ほしづくよのドラゴンクエストX日記

画像は原則として株式会社スクウェア・エニックスさんにも著作権があるので転載しないで下さ~い。 初めてのかたには「傑作選」(https://hoshizukuyo.hatenablog.com/archive/category/傑作選)がオススメで~す。 コメントの掲載には時間がかかることも多いで~す。 無記名コメントは内容が優れていても不掲載としま~す。

神話篇

ライノスローネの「『皇帝』の名を冠する」の謎に対し、三つの仮説を提示しま~す。

ライノスローネは、神話篇の「囚われの少女」のボスで~す。 まめちしきによると「『皇帝』の名を冠する」とされていま~す。 「名を冠する」というのは、大きな名称の一部に小さな名称があるということで~す。たとえば「ライノスキング」ならば「王の名を…

2022年の「モンスターバトルロード 協力チャレンジバトル」の敵を全部倒しました。新作装備もコンプリートし、それらのデザインを2.1時代のカレヴァンが知っていた理由を考えました。

「モンスターバトルロード 協力チャレンジバトル」は何度も開催されているので、今回は「2022年の」と題名につけました。 運営のほうで「第何回」と題してくれればいいのにと思っておりま~す。 さて、チャレンジバトルの敵たちを最低一回ずつ倒しました。 …

合体スライムたちの「意識」について考えました。

0.はじめに 本稿では「それぞれ独立した意識を持った合体スライムたちが合体すると、個々の意識はどうなるのか?」という問題を語りま~す。 1.類例は地球に存在する 「それぞれが別個に意識を持っていた八匹のスライムが合体して、一つの緩やかな統一感…

6.1メインストーリーその3 エルトナの悪神退治

エルトナでは不吉な風が吹いてカムシカが凶暴になっていました。この風はハネツキによるとスイゼン湿原にあったヤマカミヌ王国が滅んだときの「マガツカゼ」に似ているのだとか。 ハネツキに教わった方法で6000年前の木簡からのメッセージを再現すると、もう…

6.1メインストーリーその2 ドワチャッカの悪神退治

最初に解決しようとしたのはドルワーム王国の事件で~す。ここ数日カルサドラ火山が異常に活発化して、非常に暑いのだとか。 カルサドラ火山で、異世界へのゲートを発見。ここから三闘士が作り出した心域に突入しました。 その心域は「せんれき」では不思議…

6.0メインストーリーその3 深翠の試練 & 紺碧の試練

※深翠の試練(レンジャー縛り) 深翠の試練場はこんな雰囲気でした。これはもうレンジャー縛りをするしかないで~す。 試験監督はフェディーラ。 フェディーラは星月夜とエルフの英雄ハクオウが二人同時に受験しにきたことに驚いていたので、これが演技でな…

公式の文書でも部門によって記載のルールが異なるケースがあるようで~す。これは世界観の考察では気をつけておきたい傾向で~す。

1.公式の文書でも部門によって記載のルールが異なる例 まずはこの写真をご覧くださ~い。 これは多くのモンスターを倒してきた星月夜の視点で見た、「まじゅうの皮」を落とすモンスターの一覧で~す。 具体名はモンスターリストの若い順に四種までしか掲載…

ハロウィンイベント「集え! カボチャのもとに2」 & アストルティアにおいて「テレパス」とは何か?

ハロウィンイベント「集え! カボチャのもとに2」が始まりましたね~。 去年の再演なので速攻で終わらせてきました。 物語の紹介は去年の記事で十分なので、衣装関連の話を書いておきま~す。 まずはテレパスタイツIから。 「テレパス」とは本来は「テレパシ…

「魔力」の多義性

0.はじめに このゲームでは「魔力」という単語があまりにも多義的に使われているので、概念を分類して整理しました。 1.ステータス関連での意味 1-1.「こうげき魔力」の意味 文字どおりで~す。モンスターは内部データではゼロに固定らしいで~す。 …

大魔瘴期はアストルティアでこそ予言されていた!(追記あり)

1.魔界の新参者の異常な卓見 5.3での勇者一行と魔王たちの会談に話を限ると、アストルティア側のほうが大魔瘴期の到来を疑っている状態でした。 ところが長めに見積もってもそのほんの約300年前を描いた5.5前期のムービー「ユシュカの過去」では、魔界で大…

