利してしまいました。「勝つつもりのない構成が実は正解だった」という、非常に予想外の展開となりました。

 星月夜はこうして勝利しましたが、その間に白いフードの男はヒューザ・オーディス連合に勝利し、オーディスに化けたヒューザをさらっていってしまいました。

 星月夜が苦労させられたボータ三体を上回るヒューザ。そのヒューザにオーディスを加えたよりもなお強い白いフードの男…。いつかは戦うことになるのでしょうが、かなり不安ですね。

 フードの男は取り逃したものの、一応はオーディスを守りきったということで、女王からは褒賞を頂きました。

 そしてフードの男が次に向かった先がドワチャッカ大陸であるという情報がもたらされました。星月夜は次回、ウラード国王に会いに行くことになりそうで~す。