ほしづくよのドラゴンクエストX日記

ドラゴンクエストXの世界で体験したことを綴っていきま~す。画像は原則として株式会社スクウェア・エニックスさんに著作権があるので転載しないで下さ~い。

「レディメイドな錬金釜」をクリアーしました。ナドラガンドや時渡りに関する設定情報も見逃せませんでしたね~。

 錬金術師のネロリ―さんから、クエスト「レディメイド錬金釜」を依頼されました。

 ネロリーさんの語源はきっと「錬金」の「錬」の字の訓読みですね。

f:id:hoshizukuyo:20180102033319j:plain

 ネロリ―さんは、錬金釜の形状は現状のものが一番便利だと理論的に証明されているけれども、外見が全部同じなのはつまらないと、悩んでいました。

 この形状の錬金釜は5000年後のイッショウさんも愛用していたほどなので、よほど発展のしようのないほど便利なのでしょうね。

 ネロリ―さんの独自研究によると、かつてナドラガンドで入手できた「オーロラクオーツ」と「幻惑の霧」があれば何とかなるんだそうで~す。

 ここで見逃せないのは、オーロラクオーツについて「竜の大陸の 極寒の美しい大地にいた オーロラウンダーが 落とす」と説明されていた点で~す。

 現在の氷の領界と同一かどうかはともかく、とりあえずかつてのナドラガンドにも極寒の地域は存在していたということになりますね~。

 また幻惑の霧について「竜の大陸にある 神聖なる森の 見る者すべてが 魅了される 青く澄んだ泉付近で 手に入る」と説明されていました。

 「神獣の森」は、アマカムシカが住み着く前から神聖で、幽玄の泉はそのころから存在したということになりますね~。

 これらは重要な設定ですね~。

 ネロリーさんはナドラガンドはもう存在しないから「さっそく 詰んじゃった」とか弱音を吐いていました。

 これを聞いたとき、「まだ詰んでないでしょ。時渡りという発想があるでしょ」と思いました。

 ただしこの時点では、「発想はあったとしても、協力してくれそうな王族へのツテがないということはある」とも思いました。ヨペさんという人の情報によれば、時渡りのチカラを持つのは王族だけなのだそうで~す。

f:id:hoshizukuyo:20180102102131j:plain

 でもエテーネ王宮で聞いた話によれば、あちこちにある浮島は原則として王族の所有らしいので、王族はそんなに少なくなさそうで~す。

f:id:hoshizukuyo:20180102035102j:plain

f:id:hoshizukuyo:20180102035115j:plain

 とりあえず素材を集めて持ち帰ると、「あ・り・え・なーい! どうしてどうして!? こんなものが 存在しているなんて」といわれました。

 この驚きかたから考えるに、どうやらエテーネ人でありながら時渡りでナドラガンドにいくという発想がそもそもなかったようですね~。

 これが天然ボケでないとするならば、能力上の問題から、エテーネの王族でもナドラガンドが存在した時代にまで時渡りをすることは不可能だという設定があることになりそうですね~。

f:id:hoshizukuyo:20180108083312j:plain

 不可能を可能にする助手を直感で見つけてしまったのだとしたら、ヒストリカ博士の自然科学版みたいな人ですね。

 なお、研究は成功で、錬金釜の実際の形状は変えずに外見だけ変更する「古代エテーネ釜プリズム」が完成しました。

f:id:hoshizukuyo:20180102035128j:plain

 これって色以外は、兄が星月夜にくれた、錬金術師でなくても錬金ができるあの釜と同じ外見ですね~。

 同じものを持っている冒険者も多数みかけた経験があるので、ネロリーさんは5000年級の発明者にしてデザイナーだったことになりま~す。

f:id:hoshizukuyo:20180102040619j:plain

 その後、釜デコ屋ヤシムさんとはじめて会話をし、星月夜愛用の錬金釜の色も古代エテーネ釜プリズムで変更してもらいました~。

王都の小さな案内人

 クエスト「王都の小さな案内人」を終えました。

f:id:hoshizukuyo:20171227162839j:plain

 オダマキさんから新しい便せんの材料として「トキワアカネ」が必要だといわれました。ももんじゃが落とすそうで~す。

 「トキワアカネ」って多分「常盤茜」って書くんでしょうね~。「常盤」って「永遠」という意味なので、同じく「永遠」を意味する「エテーネ」の首都の便せんにふさわしい素材ですね~。

f:id:hoshizukuyo:20180102044908j:plain

 こういう平和的な顔のモンスターを倒すのは、少し心が痛みますね~。

 ももんじゃを倒して「黒ネコの便せん」をもらったのですが、その絵の黒ネコ、首飾りといい尻尾飾りといい、メレアーデさんのチャコルにそっくりでした。

 でもオダマキさんがいうには、キィンベルに慣れていないオダマキさんを上手に案内してくれた猫がモデルらしいので~す。

 たまに王宮を抜け出してそういうことをしていたのか、近未来から来たほうのメレアーデさんのチャコルが野良猫をしていたのか、はたまた他猫の空似なのか……。謎は深まりました。

