ほしづくよのドラゴンクエストX日記

画像は原則として株式会社スクウェア・エニックスさんにも著作権があるので転載しないで下さ~い。 初めてのかたには「傑作選」(https://hoshizukuyo.hatenablog.com/entry/2017/12/31/000000)がオススメで~す。 コメントの掲載には時間がかかることも多いで~す。 無記名コメントは内容が優れていても不掲載としま~す。

サブストーリー

「バルディア山岳地帯」の隣が「ザハディガル岩峰」なのは、語源を用いた高度なダジャレでした。

1.すぐに見抜けた「ザハディガル岩峰」の直接の語源 「ザハディガル岩峰」の直接の語源は一瞬で見抜けました。「見抜いた」どころか「空目した」というほうが適切かもしれませ~ん。 まずは「濁点がついている文字から濁点を消去し、逆に濁点をつけられる…

大魔瘴期はアストルティアでこそ予言されていた!

1.約300年前の魔界における新参者の異常な卓見 5.3での勇者一行と魔王たちの会談に話を限ると、アストルティア側のほうが大魔瘴期の到来を疑っている状態でした。 ところがそのほんの約300年前を描いた5.5前期のムービー「ユシュカの過去」では、魔界で大…

続・マデサゴーラの太陽と月 今明かされるガウシア樹海とムーンキメラの秘密

0.はじめに 本稿は過去記事「マデサゴーラの太陽と月」の続編で~す。 正編を軽く要約しま~す。マデサゴーラは自分を月になぞらえ、ジャゴヌバやネルゲルを太陽になぞらえ、月が太陽に勝つ未来を夢想していました。その根拠は彼の作品群のあちこちに発見…

5.5後期の物語から解釈する、マデサゴーラ芸術

1.ダークレアリズムと5.5後期の関係の再確認 本章は5.5メインストーリーの最後の記事の分析の再確認で~す。 「マデサゴーラ芸術のスーパーダーキズムからダークレアリズムに至る流れが、5.5後期の物語に似ている」というのがその骨子で~す。 1-1.ス…

プレイヤーが接することのできる魔族に淡白な者が多い理由を考えました。

1.主題 今回研究する主題は、キアノス氏が「ドラゴンクエストX v5全体感想(世界観について_その2)」で先鞭をつけているもので~す。 5.2のムービー「魔仙卿の真意」やマデサゴーラの「出征の辞」の内容を総合する限りでは、マデサゴーラの出征の直前には魔…

フェスタ・インフェルノで羅刹王バラシュナのまめちしきの第3ページを入手し、5.5後期の討伐モンスターリストをコンプリート! おかげでムドーの研究まで進みました。

フェスタ・インフェルノで羅刹王バラシュナを無事に倒せました。 バージョン5.5後期が始まってからこの約二ヶ月半の間、フェスタ・インフェルノによるまめちしきの第3ページを逃したくなかったので、地球での活動もかなり制限していました。 本日入手したこ…

「ムドーはどこから来たのか?」の仮説を二つ考えました。

過去記事「「狭間の世界エリア」という名称により、5.4から幻界の四諸侯の解釈が劇的に変わりました」では、魔法の迷宮のムドーが、「かつて『VI』の世界から来た存在」である可能性よりも「やがて『VI』の世界へ行く存在」である可能性のほうが高いことを論…

ラズバーンの出身地の有力候補が急浮上

1.これまでのラズバーン研究 500年前にアストルティアを襲ったラズバーン軍は、「ライバルとして勇者が誕生しない」というチート設定の冥王ネルゲルを生み出すための捨て駒でした。 そして捨て駒でありながら、レイダメテスの性能のおかげで、多大な被害を…

クエスト「輝きの園」 5thディスクのストーリー最終回にふさしい内容であり、ボスの名前と内容の関連性も見事。

1.クエスト「輝きの園」の内容紹介 モモモからジャディンの園の復興を依頼されました。クエスト「輝きの園」で~す。 これは5.5後期のメインストーリークリア後に受注できる一連のサブストーリーの中でのクエスト番号が一番大きく、いわば5thディスクのス…

クエスト「光の記憶」 フォステイル凋落か?

