ほしづくよのドラゴンクエストX日記

ドラゴンクエストXの世界で体験したことを綴っていきま~す。画像は原則として株式会社スクウェア・エニックスさんに著作権があるので転載しないで下さ~い。

クエスト「シックに着こなして」。仕立て屋サテテさんは、中途半端なファルシオン耐性持ちで、偽のよろず屋で~す。(大幅修正報告あり)

f:id:hoshizukuyo:20181017020446j:plain

 仕立て屋サテテさんから、行方不明になった筆頭研究員である月夜見のために作った制服を、代わりに着こなしてくれる相手を探すよう頼まれました。当座の候補は、以下の三人で~す。

f:id:hoshizukuyo:20181017020908j:plain

 小型魔神機開発部主任、チュカカさん。

 筆頭研究員のダサい制服を着るぐらいなら出世できないほうがマシだと、断られました。今の制服も十分ダサいと思いますけどね~。

f:id:hoshizukuyo:20181017021311j:plain

 中型魔神機開発部主任、パカルさん。

 ここまで出世できたのも偶然なので、筆頭研究員の制服を着るなんておそれおおいと、断られました。

f:id:hoshizukuyo:20181017021659j:plain

 大型魔神機開発部主任、ツォンデムさん。

 エリートの集まる部門の主任なので、繰り上げで順当に筆頭研究員になれると思っていたらしく、この服の貸し出しもその内示だと思ったようでした。

f:id:hoshizukuyo:20181017021857j:plain

 着てみるとますます気に入った様子。

 でもこの写真をサテテさんは気に入らなかったようで、「せめて 筆頭研究員様と 同じ種族の方が どこかに いればいいですのに……」と嘆いていました。

 つねに一方の種族に見えるファルシオンの魔法は、通常人には教会で姿を変えても何の意味もなく、聖職者などの眼力の持ち主には現在の姿が見える仕組みなので、ここで人間になっても何の意味もないのではないかと思いました。でも一応試してみました。

f:id:hoshizukuyo:20181017022939j:plain

 でも試してみるものですね~。人間になって再訪すると、「あなた よく見たら 人間じゃないですの!」といわれ、クエストがクリアーの扱いになりました。

 つまり、こういう中途半端にファルシオンの魔法が効く相手もいるということですね~。「五種族態で会うと頭がほどよくぼんやりして相手の種族が気にならなくなり、人間態で会うと人間だと認識でき、しかも両者が同一個体だと認識できる」というカンジなんでしょうね~。

 ちなみにクエストクリアー後に仕立て屋サテテさんに話しかけると、「いらっしゃいませ。 こちらは よろず屋です」と自己紹介されま~す。

 でも商品は「筆頭研究員の服」・「筆頭研究員の手袋」・「筆頭研究員のブーツ」の三品だけなので、全然「よろず」じゃありませんでした~。偽のよろず屋さんで~す。やはり自称よりテロップのほうが信用ができますね~。

※修正報告

 長らく「一般人にはいつも同じ種族に見える魔法」をかけてくれたのはホーローだと勘違いしていましたが、twitterでそれはファルシオンだと指摘されたので、他人のプレイ動画を確認の上、修正しました。

 指摘してくれたかたと、動画の制作者に、心から感謝いたしま~す。

 同じ話題を扱った古い日記の「ホーロー」の部分も、「ファルシオン」に修正しました*1*2*3*4*5

今さらですが、クエストの「リプレイ」システムについて考えてみました。

f:id:hoshizukuyo:20181017011119j:plain

 昨日の記事で書きましたが、クエストにはリプレイシステムがありますね~。

 日替わりランダムクエストのリプレイなどの例外もありますが、これって原則としては一度起きたことを無かったことにできるという点で、冷静に考えると凄いシステムですね~。

