読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほしづくよのドラゴンクエストX日記

ドラゴンクエストXの世界で体験したことを綴っていきま~す。画像は原則として株式会社スクウェア・エニックスさんに著作権があるので転載しないで下さ~い。

学園生活 6月

学園生活 メインストーリー 他アクセ 考察 コンプリート 関連商品 レベル カンスト

 6月はサブストーリーもなかったので、今までと違って一つの記事にまとめることができました。

 フウキの対策室におもむくと、あの生意気な一年生のリソルが、喧嘩を売っていました。彼はフウキが解散することになるとか言っていました。ひょっとして教頭と手を組んでいたりするのかと思いました。

 例によって新しい解放のカギを入手しに武闘場に行くと、思った通り第三の想域が解放されていました。「勇気の回廊」・「真理の回廊」・「慈愛の回廊」で~す。いい名前ばかりですね~。

 入手できる装備やスキルノートは第二の想域と大体同じでしたが、アクセサリーや合コン用のチケットが入手できたり、経験値稼ぎ用のメタルスライムメタルブラザーズになっているなどの点で差異がありました。

f:id:hoshizukuyo:20161108184341j:plain

 ここで入手したロイヤルチャームは「ロイヤル」の名に相応しい「王子」のミラン君に、ビーナスのなみだは美人のフランジュさんにあげました。

 今月の最初の封印は一年生のガルハート教室でした。ここは先月の三年生のスペーディオ教室と同じく、交渉だけで何とかなりました。

f:id:hoshizukuyo:20161108184747j:plain

 ここの封印の守護者は「ホイップン」と名乗っていました。封印の守護者に固有名詞が出たのは初めてですね~。

 次は一年生のディアノーグ教室で~す。ここを解放すると、魔法使いとしての素質は学園の歴史の中でもトップクラスといわれている、ラピスちゃんが仲間になりま~す。ラピスちゃんはミラン君のときと違って、封印された後も身動きをして戦いを続けていたみたいでした。でも解放のカギを持っていなかったせいか、封印の守護者は姿を現さず、雑魚モンスターばかりが延々と出てくる戦いを強いられていたようで~す。

f:id:hoshizukuyo:20161108185537j:plain

 ラピスちゃんは無口な子なので、使い魔ドラキーの「メルジオル」が色々と補足をしてくれま~す。

 この後、グラブゾンと保健室を解放していきました。フランジュさんは保健のエリシャ先生との再会にこだわっていたようでしたが、エリシャ先生は保健室の封印の中にはいませんでした。チェルシー先生の身分は当分安泰みたいですね。

 ここでまたリソルが対策室に乱入してきました。そして次の封印を先に解いたほうが勝ちという勝負を仕掛けてきました。フウキが勝ったらリソルもフウキのメンバーとなり、リソルが勝ったらフウキは解散して部屋を譲るという約束になりました。

 食堂の封印に先に着いたのはリソルでしたが、封印の守護者が彼の苦手なタイプのモンスターだったので、あえなくダウンとなりました。

 ここの封印の守護者は6月のラスボスで~す。

 今までの封印の守護者と違って、部下たちの名前が「封印の***」とかにならず、通常のモンスターの名前になっていました。ここでその通常モンスターを倒すと図鑑の討伐数も増えるのかどうかは謎で~す。一匹だけ「おばけトマト」とネタバレをしておくので、まだクリアーしていない人は是非実験をして、星月夜にその結果を教えて下さいね~。

 これを倒すとまた解放のカギは壊れました。ミラン君は「何回か使うと壊れる」仮説を提唱しましたが、後にまだ二回しか使っていないはずのリソルのカギも壊れたと判明したので、「特定の守護者には死の際にカギを強制的に冥途の土産にしてしまう能力が備わっている」と考えたほうがよさそうで~す。

 解放された食堂には、宝箱もありました。

f:id:hoshizukuyo:20161108191631j:plain

 学園内では「おたからさがし」が使えないので、見落としかねませんね。ひょっとしたら今までもいくつか見落としていたかもで~す。

f:id:hoshizukuyo:20161108192124j:plain

 あと、食堂を解放したことで、ようやく第二本校舎地下にあった学園内の四つの掲示板の冒頭の文字をつなげて読むという課題もクリアーできました。

 この勝負でリソルを降伏させて意気揚揚と記念写真を撮影したところ、ミラン君がまたもや不在となっているのに気づきました。

f:id:hoshizukuyo:20161108192151j:plain

 ミラン君をみつけて連れ戻すと、アイゼル先輩が作った「フウキの証」というお揃いのアクセサリーがみんなに配られました。一流の武器鍛冶職人はいざとなれば美しい金属製のアクセサリーも作れるという設定は、『蒼天のソウラ』の2巻の16ページでも語られていましたが、学園でも採用されました。

 この後は、エンディングムービーが流れ、6月の物語は終わりで~す。

 なお、これを書いているときにはまだ7月の物語が配信されていなかったので、クリアー後も「てちょう」の暦の上では6月のままでした~。

 それと各メンバー個々人との交流の「絆エピソード」というものが解放されました。絆エピソードは対象メンバーの絆レベルが3でカンストしていることも、体験の条件で~す。

 内容が面白いだけではなく、各人の絆レベルの4が解放されるという実益もありま~す。だからさっそくにもコンプリートいたしました~。

 詳しい内容は秘密ですが、一応判明した設定などを以下に書きます。

※アイゼル先輩・・・・生徒会以外にも様々な活動をしているため、慕う生徒が多い。

※クラウン先輩・・・・姉や弟がいて、兄弟では一番年上。

ミラン君・・・・・・不自由なく育ったので、自分と似たような境遇から自発的に飛び出した砂漠の狼王を尊敬している。

※フランジュさん・・・アイドルのため、周囲からの好奇の視線がつらい。

※ラピスちゃん・・・・フウキに入ってから、かなり精神的に成長した。

※リソル・・・・・・・人間のクズ。