ほしづくよのドラゴンクエストX日記

画像は原則として株式会社スクウェア・エニックスさんにも著作権があるので転載しないで下さ~い。 初めてのかたには「傑作選」(https://hoshizukuyo.hatenablog.com/entry/2017/12/31/000000)がオススメで~す。 コメントの掲載には時間がかかることも多いで~す。 無記名コメントは内容が優れていても不掲載としま~す。

5.4時代のバトルロード改修に対応したメンバーの、スキルとバッジと耐性の紹介

 昨日の記事で予告したように、5.4時代のバトルロードの参加者として選んだメンバーの詳しい紹介を書きま~す。

f:id:hoshizukuyo:20210108185110j:plain

1.水月の紹介

1-1.スキルとその解説

ホイミン流格闘術II 50

ホイミン流回復術II 50

スティックIIスキル 18

スティックの極意 12

ホイミン流仙術 32

余り 2

 格闘術は48のフワフワボディまででまずは十分でした。

 回復術は回復役だけにやはり50までほしいと思いました。

 仙術は普通なら40の聖なる祈りがほしいところですが、後述するように聖なる祈りを習得できるセラフィ・光バッジを装備することにしたので、32の致死時たまに生き残るまででとどめました。

 残る34ポイントでスティックをどう育てるかでしたが、極意12のキラキラポーンは後述の状態異常耐性をある程度犠牲にする作戦から必須といえました。

 残った22ですが、さらに極意に20足せば32時点でかいふく魔力を80上げられるのに対し、IIスキルでには18使うだけでかいふく魔力は100上がりま~す。しかもIIスキルではデビルンチャームも習得できるので、やはりこちらに18注ぎました。

 さらに残った4については、無駄にするよりはマシと考えて格闘術に2足しました。それでもまだ2余りました。

1-2.バッジとその解説

おむつっこり・金

メタルスライム・金

げんじかぶと・金(時々交代)

セラフィ・光

リルチェラ・虹

アンルシア姫・虹

 ブレスガード型の装備をする場合、異常状態耐性はどうしても犠牲となりま~す。そういう中で即死ガード100があって「蘇生時100%でキラキラポーン」のあるリルチェラ・虹は、非常に強い味方となりま~す。この「蘇生時」には天使の守りで自己再生した場合も含むので、初手で天使の守りをして次に自己キラキラポーンさえしてしまえば、以後はいてつくはどう以外怖いものなしとなりま~す。

 そして5.4から虹バッジを二つ装備できるようになったので、アンルシア姫・虹で「いてつくはどうガード100」をしてしまえば、本当に怖いものなしになりま~す。まさに姫プレイで~す。

 金バッジの一番手は「致死ダメージ時10%で生存」を持つおむつっこり。

 二番手は光バッジを強化してくれる上に攻撃呪文ガードまでしてくれるメタルスライム

 三番手はやはり攻撃呪文ガードをしてくれた上に盾持ちの生存率を高めてくれるげんじかぶと。

 ただし防具だけでブレスガード100を実現できるようになった5.2以降の時代*1においては、げんじかぶとの持つブレスガードが何となくもったいないんですよね~。

 回復にすぐれたホイミスライムや、初手に呪いが来ても平気なマドハンドあたりを、げんじかぶとに代わる補欠要員としました。

 サポートとして貸し出すほうの水月君は、すでにげんじかぶとではなくマドハンドをつけていま~す。

1-3.装備の一部紹介と解説

 防具はブレスガードのため、カテドラルローブセットとブレスガーダーを装備しました。

 状態異常については、いくらキラキラポーンができるといっても初手はまだ怖いで~す。しかもバッジと違って装備では、無理に状態異常耐性を諦めたところで、ブレスガードと攻撃呪文ガード以外には、バトルロードで大活躍しそうな別の何かをつけられるわけでもありませ~ん。

