ほしづくよのドラゴンクエストX日記

画像は原則として株式会社スクウェア・エニックスさんにも著作権があるので転載しないで下さ~い。 初めてのかたには「傑作選」(https://hoshizukuyo.hatenablog.com/entry/2017/12/31/000000)がオススメで~す。 コメントの掲載には時間がかかることも多いで~す。 無記名コメントは内容が優れていても不掲載としま~す。

【重要連絡】【お詫び】自ブログの記事の発表や他ブログ様の記事の閲読などが不定期になりま~す。

0.はじめに

 『ドラゴンクエストX』に関連してほぼ毎日やってきた様々な行為が、今後は不定期になりそうで~す。

 今まではしばらく休むことはあっても、やがてまた元のペースに戻せました。なので「休みま~す」「復帰しました」を休眠と復帰のたびに書いていました。

 しかし今後は、たとえば「10日休んだのちに、復帰したように見えて、また15日後に休眠」のような不規則な状況が続きそうなので~す。なので今日ここで全部まとめて謝ることで終わりにしようと思うので~す。

 行為によってお詫びの対象も不定期具合も異なるので、それぞれ別個に語っていきま~す。

 なお昨晩は思い残すことがないよう様々な作業を急ピッチでしたため、数名のフレンドの皆様に無理なお願いをしてしまいました。この件の謝罪が、最初のお詫びとなりま~す。

f:id:hoshizukuyo:20200731155938j:plain

 ごめんなさ~い!

f:id:hoshizukuyo:20200731155952j:plain

1.記事の発表 不定期度小

 ほぼ毎日一記事ずつ発表してきたこのブログですが、さすがにそろそろこの姿勢を維持するのが困難になってきました。

 ただし今までも決して毎日自由時間があったというわけではなく、「自由時間の多い日に大量に下書きをして、そこから一日一記事ずつ自動で発表」という手法を採用してきました。今後もなるべくはこの手法を活用していこうとは思っておりま~す。

 なので不定期度は「小」にとどまりま~す。

 それでも読者の皆様には申し訳ないので、お詫びいたしま~す。

2.ツイッターでの記事の紹介 不定期度中

 星月夜の長期不在時に前章で語った手法で記事が自動的に数日続けて発表されたとしても、星月夜が長期間ツイッターを起動できない可能性がありま~す。

 記事が発表と同時に自動的に連動してツイッターに紹介されるという仕組みもあるそうですが、諸般の事情によりそれは使いませ~ん。

 なのでブログの新作記事の手動によるツイッターでの紹介は、記事の発表以上に不定期になりそうで~す。

 フォロワーの皆様には申し訳ないので、お詫びいたしま~す。

3.コメントの承認・返信 不定期度中

 ブログに寄せられたコメントへの承認・返信もまた、前章と同じ理由により同じ程度に不定期になりそうで~す。

 ツイッターの場合は「承認」が必要ありませんが、「返信」は同様に不定期になりま~す。

 コメントを下さる皆様には申し訳ないので、お詫びいたしま~す。

4.他ブログ様の記事の閲読・応援 不定期度大

 友好関係にあるブログの記事が更新されると必ず読みに行き、ランキングに参加されている場合は必ず投票し、さらにそこがはてなブログの場合は時々スターをつけてきました。

 これは今後はかなり不定期になりそうで~す。

 とりわけランキングの投票は一日一回までしか意味がないらしいので、あとで一気に遅れを取り戻すということができませ~ん。

 記事の閲読は投票と違ってある程度はあとから遅れを取り戻せますが、それでも「休眠中に偶然インできた瞬間の更新情報の最新10記事」とか「長期復帰した瞬間の更新情報の最新100記事」みたいな限度を設ける可能性がありま~す。

