ほしづくよのドラゴンクエストX日記

画像は原則として株式会社スクウェア・エニックスさんにも著作権があるので転載しないで下さ~い。 初めてのかたには「傑作選」(https://hoshizukuyo.hatenablog.com/entry/2017/12/31/000000)がオススメで~す。 無記名コメントは内容が優れていても不掲載としま~す。

5.1メインストーリーその2 ゴーラを救援しつつ大魔王の覇印探し

 三つの魔瘴塚を浄化した件を報告しにゴダ神殿に戻ると、オジャロス大公領で我々を観察していた紫のふゆうじゅ系モンスター*1もゴダ神殿にやってきたようでした。

f:id:hoshizukuyo:20200131192005j:plain

 その正体は「邪眼樹」であり、魔幻都市ゴーラの数少ない生存者たちの長老「ヌブロ」の使い魔で、通信機の機能も持っているようでした。

 ヌブロは「げんじゅつし」でした。魔幻都市の長老だからそのような姿にしたのでしょうが、同時にまた『ダイの大冒険』再アニメ化を記念してのセルフオマージュなのかもしれませ~ん。

 ゴーラでは魔瘴がさらに濃くなってきているので、イルーシャの力で助けてほしいというのがヌブロの依頼でした。

 魔仙卿は当初はイルーシャの身を案じて渋っていましたが、イルーシャの決意が固いのと、歴代大魔王に与えられる「大魔王の覇印」がゴーラにある可能性が高いことから、イルーシャの出張を許可しました。

 さっそく二人でまずはバルディア山岳地帯にあるゴーラへの関所の魔瘴を浄化しにいきました。この関所はクエスト「良薬はキケンな香り」の記事で紹介したもので~す。

 ここでまた大いなる闇の根源の両手に攻撃されるビジョンを見せられました。

 あとヴァレリアにイルーシャの能力を見られてしまいました。

f:id:hoshizukuyo:20200131193023j:plain

 ゴーラ領はこんなふうに魔瘴が非常に濃かったのですが、やはりノーダメージでした。

 前回と同じく「濃いといっても魔族がダメージを受けるほど濃くはないのかな?」とも思ったのですが、この説はどうも間違いのようでした。

f:id:hoshizukuyo:20200131194730j:plain

 なぜなら、避難所である魔幻宮殿に行ってみると、魔物も魔族も屋外の魔瘴が濃すぎて、「魔瘴を一時的に我慢して突っ切って別の地域に逃げる」ということもできずにいたので~す。宿屋には脱出に失敗したキャゴンと、それを見て脱出を諦めたオルニーゾがいました。

 よって前回の魔瘴塚も含めて星月夜がノーダメージだったのは、ホックスというイーグルデビルの説「魔瘴の巫女様の ご加護が あってこそ」が一番正解に近そうで~す。

f:id:hoshizukuyo:20200131195935j:plain

 宿屋の本棚には、例の当初ロゼフ君だと思っていたけど*2実は別人の可能性が高いと判明した*3、謎のオーグリード文字の書き手の手記の第四巻が置かれていました。

 宿屋の対になる部屋には、やはり今までのどの街にもあった「マシュランの魔界グルメ紀行」の第四巻がありました。

f:id:hoshizukuyo:20200131200658j:plain

 プレイヤーが歩き回れる空間は偽の魔幻宮殿と比較して非常に狭かったのですが、本当は同じ広さであるということを示す奥行きも表現されていました。

 サタンメイルのまめちしきには「魔界の城の渡り廊下には サタンメイルが ずらりと 1000体以上 並んでおり おそろしくも荘厳な眺めだ」と書かれていますが、その「渡り廊下」とはひょっとしたらあのプレイヤーが行けない区域へ行くための渡り廊下なのかもしれないな、と妄想に耽りました。

f:id:hoshizukuyo:20200131215713j:plain

 こちらはマデサゴーラの孫のペペロゴーラ。彼の芸術はまだ世に認められていないようで~す。好き放題に落書きをしまくって嫌われているのに、客人である我々と同格の部屋を与えられているあたり、一応先代の孫として多少は尊重されているようでした。

