ほしづくよのドラゴンクエストX日記

画像は原則として株式会社スクウェア・エニックスさんにも著作権があるので転載しないで下さ~い。 初めてのかたには「傑作選」(https://hoshizukuyo.hatenablog.com/archive/category/傑作選)がオススメで~す。 コメントの掲載には時間がかかることも多いで~す。 無記名コメントは内容が優れていても不掲載としま~す。

考察

「冥王を討てし者」は、ばっちゃ秘伝のメモに載っていない。その原因も考えました。

1.「冥王を討てし者」関連の特殊セリフ ある日、メインストーリーをほぼ進めていないキャラのプールプの称号の日課で「冥王を討てし者」が要求されたのですが、冒頭の掲載写真に引用したような珍しいセリフを読むことができました。 この称号はプールプが…

夕月夜の読書 清水俊史著『ブッダという男』 & 大きな影響を受け埴谷雄高の『死霊』等を再考する星月夜のメモ

夕月夜「前回から一年以上経過してしまいましたが、本日は話題の新書『ブッダという男』を紹介し、各部ごとにゲストと雑談をしていきま~す」 暁月夜「ゲストは東洋思想に関心のある暁月夜です」 星月夜「興味を持って二人の話を聞きに来た星月夜です。最後…

「ドラゴンクエストX 冬物語」のアストルティア拾遺譚の感想や重要設定のメモ

「ドラゴンクエストX 冬物語」のアストルティア拾遺譚の感想や重要設定のメモを書いておきま~す。 1.遠い約束 「遠い約束」はツスクルの村の外伝シリーズのタイトルとしても使われた題名で~す。被ってしまったのは大問題で~す。これはいきなりの大減点…

クエスト「大空の向こう側で」 サフィルやルーベやゲノスの天使版について

療養の間のクビトーから、ユーライザの体調が不安定だから見てやってほしいとの依頼を受けました。クエスト「大空の向こう側で」で~す。 本人に聞いたところ、時々レクタリスの記憶がわいてきて神化してしまうのだそうでした。 そういえばジア・レド・ゲノ…

クエスト「とある天使の罪と罰」

マンフリッツから、カンティスの悩みを解決してほしいと依頼されました。クエスト「とある天使の罪と罰」で~す。この題名から考えるに、『罪と罰』がらみの内容になりそうで~す。 カンティスはホーリーキングと喧嘩をして、バラバラに逃げ出されてしまった…

クエスト「スカーレット★レジェンド」。注目の設定は、ナンバー1バニーと、へそくり。

1.クエスト内容 シュトロンから依頼を受けました。モーモリーナがミトラーとお揃いのスカーレットグラスをかけていることに嫉妬したアラクレスがそれを奪おうとして争いになり、落ちてきたスカーレットグラスをシュトロンが割ってしまったのだそうで~す。…

「いにしえの遺産」シリーズ最終話、クエスト「受け継がれしチカラ」をクリアーしました。アペカの村の物語の解釈が変わりました。

1.クエスト内容 ミュランから「いにしえの遺産」シリーズ最終話であるクエスト「受け継がれしチカラ」を受注しました。竜族の設計図が失われた理由を調べてきてほしいのだとか。 まずはナドラガから事情を聞こうとしましたが、まだ壊れていない石板の壊れ…

6.5メインストーリーその6 最終決戦 & 今回のオマージュ対象の分析

1.ジア・レド・ゲノス戦 ここまでガーディアンで進めてきましたが、後述の実験のため天地雷鳴士になってから中枢に突入しました。 中枢では先に突入していた第一班と第二班の英雄たちが結晶化させられていました。ゲノス本人が発する光線による結晶化は、…

6.5メインストーリーその5 魔眼砲破壊工作

1.第一班の戦い 第一班が通ることになったのは緑の「エメラーダ」ルートで~す。 他のルート名が青い「サフィア」と赤い「ルビン」であり、これらが幹部のジア・サフィルとジア・ルーベに由来しているとするならば、エメラーダは色から考えるにジア・ルミ…

天獄の最新ボス「異形の獣たち」を倒し、6.5後期時代の邪神の宮殿の敵をコンプリートしました。今回は時系列の考察に難儀しましたが、一応ギリギリ納得できる説明を考えました。

