ほしづくよのドラゴンクエストX日記

画像は原則として株式会社スクウェア・エニックスさんにも著作権があるので転載しないで下さ~い。 初めてのかたには「傑作選」(https://hoshizukuyo.hatenablog.com/archive/category/傑作選)がオススメで~す。 コメントの掲載には時間がかかることも多いで~す。 無記名コメントは内容が優れていても不掲載としま~す。

シト新生 モーモリーナとデンデロベーが聖天舎、ひいては天星郷のマスコットである理由を考えました。

0.はじめに

 本日は、「なぜモーモリーナとデンデロベーが聖天舎、ひいては天星郷のマスコットなのか?」を考えました。

 モーモン系は可愛くて何度もマスコット化しているので、マスコットになるにしては少々不自然なデンデロベーから先に理由を考えました。

 このブログで何度か主張してきましたが*1*2、「創作中における一見して不自然なもの」というのは強い元ネタが背後にあったからこそそう描かれている場合が多いので~す。

1.語源から考えるデンデロベーの元ネタ

1-1.デンデン竜

 デンデロベーの最大の元ネタが、『ドラゴンクエスト』シリーズにおける「デンデン竜」であることは、名前からも容姿からも明らかで~す。

 そしてその「デンデン竜」の元ネタは、長崎県の童謡『でんでらりゅうば』か絵本の『でんでら竜がでてきたよ』の一方または両方だと思うのですが、これについては本稿では論じませ~ん。

 問題は前述のとおり、美しき天星郷の聖天舎において、運営がなぜあまり美しくないデンデン竜なんかをマスコットとして登場させたかで~す。

 「容姿」が理由ではないとすると、次は「名前」が理由ということになりま~す。

1-2.デンデラ

 「デンデロベー」と似た発音で、かつ天星郷と深い関係がありそうな日本語といえば、遠野地方のデンデラ野」で~す。

 これは柳田国男の『遠野物語』では「蓮台野」と表記されており、「姥捨ての地」や「墓」という意味から考えてもこれこそが本来の表記で~す。

 「蓮台野」という地名は遠野に限らず日本中にありますが、大抵はどこも何らかの意味で「死」と深く関係していま~す。仏教では仏の座る席を「蓮台」としているので、死人やもうすぐ死ぬ人が転生後に蓮台に座る立場になることを願っての命名だったのでしょう。

 だからデンデラ野を語源とするモンスターは、転生の園のある聖天舎にピッタリで~す。

1-3.デンドロビウム

 デンデン竜にもデンデラ野にも足りなかったのが、デンデロベーの「ベー」の部分のb音で~す。

 そこまで忠実に子音が対応した単語となると、ラン科の"dendrobium"(デンドロビウムが思い浮かびま~す。

 この単語は古典ギリシア語で「木」を意味する"δένδρον"(デンドロン)と「生」を意味する"βίος"(ビオス)の合成語であり、「木の上で生きる花」という生態に着目して18世紀末に名づけられました。

 転生の園でも転生の花の上から新たな命が生まれてくる設定でした。

1-4.デンドロアスピス・デンドロトキシン

 デンデン竜は一応は竜であり、竜の元ネタはヘビで~す。

 ここでデンデン竜のデンデロベーを「デンデロのヘビ」と考えると、ヘビの一種である「マンバ」を意味する"dendroaspis"(デンドロアスピスに行き着きま~す。

 この単語は古典ギリシア語で「木」を意味する"δένδρον"(デンドロン)と「ヘビ」の一種を意味する"ἀσπίς"(アスピスの合成語で~す。

 マンバをこの学名で注目するとき、マンバがら分離されたヘビ毒の"dendrotoxin"(デンドロトキシン)が想起されま~す。これのせいで、マンバに咬まれて治療しないと大抵にま~す。

