ほしづくよのドラゴンクエストX日記

ドラゴンクエストXの世界で体験したことを綴っていきま~す。画像は原則として株式会社スクウェア・エニックスさんに著作権があるので転載しないで下さ~い。

第6回ナイト総選挙の予選大会について

f:id:hoshizukuyo:20180806193324j:plain

1.出場者の分類と感想

 今回のナイト総選挙の予選大会の候補者たちを、出場理由で分類してみました。

※前回予選の上位者たち・・・・・・32名

 前回の予選の上位32名は、そのまま出場できたようでした。

 ヒューザ・ラウル・城主ダストン・ラグアス王子・ザンクローネ・ナブレット団長・トーマ王子・フォステイル・ズーボー・大魔王マデサゴーラ・補給大臣P(元ペリポン)・ベサワキ・冥王ネルゲル・カンダタ・リソル・ミラン・シオン・シンイ・クロウズ・エルジュ・フィーロ・ポランパン・ドガ・サジェ・スキルマスター・賢者ホーロー・プッツン・総帥M(元メルー公)・シラナミ・トビアス・ギオーダ・アイゼル

※前回予選以後に登場した方々・・・14名

 新出の有名キャラをとりあえず一度は予選に挑戦させてあげるのは、慣例ですよね~。

 4.0からクオード・ドミネウス王・ゼフ・ディアンジ・ザグルフ・ファラス・スクアーロ・星辰武王の8名。

 4.1から勇者アルヴァン・シュトルケ・ユリエルの3名。

 4.2からギルガラン王子・グリエ王子・ピンチョの3名。

※その他の事情の出場者・・・・・・2名

 黒衣の剣士。形式上の初登場は前回の予選の前の3.5後期でしたが、実質的には4.0での初登場ですね。

 取りよせ商チャガナ。初登場は2.3で現在の名前になったのは3.3。でも初参加。時間が経過するに従って比例的に重要性が増してきたキャラですから、そろそろ予選に挑戦させるのは正しい選択でしょうね~。

 以上の人選には基本的に不満はありませ~ん。今年のクイーン予選も随分公平な人選だと思いましたが*1、ナイト予選はそれ以上に公平でした。

2.恒例の落選運動

 ナダイア・カプサイ神の脱落により、今年は全員がアストルティアに一瞬でも滞在経験があるか、少なくともその可能性があるというキャラばかりになりました。

 よって今年は落選運動をしませ~ん。