王と将軍が同格だなんて珍しくもなんともないで~す。ロスターのお題にスライムジェネラル初登場の記念記事。

1.総論 今月の上半期は、ロスターのお題にスライムジェネラルが初登場しました。これを記念してスライムジェネラル関連の話を語ろうと思いま~す。 スライムジェネラルは「なかま呼び」でキングスライムやクイーンスライムを呼びま~す。「なかま」という…

真・幻界諸侯を倒し、真諸侯イレイザーの称号を得ました。セリフの記録と分析もしました。(追記あり)

1.戦いの成果 真・幻界諸侯を倒し、真諸侯イレイザーの称号を得ました。 二匹ずつ出てくるので、安全策は「速攻で一匹倒したあと、CT技をなるべく使わずのんびりもう一匹を料理してCTを貯めておく」を二回繰り返すことですね。 四諸侯の強モードの序盤は、…

第2回大富豪決定戦のランク達成報酬をコンプリート & 決定戦の名称と世界観の整合性についての私見

1.ランク達成報酬をコンプリート 第2回大富豪決定戦のランク達成報酬をコンプリートしました。 さらに上位を目指すかは、まだ秘密で~す。 2.決定戦の名称と世界観の整合性についての私見 レンダーシアへの侵略者であるマデサゴーラや魔勇者の名が決定戦…

バラシュナIIも倒した報告 & 関連設定の分析により、なんとエクゼリア王国の謎にも迫れました。

1.バラシュナIIも倒せたことの報告 無事にバラシュナIIも倒せました。 今後もIIの日は時間の許すかぎり倒していきま~す。まあその「時間の許す限り」というのが最大の障壁なんですけどね。 なお腕前の関係から、IIIは当分挑むつもりがないで~す。 2.聖…

5.5メインストーリーその2 魔仙卿捜索 & 5.5前期フィールドモンスターコンプリート & 5.5前期宝箱コンプリート

ルティアナの胡蝶入りの世界樹の花を持ち帰り、玉座の間にいたカーロウと三名の兵士たちを安心させました。 三名の兵士とは、いつも玉座の間を警備しているファラザードのレイオーンとバルディスタのザジェンの二名に、城の入り口付近を警備しているゼクレス…

「ヒューザ」の最有力の語源は「日向」 & オジャロスの第二の語源 & パクレの第六の語源

1.ヒューザの最有力の語源は「日向」 1-0.総論 ヒューザの最有力の語源は「日向」だと主張いたしま~す。 以下はその三大根拠で~す。 1-1.発音 「日向」は「ひゅうが」と発音するので、「ヒューザ」に最も近い単語の一つで~す。何しろ相違点は最…

ランプ錬金職人のレベル56~60解放クエスト「ラン錬マジパネェっしょ?」をクリアしました。内容は世界観の設定の宝庫でした。「ランプ錬金を継ぐ者」の称号も得ました。次はツボ錬金職人に挑戦で~す。

ランプ錬金職人のレベルが54になったので、レベル56~60解放クエスト「ラン錬マジパネェっしょ?」を受注できるようになりました。 試練の内容は、いつものように指定の装備に指定の錬金内容をつけて注文主のところへ持っていくというもので~す。 ここでも…

オートマッチングのフリーライダーを平和裏に告発した天才の話

1.オートマッチングのフリーライダーに比較的不寛容な自分 何度か書いてきましたが、星月夜は原則としてブラックリストへの登録に非常に慎重で~す。 暴言を吐かれても、たまたま自分と相性が悪かっただけかもしれないと思ってしまいますし、特にブログの…

予言者プクトラダムスの正体

1.アンゴラモーアの復習と本稿の目的 「アンゴラモーア」というモンスターがいま~す。 色違いに「コサックシープ」や「笛吹き羊男」がいることと、レアドロップが「やわらかウール」であることとを勘案すると、第一の元ネタは「アンゴラヤギ」とそこから…

帝王の玉座のボスを倒すとエピソード依頼「魔法の迷宮の攻略!」が達成扱いになる理由を考えました。ついでに心層の迷宮をクリアしても王家の迷宮がクリアの扱いにならないことの理由も考えました。

0.研究対象について 闇の溢る世界で帝王の玉座のボスを倒すと、バケンズのエピソード依頼「魔法の迷宮の攻略!」が達成扱いになるという噂はツイッターで聞いていました。そして先日きむりんさんの「行かないコンテンツに久しぶりにいくと新鮮!」という記…

