ほしづくよのドラゴンクエストX日記

画像は原則として株式会社スクウェア・エニックスさんにも著作権があるので転載しないで下さ~い。 初めてのかたには「傑作選」(https://hoshizukuyo.hatenablog.com/entry/2017/12/31/000000)がオススメで~す。 コメントの掲載には時間がかかることも多いで~す。 無記名コメントは内容が優れていても不掲載としま~す。

七夕イベント「夜空にあまねく願い星2」で、設定や仕様などをそこそこ熱心に調べました。調べ尽くせなかった点も書いておきま~す。

1.総論

 今回の七夕イベントは、題名のとおりおおむね「夜空にあまねく願い星」*1の再演であり、話の骨子はヒコボシが叶えきれない願いを一部叶えるというものでした。

 しかし再演イベントとは思えないほど、非常に重要な設定が多々明かされたので、しっかりメモをしておこうと思いま~す。

 願いを叶える対象となったのは次章に列挙した6人であり、クエストは2人の願いを叶えるとクリアできるのですが、せっかくなのでリプレイしたりメインストーリーをほぼ放置しているキャラなどを動員し、設定を探りました。

 なお本当は調べたかったけど調べ尽くせなかったことも一点だけありま~す。それについては読者の皆さまの助力を期待しておりま~す。

2.キーパーソンたちと設定の紹介

2-1.ビャン・ダオ

f:id:hoshizukuyo:20210623164408j:plain

 サブストーリー「いにしえの皇子」を受注したことのないキャラでも会えま~す。

 そしてそういうキャラで話しかけると、リウ老師の名前はネタバレ回避のため「大切な人」とぼかしてきますが、老師を「今は亡き その人」とも言い換えているので、3000年前ではなく近未来からやってきたことになりますね。

 すなわち、少なくともビャン・ダオが現代に復活してリウ老師の死を知るところまでは、歴史の確定事項だったことになりま~す。

 彼の願いを叶えるために行動していると、「植物も 生き物です」と書かれた書物に出会えま~す。その書は権威ある施設に並べられている本であり、かつその書の指導のとおりにあるしぐさをすると実際に植物がすくすく成長してくれるので、書の記述全体の信憑性も高いといえましょう。

 ここで思い出していただきたいのが、アルウェーンのアストルティア博物館の「プロペラ草」の解説文で~す。そこには「生き物のように動く めずらしい草」とも書かれている一方で、「生息する」とも書かれており、アストルティアにおいて植物が生物の一種であるのかそうでないのかがよくわからない内容になっていました*2

 しかし今回のイベントの内容のおかげで、「植物も 生き物」説が一気に有力となったというわけで~す。

2-2.ウヅキ

f:id:hoshizukuyo:20210623170305j:plain

 「相棒のランニャーは、足枷を外そうと思えばいつでも自力で外せる」という設定が明かされました。

2-3.ウェブニー

f:id:hoshizukuyo:20210623171641j:plain

 ほとんどストーリーを進めていないキャラでも、彼女は高いところにぶら下がる体験をしたあとの状態でした。

 メインストーリー5.2でのクモとしての体験*3を経たあとの時代から来た可能性が高いですが、魔界大戦以前にも別のぶら下がり体験をしていた可能性もあるので、断言はできませ~ん。

 ところで、メインストーリーをちょうど5.2まで進めたキャラで話しかけるとどうなるのか知りたいですが、メインストーリーにはリプレイ機能がないので実験は困難で~す。そういうキャラをお持ちのかた、どなたか実験して教えてくださると嬉しいな~。

雨月「教えて~、エライ人!」

2-4.セーリア

f:id:hoshizukuyo:20210623172342j:plain

 1.0メインストーリーのヴェリナードの物語を未クリアのキャラでも会えま~す。

 この時代の食べ物に相当詳しくなっているので、そういうキャラの世界では、300年前から来たのではなく近未来から来たという設定なのでしょう。

 すなわち、少なくとも現代に暴君バサグランデとセーリアが封印から解かれるところまでは、歴史の確定事項だったことになりま~す。

 これでキャスランを憎む人が少し減るかも?

2-5.ズーボー

f:id:hoshizukuyo:20210623172401j:plain

 パラディンの職業クエストが終わって「ジェニャの未来」シリーズが未クリアの、ズーボーが石になっている時間軸で話すとどうなるのか、を試すことにしました。具体的には、クエス「黄金のパラディン*4を「リプレイ可能」の状態にしてから話しかけてみました。

 すると通常のセリフの前置きとして「オイラは 一面が 灰色の世界にいたのだ。 でも 気が付いたら ここにいたのだ。 これは 夢なのか 現実なのか……。 まあ どっちでもいいのだ。そんなことより」と語られました。

 「ジェニャの未来」シリーズの「廻るカルマ」*5や「パラディンの伝説」*6をリプレイ可能の状態にしたときも、同様の前置きが語られました。

 つまりズーボーは過去や未来ではなく、ほぼ同時代から召喚されてきたようで~す。

 過去はともかく未来については、ズーボーの石化の解除が歴史の不確定要素だったという設定とも関係していることでしょう。何しろ黄金のパラディンが最初にいたパラレルワールドでは、彼女が大人になるまでズーボーの石化は解除されなかったのですから。

2-6.セリク

f:id:hoshizukuyo:20210623172918j:plain

 彼も物語をほぼ進めていないキャラでも会えま~す。

 病気で演奏の腕前が落ちているけど練習をしっかりしているという設定を語り、かつ「この前 気分転換に ダーマ神殿の シタル一座の公演を 観にいったんだ」と語ってくるので、やはり物語が序盤の状態のキャラの視点では近未来から来たようで~す。

 すなわち、少なくとも自称ゾデルがシタルとしての正体をあらわし、ギザント一座がシタル一座に戻り、以後はダーマ神殿を拠点とするところまでは、歴史の確定事項だったことになりま~す。

f:id:hoshizukuyo:20210623191555j:plain

 ちなみに、普段話しかけると、声が「あれから」ずっとなおっていないと主張するヴィナですが、セリクは「なかでも 歌手のヴィナさんの歌が 本当にステキだった」と語りま~す。

 しかもセリクの願いをかなえるためにこのイベントの中でヴィナに依頼をすると、非常に短期間で声をなおしてくれました。

 だから「ヴィナは普段は実質的に仮病を使っている」設定がある可能性が高いで~す。

3.報酬

f:id:hoshizukuyo:20210623173655j:plain

f:id:hoshizukuyo:20210623173704j:plain

 クリアすると、「ホタルのゆかた」と「ホタルのじんべい」を入手できました。

4.新作家具

f:id:hoshizukuyo:20210623185847j:plain

 この新作家具は和風なので暁月夜の家に飾りました。

雨月「色彩だけは、雨月および雨月の家との相性が抜群なんやけどな」