1.「異形の獣たち」打倒 天獄の最新ボス「異形の獣たち」を倒し、6.5後期時代の邪神の宮殿の敵をコンプリートしました。 2.時系列の説明は過去最難関 今回の邪神の眷属のモデルは明らかに、4.1メインストーリーの無限獣ネロスゴーグ、4.2メインストーリ…

5.2以後に明かされた情報も加味して、魔界の諸設定への『大審問官』からの影響を再検討しました。おかげでゴダの終焉の地が飛竜の峰であった理由が見えてきました。「大勇者の天衣」の元ネタも発見で~す。

1.はじめに 5.1時代に当時までに明かされていた情報を元にして、過去記事「『大審問官』と「大審門」の関係 そして明かされるモーモン王国と「荒野」の真実」書きました。 『大審問官』とは『カラマーゾフの兄弟』の作中物語であり、異端審問官が「キリス…

預かり所フィアと芳墨の堕天将フィアの関係

1.二人のフィア 昨日の記事「NPC固有名詞資料集 イベント編 その8 お月見」のためにフォルモンティ村を取材たことで、「預かり所フィア」の名を知りました。 防衛軍の敵である「芳墨の堕天将フィア」と同名だったので、「珍しい同名のNPCのまとめ」シリー…

キタエルまでパニガルムのエルギオスを「過去の幻影の打倒」の対象から外してきました。

過去記事「今週の「過去の幻影の打倒」という依頼は、世界観の探求において重要なものでした」の第4章で書いたとおり、パニガルムの堕天使エルギオスはまめちしきを読む限り「過去の幻影」の定義を満たすのですが、バケンズの課題である「過去の幻影の打倒…

バラモスがアレフガルドの一般人からも軽視される理由を考えました。

1.アレフガルドでのバラモス軽視 『ドラゴンクエストIII』でバラモスを倒してからアレフガルドに行くと、ラダトームの一般人が「バラモスなど だいまおうゾーマの てしたの ひとりに すぎませんわ」とバラモスを軽視する発言をしてきま~す。 「てしたの …

「時渡りの術」の重要な元ネタかもしれない『烈火の炎』。ネルゲルみたいなのもいるよ。

1.はじめに タイムトラベルやタイムスリップを扱った作品は無数にあるので、本作の「時渡りの術」については「本歌取りの対象となった特定の作品」なんていうものは存在しないだろうと長年決めつけてきました。 しかし最近になって安西信行の『烈火の炎』…

続・大砲の正体 & 余談としてMPの話

1.正編の内容の復習 過去記事「海賊の大砲の正体 & その設定を利用した実験」では、大砲の正体は「実は無色のレーザーを前方の射角-90°から90°くらいまでにかけて発射する装置」であるとし、「大抵の者は存在自体を認識できず、「見えた」者に対しても「…

バトルトリニティにおける「超トマトのタネ」と「びっくりトマトのタネ」の価値の逆転現象について考察しました。

バトルトリニティでは、虹ジュエルは金ジュエルより希少価値が高く、その中身も原則として金ジュエルよりも優れていま~す。 ただし虹ジュエルから出る「超トマトのタネ」と金ジュエルから出る「びっくりトマトのタネ」とを比較すると、以下に見るようにびっ…

ジア・クトの重要な元ネタかもしれない『双亡亭壊すべし』。マデサゴーラみたいなのもいるよ。

1.『双亡亭壊すべし』の侵略者とジア・クトの類似性 藤田和日郎の近年の漫画に『双亡亭壊すべし』(2016~2021)という作品がありま~す。 「双亡亭」という危険な建物の地下には、宇宙からの侵略者の先遣隊が住んでいま~す。彼らは地球などを侵略しない…

「魔幻の覇王軍」という敵パーティ名について考えました。マデサゴーラは「覇王」でもあったか?

本日から半月間戦える「魔幻の覇王軍」が邪神の宮殿に初めて登場したのは、七年以上前で~す。そのころはこのパーティの名称に何の違和感も持ちませんでした。 しかし5.2でネロドスが治めていた「ネロディオス覇王国」の名前が登場し、5.3で「ズムーラ覇王国…

モーモリーナのいう「おまわりさん」とは何者か?

