ほしづくよのドラゴンクエストX日記

画像は原則として株式会社スクウェア・エニックスさんにも著作権があるので転載しないで下さ~い。 初めてのかたには「傑作選」(https://hoshizukuyo.hatenablog.com/entry/2017/12/31/000000)がオススメで~す。 無記名コメントは内容が優れていても不掲載としま~す。

クエスト「ある女医の秘密」と「伝えるべきもの」という、天国と地獄。

1.はじめに

 久々に、シリーズでもないのに二つ以上のクエストを一つの記事で紹介しま~す。

 内容の雰囲気が両極端であり、発注者がお隣さん同士であり、どちらも発注者の子孫が誰なのかを知るヒントにもなっているので*1、運営としてもおそらくはこの二つの物語をセットで楽しんでほしいのだと思いま~す。

2.クエスト「ある女医の秘密」

f:id:hoshizukuyo:20180303205900j:plain

 グランゼドーラの民家で医師のヨーグさんから「ある女医の秘密」を受けました。三門の関所に行った娘のセレディーネさんの様子を見届けるというもので~す。

 三門の関所では赤い竜に東の森へさらわれたとかいう情報を聞いたので、行ってみました。

f:id:hoshizukuyo:20180303210029j:plain

 するとアルゴングレートがいて戦闘になりました。

f:id:hoshizukuyo:20180303210110j:plain

 戦闘でHPを0にしても、ちょっと痛かっただけのようでした。しかも初めから大ケガをしていた設定らしく、こちらに与えてきたダメージは本来の強さではないようでした。

 魔勇者に一撃で敗れ、クエスト「明日へのコーダ」で星月夜にも敗れた、あの大魔王製のニセモノのアルゴングレートとは大違いの強さのようですね~。

 このアルゴングレートは尋常の手段では倒せないでしょう。実際、この話の後日談を書いたと思われる真のセレドの町の『白衣の賢者と 紅の竜』でも、紅の竜の死因は「呪い」だったとされていま~す。

 それにしても、このアルゴングレートに対して、倒せないまでもしっかりと大ケガを負わせたモンスターって、一体何者なんでしょうかね~? 魔法の迷宮のボスにはデュランやSキラーマシンなど、魔軍の協力者や道具という扱いになっている強者が多数いますが、その一部は迷宮に封印される前から魔軍と行動をともにしていたんでしょうか?

 そして戦いのあと和解すると、相手がクエスト「旅に出ると決めた日」*2で写真を撮影した、コンギス製の三匹の竜のうちの一匹だと判明しました。ただし、コドラン・ドラスケ・リュウタのうちの誰なのかは不明のままでした。

f:id:hoshizukuyo:20180103021358j:plain

 アルゴングレートが落とす、万病に効く宝石って、エテーネ王国の魔法生物に原則としてついていた、あの宝石と同じものなのかもしれませんね~。

 その場合、他の魔法生物はあれが外皮についていたのに対し、アルゴンだけは体内に埋め込まれていたと考えられま~す。

 とりあえず無事を知らせる手紙を受け取って、ヨーグさんに届けると、クエストは終了しました。

 ヨーグさんは娘にいい恋人ができたと思い込んだらしく、光の河のある故郷の村に隠居することも視野にいれていました。この「村」って、やがてはヤーグさんが住むセレドの町へと発展したようですね~。

f:id:hoshizukuyo:20180313192653j:plain

 敵を殺さない内容であり、最後のヨーグさんの勘違いもあり、実にほのぼのとした内容でした。

3.クエスト「伝えるべきもの」

f:id:hoshizukuyo:20180303230250j:plain

 続いて隣家のマイロ君からの依頼で~す。母のために古ガリアル洞までグランベリーを採りにいったガヴェル兄ちゃんを探してほしいとのこと。クエスト「伝えるべきもの」で~す。

 ガリアル洞って現代では偽の世界にしかないので、てっきりマデサゴーラの独創だと思っていたのですが、かつては実在したんですね~。

f:id:hoshizukuyo:20180304010105j:plain

 中にいたのは魔軍の第十三将になることを夢見ているネグールドラゴン。

 「ネグール」の意味は「ブラック」を南欧風に言い換えただけで~す。でも「ブラックドラゴン」を本当にスペイン語にするなら"Dragón negro"の語順にすべきですので、ブラックドラゴンと無理矢理別の名前にしただけという印象がありますね~。

 しかも「まめちしき」によれば、本当に黒いのではなく、少しでも痩せて見えるように黒く染めているだけとか。するとこの「ネグールドラゴン」も、染めてからの自称なんでしょうね~。

 魔軍十二将のパチモノにして、ブラックドラゴンの言語的な意味でのパチモノにして、かつ生物学的意味でもパチモノなのですから、三重の意味でパチモノ臭い設定ですね~。

 そして戦闘でも、HPこそフィールドモンスターである本物のブラックドラゴンより上でしたが、強烈な特技もなく、かなり弱いボスでした。

f:id:hoshizukuyo:20180328132306j:plain

 特訓ポイントでも、本物のブラックドラゴンに劣っていました。妥当な評価といえましょう。

f:id:hoshizukuyo:20180304010700j:plain

 でもガヴェル兄ちゃんには、そんなネグールドラゴンですら強すぎる相手だったらしく、話しかけると息を引き取りました。

 隣同士の家で起きた、天国と地獄という対比で、こちらの家の悲劇性が強調されました。しかもその地獄をもたらしたのは随分とふざけた設定のモンスターだったので、ますます悲劇的ですね~。

f:id:hoshizukuyo:20180313192636j:plain

 マイロが守ったグランベリージャムの伝統が現代にまで伝わっているのが唯一の救いですね~。