ほしづくよのドラゴンクエストX日記

画像は原則として株式会社スクウェア・エニックスさんにも著作権があるので転載しないで下さ~い。 初めてのかたには「傑作選」(https://hoshizukuyo.hatenablog.com/entry/2017/12/31/000000)がオススメで~す。 コメントの掲載には時間がかかることも多いで~す。 無記名コメントは内容が優れていても不掲載としま~す。

レンジャーでもスコルパイドIIに行けるようになりました。

1.総論としてのご報告

 5.1でレンジャーが強化されましたね。

 しかもその強化のされかたが、「バイキルト」と「サマーソルトクロー」の習得や「妖精のポルカ」の強化なのですから、これはもう「スコルパイド戦でがんばれ!」と言われているようなもので~す。

 星月夜は5.0まででもスコルパイド戦におけるレンジャー入り構成を世間の平均より高く評価していたので、これでますます心理的障壁が下がりました。だから「単にレンジャーを誘うのではなく、自分でもやってみよう」という気分になりました。

 とはいえ、さすがに光属性攻撃に弱い「I」のバイキルト役は魔法戦士にかなわないのと、聖守護者のゆびわの理論値をコンプリート*1して以来「III」は面倒でパスしているので、対「II」戦でのみの活躍となりま~す。

 最近は常闇の聖戦の人気の再燃から聖守護者の闘戦記の緑玉も減っていましたが、これで一気にパーティを組みやすくなったと思いま~す。そういう意味ではレギルラッゾに占い師でも行けるようになったあの日*2の喜びに似ていますね~。

 フレンドのみなさまも、今後は「まもの使いの二人分の席がもう埋まっているから、ほしづくよを誘うのはやめておこう」とか思わず、じゃんじゃん誘ってくださ~い。

2.装備の紹介

 実は最初からレンジャーでスコルパイドに行ける装備がそろっていました。

 耐性については、「4.5新作防具で最初に買ったのは、世間では一番不人気なタンブラーシャツセット。最大の目的はレギルラッゾ退治」という記事で報告したとおり、即死ガード100のタンブラーシャツを買っていましたし、どくガード100のタンブラーバンダナもゼルメアで拾って「ゼルメア版二号」と名づけていましたから。

 シャツに呪いガード60がありタンブラーボトムに混乱ガード100もついているので、魔蝕対策も多少はできま~す。

 タンブラークロッグは、転びガードも踊らされガードもいらないので、キラーパンサーがレギルラッゾを倒すときに装備している身かわし重視の「二号」のほうを使うことにしました。

 最大の問題はタンブラーリストでした。バイキルトベホイムを使うからには呪文発動速度を上げたものを入手しようかとも思いました。

 しかし数回戦ってみたところ、仲間たちの武刃将軍のゆびわの効果や自分の妖精のポルカもあって、戦いの最中に唱えるバイキルトの回数は非常に少ないと判明しました。ベホイムも、そんなものを唱える必要がない安全な状況とせかいじゅのしずくを使うべき危険な状況の中間の「少し危険な状況」がほとんどありませんでした。

 なので今後よほどの心境の変化がないかぎりは既存の会心重視のリストを使うことにしました。

3.記念にドレスアップ

 タンブラーバンダナを三つ持っていて、通常用のものを他との区別のためにスライムイヤーカフの外見にしたことは、「スライムレースの賞金と記念品を受領しました」という記事で書いたとおりで~す。

 そして今回から「ゼルメア版二号」と名づけたどくガード用のタンブラーバンダナも多用することになったので、これもおびえガード用の「ゼルメア版一号」と間違えないよう、ドレスアップしました。

f:id:hoshizukuyo:20200131143105j:plain

 今回は暖色系なのでますますあったかそうで~す。

f:id:hoshizukuyo:20200131143144j:plain