1-5.小結

 「デンデロベー」という発音や「デンデン竜」という立場を総合的に考えるに、元ネタの可能性が高い単語群はどれも大抵「死」「生」「転生」と深く関わっている。

2.語源から考えるモーモリーナの元ネタ

2-1.モーモン

 モーモリーナの最大の元ネタが、『ドラゴンクエスト』シリーズにおけるモーモンであることは、名前からも容姿からも明らかで~す。

 モーモンならマスコットになって当たり前で~す。

2-2.イーナ

 名詞の語尾につく接尾辞"-ina"(イーナ)は、イタリア語で女性単数に「小さい」とか「可愛い」といった印象を加えるもので~す。

2-3.モリ

 「モーモン」と「イーナ」だけでは、「モーモーナ」中の「リ」の子音部分が不足ですが、先にデンデロベーで何度も「死」のイメージが登場していたことを想起すれば、ラテン語で「死ぬ」を意味する"morior"の能動・現在の原型である"mori"(モリ)が想起できま~す。

 「メメント・モリ」で有名なあの「モリ」で~す。

2-4.ではなぜピンクモーモンか?

 以上が全部正しいとしても、「なぜノーマルモーモンではなくピンクモーモンでなければならいのか?」という問題が残りま~す。

 それへの回答は、過去記事「カミハルムイ領北の桜の樹の下には大量のピンクモーモンの屍体が埋まつてゐる!」で指摘した内容の繰り返しで~す。

 「本作のピンクモーモンは『桜の木の下には』を参考にした「死が美を産む」という連鎖の構造を体現しているから」で~す。

2-5.小結

 モーモリーナとは、「可愛い死のモーモンを意味する。

 色がピンクなのは本作における「死のモーモン」の伝統である。

3.天星郷における「転生」の重要性

3-0.総論

 第1章と第2章で、聖天舎のマスコットであるデンデロベーとモーモリーナの名前が、「死」・「生」・「転生」のイメージと深く関わっていることを証明しました。

 そして聖天舎には重要施設として転生の園があるので、それだけでも十分にこの二名は聖天舎のマスコットとしてふさわしいといえま~す。

 しかし「転生」が天星郷全体にとってどれだけ重要かを語ってこそ、二名の天星郷全体のマスコットとしてのふさわしさまで証明できると考えました。

 このために一章を割きました。

3-1.天使にとって再重要の施設「転生の園」

 6.2メインストーリー終盤までは、アストルティアの楯が収められていた北の神殿は最重要施設でした。

 しかし楯が破壊されたあとは、ガスパールの語るように転生の園こそが次代の天使を唯一供給できるという意味で、繰り上げで最重要施設になったと評価できましょう。

 加えて6.2以前であっても、北の神殿が重要だったのはアストルティア全体にとってであり、天使という種族に限っては最初から転生の園こそが最重要施設であったといえま~す。

3-2.天使の秩序の根幹をなす「転生」 

 重大な罪を犯した天使への罰も転生をさせないというルールは、これまで何度も語られてきました。

 よって転生は天星郷の秩序の源泉でもありま~す。

3-3.「天星郷」の発音

 地上のアストルティア民から見て「天」にあり、それ「星」と同じ方向であることから忘れられがちですが、実際の天星郷は「星」とはあまり関係がありませ~ん。

 よってこれは漢字の意味より発音のほうが重要と考えま~す。

 「てんせい郷」とは、すなわち「転生」が根幹をなす郷で~す。

3-4.「聖天区画」の発音

 天星郷において中央政庁街といえるのが「聖天舎」のある「聖天区画」で~す。

 この「せいてん」は、並びかえると「てんせい」となりま~す。

 ここでも「転生」こそ天星郷の根幹というイメージが強調されているといえましょう。

4.結論

 デンデロベーとモーモリーナは、名前の元ネタが「死」・「生」・「転生」のイメージと深く関わっているので、転生の間のある聖天舎のマスコットにふさわしい。

 そして転生は天星郷の根幹をなす概念であるので、この二名こそが天星郷全体のマスコットにもふさわしい。

ヴァルザードと石の関係を考え、さらにそこから勇者に関するある伝統について考えました。アシュレイがホーリーキングに圧勝したという設定の謎も解けたかもしれませ~ん。そして伝説へ。

