ほしづくよのドラゴンクエストX日記

画像は原則として株式会社スクウェア・エニックスさんにも著作権があるので転載しないで下さ~い。 初めてのかたには「傑作選」(https://hoshizukuyo.hatenablog.com/entry/2017/12/31/000000)がオススメで~す。 コメントの掲載には時間がかかることも多いで~す。 無記名コメントは内容が優れていても不掲載としま~す。

関連商品

すしざんまいのスペシャルコラボメニュー「ドラゴンクエストX まぐろづくし(大名椀付き)」、さっそく食べてきました。

すしざんまいのスペシャルコラボメニュー「ドラゴンクエストX まぐろづくし(大名椀付き)」、期間の初日にさっそく食べてきました~。 しかし家具 「本マグロ解体ショー一式」は別キャラの家のほうが雰囲気が似合ったので、星月夜タウンへの送付は見送りと…

心層の迷宮その2 断罪の森 内容紹介と攻略記

棺から黄緑色の光があふれているこの魂の記憶を取り戻すよう依頼をされました。 この亡霊は「盟友」という存在を酷く怖れているようでした。 ※迷宮レベル1 記憶のカギがあるらしき迷宮は「断罪の森」でした。王家の迷宮でいう「聖林」系のマップで~す。 ち…

心層の迷宮その1 悔恨の園 内容紹介と攻略記

王家の迷宮の代わりに三種類の「心層の迷宮」に行けるようになりました。 本日からその内容を紹介していきま~す。 記憶を失った状態の謎の魂が、そこの青い光のもれている棺から行ける悔恨の園で、記憶を取り戻すカギを見つけてきてほしいと依頼してきまし…

アストルティアの海は、いつ存在し始めたのか?

0.はじめに 本日は「アストルティアの海は、いつ存在し始めたのか?」について考えてみました。 海については、長らく「ルティアナがアストルティアを作るときに作ったんだろう」ぐらいに思っていたのですが、神話を調べてみるとそんなに単純な話ではない…

5.2時代の転生モンスターをコンプリートしました~。

5.2時代の転生モンスターをコンプリートしました~。関連して称号も一つ増えました~。 今回も自ブログに課した縛り*1に従い、公式自身がネタバレをしたことを確認する日まで新作転生モンスターの内容は秘密にしておきま~す。 そして恒例になりますが、正体…

ドワーフたちは空を怖れる。そしてそれは杞憂にあらず。

0.はじめに 本稿ではドワーフたちが空を怖れていることを立証した上で、その恐怖の本質を考察しま~す。 1.三国時代のドワチャッカで見た、ドワーフたちの空への恐怖 今でこそドワーフは岳都ガタラのような空が広く見える構造の町も作って住んでいますが…

実はラスボス級の大きな期待を寄せられていた魔鳥の頭目。再登場を希望! & 有力ボスたちの目標の危険性の比較

0.魔鳥の頭目の再登場を希望! 星月夜はクエスト「終わりを告げる者」のボス「魔鳥の頭目」の再登場を希望しま~す! これは、星月夜が個人的に彼の先祖を尊敬していること*1*2*3*4とは、まったく無関係で~す。純粋に以下の三つの理由からの待望で~す。 …

二つの「魔王」概念の整理 & 余談として二つの「大魔王」概念の整理

0.はじめに 本稿の目的は、「魔王」という単語には二種類の異なる意味があることを証明した上で、それぞれの概念を精緻にするというもので~す。 「大魔王」についても似たような作業をしましたが、そちらは余談程度のものと考えてくださ~い。 なお魔界の…

「ダーマ神は魔界でも崇められているのに、なぜスキルマスターはジャゴヌバに対して中立的ではないように見えるのか?」を考えました。

ダーマ神は、原則として魔界でも崇められていま~す。 特にゴーラでは「全知全能の神」という最高の尊称で強く崇められていま~す*1。 一応例外的に200年前のネクロデアの酒場にはダーマ神官らしき人物がいませんでしたが、それは60年前のナルビアの酒場とて…

