ほしづくよのドラゴンクエストX日記

画像は原則として株式会社スクウェア・エニックスさんにも著作権があるので転載しないで下さ~い。 初めてのかたには「傑作選」(https://hoshizukuyo.hatenablog.com/entry/2017/12/31/000000)がオススメで~す。 無記名コメントは内容が優れていても不掲載としま~す。

クエスト「あの花は今」

f:id:hoshizukuyo:20190101175125j:plain

 現在療養施設に住んでいるホヒホホさんは、C141政権の終焉とともに市民権を取り戻せたのに、まだ過去の価値観にとらわれていて、中々自分に生きる権利があるという意識がないようでした。

 でも昔住んでいた家の花だけは気になるようでした。

f:id:hoshizukuyo:20190101175353j:plain

 花はしおれていましたが、ホヒホホさんの知見を活用すると元気になりました。

f:id:hoshizukuyo:20190101175427j:plain

 これでホヒホホさんも生き甲斐を取り戻せたようで~す。

 もしも花の世話まで完璧にペコリアがやっている世界であれば、こううまくはいかなかったでしょうね~。

 誰かが「美しい」と感じるものが存在し、それを公権力が供給しきれない場合には、消費に対応する生産が行われ、生産者はその活動に独自の生き甲斐を持ちま~す。

 そうした事態をC141が防ぎきれなかったのは、C141の能力上の限界なのか、それともリソースの不足により諦めたのかは、不明で~す。

 これもクエスト「手紙文化を取り戻そう!」*1ほどではありませんが、「盟友による介入のなかった歴史でもアルウェーンには革命の火種が無数に存在していた」という設定を匂わすクエストであるといえましょう。