読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほしづくよのドラゴンクエストX日記

ドラゴンクエストXの世界で体験したことを綴っていきま~す。画像は原則として株式会社スクウェア・エニックスさんに著作権があるので転載しないで下さ~い。

輝石のベルトの30種類の封印をしました。

迷宮 外見変更 カンスト 腰アクセ 達人

 輝石のベルトの30種類めの封印をしました。3.2以降の更新で情勢が変わったらまた封印の内容を考えなおしますが、とりあえずしばらくはこのままでいこうと思っておりま~す。

 これを記念して、最近ずっと王家の迷宮で相棒としてがんばってくれたガラハッド卿の勲章を、勲二等銀紅星大勲章へと昇格させました。

f:id:hoshizukuyo:20151220063534j:plain

 以下、封印内容の紹介と解説で~す。

※ステータス系で封印したものは、「さいだいMP」の1種類。

 かちどき宝珠の導入やけんじゃのせいすいの普及などの影響で、さいだいMPの意味は減少しつつありま~す。ベルトでの増え幅も低いので、あまり必要ないと判断しました

 「すばやさ」や「きようさ」もあんまり役立ってない気がしますが、もっと封印したいものが他にあったので、見送りました。

※戦闘時のドーピング系で封印したものは、「通常ドロップ率」・「ダメージ10%反射」・「戦闘勝利時にHP回復」・「戦闘勝利時にMP回復」の4種類。

 ダメージ反射も大ハズレですよね。敵のHPが味方のと同じぐらいだった『ドラゴンクエストIII』のころならともかく、このゲームは敵のHPのほうがはるかに大きいので、自分の受けたダメージの10%を反射してもほとんど意味がありませ~ん。しかも反射できる確率が最大で10%なのですから、与えるダメージの期待値は自分が受けたダメージの1%以下ということになりま~す。

※耐性系で封印したものは、「眠りガード」・「マヒガード」・「混乱ガード」・「封印ガード」・「幻惑ガード」・「呪いガード」・「即死ガード」・「MP吸収ガード」・「おびえガード」・「しばりガード」・「踊らされガード」・「ふっとびガード」の12種類。

 耐性系はベルトでのガードが弱いので、原則として錬金に頼った方がいいですね。錬金では防げない魅了ガードとか、錬金にほんの少し上乗せすると大幅な節約になる転びガードとか、残したい理由のある一部のガードだけが残りました。

※特技・呪文のダメージ上昇系で封印したものは、0種類。

 風の呪文については、かなり迷いました。

※系統別のダメージ上昇系で封印したものは、0種類。

 鳥系・スライム系は、かなり迷いました。

※攻撃時の追加効果系で封印したものは、「どく」・「眠り」・「混乱」・「リホ系解除」・「マホ系解除」・「テンション下げ」の6種類。

 確率が低かったり、上位互換が別にあったり、そもそもあまり必要のない追加効果だったりといったものを、封印しました。

※開戦時の追加効果系で封印したものは、「盾ガード率上昇」・「マホキテ」・「マホトラのころも」・「ためる」・「バイシオン」・「リホイミ」・「夜ためる」の7種類。

 盾ガードだけはかなり迷いましたが、他はまあいらないですよね。