釣りレベルが35になり、カンストしました。ついでにリードシクティスのキングサイズの写真も添付。

 4.0で解放された釣りレベル*1が、このたび新しい上限の35に到達し、カンストしました。

 ついでなので最近釣ったキングサイズを自慢する写真も添付しておきま~す。

f:id:hoshizukuyo:20171231193858j:plain

 3.3時代に最強だったリードシクティスのキングサイズを、ようやく釣りました~。

 現在の成果は、ノーマルが全96種類、ビッグサイズが91種類、キングサイズが88種類で~す。

ドミネウス系の三連戦を終え、4.0クリアー。

 ファラスさんがアルケミアから持ち帰った機器のおかげで、マローネさんの意識は回復しました。

 でも星月夜が持ち帰ったヨンゲさんの指針書を読んだクオードは、興奮して父親と直談判に行きました。

 ドミネウス王はせっかく長期にわたって時見の神殿に引きこもる人物なのですから、その隙にこの証拠を用いて文武百官を説得して寝返らせていれば、かなり簡単に無血クーデターが成功したでしょうね~。

 でもわざわざ直談判などをしたため、クオードは言いくるめられてしまいました。しかもそのせいで、星月夜は投獄されてしまいました。

 流石の星月夜もクオードの政治能力の低さには呆れましたね。

星月夜の内心「この荒事しか能のない グズめがッ!」

f:id:hoshizukuyo:20171230012952j:plain

 地下牢では、幻灯機の中で偽執事をやっていたバディエドと再会しました。エテーネ王国には死刑がないとかで、余裕をかましていました。

 でも翌日、ドミネウス王が「黄金刑」を復活させ、バディエドは黄金の塊にされてしまいました。

 この死骸は国庫に編入されたそうで~す。後で料理人と会話したところ、黄金刑復活のおかげで財政が楽になりそうとかいっていました。

 錬金術が盛んといっても、やはりなんだかんだで他の手段で黄金を作るのは難しいのでしょうね~。実際、キィンベルできんかいを売っても、ちゃんと現代と同じ値段で買い取ってくれま~す。

 バディエドの服まで黄金になっていたので、黄金刑がなくても黄金をいくらでも作れそうにも思われましたが、これも「生きた人間という触媒あってこその効果だ」と考えることにしました。

 星月夜も黄金刑に処せられそうになりましたが、事前にもらっていた「命の石」を黄金刑用の釜に放り込むと、それらは敵味方の区別なく暴れるゴールドマン三匹になりました。

 この混乱の中で星月夜が逃げようとすると、ドミネウス王が自らおいかけてきました。ディアンジが火を放ってもひるまず直進してきました。本人は火を浴びても無傷でしたが、服が燃えたせいで王家の秘宝である自動人形としての正体がばれてしまいました。そこそこの超展開ですね~。

f:id:hoshizukuyo:20171230014759j:plain

 「自動人形ドミネウス」で~す。正体を隠そうとしなくなったせいか、「ロケットパンチ」などの人間離れした攻撃もしてきま~す。大した性能でない上に、こちらはクオードを含めた五人なので、楽勝でした。

 倒すと「時見のカギ」を落としていきました。これは玉座の間の隣にある時見の神殿に入るためのカギでした。

 こうして偽王事件は一応収束しましたが、メレアーデさんの姿が見当たりませんでした。情報を総合するに、時見の神殿に捕らわれている可能性が高いということになり、クオードは探しに行きました。星月夜もファラスの依頼でその護衛をすることになりました。

f:id:hoshizukuyo:20171230015729j:plain

f:id:hoshizukuyo:20171230015952j:plain

 天空の城の下部の黒い半球体の内側はこうなっていたんですね~。パクリやオマージュを通り越して、「そのまんま」で~す。

 ここにいた本物のドミネウス王によれば、滅びの未来を回避する知恵を時見の箱から得るため、時渡りのチカラを集めていたのだそうで~す。

 ここでようやく辺境警備隊詰所で異形獣が一部の兵士しか襲わなかったのかが判明しましたね。見逃された連中は、きっとエテーネ王家の血がまったく入っていないか、もしくはほとんど入っていないため、時渡りのチカラがゼロか限りなくゼロに近い者たちだったのでしょう。

