ほしづくよのドラゴンクエストX日記

画像は原則として株式会社スクウェア・エニックスさんにも著作権があるので転載しないで下さ~い。 初めてのかたには「傑作選」(https://hoshizukuyo.hatenablog.com/entry/2017/12/31/000000)がオススメで~す。 コメントの掲載には時間がかかることも多いで~す。 無記名コメントは内容が優れていても不掲載としま~す。

プレゼントに対するラピスちゃんの反応

暁月夜「三年男子→三年女子→二年男子→二年女子の順で紹介されてきたから、今日はリソルだと予想していたんだが?」

星月夜「惜しい。以前からフウキ委員を紹介するさいの序列としては、まずは学年順に並べ、学年が同じ場合はフウキに加入した早さ順に並べていたんだ~」

f:id:hoshizukuyo:20171029234644j:plain

※エゼバスソルト

 「食べちゃダメ」と知り、お風呂に入れることにしたようでした。

 世の中には食べられる岩塩もありますが、不純物の毒性が強くて食べられない岩塩もありま~す。エゼソル峡谷の塩は体に悪いようですね~。

夕月夜「ランガーオ村ではそんな危険な塩で武闘場のお清めをしてるんですね~。こわ~い」

星月夜「元々塩でのお清めというのは、塩の殺菌作用も由来の一つだから、毒性のある塩で危険な微生物を殺しまくるのは理にかなっているのかもだ」

※エッチなしたぎ

 超セクシーなので「しょーぶパンツ」にすることにしたようでした。

 一番天然に見えたラピスちゃんですが、性的文化の知識量で雑学王子に勝利。

 そしてこういうときにいつも苦言を呈していたメルジオルですが、これを含めてプレゼントへの反応のさいには一切発言をしませ~ん。理由は不明ですが、メルジオルなりの美学なのかもしれませんね~。

※踊るマドハンド人形

 「ぷりてぃー」と評価していました。

 ドラキーに育てられた子だし、絆レベルをカンストさせたときのイベントでも飼育小屋で暮らすプランを考えていたので、モンスターが大好きなのかもしれませんね~。

※勝てるケンカの本

 今度メルジオル相手に試してみるそうで~す。

 これもメルジオルの反応が聞きたかった発言の一つで~す。普段から戦いの練習相手にしているんでしょうかね~?

※きれいめリップ

 あまいといいと、期待していました。

 味覚に関するコメントが多い子で~す。満腹感よりも味を求めているタイプの食いしん坊なんでしょうね~。

※銀の圧力なべ

 「メルジオルのお風呂」だと考えたようで~す。

 これなんかは料理に関するアイテムなので、ラピスちゃんからは直球型の反応が来ると期待していたんですが、意外でした。本人は料理とかせず、いつも出来合いのお菓子を買っていたりするんでしょうかね~。だから、そのものズバリ食品じゃないといけないのかな~。

※激辛トマトジュース

 かなり嫌がっていました。

 きれいめリップでも感じましたが、ラピスちゃんは食いしん坊ですが、好き嫌いは激しいですね~。そこがクラウン先輩との体形・体格の差の原因なのかもで~す。

※古代の石板

 読めなかったようで~す。

 大魔法使いを目指すなら古代語ができないといけないと思うのですが、メルジオルが何でも読んでくれるから、逆に本人の古典語の能力が伸びなかったのかも。

※ときめく砂糖菓子

 かなり喜んでいました。

 特にコメントなし。

※ひまわりのタネ

 「おいしい!」とのこと。

 子供っぽい味覚で甘いものしか愛さないのかと思っていたのですが、ナマのひまわりのタネをいきなり食べて、しかもこのコメントでした。辛くなければ何でもいいのかな~?

※ぺろぺろキャンディ

 「だいじに 食べる」とのこと。

 甘いものが相手でも、一瞬で食べるよりゆっくり食べたほうが快楽が長持ちするという理性をはたらかせることができるようでした。意外にあなどれませんね~。

※もこふわパジャマ

 もこもこしてるから、さわると落ち着くのだそうで~す。

 ふむふむ。

※レインボーアイ

 「キラキラきれい」なので感謝していました。

 アクアマリンの宝石の輝きには興味を示さなかったのに、レインボーアイの輝きには興味を示してくれました。

※ワカメスープ

 ぬるぬるするとのこと。

 味の反応も聞きたかったですね~。

※アクアマリンの宝石・学園ゴシップ新聞・金色のなわとび・最強クイズ問題集・さらつやシャンプー・白い花のブーケ・超合金ダンベル・彫刻刀セット・ニンニクぎょうざ・福まねきのタヌキ像

 全部同じセリフ。

 ラピスちゃんはフウキ委員の中で一番さらつやシャンプーが似合うと思うのですが、本人はまったく気づいていないようですね~。

※2021年2月18日追記

 著作権に配慮して、セリフ部分の省略化に努めました。