ほしづくよのドラゴンクエストX日記

ドラゴンクエストXの世界で体験したことを綴っていきま~す。画像は原則として株式会社スクウェア・エニックスさんに著作権があるので転載しないで下さ~い。

バトルトリニティの世界観を描いたイメージイラストについて

 出遅れましたが、本日は「開発・運営だより -第43号-」で公開されたバトルトリニティの世界観を描いたイメージイラストについて語ってみようと思いま~す。

 「トリニティ」といえば英語で「三位一体」の意味ですから、何かしらキリスト教と関係がありそうなので、伝統的なキリスト教絵画との比較から分析してみることにしました。

 まず注目すべきは、中央に十字架を思わせる光線が描かれ、その左右に太陽と月が描かれていることで~す。

 十字架を中心に太陽と月とを描くのは、「キリストの磔刑」をテーマにした絵画にしばしば見られる特徴で~す。『新約聖書』のマタイによる福音書・マルコによる福音書ルカによる福音書によれば、キリストを磔刑にしたときに正午から午後三時まで暗かったらしく、そこから昼でも太陽と月が同程度の明るさだったのではないかとイメージを膨らませたのではないかと考えられていま~す。

 ただし伝統的には、太陽は絵の左部分に配置され、月は右に配置されてきました。これはおそらく、西洋の「右利きが多数派なので、右が左よりも偉い!」という観念と「太陽は弱っても月より格上」という観念が融合し、キリストから見て右側、すなわち鑑賞者からみて左側に、偉いものを配置しようとしたからでしょう。

 キリストと同時に処刑されたとされるデュスマスとゲスタスについても、キリストを誹謗したゲスタスはキリストから見て左に配置され、キリストに帰依したデュスマスはキリストから見て右に配置されるのが通例で~す。

 ところがバトルトリニティのイラストでは、鑑賞者から見て右側に太陽が配置されていま~す。

 こうなると、絵の下のほうにいるモンスターたちについても、一概に「右側(キリストから見て左側)が悪」とは言い切れませんね~。地形的にも、左下が濁流なのに対して右下は花畑で~す。むしろ絵の右部分のほうが正義だったりして。

 仮にそうだすると、自己の左に正義を配置された中央の人物もまた、悪なんでしょうかね~?

雨月「昨日はお盆に相応しい屍獄の話題だったのに*1、今日はキリスト教の話題ですか~? 節操がな~い」

星月夜「8月15日は聖母マリアが昇天した祝日でもあるのよ~。教養として覚えておきなさ~い」

雨月「へ~、ジパング終戦記念日だから覚えやすいわ~。じゃあついでにマリア様が地上に来た日も教えて~」

星月夜「12月8日。「無原罪の聖マリア」の祝日よ~」

雨月「開戦記念日やないの!」

f:id:hoshizukuyo:20150418173110j:plain

蒼怨の屍獄兵団の目的は?

0.はじめに

 本日はお盆にちなんで、蒼怨の屍獄兵団の目的について考えてみました。

 なお、他の三兵団についての分析記事 「アストルティア防衛軍元帥昇進記念記事 「アストルティア防衛軍の敵軍の黒幕は魔物商人」説を提唱しま~す」の続編としての性格が強い記事なので、先にそちらをお読みくださ~い。

f:id:hoshizukuyo:20180804031828j:plain

1.黒幕はやはり魔物商人。そして同業他社の可能性は低いがゼロではない。

 蒼怨の屍獄兵団のボスの名前は、過去の兵団のボスの名前と似ていま~す。

 「まめちしき」も、今までと同じく魔物商人が書いたものに雰囲気が似ていますね~。

※蒼怨の武骸将デゾス・・・「初の装備換装型が登場! こちらは物理攻撃特化型。 単体運用よりもタイプの異なる 2体の同時運用がオススメ!」

※蒼怨の邪骨将マッゼ・・・「初の装備換装型が登場! こちらは魔法攻撃特化型。 単体運用よりもタイプの異なる 2体の同時運用がオススメ!」

 やはり黒幕は今までと同じく魔物商人だと思ったほうがよさそうで~す。

 しかも、同業他社の可能性は低いですね~。なぜなら9時間中1時間だけあるランダムの時間帯以外では、蒼怨の屍獄兵団が積極的にツスクルを襲っている時間帯は獅子門は平和であり、逆もまたしかりであるからで~す。

