読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほしづくよのドラゴンクエストX日記

ドラゴンクエストXの世界で体験したことを綴っていきま~す。画像は原則として株式会社スクウェア・エニックスさんに著作権があるので転載しないで下さ~い。

モンスター格闘場について色々考えてみました。

 バッジクイーン就任*1を記念して、モンスター格闘場について色々考えてみました。

1「敵として登場するモンスターは、誰が管理しているの?」

 最初に思いついたのは、他の参加者たちで~す。格闘場には仲間モンスターを連れた他の参加者のNPCが大勢いるからで~す。

 しかしプレイヤーと対等の立場であるならば、プレイヤーの側からのみ敵を選べるのはおかしいですね。あと、五匹以上で構成されるパーティも敵として登場することがあるので、一般参加者が敵というのは考えにくいで~す。

 また誰かの仲間モンスターならば多少とも鍛えられているはずなのに、ほとんどの敵がフィールドで登場した場合と同じ強さのままで~す。

 そうなると、敵は原則として格闘場が用意しているのでしょう。

 もちろん、カレヴァンさんの仲間モンスターたちのような例外もありま~す。

2「敵モンスターたちは、普段どこで暮らしているの?

 格闘場の地下には、たしかに専属モンスターの居住空間がありま~す。そして回想シーンでは、そこで暮らしていたモンスターたちの姿もありました~。でも現在では、地下を訪問してもモンスターの姿はありませ~ん。

 かつての専属モンスターの大半はゼルドラドとの戦いに駆り出された挙句、偽の世界へ連れ去られたのだと思われま~す。

 では敵として登場するモンスターは、普段はどこにいるのでしょうか?

 星月夜が着目したのは、バウギアやドラゴンガイアなどの、普段は別の場所から出られないでいるはずのモンスターが、普通に登場しているという点で~す。

 そしてこれと似たような戦いが、以前にもありました。魔法の迷宮に半永久的に封印されているはずのギーグハンマーをサリアスさんが召喚し、無理な改造をするまでの間は自由に操っていました。

 おそらく格闘場の敵の多くも、遠方や異世界から一時的に召喚されて使役されているのだと星月夜は考えました。

 もちろん、例外もあるでしょう。国王の先祖であるファラオたちを勝手に召喚して使役しているとは、常識から考えてありえないことで~す。ラー・ルドラ・ナジャ・エレフといったファラオたちは、子孫の国の繁栄のために、自発的に参加しているのだと思いま~す。

 そう考えると、現国王が観戦にうつつをぬかさずに、身をやつしてとある業務に従事しているのも、この国の伝統的なノブリスオブリージュなのかもしれません。

3「こんなに凄い格闘場を所持しているのに、なぜアラハギーロ王国はゼルドラド軍に負けたの?」

 「バラモスブロス強」などという強大な魔王まで召喚できるのに、アラハギーロ王国軍がゼルドラド軍に負けた理由を考えてみました。

 もしも召喚したモンスターを自由自在に操れるのであれば、過去のゼルドラド戦のみならず、その後の大魔王やアンテロとの戦いでも魔王を貸し出してもらえたはずで~す。

 そうできない事情を考え、召喚したモンスターは一定の場所でしか操れないのではないかという結論に達しました。

 これについても、スキルマスターとその弟子たちの行動が参考になりました。どこでも自由自在にモンスターを召喚できるのであれば、戦いの場は荒野などでもいいはずなのに、彼らとの戦いは一回を除いて同じ場所で行われました。

 それに、モンスターを使った興行がどこでも安全にできるのであれば、ラッカランではそれが危険な「裏メニュー」としてひっそりと行われていることの説明が難しくなりま~す。

 やはりアラハギーロ格闘場という「場」に、召喚術を容易にする強大な力が宿っていると考えた方が自然で~す。

4「バッジが格闘場でしか使用できないのはなぜ?」

 これもやはり、格闘場が特殊な空間であるからだと思いま~す。

 これらについてはまた別の記事でもう一度論じてみる予定で~す。

5「スペシャルバッジの絵の人選は、いつ誰がしたの?」

 セラフィ人間態の容姿を知っていることから、現在のスペシャルバッジの絵はカレヴァンさんが帰還後に考えたものと思われま~す。

 リゼロッタバッジもこの説を補強します。リゼロッタとムッチーノの関係を表面的に知っていて、なおかつその真相を知らない立場といえば、やはり偽の世界のセレド以外の場所に一時的に滞在していた人物ということになるでしょう。

 ドワーフから名士を選ぶさいに、王族や賢者ブロッケンや島主ゴーレックをさしおいて「神の器」を選んだという点は、かなりの慧眼といえますね~。

 そんなカレヴァンさんでもマリーンの実態をいまだに知らないことから、生前のマリーンの演技と、事件後のガートラントの情報統制とが、どちらも完璧だったということがわかりま~す。

6「その他、何でも考えま~す」

 読者の皆様が格闘場にいだいた疑問、星月夜も一緒に考えま~す。

f:id:hoshizukuyo:20150904025638j:plain