ほしづくよのドラゴンクエストX日記

画像は原則として株式会社スクウェア・エニックスさんにも著作権があるので転載しないで下さ~い。 初めてのかたには「傑作選」(https://hoshizukuyo.hatenablog.com/entry/2017/12/31/000000)がオススメで~す。 コメントの掲載には時間がかかることも多いで~す。 無記名コメントは内容が優れていても不掲載としま~す。

5.4メインストーリーその3 ルファ神殿へ & 通常モンスターコンプリート & 宝箱コンプリート

f:id:hoshizukuyo:20210104013720j:plain

 さあ、エルトナ大陸に設置された最後の女神の祠に来ましたよ~。

f:id:hoshizukuyo:20210104014052j:plain

 イルーシャがレベル115にまでなっていたこともあって、ここの守護者が体感では一番楽でした。

f:id:hoshizukuyo:20210104014200j:plain

 倒すと女神の衣が手に入り、イルーシャの全身もルティアナモードになりました。

 ここで語られた神話によると、ルティアナとジャゴヌバは互いが復活できないように、それぞれの魂は相手の肉体が眠る場所に封印されたとのことでした。つまりイルーシャはデモンマウンテンの山頂で眠り、ナラジアは光の河の中で眠っていたというわけで~す。

 外に出ると、またピュージュがちょっかいをかけてきました。この危機の中でイルーシャの中のルティアナが目覚めました。

 次に今までイルーシャの影の中に隠れてきたらしきナラジアが姿を見せ、ジャゴヌバの依代としての正体を明かしました。

 そして「ピュージュ ご苦労だったね 僕が眠っている間…… ずっと 僕のために 働いててくれたんだろ?」と語りかけていました。

 これでやっとピュージュの上司がジャゴヌバであることが判明しましたね~。一度は外したピュージュの上司予測*1ですが、さすがに二度目の予測*2は当たりました~

 ナラジアがここまでこっそりついてきたのは、各祠の邪神を目覚めさせるためだったようで~す。彼はこの地に眠っていた禁忌の邪神ヤファギルも復活させました。

 ルティアナはというと、神魂融合の儀を行って互いに復活したほうが現状よりは有利になると考えたのか、大人しくナラジアとともに「ルファ神殿」というところに去ってしまいました。

 むむむ! 魔瘴竜ジャオマンダ考の記事で「ジャオマンダの元ネタの一つがマンダ教であり、旧約聖書では正義の側だったのにマンダ教では悪の女神とされたルーハーにあたるのがルティアナだ」という主張を書きましたが、「ルファ」と「ルーハー」の発音の類似性を勘案するに、これはもうほぼ正解だったと評価できましょう。

 さて、極天女帝とフィネトカに戻ると、アンルシアとユシュカが神殺しの秘儀を習得していました。

 そしてみんなでルファ神殿に乗り込むという段取りになりました。ただしユシュカは、ある秘策のために少し遅れてくるそうで~す。

 ルファ神殿はガミルゴの盾島とルクスガルン大門とをつなぐ洞窟の中間地点にあるらしく、どちらから行ってもよいということになりました。でも通常モンスターのコンプリートも宝箱のコンプリートも目指したいので、両方のルートを体験することにしました。

f:id:hoshizukuyo:20210104074058j:plain

 まずは封印が破られた盾島から突入。

 星月夜は封印があったころに「決戦!ドクロポーカー」をクリアしたので、このルートからアストルティアに行こうとしたグリーニを馬鹿にする記事を書いてしまいましたが、これ以後の時系列で挑む場合はそうそう馬鹿にできませんね~。

f:id:hoshizukuyo:20210104074454j:plain

 まずはどんどん下っていきました。

f:id:hoshizukuyo:20210104074607j:plain

 そして奥底までいくと、「魔の試練」のような空間に出て、魔の試練のときと同じく上下を反転させることができました。

 なるほど、だから魔界の光の河は天空にはなかったのですね~。

f:id:hoshizukuyo:20210104074656j:plain

 ルファ神殿を見かけましたが、まずはスルーしてルクスガルン大門を目指しま~す。

f:id:hoshizukuyo:20210104074921j:plain

 魔界側はアビスジュエルがあって便利で~す。

f:id:hoshizukuyo:20210104074735j:plain

 うまく同時に撮影できました。この写真中のヘルビースト・強で5.4時代の通常モンスターをコンプリートできまして、さらにはこの写真中の黒宝箱で5.4時代の宝箱をコンプリートできました。

 5.3のアップデートで「せんれきの『討伐モンスターリスト』にて、シナリオボス、『常闇の聖戦』、『聖守護者の闘戦記』のモンスターは未討伐時の「???」を表示しないように変更しました。」という修正がなされましたが*3、それでも通常モンスターや宝箱がコンプリートになると、自然にクライマックスが近いとわかりますね~。

 いつ物語が終わるのか不明確なままストーリーを楽しみたい場合は、モンスターや宝箱を気にしないのが一番で~す。

f:id:hoshizukuyo:20210104174029j:plain

 ルファ神殿前に来ましたが、ヤファギルが結界を張っていてイルーシャを助けられませんでした。しかもヤファギルは三つの肉体を三つの塔の上に別個に配置しており、それらを同時に倒さなければすぐに三体まで復活してしまうことも判明しました。その上、ヤファギルの禁忌の力のせいでサポート仲間は神殿の中に入れないのだそうで~す。ひ~、詰んだか~?