 友好ブロガーの皆様には申し訳ないので、お詫びいたしま~す。

5.畑のお世話 不定期度大

 自他の家庭菜園のお世話が不定期になりま~す。

 農業で持ちつ持たれつの関係にある「農業フレンド」の皆様には大変申し訳ないので、お詫びしま~す。

6.年間のイン時間 減少度小

 では日々のアストルティアへのイン時間の絶対量も減るのかというと、断言はできませんが、年間で平均すると大して減らないと予測していま~す。可能性は低いですが場合によっては微量ながら増えるかもしれませ~ん。

 つまるところ本稿の主題はあくまで活動の「不定期化」のお知らせなのであって、活動の「不活発化」のお知らせではないので~す。

7.おわりに

 「そんな不定期な戦友は不要だ!」と思われたかたは、フォロー解除・フレンド解除・チーム追放・ルーム追放など、ご遠慮なくどうぞ~。

8周年おめでとうで~す! & 「第13回アストルティア★ハッピーくじ」の参加賞

 昨日は「おしゃべりドラキーマアストルティア8周年カウントダウン!」があったようですね~。

 残念ながらほっしーはカウントダウンには参加できませんでしたが、この場を借りて「8周年おめでとうで~す!」と叫びま~す。

 続いて「第13回アストルティア★ハッピーくじ」の参加賞で覚えられる「ヨーヨー風船」しぐさの写真を貼っておきま~す。

 現在の星月夜は「一記事につき一話題の原則」でブログを書いているのですが、今回のハッピーくじの当選番号は「超ドラゴンクエストXTV8周年カウントダウン特番」の中で発表されたので、このしぐさもまた8周年と関連する内容と判断したので~す。

f:id:hoshizukuyo:20200801205059j:plain

 こういう普通のヨーヨー遊びで始まりま~す。

f:id:hoshizukuyo:20200801205220j:plain

 興が乗ると動作が速くなり、笑顔になりま~す。

急速にプレイスタイルが変化した分野について

0.はじめに

 ここ一年間ぐらいで急速にプレイスタイルが変化した分野について、過去の状況とそこからの変化の理由や過程を語っておきま~す。

1.すごろく

 元々自分自身のすごろくへのモチベーションも低下していたのですが、それはすでに別の記事でも語ったので、今回は他の要因も語りま~す。

 星月夜は暗算が得意なので、敵の残り体力を瞬時にチャットで語ることができま~す。

 だから星月夜と一緒に行くと、ターンやMPが無駄になりにくいんですよ。

 たとえば敵の攻撃の直前に意識的にちょうど敵を倒せるならば、そのまた一つ前の行動の担当者が戦闘中にしかできないハッスルダンスを踊ったりとかができるので~す。

 ほかにも「瀕死の敵と瀕死の仲間がいるが、ホイミと打撃のどちらを選ぶべきか?」とか「打撃四回でいくべきか、ジャグリングを混ぜたほうが安全か?」といった問題も得意で~す。

 あと確率論も得意なので、「コインの期待値を増やすならここでどう移動すべきか?」とか「あと2ターン以内にゴールしやすいのはどのような移動か?」といった質問に、根拠を添えて語ることもできま~す。

 そんなわけで「すごろくいきませんか~」と引く手あまたでした。

 さらに自分のノウハウを伝えるため、「すごろく講座」なんてのを開いたりもしました*1

 しかも高度な判断が要求されるような状況の写真を撮影しまくって、ブログ記事版のすごろく講座の下書きまでかなり書き進めていたので~す。

 でも「おでかけすごろく」の隆盛により一気に事情は変わり、また前述のように自分でもそもそもすごろくをしたいとあまり思わなくなったので、多分一年ぐらいカジノですごろくをしていませ~ん。