 手段は強引でしたが、エテーネ人が絶滅するのを座視するような支配者よりは、こういう独裁者のほうがマシでしょうね。

 実際に予見の作業を開始しすると、当初は「見える! 見えるぞ!」と誇っていたのですが、異分子たる星月夜がいたせいで途中からうまくいかなかったらしく、星月夜を排除するためパワーアップして襲ってきました。

 クオードは姉や叔母が犠牲になったことで父を恨んでいたので、どちらの味方をするのがエテーネの王族として正しい選択をするのかとかを深く考えず、星月夜の味方をしてくれました。

星月夜の内心「こいつが荒事しか能のないグズで助かったわ~」

f:id:hoshizukuyo:20171230021332j:plain

 この写真が、時見の箱の助力でパワーアップした「時獄のドミネウス」で~す。これも五人がかりだったので、楽でした。

f:id:hoshizukuyo:20171230022207j:plain

 倒すとクオードを「荒事しか能のない グズめがッ!」とののしり、さらにパワーアップして「魔人王ドミネウス」になり、クオードを気絶させた上で襲ってきました。

 ドミネウスばかりの三連戦で、いささか食傷気味で~す。「偽物→本物→本物の本気」の三連戦はムドーやデスタムーアと似た構造ですね~。偽物が「眠らない王」という設定と深い関係があったのも、ムドーそっくりで~す。

 この戦いは、荒事しか能のないグズがその唯一の能力まで失ったこともあり、そこそこ面倒でした。一応ソロプレイ縛りでも一発で勝てましたが、何度か危うい場面がありました。

 戦闘中は「重力波」という技を水平に撃ってきましたが、戦闘でこちらが勝つと重力波を斜め下に撃ってしまい、壁よりももろかったらしい床を自分で壊してしまいました。ここからエテーネ王宮の釜の底が抜けはじめました。

 これを重力波 ≒ "gravitational wave" ⊂ "Pulse" ≒ バルスという暗号として解釈するのはこじつけでしょうか?

 しかも時見の箱のエネルギーが尽きたのか、ドミネウス王はもう変身できなくなったようでした。

 その状態を利用して、突如出現した黒衣の剣士が生身のドミネウス王を背後から瞬殺しました。彼も異形獣を操れるようで、連中がためたエネルギーを時見の箱に集め、もう一度箱を光らせると、王宮ごと別の時代にワープしてしまいました。

 星月夜は抜けた釜の底もろとも落下中だったので、このワープに巻き込まれずにすみました。

f:id:hoshizukuyo:20171230023605j:plain

f:id:hoshizukuyo:20171230023822j:plain

f:id:hoshizukuyo:20171230060304j:plain

 現代に帰還するとグランゼドーラ上空はこんな状態になっていました。一連の冒険のせいでかえって滅びの時期が早まったそうでした。

 これにて4.0のメインストーリーは完結。入手した称号は「5000年の旅人」で~す。

王立アルケミアの戦い & 4.0時代の宝箱をコンプリート

 ゼフさんから、異形獣のツノの精神エネルギーの吸収・備蓄装置は王立アルケミアの成果だと聞かされたファラスさんは、またまたアルケミアに行きたいという熱意が高まってしまいました。

 そして歴代アルケミア所長は同じ家に住んでいて、秘密の転送機を別個に所持しているという情報をつかんできました。

f:id:hoshizukuyo:20171229224804j:plain

 現所長ヨンゲの机の上に置きっぱなしになっていた手紙から、前所長のワグミカさんが異形獣の研究の反対派だった形跡がうかがえたので、ワグミカさんに頼んで秘密の転送機の場所を教わることにしました。

 ワグミカさんは今では自由人の集落に住んでいるらしいので、作っておいたワープポイントを使って速攻で会いにいきました。

f:id:hoshizukuyo:20171229225016j:plain

 ところがファラスさんのほうが先に着いていて、暗証番号まで教わって、すでに去っていったのだそうでした。でも、ワグミカさんはファラスさんに転送機の取っ手を渡し忘れていたらしいので、一応星月夜が来た意味もありました。

