ほしづくよのドラゴンクエストX日記

画像は原則として株式会社スクウェア・エニックスさんにも著作権があるので転載しないで下さ~い。 初めてのかたには「傑作選」(https://hoshizukuyo.hatenablog.com/entry/2017/12/31/000000)がオススメで~す。 無記名コメントは内容が優れていても不掲載としま~す。

栃木県南部のぶらり旅

星月夜「は~い、こんにちは。『ドラゴンクエストウォーク』のおかげで多少は人気が出てきた星月夜のジパングめぐりシリーズで~す。本日は栃木県南部からお送りしておりま~す」

夕月夜「お供はいつもの夕月夜で~す」

星月夜「最大のお目当ては佐野市の厄よけ大師ですが、まずは栃木市を観光しましょ~。ここはいかにも県を代表してそうな名前の市ですが、実は最南端にあるので~す」

f:id:hoshizukuyo:20190911015921j:plain

星月夜「まずは最大の観光名所「蔵の街」を遊覧船で見て楽しみましょ~」

夕月夜「涼しそ~で~す」

f:id:hoshizukuyo:20190911020111j:plain

夕月夜「コイ・黒ですよ~。アズランを思い出しますね~」

星月夜「実際にこの町はアズランにすごく似ているのよ。この巴波川(うずまがわ)は、物資を大消費地である江戸に輸送するために使われ続けたのよ。そして江戸から江戸幕府の聖地である日光に行こうとすると、ここで宿泊することが多かったのよ」

夕月夜「わお、アズランもカミハルムイに水運で物資を運んでいる設定でしたね。そのことを反映してか、アズランの町の川で釣れる魚とカミハルムイの城のお堀で釣れる魚は完全に一致してましたね~。加えてカミハルムイから聖地であるツスクルの世界樹に行こうとすると、途中にアズランがありますね~。ピッタリ符合しま~す」

星月夜「だから栃木市はアズランの重要なモデルの一つではないかと私は考えているのよ~。今日の旅をここから始めたのも、この論考を書くためだったのよ~」

f:id:hoshizukuyo:20190909065148j:plain

星月夜「いよいよ最大のお目当ての、正式名称は春日岡山転法輪院惣宗官寺、通称は佐野厄よけ大師まで来ました」

夕月夜「来ました~」

f:id:hoshizukuyo:20190909112332j:plain

f:id:hoshizukuyo:20190909112353j:plain

夕月夜「田中正造さん。何をなさった人ですの? ドラゴンクエストで例えてくださ~い」

星月夜「魔瘴みたいな物質と戦った偉人よ~」

f:id:hoshizukuyo:20190909112627j:plain

f:id:hoshizukuyo:20190909112644j:plain

f:id:hoshizukuyo:20190909112659j:plain

夕月夜「わ~、やたら金ピカで、和風の趣がないですね~」

星月夜「いやいや、それは素人の俗論よ~。美術史学的にいうとね、ジパングには弥生土器的な非常に質朴な美の潮流と縄文土器的な絢爛豪華な美の潮流があって、それが対立したり交わり合ってきたのよ~。あの豪華な金閣の中から質朴な禅宗様式が生まれ、あの侘び寂びの千利休の茶道が豊臣秀吉の金の茶室を生んだんだから」

夕月夜「ではこの寺に豪華の潮流が顕現した理由は何でしょう?」

星月夜「あくまで仮説だけど、二つほど理由が思いつくわ~。第一は、寺の中に東照宮が存在し、その文化的影響を被ったこと」

夕月夜「東照宮!」

f:id:hoshizukuyo:20190909113904j:plain

星月夜「どお? ここだけ切り取ると「日光東照宮で~す」と言い張ってもそう簡単にはばれなさそうでしょ?」

夕月夜「ど、どうしてこのようなものが?」

星月夜「徳川家康の遺骨だか分霊だかが久能山から日光に移されるとき、ここで一泊したらしいのよね。その縁で宿泊場所がどんどん崇拝対象として発展したらしいのよ」

夕月夜「では続いて、お姉様が考えるこの寺が豪華である第二の理由とは?」

星月夜「単純に金が余ってるからなんでしょうね~。厄よけに霊験あらたかだという評判から、ここで厄除けの祈祷をしてもらうために遠くから来る人も多いらしいし」

夕月夜「その「厄」ってそもそも何ですの? ドラクエにたとえて下さると嬉しいのですが」

星月夜「『III』~『V』に「うんのよさ」というステータスがあったでしょ。あの値が低下する呪いがかかる年齢があるとジパングでは信じられているのよ」

夕月夜「あ、たしかにあそこに詳細な年齢表が。ええと、お姉様の地球のアバターの生年の設定は…。がふっ! ほ、本気で殴った~! がふっ! も、もっと! ぐふっ!」

f:id:hoshizukuyo:20190911022158j:plain

星月夜「おお、夕月夜よ、あれしきの責めで昇天してしまうとは不甲斐ない。次から激しい行為を求めるときは町に戻って宿屋に泊まってからにするのだぞ。再びこういう事態にならぬことを私は祈っている」

夕月夜「ドラクエでお決まりのセリフのような、そうでないような…。あら、ここはどこ?」

星月夜「ここは栃木県足利市足利学校室町時代には東日本の最高学府だったところよ」

夕月夜「足利は室町幕府発祥の地というだけでなく、その後も文化的に強い影響力を発揮し続けたんですね~。江戸幕府の聖地である日光もあることを考えると、栃木県って実は日本史でスゴイ重要なのかもですね~」

星月夜「鎌倉幕府の開祖である源頼朝の父の源義朝も、下野守として栃木県を基盤に勢力を蓄えたのよ。だから三大武家政権はすべて栃木ゆかりの政権といえるね」

夕月夜「いわれて初めて気づきました。すご~い!」

星月夜「さらにさかのぼれば、奈良時代に正式な僧の資格を取得できた戒壇院は、大和の中央戒壇・筑紫の西戒壇・下野の東戒壇の三ヶ所しかなかったの」

夕月夜「そういえば帝位を簒奪し損ねたとされる弓削道鏡の左遷先は、その東戒壇のあった下野薬師寺でしたね。彼の公家たちへの憎しみが武家に力を与えたのかしら」

星月夜「さらにもっとさかのぼれば、古墳時代の有力な地域勢力は、愛知県より東には毛野(群馬県と栃木県)ぐらいしかなかったのよ~。だから日本史における栃木県の重要度って、一般のイメージと比較して凄く高いのよ~」

夕月夜「以上、ひたすら栃木推しの話を聞かされた帰路でした~」