 ただし、獅子門を襲うA社とツスクルを襲うB社とがあったとして、さらに両社に魔鐘を貸し出すC社とかがあって、C社のメンテナンスの都合上、同時に二地域に貸し出せるのは9時間に1時間までだというような可能性も、ゼロではありませ~ん。

2.ツスクルが標的となった理由その1 実験は初期段階

 先に出た三兵団の将たちについては、開発陣は絶大な自信を持っていました。「至高の作品」・「究極の形」・「あらゆる戦況に対応できる」と。

 だから広告としての側面を重視して、一番戦争が起きやすいオーグリードで暴れたのでしょう。

 そして実験としての側面においても、もう最終段階なので、オーグリードの中でも一番過酷な環境である、寒冷地と乾燥地の境界線上で暴れてみせたのでしょう。

 それに比べると、今回の兵団の二将の紹介文は、非常に弱気で~す。「自分たちとしても初の試みなんだから、あまりクレームはつけないでね。あと、単品で購入して負けても自己責任ですよ」という気持ちが、ありありと透けて見える文章になっていま~す。今後どんどん改良していく予定の新発明という印象ですね~。

 このため、まずは標準的な環境である温暖湿潤なツスクルあたりで初期実験を開始したのだと思いま~す。過酷な環境に耐えうる改造は、今後の課題というわけで~す。

3.ツスクルが標的となった理由その2 宣伝に最適の地

 「新商品は装備の換装が出来ますよ~。とりあえず2体買っておけば、魔法に強い相手にはデゾス2体で挑み、魔法に弱い相手にはマッゼ2体で挑み、バランス型の相手にはコンビで挑めますよ~!」という意味の広告をしたとします。

 人によっては「へぇ〜! イイネ! 買っちゃおうかな〜!」と考えるでしょう。でも「面倒だから汎用型のブラゴ1体ですませちゃおうかな~!」と考える人も多そうで~す。

 では、「へぇ〜! イイネ! 買っちゃおうかな〜!」な人の比率が一番多そうなのはどこでしょうか?

 それは、普段から「知の試練と力の試練の両方に合格しないと学びの庭を卒業させないぞ」という言葉が飛び交っているツスクルだと考えるのが順当でしょうね。常時多様な能力が汎用の状態にあることを貴ぶのではなく、状況に応じて何らかの能力を特化するということを貴んでいるわけですから。

 なおアズランやカミハルムイにも、学びの庭を卒業してツスクルの価値観に染まった有力者は大勢いるのでしょうが、これらの国を直接襲うとエルトナの経済自体が衰えてしまい、さらには次章で後述する理由もあいまって、魔物商人の商売には差し障りがでま~す。

 一方、ツスクルならその種の心配はあまりないで~す。それでいて単なる貧しい田舎ではなく、口コミでエルフの有力者に新兵器の宣伝をしてくれそうな良家の坊ちゃん嬢ちゃんだらけなわけで~す。

 以上により、蒼怨の屍獄兵団による襲撃が新商品の過激な宣伝をかねていると考えた場合、その宣伝の費用対効果が一番高いのがツスクルということになりま~す。

4.ツスクルが標的となった理由その3 将来的には本気で巫女の館を落とす練習

 五大陸で一番戦争が起きやすいのがオーグリードなのは、単にオーガの性格によるものではなく、大陸内で一番強い国と二番目に強い国の国力が近いということも原因であるかと思われま~す。

 ヴェリナード対ジュレットであれば、ジュレットは戦おうという気力すらわかないでしょうし、戦っても戦争は短期で終わりそうで~す。でもガートラント対グレンであれば、グレンにも勝機がありますし、戦争も長引きそうですね~。

 そういうオーグリード大陸の状況に一番似ている大陸は、アラハギーロがそこそこ強いレンダーシアですが、ネルゲルの残した霧のせいで、新兵器の密輸ができない状態で~す。

 では二番目に似ている大陸はというと、実はエルトナなんですよ。

 花開きの聖祭においては、ニコロイ王と領主タケトラの間には多少の序列があったものの、ほぼ対等な立場でした。

 しかも、カミハルムイの次の王となるリン姫は、「黄昏だいふく」とかを作って周囲を困らせている上に、「白き者」でもありませ~ん。これに対して、アズランの次の領主たるフウラちゃんは、「風乗り」として住民に慕われている上に、「神の器」ですからね~。

