ほしづくよのドラゴンクエストX日記

画像は原則として株式会社スクウェア・エニックスさんにも著作権があるので転載しないで下さ~い。 初めてのかたには「傑作選」(https://hoshizukuyo.hatenablog.com/entry/2017/12/31/000000)がオススメで~す。 コメントの掲載には時間がかかることも多いで~す。 無記名コメントは内容が優れていても不掲載としま~す。

「魔族の姿へと 変わった者は 二度と 元の姿には戻れない」をどう解釈するか?

0.はじめに

 5.0メインストーリーの大審門におけるムービーで、ユシュカに「どうも その魔族の姿が 気に食わんようだな。 残念ながら 一度 血の契約を交わし 魔族の姿へと 変わった者は 二度と 元の姿には戻れない。それが 魔界の理だ」といわれました*1

 当時この発言については「え? 六種族態に化けてた魔界出身者なんて今まで大勢いたじゃん! 特にリソルなんて「魔族」だと明言されてたじゃん! だから変身術を覚えて元の姿に化ければいいだけじゃん!」と思ったもので~す。

 5.2でベラストル家の本棚にて人間に化けて情報収集をした魔族の手記を発見し、この疑問はますます膨らみました。

 本日はユシュカのこの発言の真意について、複数の仮説を立ててみました。

 なお以下の諸仮説は互いに排斥しあうとは限らないので、正解は複数ある可能性もありま~す。

f:id:hoshizukuyo:20191109032115j:plain

1.「能力を維持したまま」の省略という仮説

 これが一番可能性が高いと思っておりま~す。

 リソルは本領を発揮するために二度も魔族態に戻っていました*2*3

 そこで「二度と能力を維持したまま元の姿には戻れない。変身術を覚えれば外見だけは元の姿に戻れるが、冒険者としては三流の状態になってしまうだろうから、実質的には魔仙卿に会う以外の解決策は残されていない」という面倒な内容を省略して伝えたのがあのセリフだった、という仮説を立てました。

2.「魔界の理」を重視の仮説

 わざわざ「魔界の」と限定をしてきているので、その「理」とやらは魔界でのみ通じる話だと解釈してみました。

 つまり「変身術を覚えればアストルティアでは元の姿に戻れるが、魔界ではそうもいかない。それが魔界の理だ。魔界でも自分の気に入った顔で活動したいのであれば、魔仙卿に会う以外の解決策は残されていない」という意味の通告だったと考えれば、これも理にかなっていますね。

3.「血の契約」を重視の仮説

 遺伝や魔瘴などの理由で魔族になった者と血の契約で魔族になった者とを峻別するという仮説で~す。

 この場合は「今までの冒険で自由に六種族に変身できる魔族を数多く見てきたので意外に思うかもしれないが、あの変身は血の契約で魔族になった者には使えない術だから、諦めて魔仙卿に会うことを目指せ」というメッセージだったことになりま~す。

4.「元の」を重視の仮説(棄却)

 「六種族に化けることはできても元の姿にだけはなれない」という仮説も考えました。

 でも「その魔族の姿が 気に食わんようだな」とのつながりが弱くなってしまうので、文脈上の理由から問題がありま~す。だからこの仮説だけ棄却しました。

5.ただのウソという仮説

 そもそもただのウソだった可能性もありま~す。