 これについて「ゲームだから」の一言ですませてしまうのは簡単ですが、作中の世界観で説明できないものかと考えてみました。

 すると案外簡単に似た設定のものが見つかりました。「時渡り」の能力で~す。

 時渡りの能力には、「歴史を変えられる」という設定と「しかし超重要な歴史的事件は変えられない」という設定がありま~す。

 リプレイ機能についても、「過去の事件を無かったことにできる」という設定「メインストーリーのクエストはリプレイできない」という設定がありま~す。

 ここまで読んできて、「エテーネルキューブ入手前の主人公は、リプレイのさいに、大地の箱舟にも頼らずにどうやって時渡りをしていたのか?」と疑問に思われたかたもいらっしゃるかもしれませ~ん。でも「それほど大昔でなければ主人公は自力で時渡りができる」という設定は、すでに間接的に描かれていま~す。

 それは2016年の「キュララナ夏休み」の「夏宵メモワール」*1で~す。

f:id:hoshizukuyo:20160810150359j:plain

 「海底の一日は地上の一年」という設定があるのに、海底で海竜ヴォドニーグと戦っても浦島効果を体験できませんでした。

 「キュララな夏休み 2017」の「夏宵メモワール 2017」*2でも「真夏のトレジャーハント!」*3でも、やはり時間の流れが遅い海底に行く機会がありましたが、浦島効果を体験しませんでした。

f:id:hoshizukuyo:20170730205255j:plain

f:id:hoshizukuyo:20180802015223j:plain

 これはすなわち、海底ですごした時間の約364/365の時間だけ過去に遡ったということなのでしょう。この程度ならば、道具に頼らないどころか、ほぼ無意識的に時渡りができるのが主人公の才能なので~す。

 そしてメインストーリーをリプレイできないのは、兄がネルゲルによるエテーネの村の滅亡を回避しようとすると決まって別の時代に飛ばされるのと同じ原因によるものだと思いま~す。

クエスト「秘密のサプライズ大作戦!」 & おめでとうヤクウさん!

f:id:hoshizukuyo:20181017010846j:plain

 採掘場の労働者であるボレッチャさんから、08号の調子が悪いから様子を見てくれと頼まれました。

 08号から話を聞いたところ、玉座の間のある人に恋をしてしまったのだとか。

 そこでボレッチャさんの助言に従い、おおさそりの落とす「キレキレなニッパー」を贈り物にすることにしました。

f:id:hoshizukuyo:20181017011119j:plain

 ニッパーは、マリッチに渡してもウルタ皇女に渡しても、クエスト自体はクリアーなので、できればリプレイで両方試したいところですね~。

f:id:hoshizukuyo:20181017011650j:plain

 クリアーすると、ボレッチャさんが鉱脈から掘り起こした08号カプセルが入手でき、ついてクンが一種類増えました。

 08号のデザインもついてクンのカプセルも、3051年前に鉱脈から出土したとしたらオーパーツですね~。おそらく埋めたのは兄で~す。

 ということは、「あの人に追いつきたくて」という思い*1でヤクウさんが発明したついてクンは、「あの人」にちゃんと影響を与えたってことになりますね~。

f:id:hoshizukuyo:20180302181331j:plain

「青き閃光の軌跡」三部作

 本日は「青き閃光の軌跡」三部作を紹介していきま~す。

※前篇「光をたどる者」

f:id:hoshizukuyo:20181015015928j:plain

 帝国技術庁の研究院であるキキミミさんから、警備魔人兵049号の修理を手伝うように依頼されました。

 部品とパスワードを探してくるだけの簡単なクエストでした。

 クリアーすると、実はキキミミさんがジャーナリストで、グルヤンラシュの謎を探るために技術庁に潜入したのだと判明しました。

 ジャーナリストということは、キキミミさんの語源は「聞き耳」ですね~。

※中篇「光が秘めた陰影」

 今度は、グルヤンラシュのかつての大家であるオヤヤさんにインタビューしてこいといわれました。オヤヤさんの語源は「大家」ですね~。

f:id:hoshizukuyo:20181015020715j:plain

 オヤヤさんによると、グルヤンラシュと月夜見は、約10年前に無一文で転がり込んできたのだとか。それで家賃を払えるように教会の雑用の仕事を紹介したら、どんどん偉くなっていったのだとか。

