ほしづくよのドラゴンクエストX日記

画像は原則として株式会社スクウェア・エニックスさんにも著作権があるので転載しないで下さ~い。 初めてのかたには「傑作選」(https://hoshizukuyo.hatenablog.com/entry/2017/12/31/000000)がオススメで~す。 無記名コメントは内容が優れていても不掲載としま~す。

35種類時代の輝石封印メモその4 今回のテーマは「攻撃呪文切り捨て」&「異常耐性重視」

f:id:hoshizukuyo:20180407205133j:plain

 約半年の時を経て、輝石のベルトの封印を見直しました。

 今回のテーマは、「攻撃呪文切り捨て」&「異常耐性重視」で~す。

 輝石のベルトの属性系の特技・呪文のダメージ追加効果って、それ自体を見る限りは戦神のベルトの効果の下位互換で~す。

 それでも意味がある点といえば、別の効果との組み合わせだと思うんですよ。

 たとえば「闇の短剣」では、戦神の理論値に3%負けているけど、4%の確率で自動的に猛毒を仕掛けられるとか。

 「炎の呪文」では、戦神の理論値に3%負けているけど、暴走率の理論値では1%勝ってて、さらには発動速度とすばやさもつけられるとか。

 そういうわけで長らく輝石のベルトでも攻撃呪文の強化を狙ってきたのですが、最近あまり攻撃呪文を使っていないということに気づきました。

 しかも90%ガードが理論値の聖守護者のゆびわの登場により、耐性10%ガードのベルトが魅力的に思えてきました。

 そういうわけで一時的に、「攻撃呪文切り捨て」&「異常耐性重視」の封印をしてみることにしたので~す。

 前回のメモその3における封印を解いたのは、「眠りガード」・「マヒガード」・「混乱ガード」・「封印ガード」・「幻惑ガード」・「呪いガード」・「即死ガード」・「おびえガード」の8種類で~す。

 「おびえガード」はゆびわとは無縁ですが、聖守護者で必要とされる耐性でもあるので、とりあえず復活させてみました。

 逆に封印したのは、属性呪文の攻撃ダメージ全5種類と、「おしゃれさ」・「こうげき魔力」・「呪文ぼうそう率」の、計8種で~す。

 「呪文ぼうそう率」は回復役でもまれに役立ちますが、迷った末に切りました。

 以下は一覧表で~す。

※ステータス系

 「おしゃれさ」・「こうげき魔力」・「さいだいMP」。計3種類。

※戦闘時・戦闘終了時のドーピング系

 「呪文ぼうそう率」・「MP消費しない率」・「通常ドロップ率」・「ダメージ10%反射」・「戦闘勝利時にHP回復」・「戦闘勝利時にMP回復」。計6種類。

※耐性系

 「MP吸収ガード」・「転びガード」・「しばりガード」・「踊らされガード」・「ふっとびガード」。計5種類。

※特技・呪文のダメージ上昇系

 「炎の呪文の攻撃ダメージ」・「氷の呪文の攻撃ダメージ」・「風の呪文の攻撃ダメージ」・「闇の呪文の攻撃ダメージ」・「光の呪文の攻撃ダメージ」。計5種類。

※系統別のダメージ上昇系

 なし。計0種類 

※攻撃時の追加効果系

 「どく」・「眠り」・「混乱」・「魅了」・「マホトーン」・「リホ系解除」・「マホ系解除」・「テンション下げ」・「魔導の書」。計9種類。

※開戦時の追加効果系

 「マホキテ」・「マホトラのころも」・「ためる」・「必殺チャージ」・「バイシオン」・「リホイミ」・「夜ためる」。計7種類。