 ブログ記事版すごろく講座の下書きも、歴史的使命を終えたと判断して破棄しました。

 それでも急に誘われたときのため、カジノプレイチケットを最低3枚は手元に残しておくことにはしていま~す。

f:id:hoshizukuyo:20190625164817j:plain

2.ゼルメアの奢られ

 これも確率論がらみの話。

 「ほっしーと一緒に行ってその意見を聞くと、最下層まで行きやすいわ~」と、やっぱりこちらでも人気者だったんですよ。しばしば奢られたもので~す。

 でもゼルメアシートという最強のライバルが現れて、一気に人気を奪われました。

 最近はずっとソロプレイで~す。

f:id:hoshizukuyo:20200625115023j:plain

3.試練の門の奢り

 試練の門めぐりが経験値稼ぎの定番だったころは、ヒマを見つけては非カンスト勢に奢っていました。

 でも5.0から魔界でフィールドモンスター相手の経験値稼ぎが復活しました。

 それでもゴールドだけは試練の門のほうが勝っていると思っていたのですが、5.1で魔因細胞が導入された結果、「ついでの金策」ですら負けるようになりました。

 今後もさらに経験値稼ぎや魔因細胞稼ぎに適したモンスターは追加されていくでしょうし、サポート仲間の能力も日々向上していま~す。

 「魔界に行けるところまでメインストーリーを進めるためにも、まずはスタートダッシュとしてほっしーの試練がほしい!」みたいなことを新規さんや復帰さんに頼まれた場合はさすがに奢るでしょうが、こちらから誘うことは今後はもうないでしょう。

f:id:hoshizukuyo:20200610192457j:plain

FFXIコラボイベント「シャントット博士来たる」の報酬をコンプリート & ちびくむこさんと記念写真 & マンドラゴラの体格で気づいたこと

f:id:hoshizukuyo:20200729130230j:plain

 FFXIコラボイベント「シャントット博士来たる」が開催中ですね~。

 星月夜は3週間前のFFXIVコラボイベント「お花大好きクポ!」のとき*1と同じく、関連報酬はしぐさしか持っていなかったので、報酬のコンプリートにはチケットが17枚必要でした。

f:id:hoshizukuyo:20200729130249j:plain

 まずは初日にクリスタルピアスでギサールの野菜3個入手しました。

 これを1日1個ずつマンドラゴラコインに変え、初日と二日目にはさらにそれを強・マンドラゴラコインに変えました。

f:id:hoshizukuyo:20200729130608j:plain

 初日と二日目には強コインを持ち寄りしてチケットを計16枚入手し、三日目に通常コインをソロでクリアーしてもう1枚入手しました。

f:id:hoshizukuyo:20200730072242j:plain

 二日目は、有名ブログ「くむのなんとなくきまぐれに。 自由奔放な人の日記」のくむこさんのサブキャラのちびくむこさんと偶然ご一緒できました~*2

 記念写真の撮影に応じてくれたちびくむこさんにも、撮影中待っていてくれた他のお二人にも、大感謝で~す!!

f:id:hoshizukuyo:20200731071105j:plain

f:id:hoshizukuyo:20200731071118j:plain

 こうしてアタマ装備2種と庭具2種を入手し、報酬のコンプリートを達成しました。

f:id:hoshizukuyo:20200729132816j:plain

 余談になりますが、このツヅケル君を見ていてふと気づきました。2.0新作モンスターのニードルマンって、このイベントのマンドラゴラと同じ体格が使われているのかもしれないと。

 ニードルマンはバージョン2.0の始まった2013年12月5日が初出であり、ドラクエシリーズ全体でもこの日が誕生日で~す。

 そしてこのイベントの初回配信は2014年1月15日からで~す。

 両者の時期は近いですから、「どうせ費用をかけてコラボイベントでマンドラゴラを出すならば、その体格を流用した系統の新作モンスターたちをドラクエに導入しよう」とか、あるいはその逆の順序の発想とか、運営内部でこの種の節約術があったかもしれないな~と妄想しました。

【星月夜からの挑戦状その5】 名前や異名が「黒い竜」がらみで似ているモンスターたちを識別しよう!

