ほしづくよのドラゴンクエストX日記

画像は原則として株式会社スクウェア・エニックスさんにも著作権があるので転載しないで下さ~い。初めてのかたには「傑作選」(http://hoshizukuyo.hatenablog.com/entry/2017/12/31/000000)がオススメで~す。

自選の傑作選その3(随時更新記事)

前回へのリンク

f:id:hoshizukuyo:20181029073123j:plain

パクレ警部の総合研究続篇

 「シオドーアの総合研究」と同じく、不当に低く評価されているキャラを再評価しました。

プレゼントに対するミラン君の反応 & アクアマリンの宝石問題の告発

 一つのアイテムをめぐり、運営内部で常識派と非常識派の見解が分かれた問題。

アストルティアで冒険者が観測できる海はすべて青いのに、なぜ「アクアマリン」の意味が地球と同じなのかについて考えました。解決の糸口はウェディ族の肌の色にありました。

 もっと簡潔な題名にしたほうがアクセス数が多かったかも。内容には自信があったんですけどね。

『週刊ウルベア魔神兵』精読 「脚なんて飾りかを検証!」・「グルヤンラシュの正体は、会う前から半分ネタバレされていた!」・「反骨の出版人ボダッチ氏の地上出版の意図を徹底分析」

 語りたい話題が多かったので、自然に題名も週刊誌っぽくなりました。

双六エステラの親友の称号を得て、双六親友称号をついにコンプリート!

 達成まで一番苦労した記事で~す。

ついにレギルラッゾIIIたちを15分以内に倒せました! しかも同志は初対面。

 久々に思い出に残る戦闘になりました。

今さらですが、クエストの「リプレイ」システムについて考えてみました。

 普段気にしないことを気にしてみました。

ノアちゃん・カノック料理長・バッフル町長が、魔勇者が死んでも平常心を失わない特製品であった理由を考えてみました。

 複数の研究成果の集大成的な記事で~す。

「無政府主義対マルクス主義」を表現した、「自由人の集落対エテーネ王国」という構図

 4.0は、噛めば噛むほど、味が出ま~す。

「味方には攻撃が当たらない」という世界の大原則の研究 & そこから見えてきた神明裁判の研究

 この原則については4.4で一気に複雑な事情が増えたので、しっかり研究しました。

クエスト「手紙文化を取り戻そう!」 郵便局は革命の根拠地でした。

 郵便局関連クエストの中では、今回が一番裏事情が深いかも。

パルミオ博士の社会科学者的側面に触れられる、クエスト「それは訪れる」

 4.4のサブストーリーは、考えさせられるものが多いですね~。

『パクレ警部の事件簿』の設定の擁護論

  何かと評判の悪いクエストに関して、設定限定で擁護をしました。

ウルベア魔神兵06系統と07系統の人工知能の性能の差異が、流砂の遺跡の戦いでは感じられなかった理由を考えてみました。 参考資料『フロントミッション』

 4.3をやっていたときには思いつかなかった説が、4.4時代にいきなり思いつきました。

偽のレンダーシア大陸の容器である亜空間は、大魔王製ではないと考えられま~す。そしてこの説から見えてくる、裏ゴフェル計画の真相とは…。

 これはもっと早く思いつくべきでした。