ほしづくよのドラゴンクエストX日記

画像は原則として株式会社スクウェア・エニックスさんにも著作権があるので転載しないで下さ~い。 初めてのかたには「傑作選」(https://hoshizukuyo.hatenablog.com/entry/2017/12/31/000000)がオススメで~す。 コメントの掲載には時間がかかることも多いで~す。 無記名コメントは内容が優れていても不掲載としま~す。

メインストーリー

「魔力」の多義性

0.はじめに このゲームでは「魔力」という単語があまりにも多義的に使われているので、概念を分類して整理しました。 1.ステータス関連での意味 1-1.「こうげき魔力」の意味 文字どおりで~す。モンスターは内部データではゼロに固定らしいで~す。 …

「バルディア山岳地帯」の隣が「ザハディガル岩峰」なのは、語源を用いた高度なダジャレでした。

1.すぐに見抜けた「ザハディガル岩峰」の直接の語源 「ザハディガル岩峰」の直接の語源は一瞬で見抜けました。「見抜いた」どころか「空目した」というほうが適切かもしれませ~ん。 まずは「濁点がついている文字から濁点を消去し、逆に濁点をつけられる…

大魔瘴期はアストルティアでこそ予言されていた!

1.約300年前の魔界における新参者の異常な卓見 5.3での勇者一行と魔王たちの会談に話を限ると、アストルティア側のほうが大魔瘴期の到来を疑っている状態でした。 ところがそのほんの約300年前を描いた5.5前期のムービー「ユシュカの過去」では、魔界で大…

不死の力の探求 ネロドス・ザイガス・ネルゲルらの共通点から探る

1.5.5後期でネルゲル強の自己再生能力の程度が確定 強戦士の書で挑める強ボスたちのうち、幻影ではないのに自力で再生していると思われるのは悪魔ザイガス強・悪魔長ジウギス・冥王ネルゲル強ですが、ネルゲル強だけは5.5クリアまでその再生能力が曖昧でし…

王と将軍が同格だなんて珍しくもなんともないで~す。ロスターのお題にスライムジェネラル初登場の記念記事。

1.総論 今月の上半期は、ロスターのお題にスライムジェネラルが初登場しました。これを記念してスライムジェネラル関連の話を語ろうと思いま~す。 スライムジェネラルは「なかま呼び」でキングスライムやクイーンスライムを呼びま~す。「なかま」という…

続・マデサゴーラの太陽と月 今明かされるガウシア樹海とムーンキメラの秘密

0.はじめに 本稿は過去記事「マデサゴーラの太陽と月」の続編で~す。 正編を軽く要約しま~す。マデサゴーラは自分を月になぞらえ、ジャゴヌバやネルゲルを太陽になぞらえ、月が太陽に勝つ未来を夢想していました。その根拠は彼の作品群のあちこちに発見…

5.5後期の物語から解釈する、マデサゴーラ芸術

1.ダークレアリズムと5.5後期の関係の再確認 本章は5.5メインストーリーの最後の記事の分析の再確認で~す。 「マデサゴーラ芸術のスーパーダーキズムからダークレアリズムに至る流れが、5.5後期の物語に似ている」というのがその骨子で~す。 1-1.ス…

プレイヤーが接することのできる魔族に淡白な者が多い理由を考えました。

1.主題 今回研究する主題は、キアノス氏が「ドラゴンクエストX v5全体感想(世界観について_その2)」で先鞭をつけているもので~す。 5.2のムービー「魔仙卿の真意」やマデサゴーラの「出征の辞」の内容を総合する限りでは、マデサゴーラの出征の直前には魔…

「水竜ギルギッシュ」と「ギルザッド地方」は、同じ元ネタから同じ目的のために作られた双子だった可能性が高いで~す。そして昨日その可能性がさらに飛躍的に高まりました。

1.前回記事の紹介と要約 本稿は過去記事「魔界の海水の軽さの証明 & 元ネタ「弱水」と血潮の浜辺とギルザッド地方の関係について」の続編で~す。 前作を要約すると、以下のとおりで~す。 「ギルザッド地方での実験*1などで証明してきたことだが、このゲ…