 ついでなのでウッツァ神父にも話を聞きました。

f:id:hoshizukuyo:20181015020850j:plain

 町の人々が教会に悩み相談に来ると、グルヤンラシュが奇抜なアイディアを考え、月夜見が錬金術でそれを成し遂げるという形で二人は有名になっていき、やがてはジャ・クバに紹介されて宮仕えを始めたのだとか。

 ここで録音機が壊れたので、ガテリア難民のポコマムさんに修理を依頼しました。

f:id:hoshizukuyo:20181015021112j:plain

 修理ののち、戦争で兄を亡くしたポコマムさんからのグルヤンラシュへの恨み節もしっかり録音しました。

 記事のネタを集めたということで、クエストクリアーとなりました。

※後篇「青き閃光の誕生」

 今度はガタラ大採掘場でインタビューをすることになりました。

f:id:hoshizukuyo:20181015022409j:plain

 対象は戦争で弟を亡くしたというポコムチさん。グルヤンラシュの生前は、その失脚を目指して情報収集をしていたそうで~す。グルヤンラシュの最初の棲みかがグルグ地下道の奥だということまでは突き止めていたようで~す。

f:id:hoshizukuyo:20181015022602j:plain

 「悪鬼の棲みか」でグルヤンラシュが遺した録音機を発見。

 どうやら「悪鬼」とは、ヤーンに倒されたギガデーモンなんかではなく、かつてここに住んでいたグルヤンラシュを指していたようですね~。

 この録音機も壊れていたので、またまたポコマムさんに直してもらいました。するとグルヤンラシュの肉声が流れました。

 グルヤンラシュも月夜見も、かつてグルグ周辺に漂着し、そこから協力して必死で台頭していったようでした。

 これにてクリアーの扱いとなり、星月夜は報酬をもらいました。

 ポコムチ・ポコマムの兄弟も相手が生きているとわかり、再会したようでした~。

 なお、すでに指摘している人が多いようですが、ポコムチ・ポコマム兄弟の語源は、グアテマラの言語"Poqomchi'"と"Poqomam"のようですね~。ポコムチのほうが話者が多いので、兄という扱いになったのでしょう。

クエスト「面倒臭がり屋さんの発明」をクリアーし、4.3時代の宝箱をコンプリート

f:id:hoshizukuyo:20181015004320j:plain

 ダルチャンさんとその部下の支援魔人機029号からの依頼で~す。自動遊覧回廊が、動力ポンプが奪われたことにより機能停止におちいったので何とかしてほしいとのことでした。

 残された手がかりを総合すると、モグラカルデア溶岩帯支部の仕業である可能性が高かったので、会いに行きました。

f:id:hoshizukuyo:20181015004711j:plain

 モグラ組のほうでは悪さをするつもりはなく、彼らもまた動力ポンプにスコップが刺さってしまい、困っているようでした。

 そこでモグラ組には動力ポンプを返還させ、ダルチャンさんにはスコップを修理してもらいました。ついでに高性能化もしてもらいました。

f:id:hoshizukuyo:20181015004918j:plain

 これが「超高性能スコップ」で~す。

f:id:hoshizukuyo:20181015005029j:plain

 採掘ギルドの「おしゃべりシャベル」に似てますね~。

 ちなみに西日本と東日本とで、シャベルとスコップのどちらが大きいかが逆だという有名な話がありま~す。西ではシャベルが大きく、東ではスコップが大きいんだそうで~す。

 運営が、おしゃべりシャベルと超高性能スコップをあえて同じ大きさにすることで中立を保ったのは、流石だと思いま~す。

 このクエストにより、「西に媚びてあんなに大きなスコップを「おしゃべりシャベル」と表記した『ドラゴンクエストX』なんかやらないぞ!」と決意していた一部の頑固な東国人の中からも、今後はアストルティアに来てくれる人が少しは増えるかもしれませ~ん。

