ほしづくよのドラゴンクエストX日記

画像は原則として株式会社スクウェア・エニックスさんにも著作権があるので転載しないで下さ~い。 初めてのかたには「傑作選」(https://hoshizukuyo.hatenablog.com/entry/2017/12/31/000000)がオススメで~す。 コメントの掲載には時間がかかることも多いで~す。 無記名コメントは内容が優れていても不掲載としま~す。

魔界に存在するマデサゴーラの主要作品

はじめに

 以前、「偽の魔幻宮殿のマデサゴーラの作品群の紹介と考察」という記事で偽の魔幻宮殿に展示されたマデサゴーラの作品をまとめました。

 本稿はその姉妹編として、魔界に存在するマデサゴーラの主要作品を一覧化してみました。

 原則として、マデサゴーラの作品である可能性が高くても、題名が完全に不明のものは除外しました。逆に作品の外見が不明でも、題名が判明しているものは名前だけでも掲載しました。

 例外として有力な批評家であるブホネールが高く評価したオブジェは、固有名詞が不明でも、主要作品として認めました。

1.絵画篇

※『朝食 その悲しみ』

f:id:hoshizukuyo:20191109181208j:plain

 ベラストル家所有。

 『マデサゴーラ絵画の歴史』によると、初期作品で当時は多くの批評家を悩ませました。

※『黄金虫の胎動』

 5.3時点では所在が不明。

 『マデサゴーラ絵画の歴史』によると、ゴーラ王に即位したころの作品。

※『雷葬』

f:id:hoshizukuyo:20200616094317j:plain

 真・魔幻宮殿2階の中央部屋に展示。

 『マデサゴーラ絵画の歴史』によると、ゼルドラドを臣従させた作品。

 ブホネールの独自見解によると、「妄執的な 創造主への羨望が 超暗黒主義の 技法の中に 密かに顕れていた」作品。

※『影と光の抱擁』

f:id:hoshizukuyo:20200201144554j:plain

 マデッサンスの美術館に展示。

 『マデサゴーラ絵画の歴史』によると、大魔王即位直前の作品で、超暗黒主義の芽生えを感じさせるとか。

 これは彫刻にも分類できそうですが、『マデサゴーラ絵画の歴史』に紹介されていたことを重視し、絵画とみなしました。

※『虚無』

f:id:hoshizukuyo:20200206193230j:plain

 真・魔幻宮殿の大広間に展示。

 解説プレートによると、大魔王即位後時代のマデサゴーラ黄金期の作品であり、超暗黒主義に属するのだとか。また本人は、自画像であるという説は明確に否定し、創造主への羨望だという説にはあいまいな態度をとったそうで~す。

 『マデサゴーラ絵画の歴史』によると、以後は作品が大型化していったそうで~す。

 ブホネールの紹介する通説では、『パートス』とならんで後期マジックデモニスムの極致。

※『パートス』

f:id:hoshizukuyo:20200206194308j:plain

 真・魔幻宮殿の客間に展示。

 ブホネールの紹介する通説では、『虚無』とならんで後期マジックデモニスムの極致。

※『愚かなる悪霊の吐息』

f:id:hoshizukuyo:20200206194329j:plain

 真・魔幻宮殿2階の西南部屋に展示。

※『美しき 我が宮殿』

f:id:hoshizukuyo:20200206194640j:plain

 真・魔幻宮殿の宿屋に展示。

※『朝』?

f:id:hoshizukuyo:20200201131217j:plain

 マデッサンスのゴンドラ乗り場に展示。

 『朝』は絵の題名ではない可能性もありま~す。

※『創生の神』

f:id:hoshizukuyo:20200201131648j:plain

 マデッサンスの美術館のアトリエ前に展示。

※『魔元帥』

f:id:hoshizukuyo:20200201133453j:plain

 マデッサンスの美術館の剣の間に展示。

※『魔幻宮殿』

f:id:hoshizukuyo:20200201133713j:plain

 マデッサンスの美術館の宮殿の間に展示。

※『戴冠』

f:id:hoshizukuyo:20200201134047j:plain

 マデッサンスの美術館の王冠の間に展示。

※『異界への進軍』

f:id:hoshizukuyo:20200201134314j:plain

 マデッサンスの美術館の軍旗の間に展示。

 持っている軍旗はゴーラのもの。

※『デスロマニズム』

f:id:hoshizukuyo:20200201135143j:plain

 まめちしきによると、魔界では軽視されがちだった死という概念に美を見出し、芸術史に一時代を築いた運動であり、ワイルドフォビズムへとつながったそうで~す。

※『マジックデモニスム』

f:id:hoshizukuyo:20200201135253j:plain

 マデッサンスの展示物兼警備員。

 まめちしきによると、古来より主流派だったヘルデモニスムの発展理念であり、後期の代表はマデサゴーラであり、エビルキュビズムへとつながったそうで~す。

 なお前期の代表についての考察は「クエスト「天才と凡人と」 & ヌッジォ派の思想とマデサゴーラ芸術への影響関係と現在の影響力についての考察」という記事で書きました。

※『スーパーダーキズム』

f:id:hoshizukuyo:20200201135020j:plain

 マデッサンスの展示物兼警備員。

 まめちしきによると、万物の混沌を表す暗黒の美を探求せんとした理念で、ダークレアリズムへとつながったそうで~す。

※『ほとばしる命の狂宴』(下描き・放置時・修正後の順に掲載)

f:id:hoshizukuyo:20200201140603j:plain

f:id:hoshizukuyo:20200201152307j:plain

f:id:hoshizukuyo:20200201162418j:plain

 真・魔幻宮殿の大広間に展示。

 マデッサンスのアトリエに掲げられた下描きを元に完成され、芸術の墓場に放置後、ペペロゴーラにより修正されました。

2.立体篇

※『奈落へいざなう棺桶』

f:id:hoshizukuyo:20201218221050j:plain

 マデッサンスの入り口に配置。

※『天へのぼる棺桶』

f:id:hoshizukuyo:20201218221154j:plain

 魔幻園マデッサンスの天へのぼる棺桶乗り場に配置。

※『自由なるラ・テート』

f:id:hoshizukuyo:20200201144035j:plain

 マデッサンスの美術館に展示。

※『目覚め あるいは 祈り』

f:id:hoshizukuyo:20200201144209j:plain

 マデッサンスの美術館に展示。

※『したたる欲望』

f:id:hoshizukuyo:20200201144432j:plain

 マデッサンスの美術館に展示。

回転木馬

f:id:hoshizukuyo:20200201131031j:plain

 マデッサンスの回転木馬の広場に展示。

 ブホネールによると、息子夫婦に永遠の罰を与えるためのもの。

※竜の頭の石像

f:id:hoshizukuyo:20200207141825j:plain

 マデッサンスのゴンドラ乗り場に展示。

※『混沌の瞳』

f:id:hoshizukuyo:20200206191000j:plain

 ヌッジォ・ラ・ヌァグータ所有。

 『マデサゴーラ芸術のすべて』によると、別名マデッサンスバッジで、地獄に囚われた聖者の魂が魔界の未来を見つめているのだとか。