夕月夜の読書メモその6-3 ホッブズ著『リヴァイアサン』第3部・第4部 & そして明らかになるブルラトスとミナデインの意味

第3部 キリスト教のコモン-ウェルスについて 3-32 キリスト教の政治学の諸原理について キリストもいっているように、奇蹟をおこなう偽預言者というものも存在する。だから予言者と偽預言者の区別は難しい。しかも近年では奇蹟自体が起きていない。 よ…

「ムドーはどこから来たのか?」の仮説を二つ考えました。

過去記事「「狭間の世界エリア」という名称により、5.4から幻界の四諸侯の解釈が劇的に変わりました」では、魔法の迷宮のムドーが、「かつて『VI』の世界から来た存在」である可能性よりも「やがて『VI』の世界へ行く存在」である可能性のほうが高いことを論…

ラズバーンの出身地の有力候補が急浮上

1.これまでのラズバーン研究 500年前にアストルティアを襲ったラズバーン軍は、「ライバルとして勇者が誕生しない」というチート設定の冥王ネルゲルを生み出すための捨て駒でした。 そして捨て駒でありながら、レイダメテスの性能のおかげで、多大な被害を…

クエスト「輝きの園」 5thディスクのストーリー最終回にふさしい内容であり、ボスの名前と内容の関連性も見事。

1.クエスト「輝きの園」の内容紹介 モモモからジャディンの園の復興を依頼されました。クエスト「輝きの園」で~す。 これは5.5後期のメインストーリークリア後に受注できる一連のサブストーリーの中でのクエスト番号が一番大きく、いわば5thディスクのス…

分離可能版の大魔王のよろいセット & 魔仙卿の衣装 & 魔伝のかけら擁護論

1.分離可能版の大魔王のよろいセット ジャゴヌバ討伐後、ショーナから部位ごとに分離可能な大魔王のよろいセットをもらっておりました。 ショーナの最大の目的は、頭部を露出できるようにすることでした。 こんなふうに。 でも当然ながら、以下のような使…

クエスト「モンスターバンド再始動!」 & コピーバンドについて & オジャロスとデルクロアの関係について

1.クエスト「モンスターバンド再始動!」内容紹介 デスディオ暗黒荒原に新しいアビスジュエルが配置されていたので、確認にいきました。付近の扉は「練習スタジオ」のようで~す。 中には300年前に解散した伝説のバンド「ライトニング・デス」のボーカルの…

クエスト「剣魔と芸術家」

クエスト「剣魔と芸術家」を受注しました。形式上の依頼主はペペロゴーラですが、実質上の依頼主はジルドラーナであり、クエスト「剣魔の背中」*1の続編的内容で~す。 ジルドラーナはまずは前回のクエストのときに相手が大魔王とはつゆ知らなかったと非礼を…

クエスト「さらば愛しのシシカバブ」

シシカバブ団のサティから、親分の知能と礼節が急に向上して別人みたいになって困っていると相談をされました。それって困ることなんでしょうかね~? シシカバブに話しかけたところ、ユシュカへの贈り物を代わりに届けるようたのまれました。 プレゼントの…

クエスト「バザールを護るもの」

ファラザードのハーリーから、ナジーンの厳めしい見回りがなくなってから治安が乱れているので何とかしてほしいという依頼を受けました。クエスト「バザールを護るもの」で~す。 まずは犯罪のプロであるパハカースの助言を受けることになりました。 パハカ…

聖守護者のウィングを入手 & デルメゼに挑むスーパースターのスキルを改善 & スキルメモの通し番号を廃止

1.聖守護者のウィングを入手 黒水晶の羽根が50個たまったので、聖守護者のウィングと交換してきました。 一年ちょっと前に「ガルドドンは「かさ」をくれないので、あんまりやる気がおきないで~す」と書きましたが*1、ガルドドンもしっかりこうして「かさ…

クエスト「思い出はランプの光と共に」 & この世界のエネルギーと質量の関係

1.クエスト内容紹介 フェアネからのクエストで~す。村に伝わる「月花石」というお守りを作ったのに、暴君ラビットに奪われてしまったので取り返してほしいのだとか。暴君ラビットは警戒心が強くてバトルに持ち込むことは困難とのことでした。 ヴァレリア…