依頼書の執筆者は、記載した報酬の少なくとも五倍の物品を前払いしているはずで~す。

依頼書の依頼を達成すると報酬がもらえますが、冒険者諸氏は、その報酬内容が働きに対して不当に安いと感じることも多いかと思われま~す。 ただし、「たったこれだけの報酬で冒険者に仕事をさせようなんて正気か?」と怒る前に気づいてほしいのが、依頼者た…

実はラスボス級の大きな期待を寄せられていた魔鳥の頭目。再登場を希望! & 有力ボスたちの目標の危険性の比較

0.魔鳥の頭目の再登場を希望! 星月夜はクエスト「終わりを告げる者」のボス「魔鳥の頭目」の再登場を希望しま~す! これは、星月夜が個人的に彼の先祖を尊敬していること*1*2*3*4とは、まったく無関係で~す。純粋に以下の三つの理由からの待望で~す。 …

みっちゃん先生に便乗してアストルステーションの機関室のカウンターを調査しました。

「始まりの塔」のボス部屋「守護鬼の間」と「夢幻の摩天楼」のボスの部屋「星降る展望台」はエレベーターになっていますが、有名ブログ「みっちゃん先生のスライム狩り」の「999階の塔?」という記事によると、部屋の中にその時点における階層が表示されるカ…

百鬼の隠れ屋敷の庫の結界の比較研究

百鬼の隠れ屋敷の2階や4階には、中央が吹き抜けになっていてその外周だけが通路というマップがありますよね。 入った直後がこんな感じのマップで~す。 そしてこの吹き抜けから下の階を見ると、迷宮ボスとの戦いの場である「禁断の魔蔵庫」にそっくりで~す…

マデサゴーラがジャゴヌバに勝てたかもしれない方法と、ジャゴヌバがマデサゴーラの上前をはねる方法とを、それぞれ考えてみました。そして星月夜からの挑戦状その4。

0.はじめに マデサゴーラがジャゴヌバから少なくとも独立し、あわよくば勝利したいと考えていたということは、「マデサゴーラの太陽と月」という記事で書いたとおりで~す。 しかし創生の霊核を得ただけではジャゴヌバと引き分けることすらできないという…

【悲報】主人公が世界を救ったのは一回だけだったのかもしれない。

0.はじめに 長く『ドラゴンクエストX』をしているうちに、「主人公が世界を救ったのは一回だけだったのかもしれない」という結論に達しました。 本日はその思考過程を開陳したいと思いま~す。 思考過程の吐露なので、「証拠を一気に紹介して結論」という…

魔界の情勢と『風の谷のナウシカ』との類似性。そしてそこから考える、ピュージュの立場。

1.はじめに 魔界の情勢と『風の谷のナウシカ』の類似性については、ヴァレリアとベルトロのコンビが映画版のクシャナとクロトワのコンビに酷似しているという部分にばかり焦点が当たっているため、他の類似性が指摘されにくい傾向がありま~す。 でも巨神…

児童文学『ユリエルとグレン』がラダ・ガートとガミルゴの物語に与えた影響についての考察。そしてユリエル君の正体とは。

0.はじめに 本稿では、石川宏千花著『ユリエルとグレン』がラダ・ガートとガミルゴの物語の元ネタの一つではないかという仮説を発表しま~す。 なお、『ユリエルとグレン』のユリエル・グレンをそのまま「ユリエル」・「グレン」と表記し、『ドラゴンクエ…

「ジェニャの未来」第3話「パラディンの伝説」 & バウギアの旧設定と新設定を強引に整合させる論法を発見

「ジェニャの未来」第3話「パラディンの伝説」に挑戦しました。 今回はパラディンの物語の完結編ということで、当然パラディン縛りを続けるとともに、もっともパラディンに縁の深い仲間モンスターを連れていくことにしました。 そのモンスターとは、転生する…

『ドラゴンクエストIX』と『ドラゴンクエストX』の間におけるグランゼニスの変質を、『妙法蓮華経』提婆達多品から読み解きました。「時の王者」という奇妙な称号の由来もこれで判明しました。

0.はじめに 本稿は、グランゼニスの最大の元ネタがギリシア神話の"Ζεύς"(ゼウス)であることを前提にした上で、『妙法蓮華経』の天王如来の影響もある可能性を主張するもので~す。 1.「ダーマ神≒仏陀」説のおさらい まずは「「ダーマ神≒仏陀」仮説を発…