f:id:hoshizukuyo:20200131215827j:plain

 ヌブロさんに覇印の調査を依頼しつつ、まずは一泊。

 イルーシャさんは、魔瘴を払うたびになぜか災いが近づいてくる気がする一方、星月夜がそばにいればなぜかうまくいく気がするんだそうで~す。いまだどちらも明確な根拠がないこれらの二大予感が、今後どうなっていくか、興味深々で~す。

f:id:hoshizukuyo:20200131220254j:plain

 翌朝、ヌブロ長老から調査の結果を聞きました。どうやら大魔王の覇印は地下の「魔幻園マデッサンス」のアトリエに置きっぱなしの可能性が高いようでした。そして最近増えている魔瘴もどうやら魔幻園から噴出しているんだとか。

 こうして魔幻園を調査することになったのですが、ペペロゴーラが強引に案内役を買って出ました。どうやら彼は祖父の遺した幻の大作がお目当てのようでした。

f:id:hoshizukuyo:20200201124448j:plain

 他の住民は宮殿から一歩出たら魔瘴で大変だというのに、ペペロゴーラは宮殿から相当離れたこのジェットコースター「奈落へいざなう棺桶」乗り場の前で長時間の待ち伏せをしていました。さすが大魔王の孫だけのことはあって、彼はかなり魔瘴耐性が高そうで~す。

 しかし今まで魔幻園に一人で行ってみようとせずに魔瘴の巫女と組んで行こうとしたということは、やはり魔幻園の魔瘴はもっと濃くてペペロゴーラですら耐えられず、ホックスのいうところの「ご加護」がなければ無理ってことなんでしょうね。

 ジェットコースターの名前が「奈落へいざなう棺桶」なのは、やはり奈落の門を開きたくてたまらなかったマデサゴーラの心が反映されているんでしょうかね~?

 ここからアトリエまでは、からくり仕掛けの作品群が続きました。これについては語りたいことが山ほどあるので、別稿をご期待くださ~い。

f:id:hoshizukuyo:20200201140840j:plain

 アトリエには、カジノプレイチケット3枚が入った宝箱がこっそり置かれていました。あのジャックポットおじさんは、やはりカジノが大好きなんですね~。

 アトリエにあった創作ノートによると、幻の大作『ほとばしる命の狂宴』は、特殊な顔料を眼に施して弱らせた魔瘴竜を筆頭とする数百匹の魔物を絵の中に閉じ込め、仕上げに大魔王の覇印を使って封印することで完成させた芸術だったようでした。

 『ほとばしる命の狂宴』が廃棄ずみと知って一度は落ち込んだペペロゴーラでしたが、「芸術の墓場」という廃棄処分場のことを思い出して復活しました。

f:id:hoshizukuyo:20200201152307j:plain

 墓場に行ってみると、かつて絵に封印されたはずの「魔瘴竜ジャオマンダ」が強大化して、半身だけ出られるようになっていました。どうやら「蟲毒」の原理で、一緒に封印されていた他の魔物を食べて強くなったようでした。そしてこいつがアトリエに置かれていたはずの大魔王の覇印を食べたり、大量の魔瘴を吐いたりしていたようでした。

 こういう危険なものを放置したまま異界で敗死し、自国を壊滅寸前に追い込み、魔仙卿にも迷惑をかけたという点で、やはりマデサゴーラは暗君だったといわざるを得ませ~ん。

 ジャオマンダは、戦闘で弱らせて覇印を吐かせ、ペペロゴーラが祖父が顔料を塗らなかったほうの眼にも顔料を塗り、ようやくまた絵の状態に戻せました。

 これでゴーラの魔瘴も薄まり民は救われ、星月夜とイルーシャは覇印を取り戻せ、ペペロゴーラは幻の大作を見ただけでなくその真の意味の完成者となれました。めでたしめでたし。

f:id:hoshizukuyo:20200201154910j:plain

f:id:hoshizukuyo:20200201162418j:plain

 後日談として、例の宿屋で寝込んでいたキャゴンも、イルーシャはちゃんと治療してあげたようでした。

 あとイルーシャは絵を描くことに興味をもったらしく、ペペロゴーラは道具一式をくれました。