ほしづくよのドラゴンクエストX日記

ドラゴンクエストXの世界で体験したことを綴っていきま~す。画像は原則として株式会社スクウェア・エニックスさんに著作権があるので転載しないで下さ~い。

奈落の門と常世の門の「はざま」について

 御門将ゴウシルシャのまめちしき2によれば、彼は「奈落の門と常世の門のはざまでさまよっていた所を拾われた」のだそうで~す。

 そうなる前は「馬面の相棒と暴れ回っ」ていたとあるのと、語源が同じであることから、前身は十中八九『ドラゴンクエストV』でジャミの相棒だったゴンズなのでしょうが、本日の本題は別にありま~す。

 それは、奈落の門と常世の門との間には「はざま」の世界が本来あるということで~す。

 バジネヅさんが竜の聖印を修理した後は、それを持っているだけで奈落の門を開いた途端に常世の門に着き、常世の門を開いた途端に奈落の門に着くので、つい忘れがちですが、本来この二つの門は同じ門の表と裏などではなく、「はざま」と呼ばれる亜空間が厳然として存在しているので~す。

 そしてバジネヅ製の竜の聖印を持っているときだけ、そこをショートカットできるというわけで~す。

 持っていなかったり、性能が低下していたりした場合には、「意図せぬ場所へ飛ばされてしまうだろう」というのが、バジネヅさんの見解でした。

 しかし、「少なくとも奈落の門からこの「はざま」を経由した場合、実は自分が欲しているものの近くとつながりやすい」というのが、星月夜の考えで~す。

 この仮説を支える主な理由は、以下の三つの事例からの帰納で~す。

その1.創生の霊核を欲して門を開いたら、いきなりナドラガ教団大神殿の地下の創生の霊核の貯蔵庫と直結した大魔王マデサゴーラ

 本来は入り口の発見すら難しいナドラガ教団の地下施設ですが、大魔王マデサゴーラはいきなりここと直結できたおかげで、創生の霊核の力の一部を吸収して「創造神マデサゴーラ」に変身できました。

 広大なナドラガンドの中で、ピンポイントで創生の霊核のある場所とつながれたというのは、偶然とは思えませ~ん。この一例だけでも、十分証拠といえま~す。

 余談ですが、もしも大魔王が竜の聖印を持っていて常世の門としかつながれなかったなら、勇者姫との戦いで傷ついた自分とトーマの二人組でエジャルナに出現していたわけで~す。こうなると力づくで創生の霊核を奪うのは無理でしょうね~。「解放者」としてナドラガ教団と手を組みつつ、隙をうかがうしかありませ~ん。

 そういう内容の同人誌を書いてみたい気はしますが……。

その2.アロルドの毒を治す手がかりを探したがっていたら、ちゃんと闇の領界に落下できたマイユさん

 もしもこれだけなら20%の確率で十分あり得ることですが、他の強烈な証拠もあるので、これもまたそれらの価値をさらに5倍に高める貴重な証拠で~す。

その3.「想像を超えるようなガラクタ」を欲していたら、ちゃんと「緑の者」の近くに落下できたダストン

 これも、これだけなら20%の確率で十分にあり得る偶然ですが、やはり他の証拠もあるので偶然とは思えませ~ん。

f:id:hoshizukuyo:20171001171534j:plain

 以上の三つの事例が全部単なる偶然である確率は、天文学的低さで~す。よって前述の仮説「少なくとも奈落の門からこの「はざま」を経由した場合、実は自分が欲しているものの近くとつながりやすい」には、ほぼ100%の自信がありま~す。

 そして以下の三つの事例は、この仮説からの演繹の要素も強いですが、辻褄もそれなりに合うので、仮説が正解である可能性を一層高めたという帰納の要素もありま~す。

その4.ドマノ・ロマニに連れ去られたフウラちゃんのいる炎の領界に落下できた主人公

 主人公は「勇者の盟友」なので、勇者姫が嵐の領界にいると知っていたなら、嵐の領界に落ちていたかもしれませ~ん。

 しかしながら当時は勇者姫の行方は完全に不明であり、連れ去られたフウラちゃんとヒューザのうちでより優先的に保護すべきなのは弱いほうのフウラちゃんだったので、彼女が捕らえられている炎の領界に落ちたのでしょう。

 ヒューザがフウラちゃんより弱ければ、ヒューザを優先して保護しなければならないとの気持ちから、彼のいる水の領界に落ちていたかもしれませ~ん。

その5.アストルティアへの移民を募るのにもっとも適した嵐の領界に落下できたクロウズ

 クロウズがナドラガンドに行ったのは、アストルティアへの移民を招くためでした*1。そして移民を募るさいに発したであろう彼の「アストルティアの環境はここよりも良い」という発言の信憑性がもっとも高まるのは、すでにアストルティアの出身者がいて一緒に証言してくれそうな領界で~す。だから、主人公の兄弟姉妹が当時滞在していた嵐の領界に落ちたのでしょう。

その6.安全な場所に逃げたいという必死の願いがかない、水の領界に落下できたヒューザ

 ヒューザの曖昧な記憶では、水の領界に連れ去られた後に逃げることに成功したことになっていました。

 そしてヒューザがナドラガンドにおいて自由行動をしていたことは、めぐりめぐって嵐の領界にて、勇者姫を確保するというナダイアの利益につながりました*2

 しかし教団がこうした後々の展開まで見越してこの時点でヒューザを意図的に水の領界に解き放つとは思えませ~ん。そもそも当初の計画では、アンテロが神の器を六人とも確保して生還するはずだったわけですから。

 ムービーではヒューザとフウラちゃんがアンテロの念力によって奈落の門の向こう側に放りこまれていました。

 そしてフウラちゃんは完全に意識を失っていたので、アンテロの意思の予定通りの場所に落ちたのでしょう。

 このタイミングでヒューザが目覚め、必死で脱出を願ったので、ナドラガンドの中で一番安全な水の領界の、しかも慈悲深いフィナさんがもうすぐ来るような場所に落ちたと考えるほうが、自然だと思いま~す。

f:id:hoshizukuyo:20170818042306j:plain

 強い意志を持った者にとっては、完全版の竜の聖印と、開門機能しかない竜の聖印とでは、後者のほうが便利かもしれませんね~。