 ワグミカさんはセリフが老人っぽいのと酒らしきものを飲んでいたので、外見は少女でも中身は老人の可能性がありま~す。ただしファラスさんを「おっさん」呼ばわりしていたので、やはり少女なのかもしれませ~ん。

f:id:hoshizukuyo:20180104040831j:plain

 ワグミカさんの側近のモモンタルは、麦わら帽子で隠していますが、背中に魔法生物特有の赤い宝石が確認できました。

f:id:hoshizukuyo:20171229225852j:plain

 なお、ワグミカさん時代の暗唱番号は、ヨンゲさんによって変更させられていました。

f:id:hoshizukuyo:20171229225940j:plain

 でも給料の遅配に悩む侍女のママルボンさんが、暗号化されたメモを貸してくれました。

 暗号を解いてファラスさんとアルケミアに乗りこむと、ちょうどヨンゲさんが自宅へと逃げようとしてきたところに鉢合わせしてしまいました。どうやらアルケミアは異形獣によって壊滅し、ヨンゲさんは命からがら転送機まで逃げてきたようでした。でも星月夜とファラスさんを国王の派遣した殺し屋だと勘違いし、危険な方向に逃げてしまいました。

f:id:hoshizukuyo:20171229230103j:plain

 なおヨンゲさんの執務室には、中心に大きなヨンゲさんの肖像画が飾ってありました。第39代所長なのだそうで~す。左が38代所長のワグミカさん、右が初代所長のケミルムングさん。この配置からすると、ヨンゲさんは自分こそ歴代で一番偉大な所長だと思い込んでいるようですね~。

f:id:hoshizukuyo:20171229231110j:plain

 アルケミア内部では、雑魚扱いになった異形獣が大量にうろついていました。戦闘になるとMPを大量に吸われてしまうので、面倒でした。

f:id:hoshizukuyo:20171229231508j:plain

 他の雑魚としては、亡者のひとだまとバロンナイトとメカバーンがいましたね。亡者のひとだまは殺されたばかりの所員の魂なのでしょう。バロンナイトには「悪の科学者たちによって魔の改造をほどこされた魔物」という設定があるので、これも異形獣と同じくアルケミアの負の遺産なのでしょう。ただメカバーンがいた理由だけは不明でした。

f:id:hoshizukuyo:20171229231553j:plain

 ガチャコッコが事務仕事をしているのは、不思議の魔塔と同じでした。なおゾーネスの生きた時代には「ガタラ」の町がすでにあったので、ほぼ確実にエテーネ王国の時代のほうが古いで~す。

f:id:hoshizukuyo:20171229232142j:plain

 蒸気が漏れているから通れない通路があるので、色々な操作をしてコンベアーを止めてバルブにたどり着かなければなりませんでした。またしても『バイオハザード』ですか~。

 最終処分場でヨンゲさんに追いつき、誤解を解きました。そして異形獣の被害者たちを治すのは簡単であることと、国王がすべての黒幕であることとを聞きました。治すための装置も、国王が黒幕であるという証拠も、どちらも先進研究区画にあるらしく、ヨンゲさんは先進研究区画へのカギも所有していました。

 でも、そこにまた異形獣の強化型が登場してしまいました。

f:id:hoshizukuyo:20171229232317j:plain

 この「ヘルゲゴーグ・烈」は、「強化異形獣・狂」よりもさらに強かったですね~。

 白はよりさらに強化されているのか、それともシャンテさんの音波攻撃による弱体化がなかったせいなのか、その両方の理由が足されたのかは、謎で~す。

 ヨンゲさんはヘルゲゴーグ・烈により落命しましたが、先進研究区画へのカギは残りました。

f:id:hoshizukuyo:20171229232653j:plain

 先進研究区画では、かわいいホイミスライム君たちが酷い目にあっていました。

f:id:hoshizukuyo:20171229233140j:plain

 ここで4.0時代の宝箱をコンプリートできました。

f:id:hoshizukuyo:20171229233218j:plain

 治療装置と国王が黒幕であることを証明するヨンゲさんの指針書とを入手しました。

 あとここに残されていたレポートにより、今までしばしば不明だと驚かれていた異形獣の侵入経路の謎*1がわかりました。いつでも卵の状態にして簡単に持ち運べるようにしたのだそうで~す。

