ほしづくよのドラゴンクエストX日記

画像は原則として株式会社スクウェア・エニックスさんにも著作権があるので転載しないで下さ~い。 初めてのかたには「傑作選」(https://hoshizukuyo.hatenablog.com/archive/category/傑作選)がオススメで~す。 コメントの掲載には時間がかかることも多いで~す。 無記名コメントは内容が優れていても不掲載としま~す。

迷宮

雨月版の防具・顔アクセの入手目標リスト(随時更新記事)

昨日の記事の防具(盾を除く)と顔アクセの入手目標リストの、雨月版を作ってあげました。 レベル90 ※大戦鬼 完 ※トーテム 完 ※クイック 頭・下・腕 ※巨商 頭・下・足 ※フォーチュン 上・下・腕・足 レベル93 ※降魔 頭・上・足 ※武神 頭・腕 ※ヴァンガード …

マイタウン用におしゃれカタログの充実計画を始動しました。(随時更新記事)

かつての「おしゃれカタログ」は、「カタログ自体を眺めて楽しむ」以外の利益といえば、「1000まで集めて「おしゃれマスター」の称号と立ちかたを入手する」というものしかありませんでした。 だから1000個まで集めてしまえば意義は一気に弱まりました。 し…

「こうげき力伝承の武刃将軍のHP理論値」と「こうげき魔力伝承の魔導将軍のHP理論値」とを作りました。

先月末の過去記事「「極致への道標に役立ち、かつ預り所をなるべく圧迫しない」将軍のゆびわ作りを目指し、まずは幻界闘士のゆびわのこうげき力理論値と幻界導師のゆびわのこうげき魔力理論値を作りました」で予告していた、「こうげき力伝承の武刃将軍のHP…

「極致への道標に役立ち、かつ預り所をなるべく圧迫しない」将軍のゆびわ作りを目指し、まずは幻界闘士のゆびわのこうげき力理論値と幻界導師のゆびわのこうげき魔力理論値を作りました。

最近急に極致への道標が気になり始めた星月夜で~す。本日は極致への道標で役立つ指アクセの話をしま~す。 「武刃将軍のゆびわ」と「魔導将軍のゆびわ」は現在「HP」・「こうげき魔力」・「こうげき力」の三点で指アクセ中最強の状態にできま~す。 「HP」…

2022年版の「竜王城の決戦」の新作報酬を入手 & ローラ姫とカンダタの共演を初めて確認

2022年版の「竜王城の決戦」の新作報酬である、竜王の玉座と竜王印象を入手しました。 そして今回、ローラ姫とカンダタの共演を初めて確認しました。 六年前にテリー・ミネア・トルネコとの共演を確認しただけで「魔法の迷宮におけるローラ姫の人脈をコンプ…

「ファラリスの雄牛」がファラリスブルに与えた諸影響の考察

0.ファラリスの雄牛 「ファラリスの雄牛」という処刑道具がかつて存在しました。 現在はイタリア領であるシチリア島は、紀元前六世紀ごろはギリシア人が住んでいてシケリアと呼ばれていました。"Φάλαρις"(ファラリス)とはそのシケリア島の"Ἀκράγας"(ア…

おもさ伝承版の夢幻魔王の勲章のダメージ理論値が完成しました。

おもさ伝承版の夢幻魔王の勲章のダメージ理論値が完成しました。 ためる伝承版の夢幻魔王の勲章は、理想的な合成効果を途中から変えられたために理論値完成までに随分難儀しましたが*1、おもさ伝承版のほうは最初からダメージ理論値を作る予定だったので*2随…

幻界の四諸侯と海魔スラッシャーに関する事件の報告。

さて、まずは以下の写真をご覧くださ~い。 そしてクイズです。システム上おかしな点を一つ見つけてくださ~い。 この写真は、星月夜のサブキャラが幻界の四諸侯を倒してその構成員であったグラコスの討伐の称号「海魔スラッシャー」を入手した瞬間のもので…

ムドーコインが安くなった時期を狙い、「ためる」伝承版の夢幻魔王の勲章のダメージ理論値を完成させました。この日までの手間は原作に忠実でした。

ムドーコインが安くなったのを利用し、「ためる」伝承版の夢幻魔王の勲章のダメージ理論値をようやく完成させました。 「おもさ」伝承版のほうはまだリーチですが、これは節約のためミネアのカードだけで完成させる予定で~す。 ムドー配信開始からこの日ま…