 こうなると、カミハルムイ王家とアズラン領主家の上に立つヒメア様がいなくなれば、遠からずして両家の力は実質的に拮抗し、魔物商人の商売が繁盛しそうな形勢になりますね~。

 現在蒼怨の屍獄兵団は巫女の館前の結界を破っても、それ以上の深入りを避けて撤退していま~す。でも彼らによって積み上げられたデータをもとにして、いつかより強い兵団が本気で巫女の館を落としにくるかもしれませんね~。将来のエルトナでの商売のためにも。

f:id:hoshizukuyo:20180802055935j:plain

すごろくで久々に奇跡的な展開を楽しめました。

 奇跡を起こしてくれたのは、この写真の面々で~す。

f:id:hoshizukuyo:20180808001437j:plain

 左から、エアリスさん、かつじさん、星月夜、れみーさん。

 すごろく当時の順番は、星月夜→エアリスさん→れみーさん→かつじさん。

 最終ターンの直前、かつじさんがドレアムマスを一歩過ぎたところにある宝箱を開けた途端、パンドラボックスが出現し、エアリスさんとれみーさんをザラキーマで殺してしまいました。

 最終ターン開始の状況は、ドレアムの次のマス(ドレアムまで11歩)に星月夜とかつじさん。教会のマス(ドレアムまで14歩)にエアリスさんとれみーさん。

 普通だったらサイコロ1個ではクリアーできない状況で~す。

 でも星月夜は諦めず、みんなに「パルプンテマスを狙って!」と伝えました。

 エアリスさんかれみーさんがピオリムを発動してくれれば、かつじさんが11を出せばゴールできますからね~。

 そうしたらエアリスさんがちゃんとパルプンテマスにとまってくれました。発動したのはバシルーラで、到着地点はなんとサイコロ+1のマスでした。

 これはありがたかったで~す。一見するとピオリム発動と同じですが、この場合はずっと優れてま~す。なぜなら、一度にサイコロを2個振って11を出す確率は2/36ですが、かつじさんの6先のマスはミラクルダイスだったので、二度に分けて振れば11を出す確率は7/36になるので~す。

 しかも次のターンでれみーさんもパルプンテマスにとまると、サイコロの目が1か6になる呪いがかかりました。これでかつじさんが2ターンで11進める確率は18/36にまで跳ね上がったので~す。

 そしてかつじさんはちゃんと6のほうを出してくれました。ありがた~い。

 延長ターンまでゴタゴタしていたおかげで、レベルだけはみんな14になっていたので、一度ボス戦に持ち込めばあとは楽勝でした。

 ギリギリのターンでの勝利だったので報酬は随分と少なかったのですが、余裕で莫大な報酬をもらったときの何倍も感動しました。

 こういう漫画みたいな逆転劇もありますので、みなさんもすごろくで追いつめられてもヤケにならず、パルプンテを狙って最後までがんばって下さ~い。

雨月「熟読して気づいたんですが、姐さんだけなんの奇跡も起こしてないですね~!」

星月夜「「パルプンテマスを狙って!」こそが、最高に奇跡的な指示だったのよ~!」

4.2時代の防衛軍の実績をコンプリートしました。防衛軍はこれにて一時引退で~す。

 大元帥就任後も、蒼怨の武骸将デゾスと蒼怨の邪骨将マッゼのリスト登録後も、驕ることなく防衛軍の実績を積み重ね続けた結果、実績数が111になり、4.2時代のコンプリートにいたりました。

 自慢できるほどの錬金効果のついた武器は入手できませんでしたが、それでも仲間モンスターに持たせたり邪神の宮殿の課題でたまに持つには十分な程度のものはそろったので、思い残すこともないで~す。

