ほしづくよのドラゴンクエストX日記

画像は原則として株式会社スクウェア・エニックスさんにも著作権があるので転載しないで下さ~い。 初めてのかたには「傑作選」(https://hoshizukuyo.hatenablog.com/entry/2017/12/31/000000)がオススメで~す。 無記名コメントは内容が優れていても不掲載としま~す。

自選の傑作選その3

前回へのリンク

f:id:hoshizukuyo:20181029073123j:plain

ユマテルの正体を大胆に考えてみました。

 かなりアクセス数が多かった記事で~す。

カミハルムイ領北の桜の樹の下には大量のピンクモーモンの屍体が埋まつてゐる!

 近代日本文学も読むですよ~。

グランゼドーラ王国軍の制服が簡素になった時期の調査と、その理由の推測。および、新制服がモンスター討伐隊やラッカラン軍のものと酷似している理由についての一考。

 制服愛好者に捧ぐ。

アストルティア防衛軍元帥昇進記念記事 「アストルティア防衛軍の敵軍の黒幕は魔物商人」説を提唱しま~す。

 考察記事としては平均レベルの内容ですが、元帥昇進が嬉しかったので、殿堂に入れました。

ボーナスミミックって3匹同時に出ることもあるんですね~。

 かなりのレアケースなので、思い出に残りました。

シオドーアの総合研究

 敵キャラクター以外で一番尊敬しているNPCは、彼で~す。

討伐モンスターリストコンプリート記念記事 リスト紹介と、コンプリートへの個人史紹介

 いい記念になりましたし、過去記事へのリンクも豊富で~す。

アラハギーロ近辺から見えるミルキーウェイの研究

 ソクラティックメソッドで語るミルキーウェイ

他の聖塔とは違って無理難題がないのに、翠嵐の聖塔が長年解放されなかった理由を考えてみました。

 これは攻略当時は謎でしたが、ナドラグラムまでいくと仮説を思いつけました。

宿題だった、「国王」と「王」の異同について考えました。

 ずっと悩んでいた称号の考察記事で~す。

ベルマ逮捕の総合研究

 法学もがんばる。

エテーネ王国における、王の権威と軍の権威の緊張関係について。そしてその統合を目指した双璧の抗争について。

 前日の記事の外伝みたいなもの。

キッズタイムのオートマッチング迷宮で、かなりの「逸材」に出会った話

 殿堂入りキッズ。

トルネコと金策の相性のよさについて、『ドラゴンクエストIV』の世界観までさかのぼって考えてみました。 & 欲望の町の薬草売り弁護論

 ドラゴンクエストIV~VIの世界観の分析がメイン。

すごろくで久々に奇跡的な展開を楽しめました。

 奇跡で~す。

浄月の間におけるフス(Jan Hus)の『教会論』の影響

 闇の領界はキリスト教の暗号だらけで~す。

ある種のタンスやツボの中身を自由に持ち去れる理由について、自分はこう理解していま~す。

 ドラクエの永遠のテーマの一つ。

パクレ警部の総合研究続篇

 「シオドーアの総合研究」と同じく、不当に低く評価されているキャラを再評価しました。

プレゼントに対するミラン君の反応 & アクアマリンの宝石問題の告発

 一つのアイテムをめぐり、運営内部で常識派と非常識派の見解が分かれた問題。

アストルティアで冒険者が観測できる海はすべて青いのに、なぜ「アクアマリン」の意味が地球と同じなのかについて考えました。解決の糸口はウェディ族の肌の色にありました。

 もっと簡潔な題名にしたほうがアクセス数が多かったかも。内容には自信があったんですけどね。

『週刊ウルベア魔神兵』精読 「脚なんて飾りかを検証!」・「グルヤンラシュの正体は、会う前から半分ネタバレされていた!」・「反骨の出版人ボダッチ氏の地上出版の意図を徹底分析」

 語りたい話題が多かったので、自然に題名も週刊誌っぽくなりました。

双六エステラの親友の称号を得て、双六親友称号をついにコンプリート!

 達成まで一番苦労した記事で~す。

ついにレギルラッゾIIIたちを15分以内に倒せました! しかも同志は初対面。

 久々に思い出に残る戦闘になりました。

今さらですが、クエストの「リプレイ」システムについて考えてみました。

 普段気にしないことを気にしてみました。

ノアちゃん・カノック料理長・バッフル町長が、魔勇者が死んでも平常心を失わない特製品であった理由を考えてみました。

 複数の研究成果の集大成的な記事で~す。

「無政府主義対マルクス主義」を表現した、「自由人の集落対エテーネ王国」という構図

 4.0は、噛めば噛むほど、味が出ま~す。

「味方には攻撃が当たらない」という世界の大原則の研究 & そこから見えてきた神明裁判の研究

 この原則については4.4で一気に複雑な事情が増えたので、しっかり研究しました。

クエスト「手紙文化を取り戻そう!」 郵便局は革命の根拠地でした。

 郵便局関連クエストの中では、今回が一番裏事情が深いかも。

パルミオ博士の社会科学者的側面に触れられる、クエスト「それは訪れる」

 4.4のサブストーリーは、考えさせられるものが多いですね~。

f:id:hoshizukuyo:20190316041450j:plain

傑作選その4へのリンク