読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほしづくよのドラゴンクエストX日記

ドラゴンクエストXの世界で体験したことを綴っていきま~す。画像は原則として株式会社スクウェア・エニックスさんに著作権があるので転載しないで下さ~い。

「大盗賊の伝説」シリーズに、職業「盗賊」縛りで挑戦。(前篇)

 バージョン更新前に、大急ぎでサブストーリーを消化中の星月夜で~す。本日は「大盗賊の伝説」シリーズの体験記を書こうと思いま~す。

 星月夜はソロプレイにしてボスの強さを「強い」にするという縛りを普段からやっているのですが、今回は「大盗賊」にちなんで、「戦闘時の職業は盗賊で固定」・「ボスから『ぬすむ』ことに挑戦」という、二つの縛りを実行しました。

 第一話は、カンダタ団との戦いで~す。

f:id:hoshizukuyo:20150425051638j:plain

 まずは被害者から情報収集。そして情報を元に、犯人と接触。

f:id:hoshizukuyo:20150425051741j:plain

 この戦いでは、カンダタさんの子分からは「てっこうせき」を盗みました。カンダタさんは、流石に本人が大盗賊であるだけのことはあって、なかなか「ぬすむ」が成功しません。瀕死の状態になったころに、やっと小銭を盗めました。

 星月夜が「ぬすむ」と「ロストアタック」しかしていない間に、カンダタ団を壊滅してくださったサポート仲間たちに感謝で~す。

 決戦の舞台が「塔」であったり、倒すと命乞いをしてきて「いいえ」を何度選んでも話が進まないのは、某異世界で起きたカンダタさんとそのそっくりさんの息子さんとの間の第一戦へのセルフオマージュと思われます。

 第二話は、カンダタさんと協力してビッグホルンを改造する話でした。

f:id:hoshizukuyo:20150425052620j:plain

 このホルンの出力を上げて月に行くのだそうで~す。でもそのために必要な電池を手に入れるための鍵は、ラゴスさんに盗まれてしまったのだとか。そこで第二話はラゴスさんを倒して鍵を取り返すというものでした。

 ラゴスさんは話を進めるのに必要な鍵を持っていたり、暗い所に隠れていたり、ブーメランの使い手だったりと、パラレルワールドでの彼の活躍を知る者にとっては、ニヤリとする設定が盛り沢山でした~。欲を言えば、決戦の舞台も「古代オルセコ闘技場」にして欲しかったもので~す。

f:id:hoshizukuyo:20150425053112j:plain

 戦闘ではギガボンバーを設置してくるので、「どうぐ使い」で挑めばきっととっても楽だったのだろうと思いました。「ぬすむ」はかなり早い段階で成功しましたが、何を盗めたかも覚えていませ~ん。

 倒した後、何度「いいえ」を選んでも話が進みません。ラゴスさんまでカンダタ病が……。

 続く~。