ほしづくよのドラゴンクエストX日記

ドラゴンクエストXの世界で体験したことを綴っていきま~す。画像は原則として株式会社スクウェア・エニックスさんに著作権があるので転載しないで下さ~い。

フレンドさんの連れてきた悪質プレイヤーにどれだけ立腹しても、フレンドさん本人を決して恨まないというのが、星月夜の理念で~す。

 四日前の記事で「ブラックリストを使うのは実に久々で~す」と書きましたが、決して長らく悪質プレイヤーに遭遇していなかったわけではありませ~ん。

 ツイッターの読者のみなさんは知っているかもしれませんが、3週間ぐらい前に、あるフレンドさんの連れてきた悪質プレイヤーによる背信的行為により、事後的な回復が不可能なタイプの被害を受けました。つまり何時間金策をしたり経験値を稼いでも、損害を取り返せないタイプの被害で~す。しかも謝罪も補償も一切ありませんでした。

 このとき、地球にいた分身は精神的なショックで肉体まで傷つきました。とても苦しかったで~す。異世界の住人まで攻撃するなんて、まるでゾーマですね。

 ではなぜブラックリストに入れなかったかというと、入れられなかったので~す。被害時はショックでゲームを続けられずリストの作業をしないままログアウトしてしまい、あとで目覚めし冒険者の広場の「一緒に冒険したキャラ履歴」を見ると、非公開になっていました。

 「その場ではミスを装っていたけど、意図的ではないか?」という疑惑がますます深まりました。

 その場で作業をしなかったのは、星月夜の痛恨のミスで~す。

 でも、「あんな人を連れてきてごめんね」というフレンドさんの謝罪には、八つ当たりをせずに「いや、それはいいよ」と答え、舌たらずながら以下の理由も説明できました。

 もしも「悪質プレイヤーの悪を見抜けず連れてきたこと」も悪質プレイに該当するなら、そのフレンドさんも「悪質プレイヤーその2」で~す。でもそうであるなら、そんなフレンドさんと組んだ自分も「悪質プレイヤーその3」で~す。悪が悪に謝罪を求めるのは身勝手で~す。

 そして「悪質プレイヤーの悪を見抜けず連れてきたこと」が悪質プレイに該当しないなら、二人ともその件については「善」で~す。善が善に謝罪を求めるのは八つ当たりで~す。

 星月夜は地球においてもこの論理で、連帯責任を追及しすぎないようにしておりま~す。

f:id:hoshizukuyo:20171101225942j:plain

暁月夜「やれやれ、随分と理屈っぽい恨みかただな~。メソメソと観念の遊戯をしていないで、ムカついた奴はとりあえず全員ぶっとばしちゃえよ」

星月夜「暁月夜は粗暴に見えて、本質的には私よりずっと賢いのね」

夕月夜「そいつは単に馬鹿なだけで~す! 騙されないで~!」