f:id:hoshizukuyo:20181015010011j:plain

 自動遊覧回廊の復活により、4.3時代の宝箱もコンプリートできました~。

クエスト「よみがえり続けるもの」は、4.3メインストーリークリアー後も設定や発言があたかもクリアー前のようで、残念でした~。それ以外でも、防衛魔人兵関連の設定が残念。

f:id:hoshizukuyo:20181014232743j:plain

 ガラクタの再利用のために努力をしているリリペアさんからレンズを入手してくれという依頼を受けました。

 「リリペア」は、"re"(再)+"paro"(入手する)が語源の"repair"(修復する)にさらに"re"をつけたものであるので、「再修復する」という語感がありますね~。まさにクエストの題名の「よみがえり続けるもの」の元締めという雰囲気で~す。

 レンズもレンズ職人も帝国技術庁が独占していて困っているので、チャガンさんから裏情報を聞いてくるよういわれました。

f:id:hoshizukuyo:20181014233158j:plain

 チャガンさんは、3000ゴールドと引き換えに、強制労働所に行けばなんとかなるという情報をくれました。

f:id:hoshizukuyo:20181014233324j:plain

 でも4.3メインストーリークリアー後の強制労働所については、チャアムさんによれば「もともとは ガテリア兵捕虜の 強制労働所だったが 今は ただの採掘場だ」という設定になっていま~す。

 そんなことも知らないチャガンさんが情報屋を気取るのはよろしくないですね~。せめて「旧強制労働所」といってほしかったで~す。

f:id:hoshizukuyo:20181014233653j:plain

 ここで壊れたまま放置されている防衛魔神兵056号のレンズがなくなっていました。近くにいたバフチョさんによれば、レンズはデザートランナーが持ち去ったのだとか。

 「今さらデザートランナーなんかが標的のクエストとは笑わせる」とか思ったのですが、数が少なく意外に難儀しました。

 キズだらけになっていたレンズ持ち帰ると、バフチョさんがレンズをピカピカにしてくれました。

 でもそのついでに語った話が残念な内容でした。

 会話の途中で「今なら 脱走するのは 余裕だけどよ」とかいわれました。余裕も何も、そもそも今やここを去るのは「脱走」じゃなくてただの「退職」でしょ~。

 しかも防衛魔人兵056号がポンコツになったのは、デザートランナーの一撃からバフチョさんをかばったからなのだとか。

 05系統が攻撃力108のデザートランナーの一撃で壊れるんだったら、戦争で「防衛」の役に立つはずがないでしょ~!

f:id:hoshizukuyo:20180928235702j:plain

 しかもそんな防衛魔人兵の057号一機がカルデア溶岩帯の橋を抑えているからそこを突破できなかっただなんて、何てひ弱な捕虜たちなんでしょ~ね~! 仮にも元軍人でしょ~!

f:id:hoshizukuyo:20181015014303j:plain

星月夜「この大元帥様が、貴様らに軍人精神を叩きこんでやる! 覚悟しろ!」

 そんなこんなで、星月夜のこのクエストの評価は非常に低いで~す。

f:id:hoshizukuyo:20181014235615j:plain

 報酬は「ガラクタ映写機」。

 同じ機能の「おもいで映写機」は引退させ、800ゴールドでバザーに売りました~。手数料などを引くと750ゴールド。まあこれが実質上の報酬ですね~。

フレンドのゆうていさんが、またまた今週のトップ10記事に採用されました~。

f:id:hoshizukuyo:20180819224615j:plain

 フレンドのゆうていさんが、またまた今週のトップ10記事に採用されていました~。「過去の新聞切り抜き発見!!」という記事で~す。

 モノクロを上手に活かした内容になっていました~。

 まだ見ていない人は見てあげてくださ~い。