ほしづくよのドラゴンクエストX日記

画像は原則として株式会社スクウェア・エニックスさんにも著作権があるので転載しないで下さ~い。 初めてのかたには「傑作選」(https://hoshizukuyo.hatenablog.com/entry/2017/12/31/000000)がオススメで~す。 無記名コメントは内容が優れていても不掲載としま~す。

翠将鬼ジェルザークIIIを倒し、翠将撃破の勇士の称号を得ました。先達の助言と特訓のおかげで~す。 & 武器スキル選択メモその1.1

 翠将鬼ジェルザークIIへの勝率がかなり高まってきたので、いよいよIIIに挑戦することにしました。

 本音をいえばもう少しIIで慣れておきたかったのですが、200スキル解放が近づいてきたので、「180スキル時代のうちに勝利しておきたい!」という感情が一気に高ぶったので~す。

 まずは上手な人のブログ記事や動画をいくつか閲覧して勉強し、その後はいつものフィヤさんとアゼルさんに訓練をつけてもらいました。

 悪いクセのある動きを矯正してもらっただけでなく、料理やスキルについてもアドバイスをいただきました。

 中でも一番感動した指導は、盾スキル180を「アイギスの守りIII」から「しゅび力+20」に変えるべきというもので~す。

 星月夜は耐性重視のため、ジェルザーク用の装備の頭部に最大HP強化をつけていませんでした*1

 そんな星月夜でも、この指導に従って大成功のバランスパスタを食べて盾スキルをしゅび力重視に変えた途端に、ジェルザークのパンチ一発だけでは死ななくなったので~す。

 これを機に自分でも盾の160・170スキルを考えなおし、スキルポイントその18.2で発表した会心ガード・会心完全ガード・アイギスの守り」から、ジェルザーク戦に特化した「さいだいMP・瀕死時身かわし率アップ・しゅび力」へと完全に変更しました。これをもってスキルポイント配分メモその18.21」といたしま~す。(2019年6月27日、「武器スキル選択メモその1.1」と改称)

 他には、指アクセを封印ガードの聖守護者のゆびわから魔導将軍のゆびわに変えるよう指導され、これも実に役立つアドバイスでした。自分の実感としても僧侶はきちんと動けば封印技を受ける可能性はほぼゼロでしたし、"Priest Cafe"さんの「【完】翠将鬼ジェルザーク 僧侶装備」という記事でも封印ガードは放棄されていたので、素直に従えました。

 この特訓の日には勝てなかったのですが、その三日後に緑玉で初対面の人たちとパーティを組み、学んだことを全部活かした結果、翠将撃破の勇士の称号を得ることができました~。やったー!

f:id:hoshizukuyo:20190619014912j:plain

f:id:hoshizukuyo:20190619014931j:plain

 記念撮影に一緒に写ってくれたのは、チキンさん。いわゆる「神魔戦」様でした~。