ほしづくよのドラゴンクエストX日記

ドラゴンクエストXの世界で体験したことを綴っていきま~す。画像は原則として株式会社スクウェア・エニックスさんに著作権があるので転載しないで下さ~い。

第3回アストルティア・ナイト総選挙では、この人たちを応援しま~す。 & キャンディの名前から冥王やラウルの考察も少々追加

 第3回アストルティア・ナイト総選挙も、今までの総選挙と同じく、王宮との親和性を基準に投票先を選びました。身分や家柄が重視されるという、自分で書いていてもかなり俗っぽい基準で~す。

f:id:hoshizukuyo:20160303192110j:plain

 個人的一位、冥王ネルゲル。かつては殺しあった間柄ですが、一応は王ですからね。

 ネルゲルは「アビスキャンディ」を要求してきました。「アビス」は「地獄」などを意味しますが、語源がもたらすイメージにはとにかく「深い場所」という雰囲気があります。だから「深海」なども意味します。「アビスソルジャー」の「アビス」はそっちの意味ですね。

 そして冥府エリアの欲望の魔人は、「ここは 世の果て 奈落の底」と言っていました。

 死者の世界の位置については民族ごとに様々なイメージがありますが、冥王の本籍地と冥府エリアは「深い場所」という点で一致をみました。

 これで、以前の考察記事で提唱した「冥王こそが冥府の王」仮説の根拠が増えたことになりま~す。

f:id:hoshizukuyo:20160303193637j:plain

 二位、星月夜の説では300年前のアラハギーロ王国の砂漠の狼王であったラウル。

 王という点ではネルゲルと対等ですが、王であるという運営からの公式認定がまだなので、二位にしました。

 ラウルはウルフキャンディを要求してきます。「ラウル=砂漠の狼王」仮説の第四の根拠ができました。

 ここまでは順当に決まったのですが、三位は迷いに迷いました。

f:id:hoshizukuyo:20160303194125j:plain

 三位、ヴェリナード王太子の影武者、ヒューザ。な~んと今回は、ヴェリナード王室からの推挙もあるそうで~す。これが決め手になりました。

f:id:hoshizukuyo:20160303194337j:plain

 四位、ガラクタ城の主・ラッカラン島主の弟・ドルワーム水晶宮の客人、ダストン。本人が王宮に住みたくないであろうという点も考慮し、惜しくも四位としました。