1.ヴァルザードと石の関係

f:id:hoshizukuyo:20200923050200j:plain

 ヴァルザードにはにまつわる話が二度出てきました。デビュー戦である血潮の浜辺の戦いでは大ダコの石化に成功しました。さらに首都ザードは全体が一人の石の魔人でした*1

 当初はこれを単なる偶然と見ていました。

 でも5.5後期で、ヴァルザードが単なる政治と戦争の天才ではなく、ゴダに始まる対症療法の伝統を乗り越えて魔界の問題を完全に解決するためにブルラトスの開発もしたという業績が語られました*2

 さらに6.2で、ダフィアが自分が危険なお守りを装備させた上で発動させたレオーネの石化を、さもゴダの業績であるかのように喧伝したという話も語られました*3

 また過去記事「魔界の「覇王」の研究」ではヴァルザードには漢の高祖劉邦のイメージが投影されていると書きましたが、劉邦には皇帝になったあとの異民族の匈奴との戦いで敵の偽の弱兵に油断して深入りして敗北をしたというエピソードがありま~す。

 これらの設定を勘案するに、「若き日からヴァルザードは伝承をたよりに「勇者(または盟友)は強いが石化攻撃には滅法弱い。耐性はゼロで、効果は少なくとも数千年続く」と思い込み、大魔王に就任してアストルティアに攻め込むときに備えて、石に関する魔術の研究にも邁進していた」という仮説が思い浮かびました。

 この仮説が正しい場合は、ヴァルザードは当然ながら「レオーネの石化は、実は装備したお守りによる内側からの呪いだった」という裏情報については知る由もなく、純朴に生涯を賭けて懸命に石化攻撃の練習をしていたことになりま~す。

 そうして苦労して習得した外部からの石化攻撃が、アジールや新生レオーネには効かなかったか、あるいは効いてもムドーの「石化の魔光」のように10秒程度で解除されてしまったかにより、ヴァルザードは想定外の敗北を喫したのかもしれない。星月夜はそう考えました。

 なにしろあれほど用意周到なヴァルザードですから、こういう想定外の事態でも起きない限り、むざむざと他の大魔王と同じような末路を辿ったりはしないのではないでしょうか。

2.ゼドラ族お家芸、勇者に関する偽情報

 前章ではヴァルザードが勇者(または盟友)に関する偽情報に踊らされたのが敗因かもしれないという話を書きましたが、勇者に関する偽情報はゼドラ族のお家芸のようで~す。

2-1.ゴダを騙した嘘

 人類側は巫女の神託を根拠に「大魔王の侵攻に対抗して、偉大な双子の勇者が生まれた」という内容の宣伝を散々していましたが、実はその双子は青年期に入って初めて二人がかりでやっと剣聖ガーニハンに一本とれる程度の実力でした。

 でも「勇者こそ自分の対抗馬」という情報に踊らされ続けたゴダは、最期には勇者を道連れにするということばかり考えて硬直時間の長い大技を使ってしまい、その隙にガーニハンに殺されてしまいました。

 この件は過去記事「6.2メインストーリーその1 勇者の曙光」で書いたとおりで~す。

2-2.ネロドスを騙した嘘

 4.1メインストーリーでは、アルヴァンは本当はカミルを愛していながらその素振りをあまり見せず、ヴィスタリア姫との婚約も維持していました。これを見て「この優柔不断な二股男め!」と思った人も多いことでしょう。星月夜もその一人でした。

 しかしアルヴァンがカミルへの愛情を自然体で隠していたことが、ネロドスを油断させました。愛し合う二大英雄の一人だけが特攻をしかけてきたら、普通なら「もう一人を生かすためにとんでもない自己犠牲の技でも使いそうだな」と警戒するものですが、ネロドスはそういう想定ができずに禁忌の秘術を使われ死にました。

 アルヴァン本人にはおそらく悪意は無く素の言動だったのでしょうが、まさに二股膏薬のダフィアの子孫の面目躍如といったところで~す。

2-3.マデサゴーラを騙した嘘

 グランゼドーラ王国に「今度の勇者はトーマ王子!」と宣伝されていたこともあり、マデサゴーラは本物の勇者姫の捕獲には失敗しました。

 そのあとで仕方なく急造した魔勇者は失敗作でした。黒仮面に改造したトーマの死体は、先代勇者の指輪をはめてやってもせいぜい神の緋石を破壊するのが精一杯であり、奈落の門を開けることはできませんでした。

3.またもや大魔王はこの手口に騙された?