f:id:hoshizukuyo:20210104174615j:plain

 しかしユシュカが呼び寄せていたアスバル・ヴァレリア・シンイ・エステラが到着したので、神殺しの能力のある三名が分散しても何とかヤファギルの各個体に勝てそうな雰囲気となりました。

f:id:hoshizukuyo:20210104174811j:plain

 岡本太郎が建てた太陽の塔の担当は、アンルシア・ヴァレリアの2人。

 せっかくなので普段は見られないヴァレリアのステータスも資料として残しておきましょう。

※ヴァレリア

魔王

レベル110

さいだいHP 1280

さいだいMP 650

こうげき力 1030

しゅび力 810

こうげき魔力 705

かいふく魔力 105

すばやさ 440

きようさ 450

おしゃれさ 380

おもさ 220

じゅもん マヒャデドスザオリク

特技 閲覧不能

f:id:hoshizukuyo:20210104174920j:plain

 月の塔の担当は、ユシュカ・アスバルの2人。

※ユシュカ

魔王

レベル110

さいだいHP 1120

さいだいMP 680

こうげき力 980(ちから0)

しゅび力 880(みのまもり0)

こうげき魔力 682

かいふく魔力 160

すばやさ 520

きようさ 435

おしゃれさ 380(みりょく0)

おもさ 300

じゅもん なし

特技 連撃(MP4)・剣舞(MP6)・紅蓮の衣(MP10)

※アスバル

魔王

レベル110

さいだいHP 930

さいだいMP 1500

こうげき力 380

しゅび力 780

こうげき魔力 750

かいふく魔力 420

すばやさ 440

きようさ 450

おしゃれさ 380

おもさ 300

じゅもん ドルモーアドルマドンザオリク

特技 閲覧不能

 このパーティではユシュカがリーダーとして操作キャラになるため、特技や一部能力の内訳などが閲覧可能となりま~す。

 こうげき力・しゅび力・おしゃれさが全部装備頼りであることは、300年前の師匠やその恋人と同じで~す*4

f:id:hoshizukuyo:20210104175039j:plain

 星の塔の担当は、星月夜・シンイ・エステラの3人。ひょっとして各員約0.67人前の扱いでしょうか?

※シンイ

職業不詳

レベル 100

さいだいHP 760

さいだいMP 510

こうげき力 389

しゅび力 520

こうげき魔力 805

かいふく魔力 620

すばやさ 405

きようさ 190

おしゃれさ 270

おもさ 170

じゅもん ベホイムベホマラーザオリクメラゾーママヒャデドス

エステラ

職業不詳

レベル 100

さいだいHP 730

さいだいMP 550

こうげき力 330

しゅび力 540

こうげき魔力 950

かいふく魔力 750

すばやさ 210

きようさ 150

おしゃれさ 380

おもさ 140

じゅもん ベホイムベホマラーザオリクメラゾーママヒャデドス

 塔の中に入るとますます禁忌の力が強まり、どうぐぶくろそうびぶくろが開かなくなりました。

f:id:hoshizukuyo:20210104200950j:plain

 中の結界は三つの塔で相互に連携しており、各パーティが協力をしながら解除していく必要がありました。

 こういう点でも、マリーンがジャイラ神殿で知った「協調」を伝授されたユシュカが、今まさにその類似ダンジョンで学習を活かすという形になっていました。

f:id:hoshizukuyo:20210104202505j:plain

 ただしジャイラ神殿とは異なり、アンルシアもユシュカも操作キャラ状態中の「しぐさ」ができませ~ん。

f:id:hoshizukuyo:20210104205131j:plain

 ユシュカ組の敵は「ヤファギル」。

f:id:hoshizukuyo:20210104210106j:plain

f:id:hoshizukuyo:20210104210118j:plain

 自分で操作してアストロンを使うのは楽しいで~す。

f:id:hoshizukuyo:20210104210203j:plain

 3分22秒02。できればこれとほぼ同時に倒したいところで~す。

f:id:hoshizukuyo:20210104210249j:plain

 アンルシア組は「ヤファギル」に挑みま~す。

f:id:hoshizukuyo:20210104210519j:plain

 「断」のみが都合よく四魔将風の技を使ってきたので、勇者の技で対抗できました。

 この不自然なほどの都合のよさを考えるに、ひょっとしてユシュカとアンルシアは屋外での初見時に三体それぞれの特性を見抜いていたのでしょうか?

f:id:hoshizukuyo:20210104210804j:plain

 3分04秒88。う~ん、急ぎすぎたか~。

 でも復活とかしてきませんでした。これは、「ユシュカたちが「戒」の気を思いっきり引くことで、「断」の復活を阻止していた」と脳内補完いたしましょう。

f:id:hoshizukuyo:20210104210950j:plain

 星月夜組は「ヤファギル」に挑みま~す。

f:id:hoshizukuyo:20210104211222j:plain

f:id:hoshizukuyo:20210104211248j:plain

 怪獣小戦争の末、勝利。

f:id:hoshizukuyo:20210104211319j:plain

 3分09秒55。

 さて、倒した三体のヤファギルは、最期の力を振り絞って中央塔への道を破壊しようとしてきました。

 ユシュカ組とアンルシア組は、自爆を阻止できずに道を失ってしまいました。

 星月夜組では「封」の自爆を阻止したエステラさんが大怪我をして離脱。シンイもその治療のため離脱。

 だから仕方なく星月夜がたった一人でジャゴヌバをコテンパンに……とはならず、ヤファギルの死によってサポート仲間への「禁忌」が消えたので、サポート仲間と中央塔最上階を目指すことになりました。

f:id:hoshizukuyo:20210104225502j:plain

 ちなみに、「1階に戻って少し待っていれば、無傷の三魔王や勇者と合流できるかもしれない?」という淡い期待もあったのですが、1階の各塔への扉はかたく閉ざされてしまっており、無傷の有力者たちはみんな足止め状態のようでした。

 残された四人は、おそらく「禁忌」みたいな理由でしばらくアビスジュエルも使えないのでしょう。そう脳内補完いたしました。