※はじめに

 『ドラゴンクエストX』には似たような名前のモンスターが多く登場しますよね。

 たとえば「ゴールドマン」「ゴールドマント」「ブリザードホークブリザード「ブリザードマン」リザードマン」といった具合で~す。

 サジェとリルチェラの神聖秘文でもこういうのはひっかけ問題になりそうですね~。

 星月夜はその中でも「黒い竜」がらみの名前や異名が多すぎると思ったので、以下にまとめてみました。

 なおあくまで名前や異名に関する話なので、見た目がどんなに黒い竜でも、名前に「竜」や「ドラゴン」が入っていない黒蛇鬼アクラガレナや名前に「黒」系統の色が入っていない逆乱の竜ナダイアなどの話題は扱いませ~ん。

 ではなぜアクラガレナとかの画像を載せておきながら本題の黒い竜の画像を載せなかったかというと、この記事を簡易なクイズにしようと思ったからで~す。

f:id:hoshizukuyo:20170601185212j:plain

※問題

 画像に頼らずに以下の8種類のモンスターたちをいくつ思い出せるか、挑戦してみてくださ~い。

1.黒竜

2.黒飛竜

3.黒竜

4.暗黒の星竜機

5.常闇の竜

6.ブラックドラゴン

7.ネグールドラゴン

8.ダークドラゴン

f:id:hoshizukuyo:20200615145236j:plain

 チクタクチクタク。

f:id:hoshizukuyo:20200721173205j:plain

 チクタクチクタク。

f:id:hoshizukuyo:20200710170856j:plain

 チーン。時間切れ。

※回答

1.黒竜

 まずは直球の「黒竜」から。

 でもいきなり難しかったかもしれませんね~。

 これは「絶牙の白獅子」と組んだときの「謀略の邪竜」の異称で~す。パーティの名前の一部として存在していま~す*1

2.黒飛竜

 これはかなり印象に残っている人も多そうですね。3.0と3.5のメインストーリーに小ボスとして登場しました~*2*3

3.黒竜

 名前に「黒竜」が入っていますが、けもの系で~す。

 魔法の迷宮の最弱ボスなので、古参プレイヤーには有名で~す。

 なお「黒竜丸・強」や「暴将黒竜丸」という名前で登場することもありますが、どちらも本人で~す。

4.暗黒の星竜機

 こちらはマシン系で~す。

 天獄のボスの一種であり、ダークネビュラスのニセモノで~す。

5.常闇の竜

 レグナードの肩書で~す。

ブラックドラゴン

 英語になりましたがこれも第1問と同じく直球の名前で~す。

 本来は生息地が非常に狭いフィールドモンスターだったのですが、強敵であるためバトルロードやゼルメアでしばしばゲスト出演し、知名度を維持していま~す。

7.ネグールドラゴン

 クエスト「伝えるべきもの」*4で登場したボスで~す。

 ポルトガル語ルーマニア語などでは「黒」の発音が「ネグール」に近いらしいのですが、「ドラゴン」は英語のままなので、いかにもニセモノっぽいで~す。

 しかも体表の黒色は痩せて見えるように自分で黒く塗っただけであり、魔軍の十三番目の将の座を狙っているけどネロドスからは未採用という、三重の意味でのニセモノで~す。

8.ダークドラゴン

 これも第1問と同じぐらい難問ですね。ラスボスにふさわしいで~す。

 正解は、エルトナで出てきたほうの「魔瘴竜」の別名で、「まめちしき」でのみ確認できま~す。

 魔瘴竜はこの別名においても本稿で列挙してきた多くの類似モンスターがいたのに、さらに本名のほうでも5.1で「魔瘴竜ジャオマンダ」という類似モンスターが登場したので*5、文章だけでは他のモンスターと区別するのが非常に難しくなりました。ブロガー泣かせのモンスターで~す。

