読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほしづくよのドラゴンクエストX日記

ドラゴンクエストXの世界で体験したことを綴っていきま~す。画像は原則として株式会社スクウェア・エニックスさんに著作権があるので転載しないで下さ~い。

氷闇の月飾りの理論値(闇版)を作りました。あとそのついでにリーネさんのレベルを35にして、カンストさせました。でもボーナス内容に少し後悔。

 リーネさんのレベルの上限が解放されましたね。星月夜は大急ぎでレベルを35まで上げ、カンストさせました、

 主な手段は氷闇の月飾りの理論値を目指したことです。これは手に入れるために倒すボスがあんまり強くないのに、一回の合成で経験値が150も入手できるので、ありがたいですね。

 ちょうど釣り老師の新報酬*1に呼び寄せの筆20本というのがあったので、これを利用して剣王ガルドリオン召喚符を量産し、剣王を何度も撃破しました。

 そして首尾よく、第一の理論値(闇版)が完成しました。やがては第二の理論値(氷版)も作ってみたいと思っています。

 他の手段としては、長いこと備蓄していたアクセサリーの破片を一気に合体させ、それを全部、経験値以外には無意味な合成につぎこんだというのがありま~す。

 あとそれでもまだ遅いと感じたので、フレンドさんたちを誘いまくってカジノのすごろくに行き、さらに大量のアクセサリーを入手し、全部リーネの経験値向上のために注ぎました。

 そしてなんとかリーネさんのレベルを35にできたのですが、追加されたボーナスは単なる料金の割引でした。

 星月夜は某攻略サイトの間違った情報を信じて、35になると会心率が上がると思い込み、それでこんなに急いでいたので~す。でもそれは失敗でした。

 こうなるとわかっていたなら、とりあえず34を目指し、35は自然に上がっていくのを待つべきでした。実際、すでに「こうなるとわかっている」並行キャラは、その方針に切り替えました。

 そしてその並行キャラの余ったアクセサリーは、しっかりと封印の聖灰になりました。あ~悔しい。

f:id:hoshizukuyo:20160811002129j:plain