ほしづくよのドラゴンクエストX日記

画像は原則として株式会社スクウェア・エニックスさんにも著作権があるので転載しないで下さ~い。 初めてのかたには「傑作選」(https://hoshizukuyo.hatenablog.com/entry/2017/12/31/000000)がオススメで~す。 無記名コメントは内容が優れていても不掲載としま~す。

4.5後期のモンスターリスト全1148種の整理

0.はじめに

 本稿の内容は、元々は「4.5後期のモンスターリストは全1144種であり、それをコンプリートした!」と思い込んだときに書いた記事に添付したものを、加筆修正の上で転載したもので~す。

 加筆の理由は、当然ながら「ジェニャの未来」でモンスターリストに4種追加されたからで~す。

f:id:hoshizukuyo:20191003002103j:plain

1.4.5後期新出モンスター

 討伐モンスターリストに並んだ項目は1148種でした。前期には1138種だったので*110種増えた計算になりますね。

 内訳は転生モンスターの部が1種。何物であるかは運営が秘密にしたので、その態度に従って名前は記載しませ~ん。

 クエストボスの部が8種で、ラスボスは大地の怒竜。これが全体のラスボスにもなりました。

 邪神の宮殿の部が1種で、絶牙の白獅子。

f:id:hoshizukuyo:20191003002142j:plain

2.全1148種の部門別の内訳

 久々に全モンスターの部門別の内訳も書いておきましょう。

 4.1のころに初めて全モンスターコンプリートを達成したときに詳細な内訳を書き*2、その後は前章のように部門ごとに増えた数だけ書いてきましたが、そろそろもう一度しっかりとまとめなおしておきたかったので~す。

※通常モンスターの部 スライムから大魔獣イーギュアまで 570種

 大魔獣イーギュアは3.2に登場した敵ですが、まだ運営認定でこれを越える立場の通常モンスターは存在していないようですね。

転生モンスターの部 ツンドラキーからガメゴンレジェンドまで 72種

 このブログの新しい読者のかたは、記事の前半で4.5後期の転生モンスターの名前を隠しておきながら、ここでツンドラキーとガメゴンレジェンドの名前を出していることについて、不思議に思われるかもしれませ~ん。

 星月夜が転生モンスターをどういう基準でどの程度隠しているかについては、この過去記事をお読みくださ~い。

※メインストーリーボスの部 若葉の精霊から時元神キュロノスまで 166種

 全般的にオーガ優遇のこのゲームですが、メインストーリーボスの最初に若葉の精霊が配置されていて感慨深くなれるという点では、エルフが優位ですね~。

※クエストボスの部 孤独の闇からダークドレアムまで 170種

 パーティ同盟で登場する6種は最後に一ヶ所に固まっているので、これらを別枠とする場合にはラーヴァドラゴンが最強の待遇で~す。

※試練の門の部 ビッグモーモンからプラチナキングまで 19種

 最近増えてないようですね~。

※強ボスの部 暴君バサグランデ強から魔女グレイツェル強まで 31種

 最近増えてないようですね~。

※迷宮ボスの部 黒竜丸から勇者アルヴァンまで 78種

 前回は魔法の迷宮と王家の迷宮を分けてカウントしましたが、面倒なので統合しました。統合しない場合は震王ジュノーガがトリを飾っていま~す。

※ピラミッドボスの部 ファラオ・デスからファラオ・カーメンまで 14種

 この部門は今後も永遠に増えなそうですね。

※常闇の聖戦の部 常闇の竜レグナードから海冥主メイヴまで 3種

 これも公式に完結したようですね。

※邪神の宮殿の部 災いの神話から絶牙の白獅子まで 13種

 今後も増えていってほしいですね~。

※防衛軍の部 闇朱の破砕将ボーガから銀甲の崩撃将ダバムまで 6種

 今後も増えていってほしいですね~。

※聖守護者の闘戦記の部 冥骸魔レギルラッゾから翠将鬼ジェルザークまで 4種

 もう一種類ぐらい増えそうな予感。

※イベントボスの部 竜王と大魔王ゾーマ 2種

 今後も増えていってほしいですね~。特にシドー希望。