 6.0~6.2で、この手口が当代の大魔王である主人公を相手にまた使われた可能性が高いで~す。

 まずは6.0の「攻撃が強いのは兄の勇者アシュレイであり、弟の盟友レオーネは防御役」とヘドロヌーバ戦で強調されました*4

 そしてホーリーキングに圧勝して八分割をした英雄は、6.0のカンティスの回想の場面ではシルエットで描かれていましたが、6.1の裁定の聖堂ではこれがアシュレイだったと明言されました*5

 しかし6.2が始まってみると、アシュレイは悪神化してパワーアップしてもホーリーキングより弱いボスでした。一方でレオーネは、たった一人で戦務室の精鋭たちもクリュトスもフェディーラもコテンパンに倒してしまうほどの強さでした。

 この6.2の今までの情報をひっくり返したような二人の戦闘力は、「レオーネは、紺碧の試練ではアシュレイを装ってホーリーキングに圧勝した。ヘドロヌーバ戦では防御キャラにすぎないふりをした」と考えれば説明がつきま~す。

 ホーリーキングを八分割したときの回想の場面であえてシルエットが使われたのも、「この勝利者の影は、アシュレイのものかもしれないしレオーネのものかもしれないということに、注意せよ」という運営からの遠回しなメッセージだったと考えれば、非常に納得がいきま~す。しかもその回想をしているのはあまり注意深くないカンティスですから、彼が易々と騙されたということを描いた場面であった可能性が高いといえま~す。

 当然ながらこの「アシュレイは強い」という偽情報の流布の動機は、トーマとアンルシアに関する情報の入れ替えと同じく、真の黒幕の正体を隠すためであり、また仮に正体がばれた後もその真の強さを隠すためで~す。

4.過去作からの系譜

 多くの冒険譚で「ラスボスは、主人公のポテンシャルに気づけず有効な対策を序盤で打てなかったのが敗因となる」というケースがあり、『ドラゴンクエスト』シリーズにもそういうラスボスは何名かいました。

 『蒼天のソウラ』第15巻28ページでイシュマリクが「そう言って いたずらに 勇者を 成長させ 足を掬われた 魔王は多い」と悪い例として語ったのは、その種の失敗例で~す。

 しかし『IV』のデスピサロは勇者の出現と成長を非常に警戒しており、自ら最前線に立って勇者の隠れ里を襲ったほどでした。そしてこの「勇者だけを特に警戒する」という姿勢のせいで、逆に偽勇者シンシアを殺した時点で油断をしてしまいました。

 このシンシアの手口の系譜を受け継いだのが、本稿第2章3節で確認した現代のグランゼドーラであるといえま~す。

 またダイの大冒険』のバーンは終盤でダイの危険性にかなり気づけたものの、ついにポップの危険性に気づけないままであったことがやはり敗因となりました。

 このポップの立場の継承者が、本稿第2章1節で確認したガーニハンであるといえま~す。

 イシュマリクは父が様々なドラクエシリーズのラスボスの力を借りられる立場であったので、こうした勇者にこだわり過ぎて滅んだ事例も知っていた可能性が高いで~す。両方の知識があったからこそ、同巻48ページで「本当に奴を このまま行かせてしまって 良いのか…?」と悩みに悩んだのだと思いま~す。 

 以上により、「『ドラゴンクエスト』シリーズで「勇者」と戦う「魔王」は、勇者にあまりこだわらないでいると成長されて足をすくわれる。しかしこだわりすぎると目が曇って陽動に弱くなる」という教訓が導き出されま~す。