 なお帰還後、ママルボンさんにヨンゲさんの死を知らせると、自分の失業の心配ばかりしていました。一方ワグミカさんは、皮肉をいいつつ泣いていました。

一難去ってまた一難。でも滅びの未来の回避には一歩近づいたのだそうで~す。

f:id:hoshizukuyo:20171229084633j:plain

 転送機がなおったのでクオードと王宮に来ました。クオードは寄り道するなとかいってきましたが、そういわれるとしたくなりますね~。

f:id:hoshizukuyo:20171229084918j:plain

 偽のドミネウス邸で会った、偽警備員のレマ・偽料理長のダレン・偽猫のミザリを発見。王宮勤めの家長に会いに来ていたようでした。

f:id:hoshizukuyo:20171229085140j:plain

 偽執事のバディンドは「地下牢」というマップに閉じ込められていて会えませんでした。

 でも「地下」だなんて変ですね。ここは天空の城だというのに。

 元々は地上にあった城を、後から浮かしたんでしょうか?

f:id:hoshizukuyo:20171229085503j:plain

 ドミネウス王の妻はかなり以前から故人なのだそうで~す。本棚でみつけた日記から推測するに、おそらく名前は「ルミラーハ」で~す。

 他に王関連の噂として、「異常に小食」とか「あまり眠らない」とかいう話が聞けました。レイドック王みたいな噂ですね~。一言でいうと怪しいで~す。

f:id:hoshizukuyo:20171229085758j:plain

 かなり豪華な玉座の間。ここでクオードが幻灯機による転送機の故障事件の顛末を報告しました。

 今までの経緯から王も怪しかったのですが、クオードの報告を途中で遮って根拠のない憶測を並べ立てたワトス大臣もかなり怪しかったで~す。

 この玉座の間の右奥にある書庫で発見したエテーネ王家の秘宝目録には、「レイミリア幻灯機」というものがありました。人の思念を異空間に移す機械であり、費用の関係から量産は見送られ、当時のアルケミア所長のレイミリアは辞任したとのことでした。

 あの幻魔レイミリアは元所長の成れの果てなんでしょうかね~?

 他に秘宝としては、要人に成りすます「自動人形」・中の時間を自在に操る「時操のツボ」・3Dプリンターの「複写鏡」の記述がありました。これらもやがて登場するんでしょうかね~?

 演算について書かれた『キュルスクル』という本もありました。キュルルの秘密が書かれてそうでしたが、古すぎて読めませんでした。

 その後、メレアーデさんと再会しました。やはり軽装版メレアーデさんのことは覚えてなかったようでした。メレアーデさんは叔母のマローネさんに会いに行くので、一緒にきて欲しいとのことでした。

f:id:hoshizukuyo:20171229100937j:plain

 着いた先は、「パドレア邸」でした。そしてマローネさんの夫がドミネウス王の弟の「パドレ」だとも教わりました。「パドレ」の家なのに「パドレア邸」なのは、「パドレア」とは、「パドレの」とか「パドレ夫妻の」とかを意味する、架空の格変化なんでしょうかね~?

 ここでまた事件がありました。二体の異形獣が邸内に乱入し、ヒストリカ博士のクエストに出てきたファラスさんが苦労して倒すも、それまでにマローネさんの精神エネルギーが吸われてしまったのでした。

 その後、ファラスさんがかつて仕えていて、自分をリンジャーラごと「時空の狭間」に転移して行方不明になった「主」こそ、パドレだと判明しました。ファラスさんはこの半年間ずっと主を探し続けているそうで~す。

 「あなたの主は「時空の狭間」に行ってしまったので、どれだけ地べたをはいずりまわっても成果は出ませんよ~」と教えてあげたほうが親切なのでしょうがヒストリカ博士のクエストをやらずにここまで来たプレイヤーへの配慮のためそういう場面はありませんでした星月夜はどう伝えていいかわからず、結局黙ってしまいました。

 娘の名前が星月夜と同じなので、パドレ・マローネの夫婦は星月夜の人間態の両親かもしれませんね~。これはしっかりファラスさんをフォローしなければなりませんね~。

 とりあえずファラスさんはマローネさんを治すため、その精神エネルギーが封じられた異形獣のツノを持って王立アルケミアに相談に行こうとしたのですが、転送機がなおったあとも王立アルケミアにだけはなぜか行けないと判明しました。仕方なく旧知のゼフさんの店に相談に行ったようでした。