アンドレアルを倒し、「紫邪竜バスター」の称号を得ました。これで6.0時代のモンスターリストはコンプリートのはずで~す。紫竜の煌玉は「+5」まで鍛えました。

アンドレアルを倒し、「紫邪竜バスター」の称号を得ました。 これで6.0時代のモンスターリストはコンプリートのはずで~す。 紫竜の煌玉は、緑玉で門前払いをされる確率を減らすため、外見を「+5」まで鍛えました。 節約のため、ここから先はミネアやプーち…

幻界王の首かざりの「各弱体系耐性」理論値版に「HP+5」も加わり完璧となりました。

幻界王の首かざりを「各弱体系耐性」理論値にするところまでは三ヶ月前に成功していました*1。 その後は有料のコインを使わない縛りの倹約モードを続け、ついにそこに「HP+5」も加えることができました。これで完璧で~す。 今後は「HP+5」が三つ揃ったHP理…

クリスモスブロスの主君である「大魔王」の正体について、近年新たに明かされた情報を元に、新仮説を四つ提示しま~す。

0.はじめに 過去記事「5.0メインストーリーその2 大審門まで & クリスモスブロスさんのセリフについて」では、クリスモスブロスの主君である「大魔王」の正体が時系列上の問題点のせいで不明確であるということを指摘し、解決のための一つの仮説を提示しま…

6.0メインストーリーその4 みそぎ

四天の星巡りを終えたので「聖天区画」というところに入れるようになりました。ここまで来れた英雄は星月夜が二人目のようでした。 「聖天の使い」って、毎年ここから来てたのかな? 「聖天舎」という施設が天使たちの中央官庁のようでした。 ここには黒宝箱…

チームクエストに「幻界の四諸侯討伐!」が来たので、「真・幻界諸侯でも達成になるか?」を実験してみました。そして次のテーマへ!(追記あり)

1.本日の実験 本日チームクエストに「幻界の四諸侯討伐!」が来ました。 解説文ではこの6.0時代においてもまだ「魔法の迷宮で出現する 幻界の四諸侯を 1匹討伐する」となったままであり、そろそろこれは修正してほしいものだと思いますが、それは本題では…

公式の文書でも部門によって記載のルールが異なるケースがあるようで~す。これは世界観の考察では気をつけておきたい傾向で~す。

1.公式の文書でも部門によって記載のルールが異なる例 まずはこの写真をご覧くださ~い。 これは多くのモンスターを倒してきた星月夜の視点で見た、「まじゅうの皮」を落とすモンスターの一覧で~す。 具体名はモンスターリストの若い順に四種までしか掲載…

2021再演版のFFXIコラボイベント「シャントット博士来たる」の新報酬を入手しました。

2021再演版のFFXIコラボイベントは2021再演版FFXIVコラボイベント*1と同じく、新報酬としてついてクンが実装されました。 もちろん入手のためリプレイしましたとも。 前回の終了後に気づいたことですが*2、やっぱりこうして並べてみるとこの連中は骨格や足の…

人間男革命記事 「アンテロ」の名前の解釈に変化の可能性

1.これまでの「アンテロ」解釈 竜将アンテロといえば竜族再興のために命懸けで戦った人物なのですが、その名前は皮肉にも二重に「人間男」を連想させるものでした。 第一に、地球のヨーロッパで広く見られる名前"Antero"からの借用なので、『アストルティ…

かなり不思議な「ぬすむ」の仕様。考察を進めるうちにスライムの再評価につながりました。

1.「ぬすむ」の不思議な仕様 盗賊で「ぬすむ」をしたとき、巾着切りのような手の動きがなされ、成功すると「何かを盗んだ」と表示されま~す。 地球の常識ではこの時点で対象となった物品の占有は移転しておりま~す。そのあとはスリならば大急ぎで逃げ出…

幻界王の首かざりの「各弱体系耐性」が不可逆的な理論値まで届きました。幻界王の首かざりの用途も発見しました。余談として輝石のベルトの封印の話も。

1.「各弱体系耐性」が不可逆的に理論値となる 幻界王の首かざりには基礎効果として各弱体系耐性50%がついていま~す。 だから合成効果で「20%・15%・15%」であっても各弱体系耐性は一応理論値の100%となりま~す。 しかし最終目標は「25%・25%・HP+5」なの…