フィネトカの映写機が故障したのでバジェオから部品をもらってくるよう、極天女帝にいわれました。クエスト「光の記憶」で~す。 この依頼自体はすぐ終わったのですが、今度はエネルギーが足りないから集めろとかいわれました。 それを達成すると、次は起動…

クエスト「大魔王の贈り物」 & 5.5後期の宝箱をコンプリート & 魔界の歴史にまた注目すべき新情報

ドクター・ムーから、ジャゴヌバ討滅を記念してカーロウに褒美を与えるというクエスト「大魔王の贈り物」を依頼されました。伝統の儀式を守るための形式上のものなので、褒美はムーたちが用意したようで~す。 おかげで今まで城主の身でありながら入れなかっ…

すぎやんたちのゲーム音楽が使用されたオリンピック開会式は、承安四年九月の今様合の現代版。そして新生ライトニング・デスの地球版。

0.はじめに 地球にもバトリンピックに似た「オリンピック」とかいう世界的なスポーツの大会がありまして、現在開催中で~す。 その開会式にすぎやんたちが作曲してきたゲーム音楽が使用されました。 今回はそのことの意義を考えてみました。 ところで下の…

クエスト「モンスターバンド再始動!」 & コピーバンドについて & オジャロスとデルクロアの関係について

1.クエスト「モンスターバンド再始動!」内容紹介 デスディオ暗黒荒原に新しいアビスジュエルが配置されていたので、確認にいきました。付近の扉は「練習スタジオ」のようで~す。 中には300年前に解散した伝説のバンド「ライトニング・デス」のボーカルの…

クエスト「剣魔と芸術家」

クエスト「剣魔と芸術家」を受注しました。形式上の依頼主はペペロゴーラですが、実質上の依頼主はジルドラーナであり、クエスト「剣魔の背中」*1の続編的内容で~す。 ジルドラーナはまずは前回のクエストのときに相手が大魔王とはつゆ知らなかったと非礼を…

クエスト「さらば愛しのシシカバブ」

シシカバブ団のサティから、親分の知能と礼節が急に向上して別人みたいになって困っていると相談をされました。それって困ることなんでしょうかね~? シシカバブに話しかけたところ、ユシュカへの贈り物を代わりに届けるようたのまれました。 プレゼントの…

クエスト「バザールを護るもの」

ファラザードのハーリーから、ナジーンの厳めしい見回りがなくなってから治安が乱れているので何とかしてほしいという依頼を受けました。クエスト「バザールを護るもの」で~す。 まずは犯罪のプロであるパハカースの助言を受けることになりました。 パハカ…

クエスト「かっこよクモかわいクモ」

ウェブニーから、クエスト「かっこよクモかわいクモ」を依頼されました。 大魔王とゼクレス王とファラザード王に密談の予定があるという情報を掴んだらしく、会議に潜入するための手助けをしてほしいとのことでした。具体的には、ファーラット・強が落とすあ…

クエスト「月明かりは消えない」 & ツボについて考えたこと

月明かりの家の子供たちと仲がよかったスラランからクエスト「月明かりは消えない」を依頼されました。月明かりの家の生き残りが一人いるらしいから会いたいとのことでした。 月明かりの家の唯一の生存者であるリズティ。同窓生が死んだという事実を受け入れ…

クエスト「思い出はランプの光と共に」 & この世界のエネルギーと質量の関係

1.クエスト内容紹介 フェアネからのクエストで~す。村に伝わる「月花石」というお守りを作ったのに、暴君ラビットに奪われてしまったので取り返してほしいのだとか。暴君ラビットは警戒心が強くてバトルに持ち込むことは困難とのことでした。 ヴァレリア…

クエスト「ライバルの帰還」 またまた下がったヤイルの評価

リンベリィから依頼のクエストで~す。裏がありそうなアスバルの従者が帰還するので、本性を暴こうというものでした。 その者の家は城下町の一番南という設定でした。 マップ上でずっと入れなかった家で~す。このまた南にも家があるのかないのかはプレイヤ…

