ほしづくよのドラゴンクエストX日記

画像は原則として株式会社スクウェア・エニックスさんにも著作権があるので転載しないで下さ~い。 初めてのかたには「傑作選」(https://hoshizukuyo.hatenablog.com/entry/2017/12/31/000000)がオススメで~す。 無記名コメントは内容が優れていても不掲載としま~す。

星月夜の戦闘力はフォステイルを越えたか? パルカラス亡霊王で実験!

 四術師が倒すことができず、封印するしかなかったサルファバルを、同じく四人パーティで完全に倒したとき*1、星月夜の戦闘力は四術師の平均を越えたと確信できました。

 しかし、四術師のうちベルンハルトは、一対一ではラズバーンにすら勝てなかった人物で~す。彼が四術師の平均を大きく下げていたという可能性は高いですね~。

 そこで、フォステイルが戦闘での勝利を諦めたパルカラス亡霊王に、サポート仲間の手を借りずに勝利できれば、完全にフォステイルを越えたと確信できると思いました。

 しかしサブストーリー「500年の復讐」は、メインストーリーでラグアス王子をアストルティアに連れ帰らないとリプレイできない仕様だったので、実験はつい最近になってようやくできました。

f:id:hoshizukuyo:20170819205931j:plain

 亡霊王は、魔力かくせいをしたうえでドルマドンを使ってきたので、たしかに今でも一人で挑戦するのは厄介な相手でした。

 とりあえず万能型の旅芸人でいき、一発勝利できましたが、もしも魔結界の二段階を維持するのを忘れていたら、かなり面倒なことになっていただろうと思いました。

 同じ挑戦を楽に終わらせたい人は、賢者でいくといいと思いま~す。魔力かくせいさえ消してしまえば全然大したことないですから。あと賢者なら回復もできますからね。

 かくして、「星月夜 > パルカラス亡霊王 > フォステイル > 生前のパルカラス王」という戦闘力の序列が完成しました~。