ほしづくよのドラゴンクエストX日記

画像は原則として株式会社スクウェア・エニックスさんにも著作権があるので転載しないで下さ~い。 初めてのかたには「傑作選」(https://hoshizukuyo.hatenablog.com/entry/2017/12/31/000000)がオススメで~す。 無記名コメントは内容が優れていても不掲載としま~す。

ガルーダテンペストを買いました。

 風属性攻撃が強くなり、特技の効果範囲が1m拡がるという、ガルーダテンペストを購入しました。

f:id:hoshizukuyo:20190107102509j:plain

 雰囲気は小悪魔ドレスとの相性が高いですね~。

f:id:hoshizukuyo:20190107102630j:plain

 とりあえず風系の攻撃が得意な旅芸人とスーパースターは、プロセルピナ*1を卒業してこちらに乗り換えようと思いま~す。

 扇装備時の踊り子は、右手にガルーダテンペスト、左手にプロセルピナってとこですね~。

 ケースバイケースなのが、天地雷鳴士ですね~。

 特技のダメージ自体は、魔力が二世代分あがったとはいえ、まだプロセルピナのほうが、「全ての属性攻撃ダメージ+3.0%」の効果によって強いようで~す。

 あと味方が死にまくる戦場では、「味方死亡時5%でためる」もあなどれませ~ん。

 一方でちょこまかと動く複数の敵を倒すには、ガルーダテンペストによる巻き添え効果が欲しいところですね~。

 そして一番問題なのは、扇の天地雷鳴士の最大の活躍場所である対レギルラッゾ戦が、味方が死にまくる一方で、巻き添え効果も重要な戦場だということで~す。

 これは単純計算で答えが出るものではないで~す。それに究極の腕前を持つ僧侶や占い師なら、こちらの扇まで考慮して立ち回りを変えそうで~す。

 こうなったら初対面の相手を誘って20回ぐらいずつ挑戦し、所要平均タイムから、どちらが便利なのかを割り出すしかなさそうですね~。

f:id:hoshizukuyo:20190110011245j:plain

f:id:hoshizukuyo:20190110011259j:plain

f:id:hoshizukuyo:20190110011310j:plain