エビルプリーストを倒し、6.2時代の迷宮ボスをコンプリート & エビルプリーストの弱さと邪教司祭の勲章の合成効果の弱さの秘密を解説

 エビルプリーストを倒し、6.2時代の迷宮ボスをコンプリートしました。

 「邪教司祭バニッシャー」の称号も得ました。

 ところでエビルプリーストを倒して入手できる邪教司祭の勲章は、二段階の伝承のある第三世代アクセサリーの第二段となりま~す。

 勲章という立場といい合成内容といいエビルプリーストの印象と全然関連性がないので、大急ぎで無理に今回のドロップにしたという印象が強いで~す。

 「ドラゴンガイア(1.4配信)の大地の竜玉」→「ドン・モグーラ(3.1前期配信)の大地の大竜玉」→「アンドレアル(6.0配信)の紫竜の煌玉」という二段階伝承と比較しても、今回の「ギュメイ将軍(4.0配信)の忠義の勲章」→「帝国三将(4.5後期配信)のガナン帝国の勲章」→「エビルプリースト(6.2配信)邪教司祭の勲章」という二段階伝承は、実に急で~す。

 こうなった最大の原因は、Twitterではすでに指摘したのですが*1、夢幻魔王の勲章の合成効果の片方を2021年9月22日のメンテナンスで強化した*2からで~す。この強化は最初の合成効果の内容を見比べてしっかり計算して*3から大金をかけて合成した冒険者たちを、ないがしろにするものでした。そしてその強引な強化で今度はガナン帝国の勲章の使用率が廃れたので、また泥縄式にこうして大急ぎでガナン帝国の勲章の第二伝承先を作ったのでしょう。

 多くの冒険者から「エビルプリースト弱い!」・「邪教司祭の勲章の合成効果弱い」と言われまくっていますが、邪教司祭の勲章の追加が夢幻魔王の勲章に関する「やらかし」に対する実質的な「バランス調整」兼「お詫び配布」だったと解釈すれば、ボスも合成効果も弱いのが当然で~す。

 「ヤレヤレ」という気分で~す。

白雲の烈翼将ヤヌビを倒し、白雲の討ち手の称号を得ました。6.2時代の防衛軍モンスターはこれでコンプリートで~す。

 白雲の冥翼兵団の職業関連の実績埋めの作業をしていたところ、偶然強い人たちとマッチングしたおかげで白雲の烈翼将ヤヌビを一回だけ倒せました。白雲の討ち手の称号を得ました。

 6.2時代の防衛軍モンスターはこれでコンプリートで~す。

 次は実績のコンプリートを目指しま~す。海賊の各兵団の実績埋めも終わっているので、具体的にはあと4回ヤヌビを倒せばいいので~す。

 でも最近ゴールデンタイムにインできない日が多く、ヤヌビ討伐のパーティの募集とかには中々参加できないで困っていま~す。

 ところで同じくチョッピ荒野の敵である銀甲の凶蟲兵団を相手には共闘してくれたバザックスたちですが、白雲の冥翼兵団には立ち向かってくれないようで~す。

 鳥とは利害が衝突しないのか、それとも初めから敵わないと思って諦めたのか、プレイヤー視点で戦いが始まる前にすでに全滅していたのか、理由は多々考えられま~す。

流浪のトルネコの商品全10種をコンプリート & トルネコの初対面風の自己紹介について

 流浪のトルネコアストルティアに直接出没していま~す。

 他の『ドラゴンクエスト』のナンバリングのキャラの内、魔法の迷宮やイベント空間ではなく直接にアストルティアの大地を踏みに来たのは、シルビア・時の化身クルッチ・カミュに続いてやっと四キャラ目。ついに「クプル・コポ」・シャントットチョコボの三キャラしか来ていない『ファイナルファンタジー』シリーズを超えたことになりま~す。