 それを追い駆けていくと突如軽装版メレアーデさんが登場し、自分の指示に従った星月夜の一連の行動で、滅びの未来の回避へと一歩近づいたとお礼をいってきました。

 今までの行動がどうめぐりめぐって滅びの未来の回避の役に立ったのかは不明ですが、とりあえず一段落ということで、今回は終わりとしま~す。

幻灯機の中の戦い

 無事に星華のライトが完成したので、クオードと二人で転送機に入りました。すると気絶をしてしまいました。

 目が覚めるとそこは壊れる前のドミネウス邸でした。

f:id:hoshizukuyo:20171229022631j:plain

 でもそこに暮らしていたのは、偽の記憶をうえつけられた転送機故障の犠牲者たちでした。

 せっかくなので全員紹介しておきましょう。

f:id:hoshizukuyo:20171229021854j:plain

 左にいるのが、自分をメイドだと思っているザグルフ。右にいるのが自分を宝石商だと思っているシニダス。

f:id:hoshizukuyo:20171229022237j:plain

 左の子は自分を料理長だと思っているダレン。奥で料理をしているのは自分を料理人だと思っているコトー。

f:id:hoshizukuyo:20171229022332j:plain

 このあらくれは自分を執事だと思っているバディンド。

f:id:hoshizukuyo:20171229022413j:plain

 書斎でしゃがんでいたのは、自分を猫だと思っているミザリ。

f:id:hoshizukuyo:20171229022507j:plain

 自分を若いメイドだと思っているグラセア。入れ歯に関しては若干の違和感が残っている模様。

f:id:hoshizukuyo:20171229022654j:plain

 自分をクオードの友達だと思い込んでいるスタックス。

f:id:hoshizukuyo:20171229022617j:plain

 自分をメイドだと思っているエンパ。でも昔のクセで、つい戦闘の訓練をしてしまうようでした。

f:id:hoshizukuyo:20171229022803j:plain

 自分をメイドだと思っているラバーナ。ただしその設定にしてはなぜかベッドメイキングが下手だという自覚は残っている模様。

f:id:hoshizukuyo:20171229022901j:plain

 警備員のつもりのレマ。元は重い鎧に耐えられない一般人だったようで、まったく動けない様子。

 クオードは紛失した星華のライトを探すことを提案してきました。

f:id:hoshizukuyo:20171229023132j:plain

 自分の分身みたいな謎の影が、星華のライトの隠し場所への道を教えてくれました。この影の正体は現段階では謎で~す。

f:id:hoshizukuyo:20171229023316j:plain

 クオードもこの館に順応してしまい、偽のメレアーデさんとチェスに耽っていました。

 チェックメイトされて「待った!」をしていましたが、一手戻しても絶対にクオードの負けになる駒の配置でした。

 そんなことも理解せずに「待った!」をするとは、クオードはチェスが下手ですね~。

f:id:hoshizukuyo:20171229023511j:plain

 星華のライトで偽メレアーデさんの正体を暴くと、「イル・ラビリンス」というさらに別の異空間に行けました。

 極彩色で距離や位置や重力の方向が狂った世界なので、「イル」は「幻覚」を意味する"illusion"からきているのだと思いま~す。

 でももう一つ可能性がありま~す。以前の記事で、アストルティアにおける「イル」とは古代語の「大王」だという説を書きました。そうなると、ルオンさんの予想*1通り、これを含めた一連の事件の黒幕は王だということになりますね~。

 ラビリンス内で話を進めると、偽メレアーデさんとチェスで勝負ができました。

f:id:hoshizukuyo:20171229024535j:plain

 このチェスはキングを先に倒しても勝ちにならないという、ろくでもないゲームでした。

f:id:hoshizukuyo:20171229024828j:plain

 勝利したあと駒たちの「まめちしき」を読むと、クオードのチェスの拙劣さを裏付ける内容が書かれていました。ポーンを大事にしすぎる一方で、キングを戦闘に参加させすぎてしまうのだそうで~す。この性格は、軍団長自ら不調の転送機に乗り込んだこの件でも活かされてますね。

 この異空間のボスである「幻魔レイミリア」と戦えました。天地雷鳴士の使役する無敵の「幻魔」とは違い、ちゃんとダメージが与えられました。

f:id:hoshizukuyo:20171229025119j:plain

 これにも勝利すると、事件は解決しました。この異空間は、転送機に仕掛けられていたエテーネ製の幻灯機によって作られていたものなのだそうでした。

 ひょっとしてこれが、今まで伏線が回収されてなかったウチナリモ光学*2なんでしょうかね~?

 次回はいよいよ王宮に突入で~す。

 ところで、異空間で我を忘れてしまうって、悠久の回廊にもあった罠ですね~。

 悠久の回廊ってエテーネの島にあったものですから、やはり同じ技術が使われていたのでしょうか?

f:id:hoshizukuyo:20170324191458j:plain