このブログの考察記事における『蒼天のソウラ』の資料としての扱いかたのルールと、その限界について

1.ルール紹介 関連作品である『蒼天のソウラ』に、原作ゲームの考察のための資料としての価値がどの程度あるかについては、数年前までは考察系ブロガーにとっては完全に自己判断をするしかない問題であり、悩みの種でした。 しかし8巻の171ページで作者本…

ガニャポン対照表を用いた研究の実例 「ガニャポンの設定は架空か?」に始まり、「パクレの資金源」にまで行きつく。

0.はじめに 本日は、昨日の記事に掲載したガニャポンとネコ図鑑の自作の対照表を元にした研究で~す。 そういう意味では対照表の使い方の実例をかねておりま~す。 1.問題提起「ガニャポンの設定は架空か?」 ガニャポンたちには、「どこの組織に所属し…

マデサゴーラの太陽と月

0.はじめに 本日はマデサゴーラの芸術作品を中心に、彼にとって太陽と月が何を意味していたのかを探り、その成果からさらに彼の野心を具体的に明らかにしま~す。 夕月夜「天文ネタも芸術ネタもだ~いすき! これはきっとお姉様が私のために書いてくれた記…

クロニコの正体と目的を今こそ考える。

0.はじめに 2.1後期以来、主人公との共同研究を通じて5000年前の世界の歴史を探求し、「5000年の旅路」の予告編的な機能を果たしてきたヒストリカ博士ですが、いざ4thディスクの物語が始まるとほとんど活躍の機会はありませんでした。 今ではヒストリカも…

5.0メインストーリーその11 いばらの巫女と滅びの神 & 武器関連の縛りプレイ完全卒業

デモンマウンテンの試練を全部終わらせてジャディンの園に来てみると、そこは非常に平和的な弱小モンスター保護区でした。 別名はモーモン王国でした。 もう外の世界のことなんか放っておいてずっとここで暮らしたいとすら思いましたよ。 でもモモリオン王の…

5.0メインストーリーその8 砂の都ファラザード(後篇) & 通常モンスターコンプリート

こうしてファラザードのバザールに活気が戻りましたが、ズムウル峠封鎖事件の黒幕であるシシカバブ団から星月夜に挑戦状が届きました。 シシカバブ団はファラザード建国の前にこの地をナワバリにしていたらしき盗賊団で、自由経済の下で賢い者ばかりが豊かに…

デスマスターの関連クエスト 後篇

※第3話 お願いベントラーコイン! ネリムさんは部屋中の書を読み漁って霊感を得る方法を探していたようですが、ダメだったそうでした。 この時点では、「本を読むよりデズリンさんに直接相談すればいいのに」と思ってしまいましたが、実はこれが重要な伏線に…

アラハギーロ王子(連続)殺人事件の謎

1.「12年前」のアラハギーロ王子夫妻死亡事件 『アストルティア創世記』の18ページでは、ゲーム開始の「12年前」に「アラハギーロ王子夫妻死亡事件」とありま~す。 この事件は、アスフェルド学園の7月*1にミラン君から聞ける「11年前」の両親の死亡事件と…

単語「アラハギーロ」の分析と、それを通じて類推した太陽の王国ならびにアラハギーロ王国の歴史

0.はじめに 本日は「アラハギーロ」という単語の分析を通じて、太陽の王国とアラハギーロ王国について雑駁に考えてみました。 語った仮説には、堅実なものと大胆なものとが混在しておりま~す。 1.単語を分解 レンダーシアの有力な国や町の名前は、『ド…

「ジェニャの未来」第3話「パラディンの伝説」 & バウギアの旧設定と新設定を強引に整合させる論法を発見

「ジェニャの未来」第3話「パラディンの伝説」に挑戦しました。 今回はパラディンの物語の完結編ということで、当然パラディン縛りを続けるとともに、もっともパラディンに縁の深い仲間モンスターを連れていくことにしました。 そのモンスターとは、転生する…

「ジェニャの未来」第2話「廻るカルマ」

「ジェニャの未来」第2話「廻るカルマ」に挑戦してきました。 なお大人版ジェニャを「黄金のパラディン」と表記し、現代版のジェニャを単に「ジェニャ」と表記しま~す。 第1話ではパラディン縛りだけをしましたが*1、今回はさらにゴーレムのタロースを連れ…

「流浪のリベリオ」をクリアーし、「ギュッとリベリオ」を入手しました~。

『蒼天のソウラ』とのコラボイベント「流浪のリベリオ」をクリアーし、「ギュッとリベリオ」を入手しました~。 ツイッターで「#流浪のリベリオ」で情報を流しまくってくれたみなさまのおかげで~す!