 しかも初代ドラゴンクエストに出てきた「ダースドラゴン」は、本来は「ダークドラゴン」の意味だったのだとか。

 それも勘案するとなると、ますます類似品だらけですね~。

f:id:hoshizukuyo:20200716231502j:plain

※評価

全問正解の上、本日までに登場したモンスターの範囲内で適切な第9問を自作できた人 黒竜

 おめでとう。あなたは星月夜に完勝しました。黒い竜たちもあがめるであろう神で~す。

全問正解 黒竜

 黒い竜のことなら何でも知っている、黒竜界の元締めで~す。

7問正解 黒竜キラー

 黒い竜に詳しい冒険者。黒い竜に関した問題でお悩みのNPCは、こういう冒険者をしっかり選んでクエストを発注しましょう。

6問正解 黒竜好き

 いまだ黒い竜の深奥を極めてはいないものの、黒い竜の識別がそこそこできる冒険者で~す。

5問正解 黒竜凡人

 黒い竜の知識が平均レベルの冒険者で~す。

4問正解 黒竜苦手

 黒い竜が弱点な冒険者。いつか黒竜問題で痛い目に遭いそう。

3問以下 ゲームオーバー

 残念。あなたは負けました。

夕月夜、髪を染める。 & 星月夜、ツヤめきリンスの仕組みに気づいて早々と髪を染めなおす。

1.夕月夜、髪を染める。

f:id:hoshizukuyo:20200729043123j:plain

夕月夜「ねえ御姉様、久々におねだりしたいで~す」

星月夜「はいはい、なにかね~?」

夕月夜「暁月夜雨月も名前にちなんで髪を染めてますよね。夕月夜もたまには名前にふさわしい「サンセット」に髪を染めてみたいんですけど~」

星月夜「夕月夜のその鮮やかで爽やかなマスカットグリーンの地毛が好きだったんだけど、本人の望みとあらば仕方ない。三年半ぶり*1にプラコン美容院券をおごってやろうじゃないの」

f:id:hoshizukuyo:20200729043422j:plain

夕月夜「サンセット版夕月夜、完成で~す! 「めの色」も太陽にちなんで「サンゴールド」にし、「はだの色」も「カラー3」にして夕日に近づけました~!」

星月夜「これはこれで新鮮でかわい~。あと何となく声まで変わった気がするね~」

f:id:hoshizukuyo:20200729043613j:plain

星月夜「味見じゃ~!」

夕月夜「にゃ~ん」

2.星月夜、早々と髪を染めなおす。

 一週間前にツヤめきリンスで髪をパールの超キラキラに染めてみたのですが*2、このときは別の髪の色にするときにまたリンスが必要だと思い込んでいたんですよ~。

 だから第二のリンスの所持期限のギリギリまでパールを維持する予定だったので~す。

 でもツヤの段階を変えさえしなければ、新しい色に染めてもリンスを消費しない親切設計だと、あとで知りました~。

 そこでせっかくなので髪の染色は気が向いたときにいつでもすることにし、また第二のリンスは「かみの色2」を超キラキラにしておくのに使うことにしました~。

f:id:hoshizukuyo:20200722232724j:plain

 こちら差分用。

f:id:hoshizukuyo:20200729044802j:plain

 そしてこれが新しいバージョンで~す。

 「かみの色2」を染められるよう、「かみがた」をタイプ9からタイプ30にしました。

 そして「かみの色1」はピュアスノーの超キラキラ、「かみの色2」はシルバーの超キラキラで~す。

f:id:hoshizukuyo:20200729062844j:plain

 エルフ魔族態でも髪のツヤは続きま~す。

f:id:hoshizukuyo:20200729062919j:plain

 人間態は別枠で~す。

 「ツヤめきに一時的に飽きたけれども、完全に戻すのももったいない」という気分のときは、箸休めに人間態もいいですね~。

アガレスの紋章のすばやさ理論値が完成してしまいました。

f:id:hoshizukuyo:20200726100431j:plain

 アガレスの紋章は「きようさ」を理論値にする予定だったのですが、一度も会心合成が来ないまま自然に「すばやさ+5」ばかりがつき、すばやさ理論値のほうが先に完成してしまいました。

 これを無理にきようさ理論値に改造していくより、きようさはきようさで0からもう一品作ってみようと思っておりま~す。

 すばやさはすばやさで、ディエゴが新しい試練を課してきたときに使えるかもしれませんから。