ほしづくよのドラゴンクエストX日記

画像は原則として株式会社スクウェア・エニックスさんにも著作権があるので転載しないで下さ~い。 初めてのかたには「傑作選」(https://hoshizukuyo.hatenablog.com/entry/2017/12/31/000000)がオススメで~す。 無記名コメントは内容が優れていても不掲載としま~す。

偶数HP調整用のHP準理論値アクセを二種類作りました。

1.偶数HPとは

 「天使の守り」での復活直後に聖女ラインにあるためには、最大HPは偶数でなければなりませ~ん。

 その理由を知りたいかたは、"PRIEST CAFE"さんの「奇数僧侶で恥をかく僧侶」という記事をご覧くださ~い。

 最大HPの調整については、大雑把な方法ならいくらでもありますが、1ポイントの小刻みとなると「HP準理論値アクセ」を一つ作っておけば便利ですね~。このアイディアは同じく"PRIEST CAFE"さんの「奇数と偶数HP調整」という記事からいただきました~。

 星月夜はこれらの記事を読んだ当時、「すごく勉強になったな~」と思いました。

 でも長らく自分の僧侶の無作為版のHPが偶然にも偶数だったので、この準理論値アクセの製造を先延ばしにしてきました。

2.急に欲しくなった準理論値アクセ

 しかし二つの事情により、今になって急に準理論値アクセを作りたくなりました。

 第一の事情とは、4.5前期から4枚の召喚符を同時に錬金できるようになり、面倒くさがりの星月夜でもプチゴースネル召喚符を一気に4枚作れるようになったということで~す。

 第二の事情とは、もうすぐ4.5後期が始まってレベル110が解放されたら僧侶の最大HPがどうなるかわかったものではないので、念のため今のうちに作っておこうという気分になったということで~す。

3.金のロザリオの準理論値を作るぞ~

f:id:hoshizukuyo:20190616004756j:plain

星月夜「プチゴースネル4持寄 職自由 教会前!」

 このようにグレン第1サーバーの教会前で叫んでおりますと、徐々に同志が集まってきて、報酬をさらに4倍にできました。

 こうして星月夜は「さいだいHP+3 さいだいHP+3 さいだいHP+2」の合成効果がついた金のロザリオを入手することができましたとさ。めでたしめでたし!

4.家族からの助言

暁月夜「ちょーっと待ったー! ここで終わったらただの引用元の猿真似じゃないか! 何か世の中のためになる情報を付け加えろよ~」

星月夜「これ以上このテーマで他に何ができるというの?」

暁月夜「天使の守りは本当に僧侶の専売特許か?」

星月夜「あ、そういえば一部のベルトに「開戦時天使の守り」効果があったわね」

暁月夜「ベルトだけではない。過去にはその効果のある武器もあったし、今後もそうした武器が登場しないとは限らない。そして打撃系の職の場合、こうげき力理論値版の金のロザリオや忠誠のチョーカーを装備したくなる場合もある。だから首アクセの準理論値一つでの偶数HP調整には限界がある」

雨月「ついでにいうと、姐さんが贔屓しとるたけやりへいに「オートメンテナンス」を覚えさせると、開戦時約50%の確率で天使の守りが発動するで~。これに剛勇のベルトの天使の守り理論値を装備させたらどうなると思う~?」

星月夜「ぐぬぬぬぬ、でもそんなの開戦時の一回きりでしょう?」

夕月夜「偶数HPが便利な理由は、天使の守りとの相性だけではありませんよ~」

星月夜「なんですって~?」

夕月夜「「雪豹の記録保管庫」さんの「審判のタロットの聖女ライン~微妙に変わる必要回復魔力~」という記事によれば、回復魔力481の占い師の審判で聖女ラインに到達するには偶数HPである必要があるようで~す。回復魔力482の場合も実質同じのようですね~」

星月夜「ううう、面倒だけどもう一部位で調整アクセを作るか…」

5.大地の大竜玉の準理論値も作るぞ~

f:id:hoshizukuyo:20190616004756j:plain

星月夜「プチモグラ4持寄 職自由 教会前!」

 こうして星月夜は「さいだいHP+5 さいだいHP+5 さいだいHP+4」の合成効果がついた大地の大竜玉まで作ったとさ。めでたしめでたし。

6.並モグラ討伐隊について

 なお、この呼びかけをしている最中、付近で「並モグラ4持寄 @回復・バイキ 教会前!」みたいな呼びかけをしているライバルもいました。そしてそっちのほうに応募している冒険者もいました。

 「並モグラの図鑑登録のためなら一戦でいいはず。四戦もするということは、プチ・モグーラの報酬の期待値が過去のプチカードボスの常識をはるかに超えるものであることを知らない集団なのかな~」とも思いました。

 しかしそういう人達が多数いるなら、ゴースネルの持ち寄りでも同様の人々が多数いることになりそうですが、ゴースネルのときはそういう集団を見かけませんでした。

 よって彼らはおそらく、弱体化可能な「ドン・モグーラカード」の持ち寄り集団ではなく、弱体化不能な「ドン・モグーラコイン」の持ち寄り集団だったのでしょう。

 白紙のカードのストックがない場合や、あったとしても別の用途に大量に使いたい場合には、たしかに「ドン・モグーラカード錬金 → カード弱体化 → 楽勝」なんていう安全策は採用できず、「大金でドン・モグーラコイン購入 → 苦労して討伐」という危険策を採用するしかなさそうで~す。

 そう考えると、長らく用途も思い浮かばないまま「とりあえず99枚になるまでは、念のため白紙のカードも貯えよう」という判断をしてきた過去の自分に感謝で~す。

7.久々に待望したナスガルド

 これは余談に近いですが、今回のアクセ作成のため、蓄えていた白紙のカードが一気に減りました。当面の用途はもうないですが、一気に減ると何となく心細いで~す。

 でもありがたいことに、今月15日更新のナスガルドの報酬には、白紙のカード3枚というものもありました。

 長らくサボリ気味だったナスガルドですが、今回は気合を入れて初日に倒しましたとも。

8.お礼

 "PRIEST CAFE"さんと「雪豹の記録保管庫」さんのおかげで、こうして星月夜は一層強くなれました。ブログのいいネタにもなりました。

 ここに深く御礼申し上げます。

雨月「あたしらにもお礼に何か奢って~」