 星月夜は「正義のそろばん」を筆頭とする流浪のトルネコの商品全10種をコンプリートしました。

 中にはその額の代金を払ってまで入手する価値があるか疑問の商品もありましたが、記念に全部買ったので~す。

 ところでこの流浪のトルネコに最初に話しかけたとき、迷宮では「再び あなたに お会いできるとは!」と星月夜をしっかり個体として識別できているはずのトルネコが、「私の名前は トルネコといいます。 エンドールという町に住む しがない商人です」と初対面風に自己紹介をしてきました。

 この初対面風の自己紹介はアストルティアでの商売の決まり文句かと当初は思ったのですが、アストルティア内で二度目以降に会うとちゃんとこちらを識別して「まさか こんな所で お客さんに会おうとは!」と別のセリフを使ってきま~す。

 トルネコがなぜそのように振舞っているのかといえば、トルネコの本人時間ではこちらのほうが初対面だったか、あるいはトルネコのほうでは主人公を認識していても星月夜時間では初対面だった可能性に配慮したかの、どちらかということになりそうで~す。

 何しろこの流浪のトルネコの期間中は、魔法の迷宮で通常のトルネコが出たときに彼の目の前で「さくせん」→「遊び方ガイド」→「キャラ出現情報」と選んでも、以下の写真のようにアストルティアに流浪のトルネコ「出現中」らしいですから。

 6.2メインストーリーの途中でカンティスが天使長代理に就任したあとには、裁定の聖堂でも天使長の間でも彼に会えますが、これについては「カンティスはそのたびに大急ぎで先回りをしている」と解釈できま~す。でもトルネコについてはシステムが「出現中」と明言にした以上、アストルティアのその場所でも出現している最中だと解釈せざるをえませ~ん。

 魔法の迷宮をめぐってそういった奇妙な時間のズレがしばしば起きてしまうことについては、過去記事「4.0メインストーリーその2 5012年前の世界での冒険を開始 & 辺境警備隊詰所でやってみた魔法の迷宮関連の実験」をご覧くださ~い。

ヒストリカ「オリエンタルなカルキュレイターだな。このカッティングエッジのデバイスをファミリービジネスに使いたい」

星月夜「いいね!」

クエスト「世紀の新発見」

 戦務室のバルスデーンから、6.0メインストーリーの序盤で「ハイ! ハイ! ジャンプさん」を破壊したあの鉱石の弾丸*1のうち一つが行方不明だから探してほしいといわれました。

 あれを撃ったのはヘルヴェルらしく、6.1で捕縛された*2あと悔悟してあの鉱石の危険性を語ったのだそうで~す。

 それならパルミオ博士が大事に回収していったので、探す手間はかなり省けたといえま~す。

 やったー、もう発見だ。楽勝。

 でも研究中ということで触らせてくれず、しかも用向きはペコリアを通せとかいう面倒な状態でした。

 ペコリアもパルミオ博士にベタ惚れで、鉱石の危険性を星月夜が語り、かつ本人も健康面で思い当たる節があったというのに、手放そうとしませんでした。

 バルスデーンのところに戻ると、母子ともに危険なので、かつて神代の遺構の閉鎖作業で使った守護符を届けるよう言われました。

 ゾーフィアによると守護符は在庫がないので、製造方法の記録を調べてくれました。それによると、あかつきの神兵が落とす「あかつきのメダイユ」を持って礼拝堂で盟主ルティアナに「いのる」をすれば守護符になるといわれました。

 そういうルティアナのチカラを借りる製造方法って、ルティアナの死後もそのまま有効であることを前提としちゃっていいんでしょうかね~?

 とりあえずこの方法で完成(?)させたルティアナの守護符を持っていくとペコリアの症状は治り、しかも無事にプクラスを出産しました。

 プクラスは生まれつき言葉を話せ文字も読める天才児でした。改変前の歴史でも幼いながら無限動力炉の開発に携わったほどなので*3、納得の能力で~す。

 パルミオ博士はプクラスというより興味深い研究対象が発生したことで、鉱石を手放してくれました。

 これでやっとクエスト達成で~す。