ほしづくよのドラゴンクエストX日記

画像は原則として株式会社スクウェア・エニックスさんにも著作権があるので転載しないで下さ~い。 初めてのかたには「傑作選」(https://hoshizukuyo.hatenablog.com/entry/2017/12/31/000000)がオススメで~す。 無記名コメントは内容が優れていても不掲載としま~す。

第7回クイーン総選挙の予選大会について

f:id:hoshizukuyo:20180328190125j:plain

1.出場者の分類と感想

 今回のクイーン総選挙の予選大会の候補者たちを、出場理由で分類してみました。

※前回予選の上位者たち・・・・・・27名

 前回の予選の上位27名は、そのまま出場できたようでした。

 勇者姫アンルシア・ヒストリカ博士・セラフィ・エステラ・マイユ・リィン・魔女グレイツェル・アイリ・魔勇者アンルシア・バトンちゃん・フウラ・アルウェ王妃・怪盗ポイックリン・「マスター・ポシェル」・フランジュ・シュメリア・クー・リルチェラ・セーリア・リゼロッタ・巫女ヒメア・サンビタリア・カグヤ=ムーン・クラウン・ラピス・リリオル・フィナ。

※前回予選以後に登場した方々・・・17名

 新出の有名キャラをとりあえず一度は予選に挑戦させてあげるのは、慣例ですよね~。

 4.0からメレアーデ・リンカ・シャンテ・マローネ・ベルマ・ワグミカ・アサヒ・ヨイ・コスミンの9名。

 4.1から盟友カミル・ヴィスタリア姫・フェリナ姫・ルビーの4名。

 4.2からムニュ大臣・モルガン・ファヒータ・ウズキの4名。

※その他の事情の出場者たち・・・・4名

 賢者ルシェンダ。前回は30位でしたが、4thディスクでは彼女に話しかけることでメインストーリーが進むようになったので、狂言回しとしての活躍を見込まれたのでしょうね。

 リーネ。前回は33位でしたが、キャラクターズファイルでの活躍が重視されたものと思われま~す。

 報酬交換員Y。ユナティは前回36位でしたが、ある意味では新登場のキャラでもあるので、その立場での出場なのかもしれませ~ん。何しろ、リィンと賢者マリーンが同時に出場できる大会だったわけですからね~。

 ミツノ。前々回の予選落ちからの復活で~す。前々回は予選の順位が曖昧だったので、今年再活躍した彼女にもう一度予選を挑戦させてあげるのは良いことですね~。

 以上の人選には基本的に不満はありませ~ん。前回は、第4回用の予選で48位だったマスター・リリムを無理に復活させて結局47位にするなどの、かなり疑惑に満ちた人選が見られました。それに比べたらずっといい人選だと思いま~す。

2.恒例の落選運動

 それはそれとして、個人の立場では引き続きカグヤ=ムーンさんの落選運動*1を続けていきたいと思っていま~す。

3.明かされた設定

 出場者のコメントを通じて新たに明かされた設定のうち、重要なものをまとめておきま~す。

 本人の自己紹介が情報源なのでどこまで信用できるか不明ですが、否定する情報がない限りは暫定的に信じておきましょう。

※ポワンさんに会う事すら許されていないサンビタリアさんですが、一応妖精界の重鎮なんだそうで~す。

※ムニュ大臣の時代・地域においても、大臣といえば「太ったおっさん」なのが一般的だったようで~す。

※本編では呪術しか見せ場がなかったヨイさんですが、お琴・お習字・お茶・舞踊も得意らしいで~す。