ほしづくよのドラゴンクエストX日記

画像は原則として株式会社スクウェア・エニックスさんにも著作権があるので転載しないで下さ~い。 初めてのかたには「傑作選」(https://hoshizukuyo.hatenablog.com/entry/2017/12/31/000000)がオススメで~す。 コメントの掲載には時間がかかることも多いで~す。 無記名コメントは内容が優れていても不掲載としま~す。

「奇門遁甲の式・弐」

 幻魔のレベルを110にする「奇門遁甲の式・弐」を受けてきました。

f:id:hoshizukuyo:20210708151413j:plain

 レイメイによると現在の星月夜は陽に偏っているので、陰衆の試練を受けるべきということになりました。

f:id:hoshizukuyo:20210708151528j:plain

 ある部屋のタンスの中に保管されている人形を持って、グールを退治すればいいとのことでした。

 タンスから「受難の人形」を持ち出そうとすると、陰衆の服を着て「人形の管理人」を自称する謎の老人に、人形を手にするとろくなことが起きないと忠告されました。

 老人を無視して受難の人形を手にしてグールを倒すと、突然人形がまがまがしい気を放ち、HPが1になりました。

 受難の人形を元のタンスに返却するようシステムログに促されましたが、実験的にそのまま陽衆の隠れ家に帰還しました。すると人形を返さないとクリアしたことにはならないという意味のことをいわれました。

 ヨイによると、人形のせいで瀕死になったのではなく、人形が守ってくれたから瀕死で済んだのだとか。グールは「奇門遁甲の式・弐」の試練を受けている天地雷鳴士の気に反応して、土に還る還る間際に「えげつない呪いを えげつない呪いをかけてくることがある」らしいので~す。

 一応実験的に別キャラで、クエストを受注した上で人形を持たずにグールに挑んでみたのですが、瀕死を越える呪いを受けるどころか、瀕死にすらなりませんでした。「呪いをかけてくることがある」なので、被害を受けなかったことについては「その回は呪いの観点では運が良かったから」と説明がつきますね。

 ちなみにその実験でグールを何匹倒しても、試練を達成したことにはなりませんでした。これも昔のロックフェスのような例もあるので、「その回は試練の達成という観点では運が悪かったから」という説明がつけられそうで~す。

 とりあえずこれにて幻魔のレベルを110にできました。

 しかし自称「人形の管理人」の老人については誰もその正体を知らず、謎が残りました。