 そこで無理せずガードできる分はガードすることにしました。後述する実験もしたいですからね。

1-4.各耐性の合計

 内訳の説明では、合計で100ガードに達した時点でそれ以上の理由はクドクド書きません。なのでたとえばブレスガードの項目にはげんじかぶとが登場しません。

光20 基本20

攻撃呪文47 セット7・メタルスライム25・げんじかぶと15

ブレス100 錬金90・セット10

マヒ100 錬金100

眠り100 錬金100

混乱100 錬金100

即死100 リルチェラ100

どく90強 聖守護者のゆびわ90・アンルシア姫の若干

封印100 おむつっこり100

転び100 基本100

踊り100 錬金100

魅了92強 ダークアイ80・輝石のベルト12・アンルシア姫の若干

はどう100 アンルシア姫

その他は若干 アンルシア姫

1-5.今後の実験計画と改善計画

 どくの「90強」が100に達しているのか不明なので、雑魚との戦いではあえて実験的にキラキラポーンをせずに毒攻撃を浴びてみようと思いま~す。

 100回浴びてもどくにならなかったら、アンルシア姫の「状態異常耐性」とは、ほぼ確実に10%以上ということになりま~す。

 仮にそうなったら次はベルトなしの「80強」で魅了を浴びるという危険な実験を開始しま~す。

 それでもやはり100回耐えられたら、アンルシア姫の「状態異常耐性」とは、ほぼ確実に20%以上ということになりま~す。

 仮にそうなったらベルトでの魅了ガードは不要となるので、ベルトは別の目的のものを締めようと思いま~す。

2.月光

2-1.スキルとその解説

FフォームII 18

AガジェットII 43

両手剣IIスキル 50

両手剣の極意 18

マシンソウル 32

余り 3

 まず絶対的に取得したかったのがFフォームII12のコードゼロで~す。ヴォルカドラゴンやベリアルの怒りを鎮めるのが最大の仕事ですからね。

 次にバトルロードは速攻よりも生存こそ大事と考えたので、両手剣IIスキル25と両手剣の極意18にある武器ガード率5%を取得しました。

 次に毎度のことながらFフォームII40のマヒャド斬りか両手剣IIスキル40の渾身斬りのどちらを目指すかで迷いました。これは両方を取得するよりも片方を極めるほうが強いですからね。

 「氷耐性の弱い敵を相手にするか、そもそも連れていかないか」を選べる状況下でならば、真マヒャド斬りのほうが便利そうで~す。

 しかしバトルロードのレギュラーともなると無属性のほうが便利で~す。

 あと「バイキルトを使える味方がいるとは限らない」という状況ならばロックオンを覚えるためにFフォームIIを25まで伸ばす必要があり、「この勢いでマヒャド斬りまで行こう!」という気分になりがちで~す。第三のメンバーがキラーパンサーだったころは実際にそうしていました。

 しかしバイキルトを使えるメタッピーがレギュラーに復帰しました。

 こうした事情を踏まえて今回は渾身斬りのほうを選ぶことにし、強化のために両手剣IIスキルを50まで伸ばしました。

 続いて二回攻撃をさせるため、AガジェットIIを40まで増やし、マシンソウルを32まで増やしました。

 残った12ポイントの使い道ですが、何か大技を1個覚えるよりも、本来の役目であるコードゼロをより迅速に発動させるほうが魅力的だと感じたので、まずはFフォームIIを18まで増やしてすばやさを60上げました。

 最後に残った6の使い道は、AガジェットIIにさらに3足すぐらいしか残されていませんでした。そして3余りました。

2-2.バッジとその解説

デスプリースト・金

おむつっこり・金

くさった死体・金(交代要員)

