読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほしづくよのドラゴンクエストX日記

ドラゴンクエストXの世界で体験したことを綴っていきま~す。画像は原則として株式会社スクウェア・エニックスさんに著作権があるので転載しないで下さ~い。

チーム交流イベント「天空のはなよめvs不思議の国の仲間たち」

 フレンドのアリスさんと、二人でチーム交流イベントを企画しました~。

 まずはそれぞれのチームでアンケートをとり、一番出場者が多くなりそうな日を決めました。そして9月6日21時に集合と決まりました~。

 当日、星月夜の所属チーム「天空のはなよめ」とアリスさん率いる「不思議の国の仲間たち」のメンバー・準メンバーがあつまりました。「天空のはなよめ」からの参加者は星月夜を含め9名。「不思議の国の仲間たち」からはアリスさんを含め5名。

 第一戦は、「鬼ごっこ」で~す。参加者には鬼ごっこ帽をかぶってもらい、偽メルサンディ村を10分間逃げまわってもらいました~。

 追いかけるのは、主催者のアリスさんと星月夜。鬼は目立つよう、ナスビのかっこうをしました。

f:id:hoshizukuyo:20150906230307j:plain

 鬼はなかなか難しいです。本物の鬼ごっこと違い、相手に触れるだけでは駄目なのです。「いいね!」を送らなければなりませ~ん。

 3人の勇士が制限時間を生き延びたので、準決勝を酒場で行い、2人にしぼりました。

 そして決勝戦は敗者復活を兼ねて、全員で2人を追いました。

 優勝者はエアリスさん。「逃げの達人」にちなんで、メタスラ家具を贈呈しました~。

 準優勝者のホークさんと、準優勝者を捕まえた特別賞受賞者「~シーダ~」さんには、それぞれドルセリンを10個差し上げました~。

 第二戦は、偽セレドット街道をドルボードで一周するレースで~す。コースは、どちらまわりで移動するかも含めて、全てが自由。北の立札付近にいるアリスさんに「いいね!」をして、町の近くにいる星月夜に「いいね!」をすればゴールでーす。

f:id:hoshizukuyo:20150906231210j:plain

 狭い道でオーガキングをどう避けるかが逆転のチャンスとなると想定して、ここを戦いの場に選びました~。

 ルームでみなさんのセリフを聞いていると、ある人から逃げた弱い魔物が別の人に当たるなどのハプニングもあり、想定以上の混戦になったみたいでした~。

 優勝者はナリさん。機械を使ったレースということにちなんで、星月夜が用意したレアなスチーム家具のうち、本人が気に入った方をさしあげました。

 準優勝者はタカさん。ナリさんが選ばなかった方の家具をさしあげました。

 特別賞受賞者は、最初に中間地点に着いたホークさん。ドルセリン10個。でも最終順位は残念ながら四位。中間優勝者が四位にしかなれなかったということからも、いかに白熱したレースであったかの想像がつきました~。

 このレースはベストドレッサー賞の選出を兼ねていました。ドルボードに乗った姿での勝負となるので、普段美しい装備の人が勝つとは限らない戦いで~す。審査員はアリスさんと星月夜。基準は独断と偏見。天空のはなよめの優勝者はアリスさんが決め、不思議の国の仲間たちの優勝者は星月夜が決めました。

 優勝者はゆっきー姉とホークさん。それぞれブラックリリィ50個が贈られました。

 記念写真も撮影。

f:id:hoshizukuyo:20150906233009j:plain

f:id:hoshizukuyo:20150906233056j:plain

 このあと、互いに「フレンドになりましょう!」の声が飛び交っていたので、イベントは大成功だったと思いま~す。

 さらに何の賞ももらえなかった人限定で、ダイスを使った敗者復活戦をアリスさんが即興で開いてくれました。ふとっぱら―!

f:id:hoshizukuyo:20150906233555j:plain

 みなさん、また遊ぼうね~。そして今回参加できなかった関係者諸氏も、次は是非参加してね~。