ほしづくよのドラゴンクエストX日記

画像は原則として株式会社スクウェア・エニックスさんにも著作権があるので転載しないで下さ~い。 初めてのかたには「傑作選」(https://hoshizukuyo.hatenablog.com/entry/2017/12/31/000000)がオススメで~す。 コメントの掲載には時間がかかることも多いで~す。 無記名コメントは内容が優れていても不掲載としま~す。

5.2メインストーリーその2 バルディスタ要塞復興プロジェクト

 続いてバルディスタ要塞に行ったのですが、魔王の座をめぐって誰が敵か味方かすらよくわからない激しい戦いが行われていました。

 座を狙う者の中には、5.0で大勢のモブキャラとともにヴァレリアに殺されたように見えた「殺りくのグレボス」*1の姿もありました。あのとき実は生きていたのか、またはこんな奴にすら蘇生呪文をかける奇特なキャラがいたのか、あるいは教会のない魔界でも復活できる施設がちゃんとあるのかは、不明で~す。

 王位を狙う他の有名人としては、5.0から名前だけ出ていたギャノン兄弟*2もいました。

f:id:hoshizukuyo:20200610030025j:plain

 籠城中のベルトロに会いにいくと、国をまとめられるのはヴァレリアだけだという話をされました。そしてまだヴァレリアを探していない地域がベルヴァインの森の向こうにあるけれど、道を塞いでいる岩を破壊するにはキラーホイールが持っていたピッケルが必要なのだとか。

f:id:hoshizukuyo:20200610031727j:plain

 これか~。

f:id:hoshizukuyo:20200610031744j:plain

 そして、ここか~。

f:id:hoshizukuyo:20200610031803j:plain

 道ができました~。この向こうがガウシア樹海で~す。

f:id:hoshizukuyo:20200610031819j:plain

 樹海には「呪いの泉」とかいう泉がありました。のちに知ることになるのですが、ここの水を飲むと怖ろしい姿になるんだそうで~す。

 ここの木はジャゴヌバの手みたいな形ですね~。何か関係があるのかな?

f:id:hoshizukuyo:20200610032225j:plain

 そしてのどかなトポルの村に着きました。

 そこには幼き日のヴァレリアの姿としか思えないティリアちゃんがいました。お菓子作りなどの様子から、かなりの力持ちだと思われているようで~す。本人は名前以外記憶がないとかいいはっているそうですが、月光を活用した月スミレのランプの作り方を伝授していたりしたので、記憶喪失というのは多分ウソですね~。

f:id:hoshizukuyo:20200610034042j:plain

 この村には『マシュランの魔界グルメ紀行』の最終巻がありました。魔界では町はもう追加されないということでしょうかね~。あとネクロデアで死んだと思われていたあの武器鍛冶職人のウェディも、生き延びてこの村に来て手記を残していました。

 村では「レビンの洞くつ」に最近大グモが出るようになったという情報が聞けました。イルーシャは大いに興味を持ち、ヴァレリアかもしれないから行ってみようと誘ってきました。

f:id:hoshizukuyo:20200610035233j:plain

 大クモには会えましたが、正体はヴァレリアではなくバルディスタの一般兵のウェブニーさんでした。名前の語源が(蜘蛛の)巣を意味する"web"なので、クモになるべくしてなったという感がありますね~。

 呪いの泉で姿を変えたモンスターが「ラーの広場」で元に戻るのを見たらしいのですが、この巨体では広場へ行くための細い道を通れないので、代わりに行ってきてほしいとのことでした。

f:id:hoshizukuyo:20200610040830j:plain

 ラーの広場に行くとラーの果実というものがあり、これを食べると元に戻るそうでした。

 ウェブニーを元に戻すと、彼女はクモが一番嫌いだったと教えてくれました。イルーシャは、呪いの泉とは被害者を本人が一番恐れているものに変えるのではないかという仮説を立てました。

 村に戻ると、ティリアちゃんは我々を避けて呪いの泉に行ってしまいました。面倒ですが、これは自白したも同然ですね~。

 呪いの泉ではイルーシャとベルトロがラーの果実をティリアちゃんに食べさせようとしましたが、そこにギャノン弟が乱入してきました。どうやら魔王の地位を得るためにベルトロを殺しにきたようでした。

f:id:hoshizukuyo:20200610043756j:plain

 さてこのギャノン弟ですが、多分ステータスの数値の上ではかなり強そうだったのですが、敵が前方にいなくても前方範囲攻撃の「地走り」を多用してきました。だから背後から攻めればかなり簡単でした。

 せめて二人組で来れば背中が死角になる確率も下がったでしょうね。運営は「兄と二人組になれば強かったかもしれない、頭の悪い猪武者」を非常に上手に表現していたと思いま~す。

 五年前に倒したクリムゾンローグ*3は「目の前のエモノに夢中になり 背中が ガラ空きになるので 常にペアで行動するようにと 首領から命じられている」という設定がありましたが、これは設定倒れで終わっていました。今になってようやくその設定にふさわしい行動パターンの敵と戦えたことになりま~す。

 村に戻るとティリアちゃんがギャノン兄と互角に戦っていました。そしてイルーシャから受け取ったラーの果実を食べるとヴァレリアに戻って一気にギャノン兄と子分を片付けてしまいました。

 ヴァレリアによると、太古の魔人に負けたので、この村で無力な少女として暮らしていくつもりだったけど、今回の件で自分の武力がまだ魔界に必要だと考えたのだとか。

 大岩のせいで辺境の村まで情報が来なかったのだから仕方ないですよね。バルディスタの価値観ならば、太古の魔人こそ最強だから、あいつが魔界を統一して自然に平和になると思い込んでしまっていたのでしょう。ギャノン兄弟が暴れたのは連中を村まで誘い込んだベルトロの仕業だったらしいのですが、そういう荒療治をしなくても、「ミアラの宝杖が壊れ、太古の魔人はもう登場しなくなった。だからまだ魔界は統一されていない」という情報が届けば、自然にまたやる気を起こしたことでしょう。

 あとはバルディスタに帰還すると、帰還したヴァレリアが内乱を一瞬で鎮静化し、「バルディスタ要塞復興のおはなし」は終わりとなりました。

 「ゼクレス要塞復興のおはなし」ではボスが二匹いたので*4、こちらでもギャノン弟のみならず兄とも戦うものだとてっきり思っていましたよ。やや肩透かしでした。