ダストン・光

アンルシア姫・虹

リルチェラ・虹

 デスプリーストは古式ゆかしいゾンビ戦法*2

 おむつっこりは死亡を防ぐだけでなく、封印ガード100でデスプリーストのザオリクを絶対的に維持するという効果もありま~す。

 くさった死体で強敵を呪うのも三悪魔本138ページ以来の古式ゆかしい戦いかたで~す。ただし最近は呪い耐性を持つ敵も増えてきたので、交代要員で~す。

 ダストンは08号との間で迷いましたが、くさった死体との相性がいいので維持しました。

 アンルシア姫とリルチェラのコンビはこちらでも健在で~す。デスプリーストのザオリクにキラポンが付与されるという強化を生み出しました。

2-3.装備の一部紹介と解説

 最近購入したミラーアーマーセット*3を、ほぼそのまま与えました。 

 ただしリルチェラの即死ガード100があるので、からだ上だけはゼルメアで拾った攻撃呪文ガード14とブレスガード13のついたものを与えました。

2-4.各耐性の合計

攻撃呪文14 錬金14

ブレス13 錬金13

マヒ100 錬金100

眠り100 錬金100

混乱100 錬金100

即死100 リルチェラ100

どく100 種族100

封印100 おむつっこり100

幻惑100 ダークグラス100

転び98強 錬金98・アンルシア姫の若干

おびえ10強 種族10・アンルシア姫の若干

踊り100 錬金100

魅了12強 輝石のベルト12・アンルシア姫の若干

呪い90強 聖守護者の指輪90・アンルシア姫の若干

はどう100 アンルシア姫

その他は若干 アンルシア姫

2-5.今後の改善計画

 今後もゼルメアでさらによいミラーアーマー上を探し続けま~す。

3.ダイダロス

3-1.スキルとその解説

バトッピーII 50

サポッピーII 50

ツメIIスキル 32

ツメの極意 0

メカッピー 32

 まず昨日の記事で書いたとおり、浮くことこそが最大の再加入理由なのでバトッピーIIを48まで上げました。

 そして月光にロックオンを捨てさせたからにはバイキルトも必要と考え、サポッピーIIを40まで上げました。

 また生き延びることが重要なので、メカッピーを32にして身かわし率も5%高めました。

 同様の理由からツメの極意を18まで高めることも考えたのですが、こちらはわずか2%なのであまり必要ないかなとも思いました。極意12のゴールドフィンガーはプクラスバッジで不要になりましたし~。

 そういうわけで次にツメIIスキルを見たのですが、バトッピーIIで強化版バードカッターまで入手している以上、タイガークロウはあまり必要がないと考えました。そこで32に抑えました。

 残りの12を使えばバトッピーIIもサポッピーIIも50にできると気づいたので、このような極端な配分になりました。

3-2.バッジとその解説

デスプリースト・金

おむつっこり・金

くさった死体・金(交代要員)

プクラス・光

アンルシア姫・虹

妖魔ジュリアンテ・虹(交代要員)

 月光とほぼ同内容ですが、リルチェラの部分が妖魔ジュリアンテになっていま~す。

 リルチェラにしようかとも考えましたし、今でも少しは悩んでいます。ゾンビ戦法発動後は全員のザオリクがキラポンつきになりますからね。

 でもその代わりに序盤のキラポンが大変になるので、労力を分散させる道を選びました。

3-3.装備の一部紹介と解説

 開祖の道着セットも魅力的でしたが、やはり身かわし率を重視してタンブラーシャツセットを与えました。

 実はこれもバッジでリルチェラを採用しなかった理由の一つで~す。

 ミラーアーマーや開祖の道着はゼルメアの20~24階で拾えますが、タンブラーシャツはそうもいきませ~ん。

 かといってそのためだけに紅海神のうろこもふしぎな三面鏡もない10~14階に行くというのは、ゼルメア1000回クリアを効率的に目指している現在の星月夜にはできない相談で~す*4

 そういうわけで当分の間ダイダロスのからだ上装備には即死100ガードが必ずつきまとい、リルチェラバッジの意義を弱めてしまうので~す。

3-4.各耐性の合計

マヒ100 錬金100

眠り100 錬金100

混乱100 錬金100

即死100 錬金100

どく100 種族100

封印100 おむつっこり100

幻惑100 ダークグラス100

転び100 種族100

おびえ10強 種族10・アンルシア姫の若干

踊り100 錬金100

魅了100 妖魔ジュリアンテ90・輝石のベルト12

呪い100 錬金60・聖守護者のゆびわ90

はどう100 アンルシア姫

その他は若干 アンルシア姫

3-5.今後の改善計画

 よほど優れた錬金の開祖の道着上を拾ったら、防具もバッジも再考する予定で~す。

※2021年2月16日追記

 改修版の記事を書きました~。