天獄の新ボス「ファラオ最高幹部会」を倒し、5.5後期時代における邪神の宮殿のボスをコンプリート。まめちしきには気になる記述がありました。

天獄の新ボス「ファラオ最高幹部会」を倒し、5.5後期時代における邪神の宮殿のボスをコンプリートしました。 ところでファラオ・カーメンが元ネタである「霊廟の守護神」のまめちしきには、こう書かれていました。 「戦禍の邪神の想念はついに 偽りのレンダ…

クエスト「ライバルの帰還」 またまた下がったヤイルの評価

リンベリィから依頼のクエストで~す。裏がありそうなアスバルの従者が帰還するので、本性を暴こうというものでした。 その者の家は城下町の一番南という設定でした。 マップ上でずっと入れなかった家で~す。このまた南にも家があるのかないのかはプレイヤ…

クエスト「亡き王国に捧げる詩」の内容紹介と、題名の問題について

1.内容紹介 アスバルから、前王イーヴは生きている可能性もあるので、前王派の活動を探ってほしいといわれました。クエスト「亡き王国に捧げる詩」で~す。 前王派の中でもまずジェグロドに話しかけたのですが、もし前王派とアスバルが争うことになったら…

5.5メインストーリークリア後のイルーシャの絵をコンプリートし、「スケッチ」のしぐさを習得。

5.5メインストーリーをクリアするとイルーシャの絵が追加されました。 さっそく集めにいきましたよ。 雨月「ネタバレや! 自力で探したかったのに」 星月夜「この写真をヒントに位置を特定できたら、逆に凄いわ」 イルーシャがスケッチブックを絵で埋めると…

羅刹王バラシュナの「八門崩絶」・「戦法」・「容姿」・「好敵手の末路」・「開発者の性」の元ネタは、西暦700年前後の日本の王権にあり。カギは昨年の中尾山古墳の発掘調査。

0.はじめに 羅刹王バラシュナIII撃破*1を記念し、長らく草稿のまま放置していたバラシュナの新たな元ネタの考察記事を完成させました。 1.総論 過去記事「聖守護者の闘戦記を『ラーマーヤナ』で解釈してみました。するとガートラントと「守護」の相性の…

5.5後期時代のトランプの背景をコンプリート & 勇者姫の背景にバグらしきものを発見 & 革命時の心層拝堂について

1.5.5後期時代のトランプの背景をコンプリート 5.5後期からバトエンの敵にNPCが追加され、必ずマッチングをするようになりました。よって5.5後期のスキマ時間は原則としてバトエンに捧げ、大富豪は魔勇者杯の時期だけがんばることにしました。 そういうわ…

5.5メインストーリーその5 アイテム不使用縛りで大団円 & 5.5後期時代のフィールドモンスターコンプリート & 暗鉄神ネクロジームとアストロンについて(大胆追記あり)

滅星の深淵は大昔にジャゴヌバが来たときの宇宙船の跡地であり、数万年前に攻め込んだ元賢者たちの備忘録の結晶が各地に配置されていました。 中身は魔祖から聞いたものとほぼ同じで、生命を鉱物に変えるボスを倒したら、急に敵が巨大化して今度は魔瘴を撒き…

5.5メインストーリーその4 滅星の邪園へ

「その3」までは前期の内容であり日が空いたので、リンクも貼っておきました。 カーロウと会話をしているうちに急に気が遠くなりました。そして夢の中でユシュカから通信で彼がさらわれた場所が魔瘴の海の下であるというイメージが送られてきました。 目が覚…

またまた予型論構造の発見 遊び人の職業クエストと4thディスクのメインストーリーの類似性

『ドラゴンクエストX』においては、内容が類似した物語が近い時期に配信されることが多く、星月夜はその現象を「予型論」と呼んでおりま~す*1。このブログで「予型論」で検索をすれば、そこそこの数の事例に出会えると思いま~す。 そして今回また一つ予型…

5.5後期開始直前のうちにNPCと会話して把握した設定と若干の考察。そして僅かな不満。

0.はじめに 大魔瘴期が始まったばかりの5.5前期クリア後で後期開始直前の状態で会話をしたところ、かなり多くの重要な設定が集まりました。本稿はその備忘録で~す。 中には「その情報なら5.4でも聞けたよ」というものも混じっているかもしれませ~ん。も…