1.検討事項 これは他の時点でも聞けるセリフかもしれませんが、6.5前期メインストーリークリア時にデンデロベーに話しかけるとその内容を聞いたモーモリーナは「おまわりさん こいつです! 悪質な つきまとい行為を 取り締まって!」と語りま~す。 しかし…

おさかなの説明文の研究(随時更新記事)

淡水魚 まだ無し。 海水魚 #サバ 「脂が多いため アシが早い魚」とありま~す。 地球のサバは不飽和脂肪酸を大量に含有していることで有名ですが、常温で液体である不飽和脂肪酸を「あぶら」と呼ぶとき、その漢字表記は原則として「脂」ではなく「油」にな…

チームレベルが80になりカンストし、パープルが使えるようになりました。そして「10の倍数のレベルの記念にしては報酬が豪華でない」という見解を検討しました。

1.チームレベルが80に チームレベルが80になりカンストし、パープルが使えるようになりました。 2.報酬が豪華でなかった件の検討 チームレベル関連の報酬は、「10の倍数のときに普段より豪華なものが来る」というのが慣例でした。 しかし今回の80は、71…

6.5前期までの物語は、ほぼマデサゴーラの予定通り。

1.今までの研究の復習 マデサゴーラが5.5後期でジャゴヌバが死ぬまでの展開を予見しきっていたことは、過去記事「5.5後期の物語から解釈する、マデサゴーラ芸術」で書きました。 自身が予言者だったのか優秀な予言者を雇ったのかは不明ですが、「この時代…

次の咎人「凶禍のフラウソン」関連の情報が発表され、咎人たちのイメージカラーの法則に気づけました。そこから妄執のグリンデアについても考えました。

1.咎人のイメージカラーの法則 次の咎人「凶禍のフラウソン」から得られるのは「黄のラクリマ」であることが、公式のツイートで発表されました。 そして今回もモンスターの名前のほうも「黄」にちなんでいるということを、エスリィさんのツイートが発表さ…

6.5前期の物語は、ガミルゴの活動に似ていま~す。その原因として、予型構造とそれ以外の理由を考えました。

1.6.5前期の物語とガミルゴの活動との類似性 1-0.総論 6.5前期配信のメインストーリーとサブストーリーを全部クリアしてみて、「ガミルゴの活躍と類似点が多すぎる!」という感想を持ちました。 以下、類似点を列挙していきま~す。 1-1.巨大化 6.…

「いにしえの遺産」シリーズ第2話「新たなる目覚め」で、フォーリオンの資料館に対して疑問がわきました。

1.クエスト「新たなる目覚め」 「いにしえの遺産」シリーズの第2話で~す。 ミュラルは五つの石板の解読を終え、どの石板がどの種族のものであるかの特定も完了していました。 種族の内訳は第1話の記事で星月夜が予想した通り、竜族と人間族以外の五種族で…

6.5メインストーリー その3 前期完結

1.念晶巨人 ラダ・ガートの提案通り、まずは情報収集で~す。 そろそろ落ち着いてきたジア・ルーベから話を聞きました。ルーベはもうジア・レド・ゲノスを恨んでいる状態だったので、ペラペラ話してくれました。 ジア・クトは創生のチカラを自力で生み出せ…

6.5メインストーリー その1 待機時間の有効活用

1.秘伝の間 ミトラーからアストルティアの楯と神剣レクタリスの再生が終わったことを告げられ、さらにジア・ルーベの尋問に付き合うよう言われました。 当初のルーベは、精神的に参りつつもジア・レド・ゲノスへの忠誠を失っていない雰囲気でした。でも星…

天獄の新作ボス「不死の支配者」を倒してきました。ジャゴヌバと歴代大魔王の駆け引きの一端がわかってきました。

天獄の新作ボス「不死の支配者」とその部下たちを倒してきました。 これで多分6.5前期の邪神の宮殿関連のモンスターはコンプリートで~す。 まめちしきで、アストルティアに来た大魔王たちが戦禍の邪神に大なり小なり影響を与えてきたことを知りました。 だ…

鉄巨兵ダイダルモスを倒し、6.5前期時代のパニガルムモンスターをコンプリートしました。ダイダルモスの語源は三種類思いつきました。

1.ダイダルモス打倒 鉄巨兵ダイダルモスを倒し、6.5前期時代のパニガルムモンスターをコンプリートしました。 2.語源 2-1.人工物としての側面からの考察 ダイダルモスの語源については、「人工物」という点を重視すると、ギリシア神話に登場する発明…