道具職人レベル36~40解放クエスト「木工刀よりも鋭く」

道具職人のレベル解放クエストは、今まで体験したものはどれも課題となった品を作成するだけの内容でしたが、36~40解放クエスト「木工刀よりも鋭く」は物語性がありました。 ラッカランの教会前のダーミィという女性に銀の木工刀★★を届けるというものでした…

キュロノスが、現代を自身と発展強化型ヘルゲゴーグの主な活躍場所にした理由

0.問題提起 本日の記事は前回の記事の続編的色彩が濃いので、まずそちらをお読みくださ~い。 さて、前回はキュロノスの三大プランを紹介しましたが、どのプランにおいても少し奇妙だったのが、現代を羽化の時代として選んだことで~す。 とりわけ第二プラ…

第6回アストルティア・ナイト総選挙が閉幕

昨日はもし可能なら午前様をして、ナイト総選挙の結果を発表と同時に見たかったのですが、良い子なので21時にはもう寝てしまいました。 そして起きたら4時だったので、さっそく結果を見に行きました。 ヒューザの三連覇とダストンの善戦とラウルの苦戦は、予…

偽のレンダーシア大陸の容器である亜空間は、大魔王製ではないと考えられま~す。そしてこの説から見えてくる、裏ゴフェル計画の真相とは…。

0.はじめに 星月夜は後述の三つの理由から、偽のレンダーシアの容器である亜空間は大魔王製ではないと考えておりま~す。 本日はその三つの理由と、亜空間の真の用途の推測を語りま~す。 1.第一の証拠 語り部の立場と証言 偽のレンダーシアが大魔王が創…

おきがえリポちゃん ~パウダー&ゴローなりきりスペシャル~

今月のおきがえリポちゃんは、実写版『ゆうべはお楽しみでしたね』とのコラボ企画だったようで、男性キャラはゴローさんと同じ装備の外見になれて、女性キャラはパウダーさんと同じ装備の外見になれるようでした。 こういう回こそ知り合いの男性と記念写真で…

実写版『ゆうべはお楽しみでしたね』を見終えました。100点満点あげちゃいました。

実写版『ゆうべはお楽しみでしたね』を見終えました。 前半で原作を尊重しつつ、ドラマの尺に合わせて後半で上手に独自展開を盛り込んでいたと思いま~す。 見てて、昔の恋愛とか思い出したりして、色々切なくなりましたね~。ドラマで泣いたのは久々で~す…

「パクレ警部の事件簿」第1話「回収任務・第291号」

パクレ警部の借金の取り立てをしているギャンドル氏の子である、「ボンドル」少年が登場しました。語源は多分、『007』シリーズの"James Bond"ですね~。 ボンドル少年は、パクレ警部に弟子入りしたいから手紙を届けてくれという内容のクエストを依頼してき…

4.4メインストーリーその1 またもや繭出現 & 大陸の地形の歴史やイッドの能力に関する考察

4.4公開以降、約半月にわたってメインストーリー以外の内容を紹介してきたので、そろそろネタバレも許されるだろうと考え、メインストーリーの紹介をはじめま~す。 といいつつ、まずは新出登場人物たちが、物語を始める前だと何を話すかを確認。 エピステー…

パクレ警部の総合研究

0.はじめに 本日はパクレ警部についての研究をまとめてみました。 何かと評判の悪いパクレですが、結論は再評価の方向に傾きました。 1.警部という地位について まずはその称号である「警部」から考察していきま~す。 『アストルティア創世記』の111ペ…