 そういうわけで、これにてしばらくは自発的に本部へ通うのは中止で~す。

 戦友が誘ってくれたときは、ホイホイついていきますが。

f:id:hoshizukuyo:20180802055935j:plain

4.2時代のモンスターをコンプリート 部門別に思い出語り

 数日前、蒼怨の武骸将デゾスと蒼怨の邪骨将マッゼを倒し、4.2時代のモンスターをコンプリートしました。一回の戦闘で両方倒せたのですが、その戦場で倒した順番ではマッゼのほうが後なので、自分にとっての今回のラスボスは蒼怨の邪骨将マッゼということになりま~す。

f:id:hoshizukuyo:20180804031828j:plain

 現在は討伐モンスターリストに1077種のモンスターが並んでいま~す。

 当時1060種だった4.1時代のコンプリート記念記事を参照しつつ、その後の追加モンスター17種の思い出などを語ろうと思いま~す。

 まずは通常モンスターの部。前回より5種増えました。個人的なラスボスは、メインストーリーだけをやっていると出会う機会のないドラポヨロンでした*1

 続いて転生モンスターの部。前回より1種増えました。個人的なラスボスは追加のシャコウ鬼神でした*2

 次はメインストーリーボスの部。前回より5種増えました。ラスボスは当然ながら喪心獣ゾンテドールで~す*3

 次はエストボスの部。前回より3種増えました。個人的ラスボスは悪魔キェルグでした*4。ちなみに悪魔キェルグやその憑依版であるダークポイックリンって、リストではヒポポ・サードンや怒りのプスゴンより序列が低いんですね~。

 次は魔法の迷宮ボスの部。前回より1種増えました。個人的ラスボスはゲルニック将軍で~す*5

 次はアストルティア防衛軍ボスの部。前回より2種増えました。蒼怨の邪骨将マッゼこそ、この部門のみならず4.2時代の全モンスターにおける、個人的ラスボスでした。

ノコギリエイのキングサイズを釣りました~!

 かなり手こずりましたが、ノコギリエイのキングサイズを釣りました~。

f:id:hoshizukuyo:20180808174953j:plain

 現在ノーマルサイズが116種類、ビッグサイズが110種類、キングサイズが101種類で~す。

第6回ナイト総選挙の予選大会について

f:id:hoshizukuyo:20180806193324j:plain

1.出場者の分類と感想

 今回のナイト総選挙の予選大会の候補者たちを、出場理由で分類してみました。

※前回予選の上位者たち・・・・・・32名

 前回の予選の上位32名は、そのまま出場できたようでした。

 ヒューザ・ラウル・城主ダストン・ラグアス王子・ザンクローネ・ナブレット団長・トーマ王子・フォステイル・ズーボー・大魔王マデサゴーラ・補給大臣P(元ペリポン)・ベサワキ・冥王ネルゲル・カンダタ・リソル・ミラン・シオン・シンイ・クロウズ・エルジュ・フィーロ・ポランパン・ドガ・サジェ・スキルマスター・賢者ホーロー・プッツン・総帥M(元メルー公)・シラナミ・トビアス・ギオーダ・アイゼル

※前回予選以後に登場した方々・・・14名

 新出の有名キャラをとりあえず一度は予選に挑戦させてあげるのは、慣例ですよね~。

 4.0からクオード・ドミネウス王・ゼフ・ディアンジ・ザグルフ・ファラス・スクアーロ・星辰武王の8名。

 4.1から勇者アルヴァン・シュトルケ・ユリエルの3名。

 4.2からギルガラン王子・グリエ王子・ピンチョの3名。

※その他の事情の出場者・・・・・・2名

 黒衣の剣士。形式上の初登場は前回の予選の前の3.5後期でしたが、実質的には4.0での初登場ですね。

 取りよせ商チャガナ。初登場は2.3で現在の名前になったのは3.3。でも初参加。時間が経過するに従って比例的に重要性が増してきたキャラですから、そろそろ予選に挑戦させるのは正しい選択でしょうね~。

 以上の人選には基本的に不満はありませ~ん。今年のクイーン予選も随分公平な人選だと思いましたが*1、ナイト予選はそれ以上に公平でした。

2.恒例の落選運動

 ナダイア・カプサイ神の脱落により、今年は全員がアストルティアに一瞬でも滞在経験があるか、少なくともその可能性があるというキャラばかりになりました。

 よって今年は落選運動をしませ~ん。