「魔力」の多義性

0.はじめに このゲームでは「魔力」という単語があまりにも多義的に使われているので、概念を分類して整理しました。 1.ステータス関連での意味 1-1.「こうげき魔力」の意味 文字どおりで~す。モンスターは内部データではゼロに固定らしいで~す。 …

王と将軍が同格だなんて珍しくもなんともないで~す。ロスターのお題にスライムジェネラル初登場の記念記事。

1.総論 今月の上半期は、ロスターのお題にスライムジェネラルが初登場しました。これを記念してスライムジェネラル関連の話を語ろうと思いま~す。 スライムジェネラルは「なかま呼び」でキングスライムやクイーンスライムを呼びま~す。「なかま」という…

幻界王の首かざりに対しては、修正後の説明文にもなお不満がありま~す。

0.はじめに 前半では、幻界王の首かざりの説明文に関する運営のミスについて、それがどの程度深刻なミスであるのかを丁寧に説明しま~す。 そして星月夜は修正後の説明文にすらなお不満があるので、後半ではそれについて語りました。 1.実装までに起きた…

真・幻界諸侯を倒し、真諸侯イレイザーの称号を得ました。セリフの記録と分析もしました。(追記あり)

1.戦いの成果 真・幻界諸侯を倒し、真諸侯イレイザーの称号を得ました。 二匹ずつ出てくるので、安全策は「速攻で一匹倒したあと、CT技をなるべく使わずのんびりもう一匹を料理してCTを貯めておく」を二回繰り返すことですね。 四諸侯の強モードの序盤は、…

フェスタ・インフェルノで羅刹王バラシュナのまめちしきの第3ページを入手し、5.5後期の討伐モンスターリストをコンプリート! おかげでムドーの研究まで進みました。

フェスタ・インフェルノで羅刹王バラシュナを無事に倒せました。 バージョン5.5後期が始まってからこの約二ヶ月半の間、フェスタ・インフェルノによるまめちしきの第3ページを逃したくなかったので、地球での活動もかなり制限していました。 本日入手したこ…

「ムドーはどこから来たのか?」の仮説を二つ考えました。

過去記事「「狭間の世界エリア」という名称により、5.4から幻界の四諸侯の解釈が劇的に変わりました」では、魔法の迷宮のムドーが、「かつて『VI』の世界から来た存在」である可能性よりも「やがて『VI』の世界へ行く存在」である可能性のほうが高いことを論…

織田信長はムドーの有力な元ネタであると思いま~す。

0.はじめに 本稿は題名のとおり「織田信長はムドーの有力な元ネタ」という説を提唱するもので~す。 そしてこの説は、明日の記事の資料としても役立てる予定で~す。 以下、織田信長とムドーの類似点を列挙していきま~す。ただし第5・6章は『ドラゴンク…

第三のガナン帝国の勲章が完成しました。帝国三将軍、やっと卒業で~す。

ガナン帝国の勲章は、「会心率と呪文暴走率+0.5%」を伝承した上での「会心と暴走ダメージ」理論値*1と、HP理論値*2と、「きようさ」を伝承した上での「HP+2」埋めの三種類を作る予定でした。 そしてその三種類目がやっと完成しました。 第三の理論値は、せい…

クエスト「モンスターバンド再始動!」 & コピーバンドについて & オジャロスとデルクロアの関係について

1.クエスト「モンスターバンド再始動!」内容紹介 デスディオ暗黒荒原に新しいアビスジュエルが配置されていたので、確認にいきました。付近の扉は「練習スタジオ」のようで~す。 中には300年前に解散した伝説のバンド「ライトニング・デス」のボーカルの…

「キミとサメない夢を2」。後日談の部分で昨日の記事の仮説の前提がもう揺らぎました。

「キミとサメない夢を2」を終わらせてきました。 物語の内容は去年の「キミとサメない夢を」と同じであったので省略し、去年と違う部分を重点的に紹介しま~す。 まずは新作水着であるビジューなビキニ。 記者レレナのおかげで、クリア後にリプレイしなくて…

5.5後期時代のトランプの背景をコンプリート & 勇者姫の背景にバグらしきものを発見 & 革命時の心層拝堂について

1.5.5後期時代のトランプの背景をコンプリート 5.5後期からバトエンの敵にNPCが追加され、必ずマッチングをするようになりました。よって5.5後期のスキマ時間は原則としてバトエンに捧げ、大富豪は魔勇者杯の時期だけがんばることにしました。 そういうわ…