クエスト「亡き王国に捧げる詩」の内容紹介と、題名の問題について

1.内容紹介 アスバルから、前王イーヴは生きている可能性もあるので、前王派の活動を探ってほしいといわれました。クエスト「亡き王国に捧げる詩」で~す。 前王派の中でもまずジェグロドに話しかけたのですが、もし前王派とアスバルが争うことになったら…

5.5後期時代のトランプの背景をコンプリート & 勇者姫の背景にバグらしきものを発見 & 革命時の心層拝堂について

1.5.5後期時代のトランプの背景をコンプリート 5.5後期からバトエンの敵にNPCが追加され、必ずマッチングをするようになりました。よって5.5後期のスキマ時間は原則としてバトエンに捧げ、大富豪は魔勇者杯の時期だけがんばることにしました。 そういうわ…

5.5後期開始直前のうちにNPCと会話して把握した設定と若干の考察。そして僅かな不満。

0.はじめに 大魔瘴期が始まったばかりの5.5前期クリア後で後期開始直前の状態で会話をしたところ、かなり多くの重要な設定が集まりました。本稿はその備忘録で~す。 中には「その情報なら5.4でも聞けたよ」というものも混じっているかもしれませ~ん。も…

アスバルの改革が成功した理由を三つ考え、イーヴの改革と比較しました。

0.はじめに 本日は、アスバルの改革がなぜ成功したのかを考え、失敗に終わったイーヴの改革と比較してみました。 成功者と失敗者とを比較すると、結果から遡って失敗者を批判する形になりがちですが、意外にもイーヴへの一定の再評価につながりました。 1…

呪縛の魔獣の系譜を遡る。高橋留美子と半魚人の歴史。

0.はじめに 5.5前期メインストーリーで、ヒメアの恋人だったコハクのエルフ態の霊が登場したので*1、記念に「呪縛の魔獣」態の系譜を遡って紹介しま~す。 1.直接の元ネタは高橋留美子の『人魚シリーズ』の「なりそこない」 高橋留美子の『人魚シリーズ…

七夕イベント「夜空にあまねく願い星2」で、設定や仕様などをそこそこ熱心に調べました。調べ尽くせなかった点も書いておきま~す。

1.総論 今回の七夕イベントは、題名のとおりおおむね「夜空にあまねく願い星」*1の再演であり、話の骨子はヒコボシが叶えきれない願いを一部叶えるというものでした。 しかし再演イベントとは思えないほど、非常に重要な設定が多々明かされたので、しっか…

魔導鬼ベゼブーと大魔王マデサゴーラの同床異夢について

0.はじめに 本稿では魔導鬼ベゼブーと大魔王マデサゴーラの間の微妙な関係を掘り下げてみました。 1.初登場時からあった疑惑 メインストーリー2.3で登場したベゼブーですが、マデサゴーラとの関係は最初から疑惑まみれでした。 断末魔のセリフはマデサゴ…

5.2以降に判明してきたイーヴ王の物語は、『創世記』の影響もあり

1.過去の探求の成果と、その後の事情 過去記事「魔界の情勢と『風の谷のナウシカ』との類似性。そしてそこから考える、ピュージュの立場」では、イーヴ王の元ネタとして「ヴ王」のみを挙げました。 その後、5.2以降はゼクレス城に入れるようになり、「身分…

クエスト「淡い記憶を紐解いて」で、脳の機能の研究が進みました。おかげで未完の魔導鬼と未完の破戒王に残る記憶・感情の正体も判明しました。

1.クエスト「淡い記憶を紐解いて」 まずはクエストの内容を紹介しま~す。 発注者はジャンドガン。部下のボネーブがマヌケすぎて他の兵士が迷惑しているから、カツを入れてほしいとのこと。 ボネーブがマヌケなのは脳がないのも重要な原因の一つという話に…

クエスト「一日千秋の想い」 闇商人のセリフの変化の時期に問題あり

1.クエスト内容紹介 ゼクレスではアスバルの善政により腐敗が一層され、闇商人グルジャは困っていました。付近の見学者のラビソンも、グルジャの先行きを心配していました。 そんなころ、大審門では四字熟語が好きなチェキというももんじゃが、「オンジャ…