ほしづくよのドラゴンクエストX日記

ドラゴンクエストXの世界で体験したことを綴っていきま~す。画像は原則として株式会社スクウェア・エニックスさんに著作権があるので転載しないで下さ~い。

邪神の宮殿四獄に対応するため、「棍の使い手」が一気に「棍の天女」になりました。

 今年はかなりゲームをする時間があるのですが、例外的に七月だけ忙しいで~す。最近発表の記事も、半分ぐらいは書き溜めておいたもので~す。

 ただし「例外の例外」という形で毎週火曜日はそれなりにゲーム時間を確保しておりまして、さらに今週の火曜日はXの日だったこともあり、夕方から夜までずっとアストルティアにインして、福の神カード・プーちゃん・クーちゃん・邪神の宮殿といった月課に取り組みました。

 今回の邪神の宮殿は、客観的には「武器は弓限定」という三獄の条件が一番厳しかったのでしょうが、個人的には「武器は両手杖かオノか棍かハンマーかブーメラン」という四獄の条件が苦しかったですね~。何しろ普段装備してないものばかりですから。

 とりあえずこういうときのためにも書いておいた「スキルポイント配分メモその15」に向き合い、さらにレベル105解放*1後に獲得したポイントも考慮した結果、武闘家と旅芸人の扇スキルを棍に移してそこに少し色をつけるのが一番安くすむという結論にいたりました。

 そして実際にポイントを移すと、いきなり多くの称号が獲得されていきました。棍については最初の「棍の使い手」しか持ってなかったらしく、そこから一気に「棍の天女」まで極めたので~す。

 棍って「使わない縛り」の対象ではなかったのですが、これまで自然に選ばなかったようですね~。

f:id:hoshizukuyo:20180711165933j:plain

 こんなこともあろうかと、防衛軍で入手した氷河のこんをずっと持っていたので、武器については出費がなかったで~す。

 称号が一気に増えるのは気持ちよかったので、次の機会に、使わない縛りをしているオノ・ハンマー・両手剣についても称号だけ確保しちゃおうかな~と思っています。一種類の武器につき、宝珠代の3000ゴールドで極められるわけですから、いい買い物だと思いま~す。